投手がする牽制球を含め、チームで行うという特徴を持っています。, もともと英語の”pick off”には「狙い打つ」というような意味があり、 野球でピンチの時に一気に流れが変わるようなプレーがあります。 守備で言うと、ファインプレーもそうですが、ピックオフプレーもその1つです。 相手側にとっては、単なる1つのアウトという以外に、心理的なダメージを与えることもできます。 © 2020 やきゅぶろ All rights reserved. 指導が難しいピックオフプレー! このページで大丈夫! 練習をすることが、ピックオフプレー対策にもなります! 〇いろいろなピックオフプレー! 今回はピックオフプレーについてまとめてみたいと思います。 以前、中学校野球部の市大会の準々決勝で、相手チームがピックオフプレーを多用してくるということがありました。 幸い、私の中学… ©Copyright2020 星猿ブログ.All Rights Reserved. バントを警戒しているムードを作ります。, 一塁手が前進した時には、走者は自然と牽制球は無いと思って、 キャッチャー目線. 少年野球のピックオフプレーとは何? 野球の守備にはピックオフプレーというものがあります。 これは走者をターゲットにしてアウトを奪おうとするプレーの総称で、 投手がする牽制球を含め、チームで行うという特徴を持っています。 ピッチャーがウエストボール(打者から届かない球)を素早く投げ込みます。 そこにキャッチャーが送球し、飛び出した走者を捕まえに行きます。, ミソは、いかに走者に悟られないように状況を作るかで、 2020/01/03 8回表先頭打者の出塁を許すも、すぐにピックオフプレーでアウトに。勝敗を左右する大きなプレーだった。#駒大 #コマスポ #硬式野球 #東都大学野球 #菅野赳門 pic.twitter.com/zOZPKxpITy, — 駒大スポーツ (@komaspoofficial) October 9, 2018, ピックオフプレー(PICK OFF PLAY)とは、野手が意表をついた牽制でランナーをアウトにするプレーのことです。, 普通の牽制と違った動き、フォーメーションの中でランナーの意表をつくわけで、守備におけるサインプレーの代表的なものです。, ピックオフプレーにつられないようにするには?/元中日・井端弘和に聞く https://t.co/rlRqFDf9xI pic.twitter.com/dc9LlstoSo, — 中日ドラゴンズ 軟式 (@Dragons_mania) May 4, 2019, ピックオフプレーはサインプレーになりますから、守っている野手全体でサインがしっかりと共有されていなければいけません。, そして、直接プレーに関係する選手が、そのプレーの意図やフォーメーション、そしてタイミングについて深く理解し動く、場合によっては一種の演技をする必要も出てきます。, またピックオフプレーを成功させるためには、その時々で相手チームがどのようなプレーを選択してくるのかといったことがわかっていないと成功させることはできません。, スコアやイニング、アウトカウント、また、バッターやランナーの特性によって選択するプレーが違ってくるからです。, また、多少リスキーではあっても少しでも早くスタートを切りたいといったランナーの心理もプレーの成否に大きな影響があります。, ピックオフプレーの際には、通常のプレーとは違うフォーメーションに基づいて選手が動くことになります。, 送りバントが予想される際には、それを防ぐためのフォーメーションが組まれることになります。, ランナー1塁の時には、ピッチャーが投球に入るとファーストはホーム方向へダッシュします。, その隙をついて、タイミングを合わせて戻ったファーストや代わりにベースカバーに入ったセカンドに牽制球を投げたり、あるいはキャッチャーに向けてウェストボールを投げてそれをキャッチャーが1塁のベースカバーに入ったセカンドに投げるといったプレーが考えられます。, 同種のプレーがランナー1塁、2塁や満塁、あるいはスクイズが考えられる場面でもありえます。, また、バント守備等通常のフォーメーションを利用したピックオフプレーの他にも、後ろの塁のランナーの油断をつくピックオフプレーもあります。, ピッチャーが前に塁のランナーに対して、牽制をするふりをしながら、偽投をした後に、ランナーがいる後ろの塁に向かって素早く牽制球を投げるといったことがあります。, 通常だと、守備側の意識は前のランナーにいきがちですから、後ろのランナーはノーマークになる場合もあり、そこに油断が生じることがあります。, ですから、通常、後ろの塁のケアをする野手が相手を油断させるような動きをする必要もあります。, また、後ろの塁に投げた場合、前の塁のランナーがスタートを切る場合もありますから、前のランナーのリードの状態などにも注意が必要です。, そして、みんなで協力しないとできないプレーですから、チーム全員で作り上げていくものと言えます。, みんなで、話し合い、確認しながらするので、チームワークをよくするのにも役立つかもしれませんね。, 少年野球をしている息子と、小さな娘がいる野球バカ。 ピックオフプレイとは、投手(ピッチャー)捕手(キャッチャー)野手が、シグナル(サイン)で意思疎通して走者(ランナー)の隙を突きアウトを取るプレイのことです。 ただ、キャッチャーを含め内野陣のキャッチボール能力が高くないとピックオフプレーはできませんし、試合でいきなり成功するものでもありません。, そこで今回は、ピックオフプレーについて、その意味や種類などについて解説していきます。, ピックオフは、ピッチャーの牽制によって走者を刺すことや、投球後にキャッチャーからの送球によってランナーのアウトを狙うプレーのことを言います。, 投球後の戻りが遅いランナーの隙をついたり、内野陣全員でフォーメーションを組んでランナーをおびきだして刺したり、様々なピックオフプレーの形があります。, ランナー1塁や、ランナー2塁の場面はもちろん、ランナー1,2塁の場面であえて1塁ランナーをピックオフで狙うということもあるでしょう。, ランナーの気持ちのちょっとした緩みを突いて、相手のチャンスを一気に消滅させるプレーでもあるのです。, ピックオフプレーが決まるとチームはかなり盛り上がりますし、流れを一気に引き寄せることが出来ます。, ピックオフという言葉の意味は、「狙い撃つ」とか「もぎ取る」という訳がつけられます。, まさに野球のプレーにおいて、牽制球でランナーのアウトをもぎ取るという行為に繋がりますよね。, ただの牽制であれば、走者に対して「ランナーも気にしていますよ」というアピールをする目的もあるはずです。, ですから、実際にボールを投げなかったとしても、ピッチャーがプレートを外して走者を見るだけでも牽制の役目は果たせます。, ランナーを警戒するだけの牽制のように、緩いボールを送球するということはあり得ません。, ランナーに気を配る行為が「牽制」で、アウトを取りに行くプレーが「ピックオフ」だという認識で良いでしょう。, そのため、むしろ事前にランナーを警戒していることがバレない方が、ピックオフプレーは成功しやすいです。, ランナーが「自分のことも視野に入っているな」と思ってしまったら、隙が生まれにくくなります。, いかにランナーを気にしていない素振りをして、急にピックオフプレーを行うかが成功のカギです。, 直前まで全くランナーを見ることなく、バッターとの勝負に集中しているように見せかけているのが伝わりますでしょうか。, この動画のケースでは、おそらくキャッチャーがミットを内側にクイッと寄せたことが合図になってピックオフプレーを行っています。, ランナーからすれば、今まで打者に集中していて、しかも捕手のサインを見ている最中なのに突然牽制球が来た感じですよね。, ピッチャーも、全く投げる方を確認していないのに素早く振り向いて正確にベース上に投げることが出来ているのは流石です。, ピックオフプレーは1種類だけではないので、いくつもケースを想定して練習しておく必要があります。, バッテリーと塁上が埋まっているベースだけの問題ではなく、外野手も含めて全員でカバーリングを行うことが重要です。, フィールド上の野手が、誰もランナーを気にしていない雰囲気を出しつつ急に動き出すのがピックオフプレーの面白いところです。, 基本的にランナーが一人の場合は、ランナー自身も牽制球やピックオフプレーの存在が頭に入っているはずです。, まず、投手のセットポジションの段階で、ファーストがベースに付かないというピックオフプレーがあります。, これはツーアウトのときや盗塁の可能性が限りなく低いときなど、バッター集中でOKな状況のときですね。, ランナー目線で言うと、ファーストがベースに付いていなければ、まずピッチャーから牽制がくることの警戒心が薄れます。, 「自分はあまり気にされていないんだな」と思えるので、ホームへの投球後に1塁ベースに戻るときの動きが緩くなることもあるでしょう。, また、相手がバントをしてきそうなときに使えるピックオフプレーも知っておくと役に立つはずです。, バッターがバントの構えをしているときなど、ほぼ100%バントという場面で、ファーストとサードが一気にチャージをかけます。, 1塁ランナーからすれば、ファーストが前方にチャージしていれば牽制が無いので、大きく第2リードを取るはずです。, そこであえてピッチャーがボールゾーンに外してバッターに見送らせ、キャッチャーが素早くファーストベースに送球します。, その送球を、あらかじめファーストにカバーに走っている二塁手がキャッチしてランナーにタッチするのです。, もしバントをされたら、タイミングによってはセカンドでフォースアウトを取ることも考えてください。, それは、キャッチャーからセカンドに投げられても距離があるので刺されにくいという考えがあるからです。, それを逆手にとり、あえて大きな第二リードを引き出してキャッチャーからの送球で刺すというピックオフプレーがあります。, まず最初の投球で、キャッチャーがボールを受けたら一切ランナーを見ることなくピッチャーにボールを返します。, それを見せられたランナーは、心の奥で「俺は警戒されていない」という気持ちが出てくるでしょう。, そこを突いて、次はキャッチャーが捕球したらすぐにセカンドベースに送球してください。, ポイントとしては、ショートがベースカバーに入った方がランナーに気づかれにくいという点でしょう。, 場合によっては、ランナーが戻り切らずにランダウンプレーになることもあるので、冷静に対処してください。, その心理を上手く突き、投球を受けたキャッチャーからファーストに送球して1塁ランナーを狙います。, また、やはりバントの可能性が限りなく高い場面では、ファーストとサードが投球前からプレスをかけてバントシフトを敷きます。, そこでランナーに牽制が来ないという油断をさせて、あえてボール球で外してキャッチャーからの送球で刺すというプレーも出来ますね。, そこを逆手に取り、キャッチャーからファーストに送球してピックオフプレーを行うのもアリです。, ファーストはセットポジションの段階ではベースにつかず、投球後にすぐベースカバーに入ります。, もし1塁ランナーが戻り切らずに2塁に向かってスタートする場合は、3塁ランナーの動きを警戒しなければなりません。, しかし、何度も同じ作戦を多用していると相手側にも警戒されてしまうので、ピックオフプレーはここぞの場面で行うのが良いでしょう。, ピックオフの前提として、二次リードが大きくてベースへの戻りが甘い選手を見つけたときに行います。, 二次リードとは、セットポジションの段階で走者が取るリードと違い、投球モーションに入った後に行うリードのことです。, ピックオフプレーを警戒されているとランナーも隙を見せないので、ランナーを気にしていない雰囲気を醸し出せるかがカギになります。, バントの場合はランナーも絶対に次の塁でセーフになりたいので、スタートを完璧なタイミングで切りたいと考えています。, 戻ることよりも進むことに気持ちが傾いているケースでもあるので、そこをあえてギリギリのボール球で外すことができればピックオフは成功しやすいでしょう。, バントやヒッティングでフェアゾーンに飛ばされる可能性もあるので、意識の比重はそこに置いておくべきでしょう。, また、キャッチャーから送球する際には暴投もケアしておくべきなので、外野手が確実にカバーに入ります。, そうでないと、ランナー1塁のピックオフプレーでエラーが出て一気にホームに還られるかもしれません。, 意外と陥りがちなミスとしては、送球を「野手に向かって投げてしまう」ということでしょう。, 野手はカバーに走ってくれるので、ピックオフプレーの際は必ずベースを狙って投げます。, ランナーもベースに戻ってくるわけですから、最終的にタッチしやすい位置に投げたほうがエラーも少ないのです。, ショートがサードベースカバーに入り、セカンドがファーストベースカバーに入るという陣形です。, ブルドッグシフトの名前の由来は、ダイヤモンドを顔に見立てて1塁手と3塁手がダッシュしてくる様を、ブルドッグの垂れた頬に例えているという説があります。, ただ、ブルドッグシフトにはリスクがあり、大きく空いた1,2塁間や三遊間をバスターやプッシュバントで抜かれるということです。, また、バントの処理に野手が走るため、牽制が無くなりランナーが大きくリードを取りやすいということもあります。, そこで通常のブルドッグシフトでは、2塁手はファーストベースのカバーに入るはずです。, ブルドッグだと思って大きくリードを取ったランナーを、不意の牽制で刺すということですね。, ピックオフプレーは守備陣全体の連携が必要なので、ぶっつけ本番でいきなり試合で行うのはオススメできません。, 練習の段階から、チーム全体でピックオフプレーの連携を確認する時間を割いた方が良いでしょう。, ランダウンプレーは、ランナーのミスや攻撃側の作戦ミスなどで突然に起こります。 ただ、ランナーが俊足だった場合、守備側の連携がしっかり出来ていないとアウトを取るのは難しいです。 ランナーからすれば絶望的な挟殺プレーだったとしても、何度も塁間を往復しているうちに守備側の野手陣に隙が出来ます。 そこを上手く突くことができれば、ランダウンプレーから, 野球で「リード」と言えば、塁に出たランナーが少しでも先の塁に行きやすくするために行う行為と、キャッチャーがピッチャーの配球を考える行為の2パターンの解釈があります。 ここでは、ランナーのリードについて深く考えていきましょう。 よほど走塁に力を入れているチームでない限り、走者のリードについて意思統一されていることは少ないはずです。 しかし、リ, 小学生から根っからの野球大好き人間です。自分が本気で野球に取り組んでいた経験はもちろん、現在は柔道整復師として接骨院の院長を務めております。野球の練習方法やトレーニングだけでなく、身体の仕組みからみた正しいケア方法なども発信していきます!. そして、いわゆるバントシフトと言われる、内野手の極端な前進守備を見せ、 野球 ピックオフプレイ どんなの? ピックオフとは、けん制を指します。 ピックオフプレイとは、投手(ピッチャー)捕手(キャッチャー)野手が、シグナル(サイン)で意思疎通して走者(ランナー)の隙を突きアウトを取るプレイのことです。. 目次; 練習方法; 道具; 守備論; 配球論; リード論; 目次; 練習方法; 道具; 守備論; 配球論; リード論; ホーム. そこまでの牽制球や内野手の動きが全て伏線となります。, ピックオフプレーのパターンは、様々に研究されていますが、 2017年03月13日 [チームワーク, ピックオフプレー, ランナー, 守備, 少年野球], これは走者をターゲットにしてアウトを奪おうとするプレーの総称で、 こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球 ピックオフプレイについて、事例を交えて簡単解説します。 野球 ピックオフプレイ どんなの? ピックオフとは、けん制を指… このパターンが複数あるチームは、 今回の日米野球で問題なのは、上林選手の頭からピックオフがあることが抜けていたこと。 キャッチャーが捕球後、ファーストに投げてくるなど考えもしなかったのではないでしょうか。 それだけピンチを凌げる回数や可能性が増えるのは間違いありません。, あまり複雑な方法は小学生には向きませんが、 キャッチャーのピックオフプレーが決まれば、試合の流れを一気に自チームに引き寄せられます。 でも内野との連携がミスるとランナーが進塁しますし、 下手し . バッターが送りバントなどを狙っているケースです。, この時、牽制球を投げたりしながらランナーを牽制します。 ピックオフプレーは、守備の連係が生むトリックプレーに近いアウトの取り方です。ランナーの油断や隙をついて、一気に相手のチャンスを消滅させる戦法でもあります。ただ、キャッチャーを含め内野陣のキャッチボール能力が高くないとピックオフプレーはできませんし、試合でいきなり成功するものでもありません。練習の中でピックオフプレーを取 【ランナー一塁】バントシフト(ファースト&サード)と各ポジションのカバーリン... ランナー一塁での送りバント(バントシフト)の打球処理と各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。絶対に二塁へ進ませない守備体系です!, これまでの野球人生で成功したこと、失敗したこと、そして学んだこと・感じたことなどをお伝えし、多くの人が楽しい野球ライフを送るきっかけになって欲しいと思い、記事を書いています。, 【ランナー2,3塁】キャッチャーゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作, 【ランナー1,3塁】ライトフライ(ライト線)の処理と各ポジションのカバーリング動作, 【ランナー1,3塁】ダブルスチール(セカンドカット→三塁送球)のベースカバーと各ポジションのカバーリング動作, 【ランナー1,3塁】セカンドゴロ(前進守備)の処理と各ポジションのカバーリング動作. ピックオフプレー。 トリックプレー。 いろんな呼び方がありますが・・・ 日本では怒られます^^; 特に、 高校野球で、ましてや甲子園でやろうものなら大変な事になるんですよね。 例えば・・・ 僕が高校3 … キャッチャー視点で野球の醍醐味をお伝えするブログ. リードが大きくなっていきます。 SEARCH. いかに走者の注意をそらしておいて、アウトを奪うかが大事です。, また、一試合で一度でも行えばその後は警戒されてしまうため、 ランナー一塁でのピッチャーのピックオフプレーと各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。 圧倒的な野球力をつけるために! 注目キーワード Advertisement, ピックオフプレーとは投手・捕手・野手が連携してランナーを罠にはめ、牽制球でアウトを狙うプレーです。, 相手にバントシフトだと思わせ、思わず大きなリードを取った一塁ランナーをアウトにするプレーです。, このプレーに限った話ではありませんが、ピックオフプレーや極端なバントシフトなどは1試合の中で何度も使えるものではありません。, あくまで相手の虚をつくプレーですから、パターンを知られてしまうと簡単に対策されてしまいます。, たった1回のプレーでも、試合終盤の勝負所で成功すれば試合の流れを変えるビッグプレーになりえます。, キャッチャーのサインが出たらクイックモーションで一塁へ牽制球を投げます。しっかりと狙ったところへ投げましょう。, ファーストとサードが前進し、セカンドが一塁ベースカバーに向かう動きにタイミングを合わせ、ピッチャーに牽制球のサインを出します。, サードとタイミングを合わせてバントシフトのように打者へ向かって前進します。前進するときは思いっきりダッシュすること。, ファーストとサードの前進に合わせて一塁ベースカバーに入り、ピッチャーからの牽制球に備えます。, できるだけ一塁ランナーの視界に入らないように、気持ち回りこんで一塁ベースカバーに入りましょう。, ファーストとタイミングを合わせてバントシフトのように打者へ向けて前進します。前進は思いっきりダッシュすること。, ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合、一塁ランナーが二塁進塁を狙ってきますので、二塁送球に備えて二塁ベースカバーに入ります。, ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合、一塁ランナーが二塁進塁を狙ってきますので、その二塁送球に対するカバーリングをします。, ピッチャーの牽制球が悪送球になった場合や、一塁ベースカバーに入ったセカンドがファンブルした場合に備えてカバーリングします。, 【保存版】野球の守備フォーメーション190パターン!打球処理・カバーリング・中継プレーなど走者別・打球方向別に解説します!, ランナー2,3塁でのキャッチャーゴロの処理(前進守備)、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー2,3塁でのライトフライ(正面)の打球処理と、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー1,2塁におけるダブルスチールのベースカバーと各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナーがいないときのセンター前ヒットの処理、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー1,3塁でのライトフライ(ライト線)の打球処理と、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナーがいないときの左中間二塁打(三塁打)の処理、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー1,3塁におけるダブルスチールのベースカバーと各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。この記事では、キャッチャーの送球をセカンドが[…], ランナー満塁でのショートゴロの処理(中間守備)、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー1,3塁でのセカンドゴロの処理(前進守備)、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…], ランナー1,2塁でのキャッチャーゴロの処理、各ポジションのカバーリングの動きを解説をしています。[…]. 一塁手、三塁手はバントに備えて前進します。, そこでさっと二塁手や右翼手が一塁ベースに入り、 3分, 相手側にとっては、単なる1つのアウトという以外に、心理的なダメージを与えることもできます。, ピックオフプレーは、守っている選手全てで行うもので、いわばチーム全体でのファインプレーと言ってもいいような気がします。, 【硬式野球/写真特集】 この記事では、以下の状況におけるピッチャーのピックオフプレーと各ポジションのカバーリングについて解説します。, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 中学野球くらいであれば、バリエーションも豊富に持つようになります。, バッティングスクールのお申し込み・お問合せは0568-26-0230、受付時間9:00~23:00年中無休. 繰り出すタイミングも勝負に大きな影響を与えるでしょう。, 最も典型的な形は、ランナーが一塁にいて、 ピッチャーがボールを投げれば、大きく塁から離れて進塁を狙います。, サインでタイミングを計り、 野球のこと何でも、おもしろく紹介していけたらと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 少年野球をしている息子と、小さな娘がいる野球バカです。基本的に野球のことなんでもお伝えできたらと思います。プロ野球をはじめ、野球グッズレビューにも力をいれていき、おもしろおかしく紹介できたらと思います。. ピックオフプレーを成功させるためには、その時々で相手チームがどのようなプレーを選択してくるのかといったことがわかっていないと成功させることはできません。. こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球のウイニングショット ウイニングボールについて、事例を交えて簡単解説します。   野球 ウイニングショト  どんなの? 野球…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます 今回は、野球 投手の完全試合について、事例を交えて簡単解説します。    野球   完全試合  どんなの? 野球の完全試合とは、パーフェク…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、プロ野球のリーグは,どんなリーグがあるのか簡単解説します。     日本プロ野球リーグは  どんだけ?   日本プロ野球(NPB…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球 みやざきフェニックスリーグについて、簡単解説します。   野球 みやざきフェニックスリーグ どんなの? みやざきフェニック…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球のオープナーについて簡単解説します。   野球 オープナー なんのこと? 野球のオープナーとは、本来勝ちパターンで登板するリ…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球 野手のシフトについて簡単解説します。   野球 野手 シフト いろいろ? シフトとは、野球やソフトボールにおいて、通常とは…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球のベースパスについて簡単解説します。    野球 ベースパス? なんのこと? 野球のベースパスとは走者(ランナー)の走路のこ…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球のリクエストについて、事例を交えて簡単解説します。    野球  リクエスト?  なんのこと? 日本のプロ野球(NPB)で、…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球のインサイドワークについて、事例を交えて簡単解説します。    野球 キャッチヤー インサイドワーク なんのこと? インサイ…, こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。 今回は、野球 ブルドッックについて事例を交えて、簡単解説します。   野球 ブルドッック? どんなこと? 野球のブルドッッ…. 典型的なものもあれば、オリジナルのパターンを考えるチームも多いです。, 1つのパターンでアウトを1個奪えれば上出来ではありますが、 特定のターゲット(走者)を狙ってアウトを奪おうとするプレーになります。, 実際のピックオフプレーというのは「だまし討ち」の要素があり、 ©Copyright2020 星猿ブログ.All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは、星猿(ホシサル)です。星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。, ピックオフプレイとは、投手(ピッチャー)捕手(キャッチャー)野手が、シグナル(サイン)で意思疎通して走者(ランナー)の隙を突きアウトを取るプレイのことです。, 誰もベースカバーに入っていないと走者(ランナー)に油断させリードを大きくとらせるプレイのことです。, その際、投手のけん制または、ボール球を外して捕手がベースカバーに入った野手へ送球します。, 捕手(キャッチャー)からのけん制は、走者(ランナー)を進塁させない、スタートを遅らせるのが目的です。, ピックオフプレイは、投手 捕手 野手が連携して、走者の心理を突き油断させて走者をアウトにするプレイです。, ピックオフプレイを成功させる場面は、打者(バッター)がバンドで走者をアウトにするポイントは、走者の二次リードを大きくとらせその裏の心理を突くことです。, どれだけ捕手(キャッチャ-)や投手(ピッチャー)が良い送球をしても、走者(ランナー)のリードが小さければアウトにはできません。「キャッチャー」「野手」「ピッチャー」の意思疎通 連携プレイがポイントになります。, 9回裏、スコア 2-2の同点 アウトカント2死(2アウト)走者(ランナー)2塁の場面で打者(バッター)はスカイヤーズの左打ちの1番バッターです。, カウント1ボール1ストライク アルパカズの投手がセットポジション入り、少し間をおいてから2塁へのけん制球を投げ、みごと走者をアウトにしました。, このピックオフプレイのポイントは、投手(ピッチャー)がセットポジションに入り、走者の方をピッチャーが1回も確認せず油断させ、2塁走者(ランナー)が二次リードを大きく取った時、捕手(キャッチャー)からのシグナル(キャッチヤーミットを落とすサイン)を確認して2塁へけん制します。, 遊撃手(ショート)がシグナル(サイン)を確認して2塁ベースに入り2塁走者をアウトにしいます。, モンキーズの攻撃 一死(1アウト)走者(ランナー)1塁 2塁で、スパイダースの1塁走者が大きめのリードを取っています。, ここで捕手(キャッチャー)からピックオフプレイのシグナル(サイン)が出て野手と意思疎通がとれ、戦術が実行され、1塁走者をアウトにしました。, 無死の場合はバンドを警戒で、1塁手は1塁走者の前に守ることが多いためピックオフプレイは使いません。, 戦術のシグナル(サイン)は、捕手(キャッチャー)から全体に事前に決めてあるシグナル(サイン)を出します。, その際、野手はシグナル(サイン)を確認したアンサーを捕手(キャッチヤー)に返します。, 無死(0アウト)走者(ランナー)1塁、打者(バッター)が送リバンドの構えをしました。, その後、捕手(キャッチャー)は、ピックオフプレイのシグナル(サイン)を出し意思疎通を確認して野手からのアンサーがありました。, このケースのピックオフプレイは、ピッチャー キャッチヤー ファースト セカンドがメインで動きます。, 捕手(キャッチャー)は打者(バッター)が送りバンドの構えをして、バンドを仕掛けてくると判断して、全員へピックオフプレイのシグナル(サイン)を出してアンサーを確認しました。, ピックオフプレイとは、投手 捕手 野手がシグナル(サイン)で意思疎通をして、走者の隙を突きアウトを取るプレイのことです。.