�(���K0KYB saX)�V&Ql����B2,�6�V�U�% ���ub{��f���E�G��\+��� 138 0 obj <>/Encrypt 117 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<62F7B3AE5984304799D2DB03F4842767>]/Index[116 30]/Info 115 0 R/Length 102/Prev 1200353/Root 118 0 R/Size 146/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream ��G�s�\��Kll�'�N_M���/kq���h�I>����5��z����\A��{��W/'��kQ(6�b���`�]�_�+)#�~ qE���>�D�#�-��3�oO����wE!.�╂ . lQ��xͧ�?�m��yW|��A�5������P��ti�Zj2D���"J L ��*V�|Dع�&L��R����J�Ɨ���F����:�yd}�.���{j�Me�����a��*/�d���HEi�A���Q��1$�u�̟�����^��6H� 2�8�YK������j�^}$ 本章で取り扱う政策は、今回の世界金融・経済危機に対する対応策、すなわち金融 システム安定化策や景気の下支えのためのマクロ経済政策を対象とし、金融規制・監 督体制の見直しをはじめとする危機の再発防止策については別稿に譲ることとする。 hH��������Ȕ�+l�vRڢh��/G�y�\�+q ��c�I��O�H��� -����1�C�/P�l�(��'�At{ǫ�� ��w'�Mx�������~�!����N��H�$�)��Ut�D����ז��M�Fet����k�o��N0�gT���?��\δ���q�HG�� H��1�ɩ��ͦ1m�S�c:�>���4d�C��X��cx��U��~�6��']=閽�@w�Ȏ^�d�:e�4��!�����M��D\���IY. %PDF-1.6 %���� 116 0 obj <> endobj もともと金融バブル(金融機関に問題あり)だったリーマン・ショックと異なり、経済(需要)低迷の直接の原因がウイルスと政府の感染防止策にある上、低金利が続いていたことで、金融政策の限界が明確になりやすい環境であることだ。 �1CC2 リーマンショック直後 の政策の流れ 2009年 1月 • 【1】定住外国人支援に関する当面の対策 • リーマン・ショック後の当面の施策をとりまとめ 2009年 4月 • 【2】定住外国人支援に関する対策の推進 • 2009年度に進める施策を体系的にとりまとめ 14 @�QJO�~��zJ?w���;�r/Ʈ"&�����_���l��'}�;��5����$�Y:�f�)�M�5&n�������w��GU I�Z���A�[#SK&˜��% �c���*9 Գ�x��Or 145 0 obj <>stream l�{�RF٢�= 'Q����cj(�������];>�qCڹ���p�4�ڈ�� YHH�%4�4C�p�X���CPK��]�+����j5��Ȏ�����+�04f?�شf��oFf��2s���M�K. B9�ټ`��H"=A�_~G�2�eY/���n^�e%'G�Xfc�1���0Du���J�^�ZO�OvKR�r6:��՞��U3�B�c�����{0da��#�)�6E])5�KN� C�w�E��&�C[����4��4�+|�����[H YBl�ɗ��\q]9'�|5����h�Cg�a ��fh��~$�\!h"K޾��D�A�)�y2���n2G��lҽ�W���_��TE`毡���Z��f����G����QBU���bƘ�&���.��rQ�Z� endstream endobj 121 0 obj <>stream ��>Hv�$��2���4 � �@9���~(*i4Тl$&�^-�)g�z�=����C��5�1+h�yP ;�����?�a{��j�mӾ�>l�;��+�x�Ϗ˽����U�-N���v��]�w/�W�������ڲ���p 4�oY���K��`�'mI�NU�Ìu��z?�w�� %%EOF endstream endobj 117 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(m՛bAn@�k x�[T�\n��T����|;l݈t )/P -1324/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(��7S�nIJ�SI9۶ )/V 4>> endobj 118 0 obj <>>> endobj 119 0 obj <>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/XObject<>>>/Rotate 0/Type/Page>> endobj 120 0 obj <>stream は、リーマン・ショック後の企業金融の円滑化に対する対応の評価を行うとともに、今後の金 融危機対応のあり方について整理する。最後に第5節で本稿の結論をまとめる。 2.政策金融による対応 2.1 リーマン・ショック後の金融環境 2008年9月のリーマン・ショックや2011年3月に発生した東日本大震災においては、事業活動の急激な落込みによる雇用面への厳しい影響が懸念された。これらの経済危機、雇用不安に対して、雇用調整助成金(以下「雇調金」という。)も累次にわたり支給要件の緩和や助成率の拡充等の特例措置が行われ、そのことと相まって雇調金は積極的に活用された。 本調査研究は、リーマン・ショック以降の不況下において、雇調金が広範にわたり、かつ、予算規模の上でも極めて大規模に活用された状況を受け … h�bbd```b``a��A$�[�T"��A$�A0�D��H�z0{>��$7B���#H�,?� �]'�W �!�L@�����������4�7@� ��O 2F�?.�h��_ �m;�f��������b��x��K�� ���(!�{4td���H=�>����s�~��^����o��K,�@ ���6T��^I�z�H��w�v�+=��� リーマン・ショックは各国において様々な金融政策を必要とするほど重要な影響を世界各国に与えたと考えられています。 しかしこの包括緩和政策は日本においてはあまり効果がなく、だからこそ追加緩和が必要とされていたのです。 0 BK (�}B�߶��f#+ٚ�e.aL�H�8r���F.���m����d=��J�x��^���� �x+��` ��ۢ���* リーマンショックで行われた政策は、上表で示したように短期間のうちに矢継ぎ早に実施されました。 これらを一般的な基本方針としてみた場合には、今回の新型コロナウイルスによる経済攣縮(シュリンク)に対応する場合も同じ方策がとられると予測されます。 ��i�{��O؟�m[u,G����Hx�*�|ㆺ�;�Q���jK���]�'�������켫*�C@�!�s��B��#�_հ�ސ�/��b�Q���Rŷߚ���U�����m�=�����b$-��}������gG�O-Zo�$Rs#C-��:�Q��Q�߅x3e1�>s �{@��˕�LL�}����շ��5[fUv�4P��#UN����T�o���I���B1��V+;c σ���fKM$ |�as�w\�h[x�wW��P�׈��G��V ��2K���^{;m�#re�����(����**�L@ڞH����t リーマンショック時における米国株、政策金利、住宅価格の推移 2016年10月15日 globalmacroresearch 2008年の金融危機に関する書物を読み返している。 endstream endobj startxref �e�_R@��am'Y�fZ$�݌��2�����o��;C���Jl�ୋ�8�=E��jqD� リーズNo.123『雇用調整の実施と雇用調整助成金の活用に関する調査』, 閲覧に必要なソフトウェアについて, PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「, <雇用調整助成金の雇用への影響 (時系列分析)を含むもの>, <雇用調整助成金の雇用への影響 (計量モデル分析)の分析を含むもの>, <雇用調整助成金に関して 特定分野の分析を含むもの>. ��e�|kqQ����]��df�MO1XB8�L�|��45�ң ��� ��ƍ�I� � 8�dd�G�J��f�̗f)�׀�Z��