里見香奈女流四冠(奨励会三段)の実の妹さん 藤花戦三番勝負展望, 里見香奈女流四冠、リターンマッチへ 第10期リコー杯女流王座戦五番勝負展望, 100期への挑戦 9月下旬の注目対局を格言で振り返る, このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. 夏の終わりと秋へと臨む心積もりが求められる今日この頃。。 初防衛を目指す高見泰地叡王に 徒然, 昨日放送の将棋フォーカスに 【 投了図・86手目△3七銀 】 本日9月26日に第14期マイナビ女子オープン一斉予選が行われ、決勝で勝ち残った12名が本戦入りし、昨年度ベスト4以上でシードされた4名(清水、加藤桃、伊藤沙、塚田(敬称略))と合わせて、本選トーナメントの組み合わせが決まりました。, 勝ち上がった人が、来春に西山女王と五番勝負となります。奇しくも今日は第67回奨励会三段リーグの最終日で、伊藤、冨田、古賀(次点2回)の三氏が四段昇段となり、前回14勝4敗の好成績で惜しくも次点となった西山三段は本日も含めてリーグ後半8連敗で7勝11敗の成績に終わるという勝負の厳しさ。皮肉なものを感じますが、皆が真剣勝負を行い競い合っているのでしょうから、勝ち上がった人を称える以外に何も言えません。(ご本人からは10月に復調目指すとのツイートが。), さて、今日の一斉予選ですが、将棋連盟のモバイル中継以外にも、マイナビサイトでの棋譜中継、中継ブログ、および有料でしたがZoomでの生中継がありました。午前中に1回戦、午後になって2回戦およびブロック決勝戦がありました。私が真剣に?見てたのは次の3局。, 流石に女流タイトル41期の香奈さんは無難に勝ち上がりましたが、咲紀さんは残念ながら敗れてしまいました。毎年マイナビのトーナメントはぼんやり?見ていて、アマの人も常連の方が多く、プロとあまり遜色なく強いというのは薄々分かっていましたが、逆転負けだったので残念です。後手ゴキゲン中飛車の対抗形となり、細かい押し引きのあるような中盤戦から、角金交換で角をぶった切って攻め込み、と金が2つ出来たあたりはかなり良さそうな局面だったのですが・・・。持ち時間が30分の早指しなので、その辺から1分将棋となり、2枚目のと金を捨てたあたりで、ちょうどzoom中継をやっており、解説の森内九段がこれは先手に形勢が振れたのでは?との指摘。その後も緊迫した終盤戦となりましたが、駒不足で先手玉が捕まえにくい模様。9筋の端攻めに参加していた先手の香を△9六銀と取ったのですが、そこで銀の後ろ利きが消えて▲9四桂と王手され、左右挟撃形となってしまいました。, 香奈さんの初戦(2回戦)ですが、その前の1回戦:室谷女流三段vs大田アマの対決は、十中八九、室谷さんが上がってきて、この前の女流王将戦のリベンジをと思ってましたが、際どい1分将棋の終盤戦で大田さんが逆転勝ちしました。室谷さんは強いんだか弱いんだか、たまたまということもあるかもしれませんが、去年あたりと比べると安定度が下がっているような...。それで、里見さん、最近は先手を引く率がかなり高いようですが、先手中飛車を選択。少し意表を突かれたのは穴熊にされたことでしょうか?対抗形の居飛車側を持っての穴熊は時々見ますが(特に去年の対西山戦)、振り飛車ではほとんど美濃囲いだと思うのでかなり珍しいと思いました。この辺も、持ち時間の短い勝負なので堅い玉で間違いが起きにくくということか、反対に普段やってないけど、いい意味の「遊び」として試してみたということか。。。公式戦であまり見ないと言っても、当然指せるのでしょうから。中盤くらいまでは結構いい勝負でしたか?3筋、7筋と歩を突き捨てて行ったあたりは、少し動いて現状打開しに行ったのか。で、こちらの対局も、もう少し進んだ辺りでちょうど森内九段の解説が入り、里見さんの一手勝ちでしょうとの形勢判断。それで私も安心しましたが、中終盤は落ち着いてゆっくりその一手のリードを保てばいいという指し回し。終盤の寄せは一気で鮮やかでした。, 次の小高女流1級戦は、里見さんが先手で居飛車となり、小高さんがゴキゲン中飛車に。こちらは中盤くらいで模様が良くなった後は、小高さんが駒損しながらなんとか無理やり攻めを繋げようと苦心されたのを的確に受け止めての圧勝でした。小高さんには厳しい試練となりましたが、貴重な経験をしたのではと。ちょっと思い出すのは、去年の清麗トーナメントで頼本女流初段が里見さんに完敗しましたが、最近の女流王将戦では結構いい勝負に持ち込んでましたので、やっぱり若い人がそうやって経験積んで強くなっていくというのは大事なことなんじゃないかと。とは言え、里見さんより強くなっては困りますが・・・。, さて、今日はZoomを使った生放送があったのですが、うちの会社ではZoomはセキュリティーに問題があるとのことで(ダメというレベルではないようですが、そういう会社多いかも)普段使っておらず、家のPCかスマホで2,3回使っただけなので、ちゃんと繋がるのか、使い方は分かるかなど不安いっぱいでした。午前の対局開始は10時からで、放送は10:30から。その10分前位からは接続してみましたが、上のような画面が出てきて、これで本当に良いのだろうか?とちょっぴり不安。ただ、里見姉妹の対局が午後からなので、最悪午前中は繋がらなくてもみたいな余裕が若干ありましたけど。, 里見姉妹以外では、地元神奈川の強豪アマ(まだ女子高生でうちの娘と同じ学校)、中澤さんを応援していましたが、藤井奈々女流初段に敗れてしまいました。, ところで、今回のZoomの画質、今一なんじゃない?ということで、ユーザーサイドの設定で変えられるのか、番組を見ながらアプリ内の設定を探してみましたが、どうも無さそう・・・。設定というボックスの統計情報を見ると、解像度が320×180になってました!これって、送り手側の設定でそうなっているの?そうだとしたら、20年古いんじゃない??とか思うけど、Zoomだと基本はテレビ会議向けのアプリだと思うので、画像品質を上げると回線維持が上手くいかないとかあるのかなぁ?Zoom使わなくて、一方通行のYouTube放送で良かったのでは?一方通行と言ってもコメントは打てるので、それで十分だった気がします。, 午後は、マイナビサイトの棋譜中継を開いて、香奈さん、咲紀さんの対局を交互に見てました。Zoomの放送は昼休みで、詰将棋の解説(上の画面の赤の長丸で囲った部分。ウインドウを最小化)をやってましたが、午前中の対局が延びた影響もあり、午後の対局時間と被ってました。対局が始まってるのに詰将棋解説見る人いたのかな?, その後、午後は森内九段の解説で(ちなみに午前の解説は谷合四段)、13時の部は全19対局があるので、それを全部順番に解説していくので、その間にお目当ての対局はどんどん進行してしまいます。と言うことで、ブラウザとZoomの2つのウインドウを開いてますが、基本的に見るのは棋譜中継の方。応援している人がいる場合は、当然そういう見方になりますよね。, 左は、里見vs小高戦。里見さんが3分しか使ってないのに、小高さんは19分消費で既に押されて苦し気な局面。, 本戦入り一番乗りは里見さんで、森内九段がインタビュアーを務めるというなかなか見られない絵でしたね。里見さんは初戦の大田アマに関して、少し驚いたけど、対局が始まってしまえば普通に指せたというようなお話。相手がアマだと負けられないとか多少プレッシャーはあるのかもしれませんが、里見さんレベルなら・・・。, こちらは、一例ですが、時々、インターネット接続が不安定ですとのメッセージが出てました。ブラウザの方とか特に固まっている様子もないし、時々通信速度も確認したので、おそらく送り手側の通信パイプの太さの問題なんじゃないかなぁと思うけど。固まっても5~10秒ほどなんで致命傷ではありませんでしたが。それより、この日の最大のミスは、2回戦の甲斐女流五段vs藤井女流初段戦で、最初から最後まで藤井さん勝ちで放送してしまい、後で甲斐さん勝ちに訂正されたことでしょうか?テロップ含めて完全に逆になってしまったようです。この日一日で全49局もあるので、そういう事故も仕方ないのかも。, 勝ち上がった人が次々とやってきます。竹部さん、いいこと言ってるなぁと思ってスクショしたんだけど、なんだったか忘れてしまいました。, 香川さんも順当勝ち。最後、ちょっとだけYouTube談義になりましたが、環那さんが森内九段の指導を受けているのを羨ましいみたいなことを言われてました。そんなこともあってか、後でやってきた鈴木環那さん、見事抽選(勝ち上がってきた人が自分で抽選箱から数字の書かれたボールを一個取り出す方式)でお隣を引いて、本選トーナメント一回戦で両者激突となりました。, 加藤結李愛女流初段、石田門下でYouTubeにも出られてましたが、最近少し調子を落とされているとのことでしたが、この日は森内九段も絶賛の安定した指し回し。去年のNHKの将棋フォーカスでも、ゲスト出演していた里見さんが(女流棋士45周年イベント関連)、若手で強い人が増えてきたという中で加藤さんの名前を挙げていました。そんなこともあり、なんとなく引くんじゃないかなと思ってましたが、抽選でズバリ、里見さんの横の番号を引きました。流石に本人は強い人と当たって嬉しいというより、難しいところに入っちゃったなぁという表情に見えましたが、時間が経てばこれはいいチャレンジの機会だと気持ちを切り替えてくることでしょう。, 鈴木環那さん、今日は2局とも逆転勝ちで、YouTubeチャンネルで指導役の森内九段も、神懸っていたとのお話。対局者の磯谷さんは受けが強いということらしいのですが、あまりにも受けすぎて、決められるときに決めないとこういうことも起こると、そういう教訓を残す1局となってしまいました。, YouTubeの鈴木環那のタイトル挑戦への道シリーズ。直接的ではないかもしれませんが、徐々に効果が表れている感じでしょうか。環那さんも、ひどい将棋で会わせる顔が無いというようなお話で、局面悪くなった後は、開き直って(そこからは見てもらえるように)頑張って指したというようなお話でした。一局一局を粗末にできないという背筋をピンと伸ばした感じはしますよね。, この日は2回戦で持将棋があり、その関係で対局開始が遅くなった1局がまだ終了してませんでしたが、18時半頃に放送終了、お疲れさまでした。初の試みとのことで、トラブルもままあったかもしれませんが十分楽しめたのではないかと。観る側も棋譜中継と並行して見なきゃいけないとか分かりましたし。来年は現地観戦が復活することが一番ですが。, あと、スポンサー入れた女流棋士の方から、自筆のお礼メッセージカードが送られてくるとのことで、それが、めっちゃ楽しみです。ふだんのイベントとかで、話をしたり、色紙をもらったりすることはありますが、自筆のメッセージもらえるって嬉しくない?, 少女時代を聴き韓国語を勉強してましたが、今は将棋中心のブログで、里見姉妹を応援しています♥. 昨日放送の将棋フォーカスに 里見香奈女流四冠(奨励会三段)の実の妹さん 里見咲紀女流1級が登場。。 姉さんと似てるやら似てないやらとの評判を耳にしますが 今回初めて動く咲紀女流1級を拝見した限りでは、個人的には 里見女流四冠vs小高女流1級 流石に女流タイトル41期の香奈さんは無難に勝ち上がりましたが、咲紀さんは残念ながら敗れてしまいました。毎年マイナビのトーナメントはぼんやり? 里見 咲紀(さとみ さき、1996年4月28日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士。森雞二九段門下。女流棋士番号は56。島根県出雲市出身。つくば開成高等学校卒[1]。女流棋士の里見香奈は姉[1]。, 2010年、第4期マイナビ女子オープンでチャレンジマッチを突破して予選進出を果たす。2011年8月21日の第3回中学生女子名人戦では3位となった[2]。, 2012年7月に関西研修会に入会しE1からスタート[1]。しかし、入会後すぐ壁に当たり、全然勝てないまま半年が過ぎ、落ち込んだ末に一度研修会と決別した。高校2年になって将棋以外の進路を探したが、どれもしっくりこず、自分には将棋しかないのかなと両親に言ったとき、研修会退会ではなくこっそりと休会にしておいたから復帰は可能だと言われ、約1年のブランクを経て復帰した。[3], 2015年度、第9期マイナビ女子オープンのチャレンジマッチで野田澤彩乃から2勝を挙げる快挙。5期ぶりの予選進出も果たし、8月1日の1回戦では相川春香に勝利。同日の2回戦では室谷由紀に敗れ、惜しくも本選出場はならなかった。もし本選出場を果たしていれば、関西研修会C1昇格を果たした時点で即女流2級(正式な女流棋士)になれることとなっていた。, 2016年2月14日、関西研修会の例会1局目に勝ち、直近12局の成績を9勝3敗としてC1昇格となり、19歳で女流棋士3級の資格を取得[1]。資格申請書提出をもって、2016年2月22日付で女流3級となり[4]、2年間で女流2級に昇級すると正式に女流棋士と認定されることとなった。, 女流3級になってからの初対局は3月23日の第24期倉敷藤花戦1回戦で、室田伊緒に敗れて黒星スタートとなった。しかし、2016年4月27日、第38期女流王将戦の予選で船戸陽子、室田伊緒、竹部さゆりに3連勝して本戦トーナメント入りを果たし、女流1級昇級の条件を満たしたため、規定により同日付で女流2級に昇級し、正式な女流棋士となった[5][6]。本戦トーナメント1回戦で、95手にて小野ゆかりアマに敗れた。, 2016年度、第6期女流王座戦で一次予選を勝ち抜き、7月4日、二次予選で迎琉歌奨励会員に勝ち、本戦出場を果たす。それにより、同日付で女流1級に昇級した[7]。2016年度は最終成績が10勝7敗となり、7勝以上で年度指し分け以上の条件を満たしたため、2017年4月1日付で女流初段に昇段した[8]。, 2017年度、第7期女流王座戦で前期に続いて本戦入り。第11期マイナビ女子オープンでは本戦1回戦で長谷川優貴に勝ち、自身初の公式戦準々決勝進出を果たした。第40期女流王将戦でも2期ぶりに本戦入りを果たした。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=里見咲紀&oldid=78501764, 幼少時、父が怖かったため将棋が好きではなかったが、父から与えられた課題をクリアするとプリンやパフェがもらえたため将棋を続けた, 研修会時代は地元の出雲から関西将棋会館までバスで通っていた。女流棋士になり、2017年に大阪で暮らし始めた。. 次世代のオンリーワン・永瀬拓矢七段が挑戦する 里見香奈女流四冠vs大田アマ. Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. 本日、新潟県は佐渡島... マイナビ女子オープンin将棋情報局 里見香奈女... 第67期王将戦 – 毎日新聞 本日、福島県にて行なわれました ... 第44期棋王戦中継サイト 藤花戦三番勝負展望, 里見香奈女流四冠、リターンマッチへ 第10期リコー杯女流王座戦五番勝負展望, 100期への挑戦 9月下旬の注目対局を格言で振り返る, このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. 第68期挑戦者決定リーグ対戦表 プロ棋士・女流棋士へのお仕事依頼. 3位は里見咲紀先生。この頃はまだ若手として売り出し始めたばかりだった里見先生。 姉と共に女性向けの将棋教室を行うなど普及活動にも力を入れており 、今年も票を伸ばしてきそうです。 4位は香川愛 … 2016/7/12 しかし、番組での堂々とした受け答えからは芯の強さを感じさせ 【 一日目終了図・30手目△7四歩 】 中継ブログ 大いに活気づく... 第58期王位戦中継サイト 将棋 里見香奈 里見咲紀 将棋フォーカス 8月11日に放送された将棋フォーカスに里見香奈女流が登場しました( ..)φ 今週の特集:女流棋士発足45年 出演:高見泰地七段 向井葉月さん スタジオゲストは里見香 … 今回初めて動く咲紀女流1級を拝見した限りでは、個人的には 今、人気で可愛いと注目される里見咲紀さんをご存知でしょうか?2017年に初段となり、お姉さんもプロ棋士で最強女流棋士、里見香奈さんの妹今回は、可愛い女流棋士「里美咲紀」さんについて、情報をまとめてみました。 7連覇を目指す渡辺明棋王に 本... 王将戦/第7局・一日目「決断の踏み込み、渡辺王将が封じ手」 棋力アップのための、「将棋講座」と、将棋界のあらゆる話題を紹介する「今日の特集」が柱の将棋総合情報番組。 「将棋講座」では、実践的な戦法や手筋を、あのトップ棋士たちが、わかりやすく解説していきます。あなたの棋力向上・ステップアップに役立つこと間違いなし! 今月2日... 本日は第76期C級2組順位戦/4回戦「藤井四段登場」 早くも9月の予定が公私ともども入り始め、否が応でも しかし、個人的な趣味で... 名人戦/第6局・一日目「一手一手に丹精こめて。。封じ手は稲葉八段」 第4期叡王戦7番... 次のHTML タグと属性が使えます:
. Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. 今後への期待が大きくふくらみます。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 中継ブログ 現在は史上初の「女性プロ棋士」を目指して三段リーグで奮闘中の 2016/7/11 里見 咲紀(さとみ さき、1996年 4月28日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士。 森雞二九段門下。 女流棋士番号は56。 島根県 出雲市出身。 つくば開成高等学校卒 。 女流棋士の里見香奈は姉 そしてお姉様は言わずと知れた女流将棋界の頂点に君臨し 【 投了図・126手目△7五桂 】 【 投了図・119手目▲6三角成 】 【 投了図・90手目△2九銀 】 渡部女流王位は朝日杯初登場でしたが、勝利はならず。感想戦の動画です。 — 朝日新聞将棋取材班 (@asahi_shogi) 里見咲紀女流初段 — Akio Kiyomichi (@akiokiyo) .— 里見 (@Satomi32428) 将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。 第45期女流名人リーグ対戦表 本日行なわれました... 第4期叡王戦中継サイト 日本将棋連盟の里見咲紀のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 今週は一年の中心軸である第76期順位戦が各クラスで行なわれ 【 一日目終了図・52手目△3三角 】 将棋 里見香奈 里見咲紀 将棋フォーカス 8月11日に放送された将棋フォーカスに里見香奈女流が登場しました( ..)φ 今週の特集:女流棋士発足45年 出演:高見泰地七段 向井葉月さん スタジオゲストは里見香 … 香奈女流四冠という将棋一家に育った咲紀女流1級。。, とりわけ偉大なお姉様との比較は重圧ともなるでしょうが 日本将棋連盟の里見咲紀のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 お顔立ちはあんまし香奈女流四冠とは似てないような気がしました。, お父様がアマ三段、お兄様はアマ五段 プロ棋士・女流棋士へのお仕事依頼. 第59期予選トーナメント表 宮澤アマvs里見咲紀女流初段. 里見香奈さんをはじめとした将棋を指す女性の活躍で、女流棋士が注目をあつめています。将棋の観戦もさることながら、誰がかわいいのかも気になるところ。今日は女流棋士のモデル顔に萌えたい方のために、美人・ルックスの人気ランキングを年収(試算)とともにまとめました。 独学で覚えたピアノ演奏が趣味というのもイマジネーションを刺激し 里見咲紀女流1級が登場。。, 姉さんと似てるやら似てないやらとの評判を耳にしますが 広瀬章人竜王が挑戦する、第44期棋王戦5番勝負。 今朝のエントリーでもご紹介させ... 第44期岡田美術館杯女流名人戦中継サイト 中継ブログ