アメリカの世紀(アメリカのせいき、英: The American Century)[1][2]とは、20世紀半ば以降の期間について、この期間の世界が政治的、経済的、文化的にアメリカ合衆国に大きく支配されていたという特徴づけである。これは、1815年から1914年までの期間を「イギリスの帝国の世紀」(Britain's Imperial Century) と表現することに相当する[3]。, アメリカの影響力は20世紀を通じて増大したが、特に第二次世界大戦後には、世界はアメリカとソ連という2つの超大国に支配されるようになった。1991年にソ連が崩壊した後も、アメリカは世界で唯一の超大国であり続け[4]、覇権国家、あるいは極超大国[5]と呼ばれるようになった。, この言葉は、『タイム』誌の発行人であるヘンリー・ルースが、今後の20世紀におけるアメリカの有り様、あるいは、こうあるべきだとする姿を表現するために造語したものである[6]。長老派の宣教師の息子でもあるルースは、1941年2月17日の『ライフ』誌の社説で、アメリカが孤立主義を捨て、世界の善きサマリア人として行動し、民主主義を広める「宣教師」としての役割を果たすように促した[7]。彼は、民主主義の価値観を守るために、アメリカに第二次世界大戦への参戦を呼びかけた。, Throughout the 17th century and the 18th century and the 19th century, this continent teemed with manifold projects and magnificent purposes. アメリカ式捕鯨の時代. 共通テスト世界史B解説(通史)tky1942, 今回は、アメリカをmake greatにした歴史を語っていきたいと思います。1783年にアメリカは、イギリスの植民地から脱し、独立国となりました。, この間までは土地も荒れ果てた植民地でしかなかったアメリカですが、19世紀になると国力を大幅に伸ばすことに成功いたします。その歴史を振り返っていきましょう。, 18世紀のイギリスとフランスの大戦争の結果、1763年のパリ条約によってカナダとミシシッピ川以東のルイジアナはイギリス領に、ミシシッピ川以西のルイジアナはスペイン領になりました。, この時点でフランスは、アメリカ大陸の領土を全て失ったのですが、1800年にミシシッピ川以西のルイジアナを実は返還してもらっています。, またフロリダについても1763年という同時期にスペインからイギリス領になりましたが、1783年に再度スペインに返還しています。, フランスはスペインから返還してもらったミシシッピ川以西のルイジアナを、そのままアメリカに売却しました。, 1803年のフランスといえばナポレオンが皇帝になる直前です。この後ナポレオンはイギリスとの戦争を行います。戦争にはお金がかかりますから、少しでも戦費をまかなうためにルイジアナを売却しました。, この戦争では、特に領土は動いていません。この戦争は、イギリスが海上封鎖を行ってフランス-アメリカ間のビジネスを邪魔されたことで、アメリカ側の反発が高まったことに起因します。, この戦争中はイギリスとの貿易は一切行われなかったため、逆にアメリカの自国産業は大きく成長しました。元親との関係をスッパリ切ったことで、自立した感じですね。アメリカの経済自立によって、1860年代の産業革命に繋がっていきます。, スペインから、フロリダを500万ドルで買収しました。南部は温かい気候ゆえに、綿花栽培が盛んに行われており、フロリダもまた綿花栽培地としての需要が叫ばれていたためです。, <ピエロのような大男がアメリカ。小人のラテンアメリカ諸国を柵の向こう側のヨーロッパから守っている>, モンロー教書とは、第5代アメリカ大統領モンローによって表明された外交方針です。内容としては、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸の相互不干渉を打ち出しました。「孤立主義」「モンロー主義」とも呼ばれます。, このモンロー教書の背景には、「ラテンアメリカ諸国の独立」があります。18世紀後半のアメリカやフランスの独立・革命の炎は、少し送れてラテンアメリカ諸国にも燃え移りました。, 古く大航海時代よりスペイン・ポルトガルに支配されてきた、ラテンアメリカ諸国ですが、1804年にハイチにて黒人革命が成功して独立したことを皮切りに、パラグアイ、アルゼンチン、チリ、ペルー、メキシコ、ブラジルなど様々な国が独立に成功しました。, 当然ヨーロッパ諸国は、ラテンアメリカを再び侵攻して独立を抑えようという動きをしましたが、アメリカのモンロー大統領はこれを牽制して、モンロー宣言を打ち出したということです。, これまで大統領は東部出身のいわゆるエリート層が大統領に選ばれてきましたが、ジャクソンは西部の普通の家柄出身です。, ジャクソン大統領の政治方針は、「庶民の味方」です。東部のエリート資本家たちではなく、一般市民に目を向けた政治を行ったため大変な人気があったそうです。, 特に白人男子普通選挙を整備したため、この時代はジャクソン民主主義と呼ばれています。, この時期に現在のアメリカ2大政党の元となる、民主党とホイッグ党(自由党の前身)が組織されました。ジャクソンは民主党出身です。そしてジャクソンに反発した人々が組織したのがホイッグ党です。, 庶民の味方であったジャクソン大統領ですが、現地民のインディアンたちには非常に厳しい態度で当たりました。合法的にインディアンたちを強制移住させることができる法律が定められたことで、多くのインディアンたちは西方へと追いやられました。, インディアンを合法的に追いやって良いという法律ができたこともあり、1840年代のアメリカの人々は更なる土地を求めて、西へ西へと西部開拓を進めていくことは当然の権利であるという風潮が生まれます。, なぜ当然なのか?それは、領土拡大が神から与えられた使命だからです。・・・意味わかりませんね?まぁ、都合のいい自己正当化ですよね。, これを発端に1846年に米墨戦争(アメリカ=メキシコ戦争)が起こり、メキシコ戦力を圧倒します。結果として、1848年にカリフォルニア・ニューメキシコはアメリカに併合されました。, 1848年にカリフォルニアがアメリカに併合されると、非常に大きな金鉱が発見されます。多くの人々が金を採ろうと集まるゴールドラッシュが起きて経済が大きく発展しました。, マニフェスト・デスティニーの元、西部開拓を進めてきたアメリカですが、併合する州が増えるに連れて、北部側と南部側での対立が明確化してくるようになりました。, アメリカ北部の主要産業は、商工業です。特に、米英戦争後は工業化が進み、ヨーロッパ諸国に輸出しても恥ずかしくないレベルの工業品が作られるように成りました。, 商工業で生きていく上で、他国からの工業品に高い関税をかけて自国の産業を守ることが非常に重要なので、保護貿易を求めます。また工業には主に機械が使われ、あまり奴隷を必要としないこともあり、奴隷制維持にはそこまで積極的ではありませんでした。, 一方のアメリカ南部の主要産業は、その暖かい気候を活かした綿花栽培です。特に1793年にホイットニーの綿繰り機が発明されると、南部での綿花栽培はより一層進みました。, 以前三角貿易の解説の際にも触れましたが、綿花栽培には黒人奴隷が不可欠です。白人たちは、誰も暑い地域で肉体労働をしたがりませんからね。ゆえに、黒人奴隷制度の維持には非常に積極的でした。また、綿花はヨーロッパ地域に輸出していたので、変に輸出制限をされたくないので自由貿易を求めました。, (ちなみに、白人の入植者が、黒人奴隷を管理して、綿花などの単一作物を作らせ続けることを、プランテーションと呼びます。), このように同じアメリカ合衆国でも主要産業が北と南で異なるために、貿易と奴隷制のあり方について激しく対立しました。, 南北対立が明確になる中、リンカーン大統領が就任します。リンカーンはホイッグ党の後進、共和党出身です。共和党はアメリカ北部寄りの政党で、奴隷制反対派です。一方の民主党は、南寄りの政党で、奴隷制維持派です。, 北と南の対立は、結局戦争を引き起こしました。南部11州は、アメリカ合衆国を離脱して、アメリカ連合国を作り独立。北部に対して、戦争を仕掛けました。, 当初は南部側が優勢だったものの、リンカーン大統領がホームステッド法を成立させたことで戦局は一変します。ホームステッド法とは、アメリカ人なら誰でも公有地を貸してあげるよ。んで、5年間その土地を耕してくれたら、その土地あげる。という法律です。, 西部開拓を進めて国土が有り余っていた当時ならではの制度ですね。これに喜んだのは、西部の農民たちです。彼らが北部側、共和党側についたことで、戦局は北部寄りになりました。, もともとリンカーンは奴隷制度廃止寄りの人ではありませんでした。奴隷拡大はよくないけど、リンカーンも個人的には奴隷を使役していましたから、廃止まで制度を確立する予定はありませんでした。, しかし南部側の抵抗が思ったよりも激しかったため、奴隷たちを味方につける、国際世論を味方につけて戦争に勝利するという、極めて戦略的な理由により、奴隷解放宣言を行いました。, その後、同年7月の最大の戦いであるゲティスバーグの戦いに北軍が勝利し、戦況は決定的になり1865年に北軍の勝利で幕を閉じます。この戦いの直後に、リンカーンは「人民の人民による人民のための政治」という有名フレーズのスピーチを行いました。, リンカーン大統領が宣言した通り、南北戦争直後アメリカは、憲法修正第十三条にて奴隷制度を禁止しました。, しかし、それまでの一般白人市民の黒人に対する差別意識がすぐに消えることはなく、黒人と白人の乗るバスを分けたりと差別は当たり前のように行われてきました。それは現在までも根強く禍根を残しています。, 特にKKK(クー=クラックス=クラン)のような、狂信的な黒人差別組織も現れたりしました。, 特に工業化を進めていた北部が戦争に勝利したこともあり、工業国を目指して経済活動を行い、1860年代には産業革命が起こります。労働力には奴隷の代わりに、積極的に移民を用いてきました。東欧、南欧からの移民や、中華系の移民を受け入れ、安価な労働力として使い発展していったのです。まさに、アメリカが移民の国と呼ばれるわけですね。, 1869年には、東西を結ぶアメリカ大陸横断鉄道が開設されて、ヒト・モノの移動速度は大幅に上がり、経済もますます発展し、アメリカ各地で大都市が出現しました。, 当時のロシア皇帝は、アレクサンドル2世です。ロシアは1853年のクリミア戦争に敗れて、財政難であったため、アラスカを720万ドルでアメリカに売却しました。, 当初アラスカ買収は、「巨大な冷凍庫」を買っただけだ!とアメリカ国民に批難されましたが、後に金鉱が見つかると評価は一転しました。また、冷戦時代にアラスカがロシアの領土だった場合・・・を考えると少し怖いです。やはり、領土は正義ですね。, 南北戦争の直前、日本にペリーが来航したのは1854年のことです。その際に、日米和親条約を交わし、日本は開国することに成りました。横の時代でつながるのも、世界史の面白いところです。, いまちょうど高卒認定を独学で勉強中でこのあたりまで来ました。色々見てきたサイトの中でもとても分かりやすく、全ての章、参考書と並行してこちらを参考にしながら進めさせて頂いてます。続きも楽しみにしています^_^, テスト対策にいつも閲覧させていただいてます*_ _) 1783年にアメリカは、イギリスの植民地から脱し、独立国となりました。 この間までは土地も荒れ果てた植民地でしかなかったアメリカですが、19世紀になると国力を大幅に伸ばすことに成功いたします。その歴史を振り返っていきましょう。 ・twitter:@history_contact アメリカを代表する新聞のひとつ、「nyタイムズ」が創刊したのは1851年。19世紀半ばになると、それまでは娯楽が中心だった新聞が、政治に対する論説などを報じるようになります。そして一般紙の発行部数は、またたくまに増加していったのです。 [8], 17世紀、18世紀、19世紀を通じて、この大陸は多様なプロジェクトと壮大な目的で溢れていた。それら全ての上に、世界と歴史の中で最も刺激的な旗にそれら全てを織り込んでいたのは、自由の勝利という目的だった。 army was smaller than the army for Portugal before World War II”, http://www.politifact.com/texas/statements/2014/jun/13/ken-paxton/us-army-was-smaller-army-portugal-world-war-ii/, https://books.google.com/books?id=xdMF9rX6mX8C&pg=PA62, https://www.iup.edu/WorkArea/DownloadAsset.aspx?id=37681, “The "Special Relationship" between Great Britain and the United States Began with FDR.”, http://rooseveltinstitute.org/special-relationship-between-great-britain-and-united-states-began-fdr/, “Remarks by the President Obama and Prime Minister Cameron in Joint Press Conference”, https://obamawhitehouse.archives.gov/the-press-office/2016/04/22/remarks-president-obama-and-prime-minister-cameron-joint-press, https://archive.org/details/overthrow00step, U.S. no longer superpower, now a besieged global power, scholars say, “Donald Trump in the White House is the end of the 'American Century'”, https://web.archive.org/web/20180505073742/https://www.smh.com.au/business/donald-trump-in-the-white-house-is-the-end-of-the-american-century-20170120-gtv1ae.html, http://jah.oxfordjournals.org/content/99/1/24.full.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカの世紀&oldid=79541501. PRの舞台は政治から民間企業へ—— パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.2】, 企業課題を解決するPRエージェントの登場—— パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.3】, 大衆消費社会とパブリシティの発展期—— パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.4】, PRの重要性が浮き彫りになった70年代—— パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.5】, 「一般消費者」ではなく「個」との関係性へ——パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.6】, GO 三浦崇宏さん「PRパーソンは面白く、誠実であれ。“期待経済”時代の未来を創っていく」, サイボウズ 明石悠佳さん「信頼関係の構築は長期戦。ステキだな、と思える価値観の“媒介者”でありたい」, 2015年9月よりPR Tableのストーリーテリング事業に参画。2018年までPR Table Communityにてインハウスエディターを務める。, PRの発祥は19世紀のアメリカ—— パブリック・リレーションズの歴史をたどってみる【vol.1】. フェミニズムの歴史とライオットガールの誕生. 18世紀後半から19世紀のアメリカは、アメリカ式捕鯨の時代でした。 石油が発見されるまで、当時の捕鯨産業は、国の根幹をなす大産業で、 それというのも、夜を照らす全ての灯りは、このクジラという生き物から供給さ 井之上喬(2006)『パブリック リレーションズ 戦略広報を実現するリレーションシップ マネジメント』 日本評論社. West Lafayette, IN: C-SPAN Archives, 1999. https://books.google.com/?id=2eMoHQAACAAJ, Analyzing American Power in the Post-Cold War Era, https://books.google.com/books?id=I0kEAAAAMBAJ&pg=PA61, https://books.google.com/books?id=I0kEAAAAMBAJ&pg=PA64, https://www.google.com/books/edition/_/T_QfEZw6hKkC?hl=en&gbpv=1&pg=PA20, Selective Service System: History and Records, Excerpt – General George C. Marshall: Strategic Leadership and the Challenges of Reconstituting the Army, 1939–41, “U.S. この精神に基づいて、私たち全員が、それぞれが自分の能力の尺度で、それぞれが自分のビジョンの最も広い視野の中で、最初の偉大なアメリカの世紀を創造するために呼ばれているのである。, 民主主義やその他のアメリカの理想は、「人類の生命を獣の水準から、詩篇作家が『天使よりも少し低い』と呼んだものにまで持ち上げるという、神秘的な仕事をする」だろう。アメリカの世紀の下でのみ、世界は「健康と活力のいかなる高貴さの中にも生命を吹き込むことができる」のであると、ルースは説いた[9]。, デヴィッド・ハーヴェイによると、ルースは、与えられた権力は領土的な特定のものではなく、世界的で普遍的なものであると信じていたため、「帝国」ではなく「アメリカの世紀」と呼ぶことを好んでいたという[10]。同じ記事の中で、彼はアメリカ合衆国に対して「適切と思われる目的のために、適切と思われる手段で、我々の影響力を世界に完全に発揮すること」を呼びかけている[11]。, 19世紀末、1898年の米西戦争と義和団の乱をきっかけに、アメリカは北米大陸を超えて世界でより顕著な役割を果たすようになった。米西戦争後には保護主義を採用して国内産業を発展させ、海軍のグレート・ホワイト・フリートを編成した。1901年にセオドア・ルーズベルトが大統領に就任したとき、彼は前任のウィリアム・マッキンリーの下で始まっていた、それまでの孤立主義から対外関与への外交政策の転換を加速させた。, 例えば、アメリカは新たに獲得したフィリピンに対する支配権を確固たるものにするために、フィリピン第一共和国を相手に米比戦争を戦った[12]。1904年、ルーズベルトはパナマ運河をアメリカが建設することを決定し、パナマ運河地帯を設定した。介入主義(英語版)は、モンロー主義に対する1904年のルーズベルト・コロラリーで正式に表現されている。アメリカがアメリカ大陸のどこにでも介入する権利を宣言したことは、アメリカの地域的な覇権主義の台頭を強調した瞬間だった。, 1914年に第一次世界大戦が勃発した後、アメリカは不干渉政策を追求し、紛争を回避しながら和平を仲介しようとした。ウッドロウ・ウィルソン大統領は後に、戦争は非常に重要であり、和平会議で米国が発言権を持たなければならないと主張した[13]。アメリカは正式には連合国の一員ではなかったが、1917 年に自称「連合国」として参戦した。当初、アメリカは小さな軍隊しか持っていなかったが、選抜徴兵法(英語版)の成立後、280万人の徴兵を行い[14]、1918年夏には毎日1万人の新兵をフランスに派遣していた。第一次世界大戦は1919年にヴェルサイユ条約で終結した。アメリカはその後、孤立主義を採用し、1919年のヴェルサイユ条約の承認や国際連盟への正式加盟を拒否した[15]。, 戦間期の間、アメリカでは経済保護主義が定着し、特にスムート・ホーリー関税法の結果として、世界恐慌を長期化させ、世界的に伝播させたと経済学者たちは考えている[16]:33。1934年からは、貿易の自由化が互恵通商協定法を通じて行われ始めた。, 1939年に第二次世界大戦が勃発すると、議会は1930年代の中立法を緩和したが、ヨーロッパの戦争への参戦には反対したままであった[17]。1940年には、アメリカの軍事力は世界で18位になっていた[18][19][20]。中立パトロールとしてアメリカの駆逐艦が海上で戦っていたが、議会から宣戦布告はされていなかった。アメリカの世論は依然として孤立主義であった。80万人のメンバーからなるアメリカ・ファースト委員会(英語版)は、アメリカがレンドリース法を通じてイギリスとソビエト連邦に軍事援助を行っていたにもかかわらず、ヨーロッパの紛争へのアメリカの介入に断固として反対していた。, 1941年にフランクリン・D・ルーズベルト大統領が行った一般教書演説は「4つの自由」演説として知られるが、これはアメリカの非干渉主義の伝統を打ち破った。彼は、すでに参戦している同盟国を支援するというアメリカの役割を概説した。8月までに、ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・チャーチル首相は、戦後の世界の目標を定義する大西洋憲章を起草した[21]。1941年12月、日本は、真珠湾攻撃などの東南アジアと中央太平洋への同時多発的な攻撃で、米英領有地を攻撃した[22]。これらの攻撃により、アメリカとイギリスは日本に宣戦布告した。その3日後、ドイツとイタリアがアメリカに宣戦布告し、アメリカもこれに応じた[23]。, 1945年の終戦後、四大国(アメリカ、イギリス、ソビエト連邦、中華民国)は戦後の世界を計画するために会合を開いた[24][25]。平和維持のために[26]、連合国は国際連合を結成し、1945年10月24日に発足した[27]。1948年には世界人権宣言を国連全加盟国の共通基準として採択した[28]。アメリカはイギリスと密接に協力して、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、北大西洋条約機構(NATO)を設立した[29][30]。, パクス・アメリカーナとは、20世紀半ば頃からアメリカ合衆国が享受してきた大国としての優位性に起因する、西欧世界の相対的な平和のことである。この用語が主に使われたのは20世紀後半だが、20世紀の他の時期にも使用されている。その現代的な意味合いは、1945年の第二次世界大戦終了後に確立された平和に関係している。, 「アメリカの世紀」は冷戦の期間を通じて存在し、世界の2つの超大国のうちの最上位に位置するアメリカの地位を示すものだった。冷戦後は、超大国とされる基準を満たしているのはアメリカのみであるというのが、最も一般的な信念だった[4]。アメリカの面積は約937万平方キロメートルで、世界第4位である[31]。1990年のアメリカの人口は2億4870万人で、当時世界第4位だった[32]。, 20世紀半ばから後半にかけて、アメリカの政治的立場は、資本主義の強い連邦制の立憲共和国と定義されていた。アメリカは、国連安全保障理事会の常任理事国であり、それに加えて、イギリスとフランスという2つの常任理事国の同盟国を持っていた。アメリカは、資本主義の西ヨーロッパ、ラテンアメリカ、イギリス連邦、およびいくつかの東アジア諸国(韓国、台湾、日本)と強い結びつきを持っていた。アメリカは右翼の独裁者や資本主義民主主義国と同盟を結んでいた[33]。, 「アメリカの世紀」には、アメリカの政治的影響力だけでなく、経済的影響力も含まれている。20世紀の間に、世界の多くの国がワシントン・コンセンサスの経済政策を採用し、時には国民の要望に反した政策を採用するようになった。20世紀末におけるアメリカは世界最大の経済大国であり、その経済力は強力なものだった。アメリカには、鉱物、エネルギー資源、金属、木材などの大量の資源、大規模で近代化された農業、大規模な産業基盤があった。アメリカ合衆国ドルはブレトン・ウッズ体制下で世界の主要な基軸通貨となっている。アメリカのシステムは、需要と供給、つまり顧客の需要によって生産が決まるという資本主義経済理論に根ざしていた。アメリカはG7主要国と同盟関係にあった。アメリカの経済政策の処方箋は、国際通貨基金(IMF)、世界銀行などのワシントンD.C.の国際機関やアメリカ財務省が、金融危機に見舞われた発展途上国のために推進した「標準的な」改革パッケージであった[34]。, アメリカ軍は、世界でも圧倒的に軍事費が高い海軍を中心とした先進的な軍隊であった[35]。アメリカ海軍は世界最大の海軍であり、空母の数が最も多く、世界中に基地を有している。特に、ワルシャワ条約機構加盟国を西、南、東に取り囲むように基地を設置している。アメリカは冷戦の前半には世界最多の核兵器を保有し、世界最大の陸軍と空軍を保有していた。北大西洋条約機構(NATO)に加盟する西ヨーロッパの強力な軍事同盟国も、独自の核戦力を持っていた。また、アメリカの中央情報局(CIA)は世界に強力な情報網を保有していた。, アメリカの文化は、アメリカの音楽、テレビ、映画、アート、ファッション、および、言論の自由や国民が享受するその他の権利への欲求など、他の国に影響を与え、「アメリカニゼーション」(アメリカ化)として知られる。エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、マドンナなどのアメリカのポップスターは世界的な有名人になった[36]。, 批評家たちは、ルースの「ジンゴイズム的な宣教の熱心さ」を非難している[37]。また、20世紀の終わりと共にアメリカの世紀も終焉を迎えると述べている者もいる。最も有名なのは、ゴンゾー・ジャーナリズムのハンター・S・トンプソンで、彼は自伝のタイトルをKingdom of Fear: Loathsome Secrets of a Star-Crossed Child in the Last Days of the American Century(恐怖の王国: アメリカの世紀の終わりの日に星を渡った子供の忌まわしい秘密)とした。, 新しい千年紀の到来に伴い、イリノイ大学の評論家は、アメリカが超大国としての地位を失いつつあるかどうかが、特に中国の台頭との関係で議論の対象となっていると述べている[38]。他のアナリストは、1917年にアメリカが第一次世界大戦に参戦してから2017年に第45代大統領が就任するまでのちょうど100年間が「アメリカの世紀」であると主張している[39]。ジョージ・フリードマン(英語版)などは、「21世紀はアメリカの世紀になる」と述べている[40]。. ・メール:restart1861@gmail.com Above them all and weaving them all together into the most exciting flag of all the world and of all history was the triumphal purpose of freedom. アメリカの世紀(アメリカのせいき、英: The American Century ) とは、20世紀半ば以降の期間について、この期間の世界が政治的、経済的、文化的にアメリカ合衆国に大きく支配されていたという特徴づけである。 これは、1815年から1914年までの期間を「イギリスの帝国の世紀」(Britain's … The American Century. 自分が関わっている仕事は、どのくらい昔からあったのか。そもそも発祥の地はどこなのか。どんな経緯、どんな背景があって、現代に受け継がれてきたのか——。考えてみたことがあるでしょうか?, 日々、私たちが当たり前のようにふれていること。すべてのものごとには必ず、なんらかの”歴史”があるものです。, 目の前の仕事に一生懸命になっていると、なかなか過去を振り返っている余裕はないかもしれない。でも私たちが歩んでいる1本の細い道は、たしかに過去から現在へとつながれてきたもの。そこには、たくさんの資産があると思うんです。この道を切り拓いてきた先人の想いだったり、思いがけない起源や背景だったり。, そして、そうした歴史をたどることで、きっとこの先の未来が一体どっちに向かっていくのか……その道筋を示してくれる、ささやかなヒントも得られるはず。, そもそものPR活動の起源は、ときの権力者が人心掌握のために行ったさまざまな施策にあるようです。今でいう「ガバメント・リレーションズ」でしょうか。戦争などをはじめとする国の大事に民衆を参加させるため、わかりやすいスローガンやシンボルなどを用いてコミュニケーションを活性化し、一体感を醸成したのです。, ちなみに、最初に「Public Relations」という言葉を使ったのは、アメリカ第3代大統領のトーマス・ジェファーソンだという説があります。1807年の自身の選挙キャンペーンにおいて、「Public」と「Relations」をはじめて組み合わせたのだとか。, 「Relations」と名はついているものの、この頃のPRは、権力者から民衆への一方通行。どちらかといえば、プロパガンダ的な側面が強かったようです。, アメリカを代表する新聞のひとつ、「NYタイムズ」が創刊したのは1851年。19世紀半ばになると、それまでは娯楽が中心だった新聞が、政治に対する論説などを報じるようになります。そして一般紙の発行部数は、またたくまに増加していったのです。, つまり、情報を大勢の人々に届けられる手段——「マスメディア」が生まれたわけですね。, いままでになかった、民衆向けの情報伝達の手段ができると、どうなるか。権力を持ちたい人たちは、当然のことながら自分のために使いたい。そして新聞の記事になりそうなネタを、売り込むビジネスをする人が出てくる……。, 時代ごとのPRにおけるコミュニケーションの特性を4つに分類し、そのモデルを提唱したジェームス・グルーニッグ博士によると、19世紀のパブリック・リレーションズは「プレス・エージェントリー・パブリシティ」というモデルなのだそうです。, “プレス・エージェントリー”というのが、新聞に情報を売り込んでいた人たちのこと。当時でいう、パブリシティ専門のプロですね。ニュースリリース(プレスリリース)や、記者会見が行われるようになったのも、この頃だそうです。当時、パブリシティを活用していたのは、やはり大統領などをはじめとする政治家たちだったようですが。, 「プロパガンダ型」という表現からもわかるように、当時のPRは決してフェアなものではなく、自分たちに都合のいい情報、センセーショナルな話題などが中心となっていました。, 会社組織がかたちづくられ、顧客や社会に対して説明責任を果たしていく——そんな、次のモデルのパブリック・リレーションズへと移行していくのは、20世紀に入ってからのことです。. ©Copyright2020 Histrace -共通テスト世界史Bを楽しく学ぶ-.All Rights Reserved. 2019.05.16 要するに、南北アメリカ大陸は、ひとえにアメリカ合衆国様1人のモノだ!という宣言をしたということです。アメリカの孤立主義は、第一次世界大戦後半での参戦や、第二次世界大戦の武器貸与法で崩れます。, もともとジャクソン大統領は、先の米英戦争でインディアン掃討で活躍した軍人です。ゆえに、インディアンを人間とみなして政治活動は一切行っていなかったと思われます。, このわずか5年の南北戦争では、60万人ものアメリカ人が亡くなったと言われています。この数は、以降の戦争であるWW1,WW2, ベトナム戦争、イラク戦争など全てのアメリカ人死没者の数よりも多い数です。いかに、この戦争で多くのアメリカ人が亡くなったか。その規模感が分かるかと思います。. 2018.01.04 <参考文献> アメリカでは、商工業が発展した19世紀から20世紀初めに起った数回の移民ラッシュにより、人口が急速に増えた。人口の増加は、安定した労働力を供給するのに十分だったが、経済を圧迫するほどではな … Lamb, Brian, and Harold Evans. ・世界史botもやってます:@neta_Sekaishi. 本当にわかりやすく、おかげで前回のテストの点数が30点近く上がりました。 それではここに、アメリカのフェミニズムの歴史について、わたしが理解したことをかんたんにまとめてみようと思う。起源は19世紀にさかのぼり、これまでの間に、三つの重要な波があるという。 It is in this spirit that all of us are called, each to his own measure of capacity, and each in the widest horizon of his vision, to create the first great American Century. ところで、質問なのですが、ジャクソン民主主義のところで、民主党に反発したのがホイッグ党(共和党の前身)とありますが、ホイッグ党は自由党と捉えて大丈夫ですか?, コメントありがとうございます!うーむ、妙なトコで間違えてましたね。ホイッグ党→自由党ですね。訂正しました!, ▪お問い合わせ 猪狩誠也(2007)『広報・パブリックリレーションズ入門』 宣伝会議. 19世紀になると、アメリカは世界最大の捕鯨国になりました。アメリカは、1万8000人が乗り込む7000隻以上の大船団を持っていました。そして毎年400万ドルを使って700万ドルの利益を上げるのです。