自衛官に関するニュース・速報一覧。自衛官の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2020/11/07 - 首相、殉職自衛官を追悼 - 自衛隊の殉職隊員追悼式が7日午前、防衛省で行われ、菅義偉首相、岸信夫防衛相と遺族ら約100人が参列した。 アメリカ大統領選挙の仕組みでわからないのは、いろんな解説で次のように書かれている点です。→「投票は州ごとに行われ、それぞれの州で勝者を決める。各州と首都ワシントンには、人口などに応じて割り当てられた「選挙人」という人がいて、州の勝者は、その州の選挙人を獲得する。例えば、カリフォルニア州で勝者となっ... アメリカ大統領選挙についてですが選挙人の投票で270人取れた方が勝ちですよね キャリア会員はコース変更をお願いします。クレジットカード決済会員は新コースに自動移行するので特に作業は不要です。, 社会 | 神奈川新聞 陸上自衛隊での長時間勤務によりうつ病を発症し過労自殺したとして、京都府内などに住む元隊員の両親が21日までに、国に慰謝料など計8千万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴した。 暴動が起こるかもしれない、とか ※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。, 防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長の1等陸佐、黒沢晃さんの交通事故死を廻って、ネット上でも暗殺だと騒ぎになっており、マスメディアや警察では 交通事故死として幕引きを図ろうとしていますが、私共ではこれまで公開することを控えさせていただいておりましたが、黒沢氏から入手しておりました国家機密情報を全て暴露することにしました。, 彼は、私共へ自分の身に危険が迫った時のために、ダイイングメッセージとして情報を提供してくれたのです。そこには目を疑うような内容が記されており、黒沢氏はこの情報を握っていたことで命を狙われていたことは間違いありません。では、彼から託された国家機密情報をここで全て公開をさせていただきます。ここでは匿名とされていますが、私どもでは、黒沢氏ではないかと思っております。亡くなる前に彼からもたらされた情報で、ネット上でも騒がれていた惑星ニビルの件につきましても触れられており、その影響も2013年2月がピークだと書かれていますが、実際には何も起こりませんでしたが、惑星ニビルの真相は防衛省内でも執拗に隠蔽をされていることは間違いありません。, 黒沢氏がここでリークしているのは、ほんの一部に過ぎず、もっと伝えたいことがいっぱいあったことは確かです。そんな矢先に今回の事態に遭遇をされてしまったことが、私共としましても彼の無念を晴らさずには居られません。, 映画監督の巨匠、黒澤明氏と同姓同名で漢字こそは異なりますが、監督が亡くなられた以上の悲しさを痛感せずにはいられません。, 事情があって、当方の氏名と身分当は申し上げられませんが、お伝えしたい事がありメールした次第であります。私は自衛隊所属の幹部隊員として、日米合同統括部門幹部という立場でリムパックに参加した経緯があります。, これは会議内容のほんの一部ですが、重要なのは、ニビルの影響は地表の災害が問題ではなく、地球の核の激変が一番問題となっているようです。核部分が暴発するような現象になりつつあり、それが地表でさまざまな異変をもたらしています。, ニビルによる影響は、2013年2中旬がピークとされ、アデン湾が大きな穴をあけて地球の核に沈み込み、そして一気に核の内部が吐き出されるという大災害が懸念されています。この現象は他の惑星でも起きているようで、異星知的生命がアメリカ政府に「地球にも起こる」と伝えていたそうです。, ネットやとんでも本などで、報じられているニビルや天変地異情報は当たらずも遠からずです。地球が大激変に見舞われるという情報は、既に防衛省と外務省を通じて自民党執行部に伝えられていました。先の民主党政権時代にです。, 地表は大きな影響によって大きく揺れる可能性も伝え聞いています。その大地震の後にオバマ大統領と国連長官から何かしらの発表を地球全人類に向けておこなうようです, ここで言われているアデン湾とは、アラスカ半島のソマリア沖で起こっている巨大な渦のことです。ネット上でも一時話題となって、色々な憶測が飛び交ったこともありました。ちなみに、私共のサイトでも取り上げたことがありましたが、未だに謎の解明には至っておらず、黒沢氏はこの渦が地球の核へと沈んでいき、地球自体が内部暴発を起こすと警告をしているのですが、これも既に防衛省と外務省を通じて自民党執行部に伝えられていたということになっていますが、これも結果的には何も起こらずに過ぎました。アデン湾の渦が実際に有識者の間でも、異次元ポケットになっているとか、地球の核に沈み込んで、地球内部からマグマが噴出をして、地球自体が火ダルマとなって滅亡するとも警告をしています。, しかし、彼はこの情報を私共へ託して、その後に参議院宿舎の前の横断歩道上で左から来た自動二輪車に跳ね飛ばされて命を落とされたのです。このことは、誰が見ても不自然さが残るのは必然的で、意図的に狙われたとしか考えようがありません。, この事件の背景には、機密漏えいを怖れた防衛省が深く関与をしていると、考えられます。このことを公開したことで、私共へも身の危険が迫ってくることも予想していますが、それを逆手にとって真実を明らかにすることが、無念の死を遂げられた黒沢氏へのはなむけになればと考えています。, 最後に黒沢晃防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長1等陸佐のご冥福を心よりお祈りします。「合掌」, 緊急速報!!深海鮫メガマウスの捕獲で2ヶ月以内に巨大地震が発生する可能性がでてきた, 2014年新春特大号スペシャル「驚愕!!日本人イルミナティとフリーメーソンの実態を暴く」. 妻の嘘に気づいてしまった。追及すべきかどうか悩んでます。結婚2年目の夫婦子無しです。お互いフルタイムで仕事をしています。 それとも副大統領候補??. 開票の問題が、問題になるのですか? という民主党でも共和党でもない議員に票が入っているようですが…。 横浜ゴムと技術・資本提携韓国するクムホタイヤってこんな製品の会社なのは知っていましたか?, 国際情勢・14,980閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50. Don Blankenship(IAP) 社民党の照屋寛徳議員が国会において、インド洋やイラクなどへの派遣任務に就いた自衛官の中に、自殺等による死者が多数に上っている点を問題視して、質問を行なったのに対して、延べ約1万9700人の自衛隊員のうち、16人が在職中に自殺していたことが、政府が閣議決定した2007年11月13日の答弁書で明らかにされている。 選挙人の投票も、郵便投票や期日前投票があるのですか? 徳島自衛官変死事件(とくしまじえいかんへんしじけん)は、1999年12月25日、広島県から徳島県内の実家へ帰省中の海上自衛官が行方不明になり、2日後に阿南市の河川敷で遺体が発見された事件。, 1999年12月25日、海上自衛隊第1術科学校勤務の海上自衛官(当時33歳)は徳島県内の実家に帰省中で、この日は交際相手とドライブに出かけていた。交際相手の家に寄って送り届けたあと、消息を絶った。失踪直後、徳島県警察は路上に放置された自衛官の車を発見したが、事件とは考えず実家に連絡したのみであった。2日後の12月27日、自衛官の遺体が阿南市郊外の福井川河川敷で発見された。, 県警は事件を自殺と断定、捜査を打ち切った。しかしマスコミや遺族の調査などで不審点が発見され、遺族は事件への疑念から殺人事件として2000年8月18日県警に捜査申入れ後、2001年6月27日に徳島地方検察庁に、2003年2月21日に県警に告訴。県警は2度の再捜査を行うが、同年11月19日、県警は殺害された疑いがないと再度判断。遺族は2004年10月8日、徳島検察審査会に審査を申し立てたが、翌2005年4月20日に不起訴相当と議決する。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=徳島自衛官変死事件&oldid=80136733, 遺体発見位置は、自衛官が飛び降りたとされる橋梁から4.2m離れており、橋からジャンプした場合にこれだけ遠くへ飛ぶ可能性は少ない。この橋梁には85cmもの欄干が存在したことから、事実上助走をつけ、, 警察発表による自殺の原因は「事故を起こし、車が壊れた腹立たしさから」というものである。, 現場から発見された、本人が着用していたと思われる上着に円状の圧痕があったのを遺族が目撃。しかし、警察が回収して鑑定後、遺族に返却された際には圧痕が消えており、. 婦人自衛官1等陸士死亡してるじゃん! 陸上自衛隊大宮駐屯地(さいたま市北区)で10日、大型車両のタイヤが破裂し2人が負傷した事故で、重体になっていた第1後方支援連隊所属の女性1等陸士(20)が13日午後、外傷性くも膜下出血で死亡した。 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。

http://www.news-us.jp/article/381809245.html 佐々木さんはこの事故を以下のように解説します。 佐々木:10月2日にフィリピンで陸上自衛隊が訓練をしています。そのときに、フィリピン人運転手の車が事故を起こし、乗っていた隊員が亡くなってしまいました。この事故は訓練外のケガでした。 | 2015年1月22日(木) 03:00, 相模原市南区で昨年3月、赤信号を無視して交差点に進入し、オートバイの男性=当時(38)=を死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた東京都町田市、介護施設職員の元自衛官(55)の裁判員裁判の判決公判が21日、横浜地裁であり、田村真裁判長は懲役4年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。, 田村裁判長は判決理由で、被告が停止線から約30メートル手前で赤信号を認識しながら加速したことや、交差点の進入が制限速度を15キロ上回る時速約55キロだったことから、危険運転致死罪の成立を認定。「危険で悪質な犯行」と指摘し、「赤信号に気付いたのは直前」として同罪は成立しないと主張した弁護側を退けた。, 判決によると、被告は昨年3月、相模原市南区の交差点に赤信号を無視して乗用車で進入、左方から来たオートバイの男性に衝突して死亡させた。, ◇裁判長、殉職に言及し説諭 先輩に比べてあまりに恥ずかしく、失礼である-。判決言い渡し後、田村真裁判長は過去に自衛官2人が殉職した航空機事故に触れ、鈴村博之被告に真摯な反省を求める一幕があった。, 被告は航空機の搭乗員も務めた元海上自衛官。事故当時は現職の3等海佐で、勤務先の厚木基地(大和、綾瀬市)へ急ぐさなかに信号を無視して起こした事故だった。, 公判では事故当日、現場の交差点に至る前にも信号を無視したことが明かされた。被告の自分本位な姿勢に思うところがあったのか。田村裁判長は「一つ言っておきたいことがあります」と切り出し、埼玉県狭山市の河川敷で1999年、航空自衛隊入間基地所属の練習機が墜落した事故について言及。「住宅街に墜落するのを避けるため、乗組員の幹部自衛官2人は脱出が遅れたと聞いている。住宅被害を避けようと殉職した先輩自衛官がいたことを、よく考えてもらいたい」と語りかけた。, 元自衛官らしく背筋を伸ばし、前を見据えて聞いていた被告。「自衛官として30年以上、国防の仕事に尽くしてきた誇りを忘れないでほしい」と最後に諭されると、静かに頭を下げた。.