株式会社日本リサーチセンターのプレスリリース(2020年11月4日 09時19分) 速報 アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査:win10か国世論調査 2016年10月20日 globalmacroresearch. また、多摩センター駅前が約40万... SixTONESが週刊朝日に登場!表紙&観音グラビア&インタビュー一挙10ページ!. フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, 株式会社日本リサーチセンター(本社:東京都墨田区、代表取締役社長 鈴木稲博)が加盟しているWIN(Worldwide Independent Network Of Market Research)では、2020年10月に世界10カ国の人々を対象に「アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査」を実施しました。その調査結果がリリースされました。, ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。, 企業・事業主ユーザーとして登録すると、プレスリリースの配信・掲載をおこなうことができます, メディアユーザーとして登録すると、記者会見や担当者の連絡先などメディア関係者限定の情報を閲覧できます, フォロワーとして登録すると、フォローした企業のプレスリリースを受信することができます, フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, DX推進を目指す経営者・スタッフ必見!! 11月10日開催無料ウェビナー『DXの本質を識る:導入企業に学ぶ成功のコツ』, 【混沌とした時こそマーケティングリサーチが重要!】オンライン相談会開催(2020年11月11日開催のご案内). 米大統領選は、バイデン氏が選挙人数で差をつけて勝つ勢いだ。得票数も史上最多となり、開票序盤の報道や論評にあった「バイデン氏苦戦」の� 2016年アメリカ大統領選挙の日程が近付いている。有権者による投票日は11月8日であり、それまで候補者のドナルド・トランプ氏およびヒラリー・クリントン氏は当選のために全力 … 高品質マスク1箱あたり280円~!50枚入り!全国送料無料!200万枚在庫確保!11月08日より激安販売を開始... 築地銀だこドライブスルー“千葉市に初出店”11月12日(木)千葉市稲毛区にオープン!. アメリカ大統領選挙の世論調査まとめ: 州別の支持率と票数計算の仕組み. 東京都多摩市で「サプライズ花火」の打ち上げを11月7日(土)に実施!! アメリカ大統領選挙の世論調査まとめ: 州別の支持率と票数計算の仕組み. アメリカの大統領選挙は、全国世論調査では数ポイント差の僅差でも、(一部の州を除き)州毎に1票でも上回った候補がその州の選挙人を総取りする方式(winner takes all)だけに、州ごとのミスの蓄積が大きな誤差につながってしまう。 2016年アメリカ大統領選挙の日程が近付いている。有権者による投票日は11月8日であり、それまで候補者のドナルド・トランプ氏およびヒラリー・クリントン氏は当選のために全力 … 2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2016 )は、2016年 11月8日にアメリカ合衆国で実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。. 5月18〜21日までの4日間, ニューオーリンズで開催された 総会には,アメリカ内外から過 去最多の約1,200人が参加し, 最大の関心事となった2016年 大統領選挙の世論調査の検証 について,17ものセッションが 催された。 1: ID:hehyJGgN9米世論調査会社「ラスムセン・レポート」の最新世論調査によると、黒人のトランプ大統領支持率は31%で、過去数十年のどの共和党大統領候補よりもはるかに高い数字となっています。2016年の選挙結果を正確に予測したラス 【50%OFF】「焼肉X牛」黒毛和牛が楽しめる焼肉食べ飲み放題コース半額セール! 通常価格お一人様10,000... 「#元気いただきますプロジェクト」に「社会貢献型通販モール:WakeAi」が参加、送料無料商品の販売を開始, 「全力ご飯」全店販売開始!とんかつ専門店「かつや」の定食にちょい足しで、ごちそう。. アメリカの大統領選挙は、全国世論調査では数ポイント差の僅差でも、(一部の州を除き)州毎に1票でも上回った候補がその州の選挙人を総取りする方式(winner takes all)だけに、州ごとのミスの蓄積が大きな誤差につながってしまう。 Copyright © 2020 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, トランプ大統領は選挙不正の存在を主張しているが、それを裏付ける根拠はない(写真:ロイター/アフロ), 今年のアメリカ大統領選は、これまでの選挙と異なりなかなか「当選確実」の判定が出ないのが特徴だった。接戦州が文字通りの大接戦になり開票に時間がかかっていることや、大手報道各社が前回2016年の反省ないしトラウマから、各州の選挙人獲得や当選確実の判定により慎重になっていることが要因として挙げられる。, こうした大勢判明の遅れは、一時「世論調査がまた外れた」との風評が広がる原因にもなった。, 開票序盤で、バイデン氏が選挙戦終盤に注力していたフロリダ州などの大きな接戦州を落としたことや、他の接戦州の多くでもその時点での開票結果でトランプ氏が先行していたことから、バイデン氏が事前の予測よりもかなり弱いとの受け止めが広がったのだ。, しかし、結局のところ、バイデン氏は獲得選挙人数のうえでは差をつけて勝利する勢いだ。開票がかなり進んだ現時点(日本時間8日未明)での状況を見渡すと、同氏は現在もなお開票が続く接戦州で概ね僅差ながらリードしており、最終的な選挙人獲得数は最大で300人を窺うペースとなっている(過半数は270人)。今後法廷闘争や再集計のために結果の確定にかなり時間を要する可能性はあるが、大勢は覆らないだろう。得票数は既に約7400万票と、オバマ大統領の約6900万票を上回り史上最多となることは確実だ。世論調査やそれをもとにした予測も、散々に批判された2016年とは異なり今回はほぼ的中したと言ってよさそうだ。, 緩慢な開票プロセスの中で、徐々にバイデン氏の「大勝」が明らかになってきている格好だ。開票序盤の報道や論評にあった「バイデン氏苦戦」という雰囲気とはかなり違う結果と言える。一体なぜ、こうした現象が起きたのか。, まず最初に指摘しなければならないのは、開票の速さには地域差があるということだ。開票作業は、人口が少ないところの方が速く、多いところの方が時間がかかるのが一般的だ。, 加えて、都市部と郡部では投票・支持傾向そのものが大きく異なることも多い。今回も、接戦州では州都などの都市部でバイデン氏が優勢であるために、開票が進捗するにつれて郡部でのトランプ氏の「貯金」が減ったり逆転する様子が見られた。, 同様の現象はアメリカに限らず、日本でもよく見られる。特に知事選では、大票田である県庁所在地などの大都市と、そうでない地域で無党派層のボリュームなど投票傾向が違うため、開票が進むにつれて県庁所在地で強い候補が開票途中でそれまで先行していた候補を追い抜くケースが見られる。最近では今年7月に行われた鹿児島県知事選がそれに該当する。, また、筆者も情勢調査に取り組んだ、いわゆる「大阪都構想」の2度目の住民投票では、TVの開票速報で開票率が8割を超え、且つ賛成票の数が上回っている時間帯に、報道各社が「反対多数確実」の判定を出した。これは、元々反対が強く人口も多い南部の区などの開票作業が時間を要した結果、開票時間の終盤になって反対票が大きく積み増されたためだ。, 大阪都構想の住民投票がそうであったように、事前の世論調査や出口調査の結果が僅差での拮抗を示していた場合、その結果だけで当選(多数)確実を出すことは困難となる。開票状況を見ながら、残票の数や、残票自体が多い地域の状況を踏まえて慎重に判定を出していくことになるのだ。, 画面では賛成票が多いのに「反対多数確実」と言われると視聴者は驚くだろうが、その背景にはこんな事情があるのだ。当然、そこに大規模な不正など存在しない。, 今回はこうした開票の時系列での状況変化を踏まえずに、世論調査と予測を混同した議論が多く見られた。, その要因には、バイデン氏勝利の予測の中に過度に「楽観」的なものが含まれ、それが広く周知されたことや、予測とともに公開される当選確率などの数字が独り歩きしたことがありそうだ。, 今回のアメリカ大統領選では、接戦州が軒並み僅差で拮抗する調査結果が事前に示されており、バイデン氏がフロリダ州などを落とした場合は「決着」に数日かかるであろうというシナリオは事前に広く報じられていた。実際の結果もその通りになった。これは調査結果が概ね正確だったことの証左だ。, ただ、フロリダ州などの情勢を巡っては、予測に一部課題も見えた。例えば、著名な選挙予測サイト「FiveThirtyEight」ではバイデン氏がフロリダ州を制する確率は69%としていた。実際は同州は勝利確率31%とされたトランプ氏が制したため、この予測は一見、大きく外れているように見える。, しかし、これはあくまでいずれかが勝利する確率であり、支持率ではない。支持率では、両者はここ数ヶ月間、最大でも5ポイント程度の差で拮抗していた。更に、この予測には「バイデン氏はわずかに有利」だという但し書きがついている。要は、フロリダでの勝負は「100回やれば31回はトランプ氏が制する勝負」であり、到底大差とは言えないというわけだ。, 確かに考えてみれば、100回走るとうち31回は事故に遭う車に乗りたい人はいないだろう。事故に遭う確率があまりにも高いと感じられるからだ。, アメリカでは選挙をめぐるデータの公開に日本のような規制はなく、支持率や予測などが多数公表されている。今回も、これらをもとにメディアが選挙のシナリオを伝えるにあたって、勝利の確率などの数字が独り歩きしたり、もしくは予測モデル自体に多少のバイアスがあった可能性はある。だとしても、それは世論調査とは別の話だ。, 今回の大統領選では、各州ごとの世論調査の平均値を見ても、調査結果と開票結果が大きく乖離するような事態は現在まで起きていない。, 未だ開票中で、その行方が注目されているジョージア、ネバダ、アリゾナ、ノースカロライナ、ペンシルバニアの各州は、いずれも事前に接戦が予想されていた州だ。いずれの州も事前の各社調査の平均で0~2ポイント程度の差の大接戦となっていた。この差は統計上は誤差の範囲であり、これらの州はどちらが制しても全く不思議ではない調査結果である。現時点でこの5州はいずれも開票が終了していないが、報道各社が未だにいずれかの候補の勝利判定を出せないほど接戦になっている点は共通している(アリゾナ州についてはAP通信とFOXニュースのみいち早くバイデン氏勝利と判定している)。, オハイオ州やテキサス州では、トランプ氏が調査結果の平均値よりも高い得票率を得ているが、直前の調査でトランプ優勢が伝えられていながらバイデンが勝利したり、その逆のようないわゆる「番狂わせ」と言える開票結果は今のところ見られない。, 前回のような大きな課題は見当たらず、世論調査の結果は概ね問題がなかったと言ってよいのではないだろうか。, 1988年(昭和63年)山口県生まれ。2008年、報道ベンチャーのJX通信社を創業。「報道の機械化」をミッションに、テレビ局・新聞社・通信社に対するAIを活用した事件・災害速報の配信、独自世論調査による選挙予測を行うなど、「ビジネスとジャーナリズムの両立」を目指した事業を手がける。, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, 大統領選の勝敗を左右したのは、第3党の女性候補ジョーゲンセンだった:コロナ禍で問われたアメリカの自由(今井佐緒里), 「死者も投票?」トランプが訴える「詐欺行為」とは何なのか【米大統領選】(安部かすみ), トランプ陣営、「不正投票」をするよう働きかけか! 米紙報道 米大統領選(飯塚真紀子), 【日本学術会議の任官拒否問題】共同通信が菅(すが)官邸の世論誘導に加担?(山口一臣), 「そこには愛があるから」 バイデン氏勝利! 米大統領選の勝敗を分けたものは何だったのか?(飯塚真紀子), 成人男性の19.7%・女性10.8%は糖尿病の「強い疑い」(2020年10月発表版), 【子育て罰の厳罰化】児童手当の特例給付を削って待機児童対策にあてる日本では、少子化解消しない, ジャンプ一強状態だが部数減少継続中…少年向けコミック誌の部数動向をさぐる(2020年7~9月), 今年は的中した世論調査 バイデン氏の「緩慢な勝利」を正確に予測 ー アメリカ大統領選, 「PTAを変えたい」と言い出す保護者が現れるまで5年 対話を重ね待ち続けた校長の覚悟, タワマン強盗の被害タレントを二度も叩く行為は絶対にダメ!勇気ある告白から見えてくる、事件の真相とは!, 「債券は売られた後、買い戻される」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年11月9日. Raspberry Pi 4を組み込んだキーボード型のパソコン「Raspberry Pi 400」が登場。スイッチサイエンスに... コロナ禍でのフードロスや食品ロス削減を支援する通販モール「Wakeari」が、36万人が登録する「Facebook... 【焼肉きんぐ】「Go To Eatキャンペーン」のオンライン予約を2020年10月19日(月)より受付開始. 世界のバイタルサイン監視デバイス市場―サイズ調査、製品タイプ別(血圧監視デバイス、パルスオキシメー... 呼吸器用医薬品市場―医薬品別;製剤別、疾患別(喘息、特発性肺線維症など);投与別(単独薬および併用薬... ヘモメーター市場ーテストの種類別(ラボテストおよびヘモメーターPOC)、アプリケーション別(貧血、糖... アルツハイマー病治療薬市場-医薬品クラス別、流通チャネル別、製品別、エンドユーザー別(病院、診療所... 環境監視システム市場ー用途別(大気汚染監視装置、騒音公害監視装置、土壌汚染監視装置、水質汚染監視... VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「白上フブキ」「戌神ころね」「Gawr Gura(がう... < テラ株式会社、CENEGENICS JAPAN株式会社 共同記者会見>新型コロナ重症化になるか否かを予測できる... フードテックを駆使し日本発世界ブランドを目指すテイクアウト専門プチグルメバーガーショップ「ブルー... ポケモンが東京ばな奈になった!?第1弾「ピカチュウ東京ばな奈」が日本各地のセブン-イレブンに続々出... 「ハリー・ポッターと賢者の石」映画20周年記念 『ハリー・ポッター 魔法ワールドのクリスマス at LAZO... ハライチ岩井勇気が出演するあのCMでも再現! 初エッセイ『僕の人生には事件が起きない』が異例のロ... コスメキッチンがベストセラーだけを集めたコスメ福袋を発売!今年はオンライン予約も可能, 人気YouTuber達が横浜の魅力を体感!動画発信サイト「Find Your YOKOHAMA」を公開!, CASETiFYの次のコレクションは最新のPokémonでカスタムできるテックアクセサリー!. sv‚ª‘啝‚ɉñ•œ@2020”N10ŒŽ‘O”¼‚̏Á”ï“®ŒüŽw”\\uJCBÁ”ïNOWvƒnƒCƒ‰ƒCƒg, ƒnƒƒEƒB[ƒ“‚̏a’JA2020”N‚Í30‘ãˆÈ‰º‚̐lo‚ª‘O”N”ä63“Œ¸­\\ƒNƒƒXƒƒP[ƒVƒ‡ƒ“ƒY’²¸, ZoomASkypeAappear.inAWebexcƒ†[ƒU[‚ª–{“–‚É•]‰¿‚µ‚Ä‚¢‚鐻•i‚́H, TeamViewerACACHATTOAChrome ƒŠƒ‚[ƒg ƒfƒXƒNƒgƒbƒvAƒŠƒ‚[ƒgƒAƒNƒZƒX‚Ì•]‰¿‚ªÅ‚à‚‚¢‚̂́H, GIMP vs. Illustrator vs. PhotoshopcŒ»êƒ†[ƒU[‚ª‘I‚ñ‚¾‚–ž‘«“xƒc[ƒ‹‚́HŒûƒRƒ~‚ðƒ`ƒFƒbƒN, Visual StudioAEclipseAXcodec–{“–‚É•]‰¿‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚̂́cH@IDEi“‡ŠJ”­ŠÂ‹«j‚ðŒûƒRƒ~‚Å”äŠr, Windows Defender‚Ì•]”»‚́H@ESETASymantecAƒEƒCƒ‹ƒXƒoƒXƒ^[cƒAƒ“ƒ`ƒEƒCƒ‹ƒX‚̃†[ƒU[–ž‘«“x‚ª–¾‚ç‚©‚É, 今年の就活生の97.5%が就職先に満足。新卒採用「OfferBox」が就職先に関するアンケート結果を発表. メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。, フォローするとどうなる? 2016年10月20日 globalmacroresearch. 下馬評ではヒラリー・クリントン氏(民主党)有利との見方が圧倒的だったアメリカ大統領選で、ドナルド・トランプ氏(共和党)が「逆転」勝利を収めた。事前に州毎の選挙人獲得予想を明らかにしたアメリカの主要メディアは10社以上あったが、その殆どがヒラリー氏勝利を予想していた。接戦を予想していた社でもヒラリー氏が10人前後リード、離れていた社では100人近い選挙人数の差を予想する社すらあった。, 中でも目を引いたのは、過去の大統領選で驚異的な的中率が注目されてきた「ファイブサーティエイト」のネイト・シルバー氏の予想だ。, ネイト・シルバー氏は、現職のオバマ大統領がミット・ロムニー候補(共和党)に勝利した2012年の前回大統領選で、全選挙区の勝者を的中させた。その前の、オバマ氏とジョン・マケイン候補(共和党)が争った2008年大統領選でも、1州を除き勝者を的中させたことで注目を浴びた。その後彼が開設したWebメディア「ファイブサーティエイト」の名前は、まさにその大統領選の選挙人の総数「538人」に因んだものだ。, そのファイブサーティエイトの最終の予測では、70人近い差でヒラリー氏が勝利するとしていた。そして、同サイトが開票前最後に公開した「ヒラリー氏が勝利する確率」は実に71.4%に達した。対するトランプ氏はわずか28.6%だった。, シルバー氏の予想手法の基本は、過去の世論調査のデータとその正確性の差異から情勢を確率論的に分析するものだ。それが今回大きく外れる結果となった背景には、後述する元の調査データの「不正確さ」に加え、それに影響された個別の州での情勢の読み誤りの積み重ねがあると見られる。, アメリカの大統領選挙は、全国世論調査では数ポイント差の僅差でも、(一部の州を除き)州毎に1票でも上回った候補がその州の選挙人を総取りする方式(winner takes all)だけに、州ごとのミスの蓄積が大きな誤差につながってしまう。. 株式会社日本リサーチセンターのプレスリリース(2020年11月4日 09時19分) 速報 アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査:win10か国世論調査 「世紀の番狂わせ」と言われた米大統領選をめぐり、米大手メディアによる事前の世論調査がことごとく外れたことに衝撃が広がった。とりわけ注目されたのが「隠れトランプ票」の存在である。「トランプ憎し」の極端なスタンスで報じ続けたメディア不信の表れとの指摘もあるが、なぜ既存メディアは票読みを誤ったのか。. アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査 -45カ国グローバル調査-(日本リサーチセンター) トランプ政権、日本人はどう見ている? ドワンゴは2016年11月9日、「ニコニコアンケート」において「米大統領選後の日米関係についての緊急調査」を実施しました。