天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設された The Emperor's Cup (エンペラーズカップ )や、明治初期の Mikado's Vase にまでさかのぼることができる 。 これらの競走が誕生した背景には、当時の日本が直面していた外交問題が強く影響している(後述)。 残り50mでイスラボニータを交したジェンティルドンナを、並ぶ間なく差し切り、3/4馬身差をつけてゴール。 ★過去10年で複勝圏に入った24頭のうち重賞勝ちがなかったのは07年2着のアグネスアークのみ。この馬も前走、前々走がG2で僅差の連続2着と重賞ウイナーに近い戦歴を持っていた。重賞での連対実績がない上がり馬・スピルバーグにとっては辛いデータだ。 ★過去10年で枠番「3」「8」は連対なし。 鞍上の北村宏司は、2006年ヴィクトリアマイル (GI東京芝1600m) のダンスインザムード以来、GI2勝目。, 2着は、先行したのに良くイスラボニータを交したジェンティルドンナ、3着はイスラボニータ。, 勝ったスピルバーグは、展開がハマったとは言え、ジェンティルドンナ、イスラボニータを父ディープインパクト譲りの次元の違う豪脚で差し切ったのは、並みでは出来ない芸当でしょう。 © Do innovation Co.,Ltd.

複数の勝ち馬を輩出している種牡馬はサンデーサイレンスの3勝だが、既に他界して産駒はゼロ。リピーターが多い傾向から、前述カンパニーの父・ミラクルアドマイヤやエイシンフラッシュの父・King's Best、ウオッカの父・タニノギムレットら送り出した産駒が少ない割に高いアベレージをマークしている種牡馬が多い。 前走5着以下から巻き返して勝ったのは12年のエイシンフラッシュのみ。3着馬も7頭が前走連対を果たしていて、前走2ケタ着順から馬券に絡んだ馬はゼロ。ステップレースといえど、それなりの走りをしておかないと本番は厳しい戦いを強いられる。, ★年齢別では4歳馬5勝、5歳馬4勝と勝ち馬はこの2世代が他を圧倒している。ただし、連対圏、複勝圏となると3歳馬も健闘しており、集計期間以前からは96年バブルガムフェロー、02年シンボリクリスエスなどの勝ち馬もいる。

1番人気は3歳皐月賞馬イスラボニータ、2番人気はGⅠ6勝のジェンティルドンナ、3番人気は天皇賞春(GⅠ京都芝3200m)連覇のフェノーメノ。, 逃げたのは予想通りカレンブラックヒル、2番手はマイネルラクリマ、3番手はスタート良く行ってしまった感があるジェンティルドンナ。 2014年 天皇賞秋 11月02日は、3歳以上中距離GⅠレース、天皇賞秋(東京芝2000m)が行われました。 前日は雨でやや重でしたが、天気が回復して5レースには馬場は良馬場に回復しました。

天皇賞・春(2勝)に菊花賞勝ち(18年)を含めた長距離専門のイメージを払拭する、新境地を切り開く走りだった。 ... 2014年11月03日 11:00. 東京芝2000mの全レースだと勝率15.1%まで上がるので、天皇賞・秋だと流れなどが微妙にかみ合わないのかもしれない。 とはいえ、連対率自体は優秀なので注目して損はない。ディープインパクト産駒で唯一勝ったのは2014年のスピルバーグ。

この時、大外から飛んで来た黒い馬体が何か、最初分かりませんでした。, イスラボニータの勝ちパターンでしたが、じわじわインコースからジェンティルドンナが差を詰め、脚色が良いです。 ★性別は牡馬7勝、牝馬3勝。牝馬は10頭がのべ16戦して(3-3-3-7)と非常に優秀。出走馬はG1での連対実績もしくはG2勝ちがあり、これを満たす一線級の牝馬なら牡馬相手でも十分太刀打ち可能。 女傑アーモンドアイの新記録達成で秋華賞、菊花賞に続いて歴史的な一戦となった第162回天皇賞・秋(1日、東京芝2000メートル)。敗れはしたが、天皇賞・春連覇のフィエールマンは小差でその底力を見せつけた。果たして絶対女王との〝再戦〟の日はあるのだろうか。, 後方から直線で猛追したフィエールマンが半馬身差の2着。自身が駆使した上がりはアーモンドアイを上回るメンバー最速の32秒7だった。昨年のGⅡ札幌記念(3着)以来の2000メートルで、東京は新馬戦(1着)以来2度目。天皇賞の春秋連覇こそ逃したが、GⅠ3勝馬の名に恥じない貫禄を示す走りだった。, 初コンビを組んだ福永は「もうちょっとでしたね。スタートは出たけど、その後に挟まれたのが痛かった。2000メートルだし、コース形態上仕方がないんだけど、クロノ(ジェネシス)と俺のが挟まれて、あそこで1列下がったのがポイントだった。ああいう形になって直線勝負に懸けたけど、最後は力のあるところを見せてくれた」。悔しさをにじませながらもパートナーの力量をたたえた。, この日は前走比12キロ減の478キロ。3歳夏のGⅢラジオNIKKEI賞(2着)の476キロに次ぐ、過去2番目に軽い馬体重だった。研ぎ澄まされた馬体から繰り出した末脚に「久々に鬼脚を使いましたね。東京は合うと思っていたのでもう一回東京を使ってみたい気はあるけど、(ジャパンCだと)中3週になる。機動力があるので中山は大丈夫。(次走は)おそらく有馬記念になると思います。負けたけど、力は証明できた」と手塚調教師も納得の表情を浮かべた。, 昨年は仏GⅠ凱旋門賞にも挑戦(12着)したフィエールマン。天皇賞・春(2勝)に菊花賞勝ち(18年)を含めた長距離専門のイメージを払拭する、新境地を切り開く走りだった。, お笑い事務所「タイタン」×「東スポ」のコラボ!第77回はタケタリーノと日里のeスポーツ「プロレス」対決!, かつて平成のプロ野球は熱く、激しく、面白かった! 新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球が休業に追い込まれている今こそ、震災や台風にも屈しなかった平成の戦いとドラマを思い出そう。, あなたも海外でプレーするチャンス!東日本最大規模のポーカー大会にぜひご参加ください, 女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!, 18〜30歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!, 誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!, 東京スポーツ 馬番別では⑤⑪、そして⑯から外は馬券絡みなし。⑮も3着1回が最高。2002年のコース改修で以前より走りやすくなったと言われる東京の芝2000mだが、それでもスタートしてコーナーが近いため、多頭数の外枠は不利というのが定説。この天皇賞ではそのデータが生きている。

パンパンの良馬場ではなかったでしょうが、9Rの芝1400mのタイムが1:21.2ですから、回復したと言って良いでしょう。, 凱旋門賞参加馬を除けば、このレースはGⅠホース6頭のベストメンバー。 2着 ジェンティルドンナ   3/4 【天皇賞・秋(日曜=11月1日、東京芝2000メートル)新バージョンアップ作戦】偉業達成が続く秋のGⅠシリーズ。 ... 2014年11月03日 11:00. 今後が楽しみです。 歴史. これまで2頭しか出走していないディープインパクト産駒が特別登録段階で6頭。ここでもいよいよディープ時代が到来するか!? そこからペースは速くならず、1000m通過が60.7と遅いです。 過去10年の勝ち馬のうち9頭が前走で連対。2着馬は全て掲示板に乗っている。 3着 イスラボニータ アタマ, 2014年11月 6日 (木) H8014.2014年 JRA GⅠレース | 固定リンク 天皇賞(春) G1 2014年5月4日(祝) 京都/芝3200m/18頭本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万 TEL:03-3820-0831. ★4度出走して2度馬券絡みを果たしたカンパニーをはじめ、過去10年で複数回馬券に絡んだ馬が6頭。リピーターが多いレースと言える。 11月02日は、3歳以上中距離GⅠレース、天皇賞秋(東京芝2000m)が行われました。, 前日は雨でやや重でしたが、天気が回復して5レースには馬場は良馬場に回復しました。 ¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, 13,18-(1,15)7(6,11,14)5(3,8,16)(4,9)(2,17)12-10, 13,18(1,15)(7,14)11(6,16)5(3,9)8(2,4)-(12,17)-10, (*13,18)(1,15)14(7,11,16)(6,5,9)(3,8,4)2,12,17,10, 12.9 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.3 - 11.9, 12.9 - 24.6 - 36.4 - 48.6 - 60.7 - 72.8 - 85.1 - 96.5 - 107.8 - 119.7 (36.4-34.6). ★馬体重で10キロ以上の増減があった馬は勝ち馬ゼロ。しかし、プラス10~20キロは(0-2-2-6)と2、3着には絡んでいる。成長期でこの範囲かつプラス体重であれば軽視もできない。 ★G1レースは最高レベルの人馬が揃う大舞台ゆえ、乗り替わりはマイナスとなることが多いのだが、このレース過去10年で乗り替わった馬が何と6勝。もっとも、そのうち4勝は外国人ジョッキーで、昨年ジャスタウェイで制した福永騎手は実質的な主戦ジョッキー。日本人ジョッキーで全くのテン乗りだったのは07年のメイショウサムソンのみ。外国人ジョッキー以外のテン乗りはやはり厳しい。 前走5着  (0-2-0-7) ★2010年以降、東京芝2000mで最も勝っているのは蛯名騎手の21勝、続いて内田博騎手の16勝。2ケタ以上の勝鞍はこの2人。現役の日本人ジョッキーで連対率トップは戸崎騎手。8勝、2着13回と2着が先行ながら、単複どちらの回収率ともに100%を超えている。 インコースから勝負根性でイスラボニータを追い詰めます。 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 【天皇賞・秋】2着フィエールマン福永「スタートは出たけど、その後に挟まれたのが痛かった」. 残り300mには、イスラボニータがカレンブラックヒルをねじ伏せ、先頭に立ちました。 その大外を並ぶ間なしに飛んで来たのは、スピルバーグ。 Copyright(C) 2009 TOKYO-SPORTS, All Rights Reserved. 高齢馬はかなり厳しく、連対馬は09年に勝った8歳馬カンパニーのみ。3着は07年のカンパニー、昨年のエイシンフラッシュが6歳で記録した2回で、6歳以上は割引が必要となる。 天皇賞・春(2勝)に菊花賞勝ち(18年)を含めた長距離専門のイメージを払拭する、新境地を切り開く走りだった。 ... 2014年11月03日 11:00. 前走3着  (0-1-0-13) 1996毎日王冠【12頭・馬連万馬券】 優勝 4枠 4番・アヌスミラビリス ⇒天皇賞(秋)不出走 2着 2枠 2番・トーヨーリファール ⇒天皇賞(秋)不出走 3着 6枠 8番 ・バブルガムフェロー(藤沢和雄厩舎) 2014毎日王冠【15頭・馬連万馬券】 優勝 2枠 2番・エアソミュール ⇒天皇賞(秋)不出走 栗東所属の騎手では岩田騎手、福永騎手、武豊騎手のアベレージが高い。, 過去10年は関西馬8勝、関東馬2勝で目下関西馬が7連勝中。連対率は関東馬の方が高いのだが、その数字を支えているのは藤沢和雄厩舎で、(1-3-2-6)と孤軍奮闘。出走回数も最も多く、東の砦を守っている。今年はスピルバーグ、ロサギガンティア、ペルーサが特別登録している。 11 R 第149回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 2014年5月4日 3回京都4日目 4歳以上オープン (国際)(指)(定量) この年の皐月賞を制し、日本ダービー2着、セントライト記念1着のイスラボニータが1番人気に支持されました。 ドバイシーマクラシックを優勝したジェンティルドンナが2番人気。 この年の天皇賞(春)を制したフェノーメノが3番人気と続きました。 穴には減点が少ない牝馬・デニムアンドルビーを。3歳時の持ち味だった切れを生かす競馬をしてくれば怖い。. 1番人気の次に連対しているのは何と7番人気。2ケタ人気で3着以内に来ているのは05年に勝ったヘヴンリーロマンスと同年3着、前年2着となったダンスインザムードの牝馬2頭。, 昨秋、史上初となるジャパンカップ連覇を果たし、今春はドバイシーマクラシックを制覇。歴史的名牝・ジェンティルドンナが秋初戦を迎える。ドバイ→宝塚記念のローテーションは昨年と同じ。しかし、その前走宝塚記念がよもやの9着。データ的に巻き返し不可能な2ケタ着順ではなかったのが救いではあるが、ちょっと負け過ぎの感。フェノーメノも春の天皇賞から秋へのぶっつけ本番はデータ面から強力なプッシュはできない。それはほぼ同じ間隔になるエピファネイアにも当てはまる。データ面からの推奨は、集計期間の過去10年では勝ち馬がいないものの、ソロソロの気配がする3歳馬イスラボニータ。乗り替わりもこのレースで連対経験があるルメール騎手なら大きなマイナスにはならないはずだ。 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、マヤノトップガン、メイショウサムソン、ゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, 「騎手・調教師予想部門」NO.1の『ロケットスタート』さんがサンスポ紙面で天皇賞・春を大予想!, 先週の回顧~佐藤洋一郎プロ、サウスプロ、“帰ってきた”凄馬勝子プロが50万オーバーを記録!.

※2 皐月賞東京施行 04年のネオユニヴァース、12年のオルフェーヴルが沈み、他の馬には出番がきた。 ちなみに、04年はjra50周年、12年は中央競馬150年の記念事業年(副題が付与されたのは12年のみ)。 ★歴戦の古馬が戦う伝統の一戦だが、ここ10年は3歳馬の活躍によりキャリア10戦以下の連対馬が6頭いる。ただし勝ち切るには相応の経験も必要で、最も勝鞍が出ているキャリアは16~20戦。 All rights reserved. カレンブラックヒルの絶妙の溜め逃げに思えたのですが・・・, けやき向こう側からペースが速くなり出し、4F回って直線。 11 R 第150回天皇賞(秋)(G1) 芝左2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(秋) 2014年11月2日 4回東京9日目 3歳以上オープン (国際)(指)(定量) も3着1回が最高。2002年のコース改修で以前より走りやすくなったと言われる東京の芝2000mだが、それでもスタートしてコーナーが近いため、多頭数の外枠は不利というのが定説。この天皇賞ではそのデータが生きている。 しかしジェンティルドンナはさすがGⅠ6勝。 前走10着~ (0-0-0-19) 前走2着  (5-2-2-24) 次走はJCだと思いますので、次走はイスラボニータ共々期待出来るのではないでしょうか?, 1着 スピルバーグ 1:59.7 前走4着  (0-2-1-8) 前走6~9着 (1-0-2-36)

¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, (*3,1)17-11,4,2,5,7,18,6,16(15,10)12,9,13,14,8, 3,1,17-11-4,2,5,7(6,18)16,15,10(9,12)-13,14-8, 3,1(17,11)2,4,7(5,18)6(15,16,10)12(9,8,14)13, 3,11(17,2)(4,1,7)(5,12)(6,14)(9,10)(15,18,8)16,13, 12.8 - 12.0 - 12.1 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 11.3 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 12.9 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 11.1 - 11.7, 12.8 - 24.8 - 36.9 - 49.3 - 61.7 - 73.8 - 85.1 - 97.6 - 110.5 - 123.4 - 136.3 - 148.6 - 160.3 - 172.3 - 183.4 - 195.1 (36.9-34.8). Tweet, 「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延. このレースで燃え尽きていないといいけどなぁ・・・, ジェンティルドンナは、先行してかつ最後伸びて2着ですから、最も強い競馬だったでしょう。

先行してしまったジェンティルドンナは、内に突っ込みました。 まだまだ該当数は少ないが、近年毎日王冠を上回る勢いを見せているのが宝塚記念、札幌記念からの「ぶっつけ」組。かつてはタブーとされていた休み明けだが、まだ残暑が厳しい8月末~9月初旬に帰厩して調整を開始するより、「涼しくなってから」もしくは「涼しい北海道から始動」という関係者がこのローテを選択し、結果も残している。 過去10年で逃げ切った馬はおらず、唯一の連対は08年のダイワスカーレット2着。長い直線、そして坂が逃げ馬の前に大きく立ちはだかっている。 スタートからの3Fは、36.4とやや遅目のペース。 〒135-8721 東京都江東区越中島 2-1-30 残り400mからイスラボニータが追い出し、1完歩ずつカレンブラックヒルを追いかけます。 普通なら、これで決まりでしょう。 凱旋門賞に挑戦したジャスタウェイ、ゴールドシップが不在でも、昨秋、史上初となるジャパンカップ連覇を果たし、今春はドバイシーマクラシックを制覇した歴史的名牝・ジェンティルドンナ、春の天皇賞を2連覇したフェノーメノ、昨年の菊花賞馬・エピファネイア、そして3歳勢からは皐月賞馬・イスラボニータが参戦。伝統の一戦に相応しい好メンバーが顔を揃えた。栄光の天皇盾を手にするのはどの馬か? ここでは天皇賞をデータ面から探ってみる。, 『王道』と言われる毎日王冠組は過去10年で5勝、2着3回、3着2回。秋初戦をここで迎える馬も多く、『王道』にふさわしい数字を残している。ただ、今年から勝ち馬に出走優先権が与えられながら、勝ったエアソミュール、2着馬サンレイレーザーの名前がないのは残念。 騎手別で目立つのは4勝を挙げている外国人ジョッキー。そして2勝を挙げ『盾男』の異名を持つ武豊騎手。関東所属のジョッキーでは横山典騎手の(1-2-1-4)の数字が光る。, 4コーナーの位置別では4角先頭(0-1-0-9)、2~4番手(2-4-2-27)、5~7番手(1-3-1-26)、8~10番手(5-1-4-19)、11番手以下(2-1-3-61)。 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, (1)アスカクリチャン・北村助手 「初の距離なので、内でロスなく回っていけるのはいい」 (2)アドマイヤフライト・橋本助手 「馬場がいいから内枠でよかった」 (4)サイレントメロディ・国枝師 「できれば内めの枠が欲しいと思っていた。十分だね」 (6)ホッコーブレーヴ・松永康師 「枠は一番いいところ。最近はゲート内で後ろにもたれなくなっている」 (7)フェノーメノ・斎藤助手 「内すぎず外すぎず、ちょうどいいところ。あとは自分の競馬をしてくれれば」 (8)ゴールドシップ・北村助手 「真ん中で内も外も見ながらいけます。末広がりの(8)番でいい」 (9)タニノエポレット・村山師 「内の方がよかったけど、外になるよりはいい」 (10)フェイムゲーム・宗像師 「真ん中の偶数枠はいいところ。前走はスタートが合わなかったが、本来は普通に出られる馬」 (11)ラストインパクト・松田博師 「ソコソコいく馬だし、まあまあやな。仮に出遅れてもジッとしていればいい」 (12)ウインバリアシオン・森助手 「大外だけは嫌だった。許容範囲の枠。出たなりで運べる」 (13)オーシャンブルー・川合助手 「外めですが、(ここなら)馬群に入れて競馬できる」 (14)キズナ・佐々木師 「大外は好きじゃないが、ここならまだ外に馬がいるし、悪くない枠だよね」 (15)アドマイヤラクティ・西原助手 「ハナにいく馬でもないし、そんなに気にしなくていい」 (16)ジャガーメイル・橋本助手 「長距離戦なので枠順は気にならない」 (17)ヒットザターゲット・高井助手 「内が欲しかったけど、肝心なところで外が当たってしまった…」 (18)デスペラード・安達師 「この馬にとって外枠はそんなに不利にならない」★天皇賞・春の枠順はこちら, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 数字から見るイメージは先行馬が踏ん張るところを後方から来た馬が差し切るというシーン。連単系のアタマは切れる馬がオススメ。, 1番人気が4勝しているが、それ以外の人気馬は比較的不振で2~3番人気は未勝利。3番人気は連対すらなく、ここ2年は5番人気が連勝。計3勝を挙げている。

天皇賞(秋)[2014年11月2日東京11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 ちなみに大阪杯、天皇賞・春からの複勝圏内突入はあるが、安田記念(今年は該当馬なし)からの馬券絡みはない。, 前走1着  (4-3-5-36) 一方で伝統の一戦を勝ち切るには余力も必要なのか、キャリア20戦を超えた馬は苦戦の傾向が出ている。 2014年 天皇賞(春)キズナの敗因とは?9個もあった!さんのブログです。最近の記事は「2014年 天皇賞(春)キズナの敗因とは?9個もあった!単勝1倍台を裏切った、危険な人気馬」です。

3歳時には素質馬と言われたスピルバーグは、重賞初制覇が悲願のGⅠ制覇。 株式会社Do innovationが運営する競馬ラボに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。.