東京都西東京市の保谷駅周辺のエリアには、こってりした背脂系や、横浜発祥といわれる家系など、さまざまなラーメン店がそろっています。その中から、人気のラーメン店をランキング形式で11店舗ご紹介していきます。保谷で美味しいラーメンを堪能しましょう。 新潟発祥「ラーメンなおじ」の新潟店・東京店の店舗情報や、こだわり、新作メニューを発信。生姜醤油、味噌、燕三条背脂中華、そして豚骨。石臼引き全粒粉を配合した自家製麺。常に進化し続ける「なおじ」の味をお楽しみください document.getElementById("cust_pcm2_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; } 背脂ラーメンの歴史は古く、初代店主が昭和9年に開いた前身の「福来亭」が発祥と言われています。 燕市は、古くから 洋食 器の製造が盛んな土地で、 背脂ラーメンは工場で働く人達への出前 として生ま … 詳しくはこちら, 食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!, 会員登録する 燕三条背脂ラーメンは、1934年(昭和7年)に福来亭の前身となる屋台を浙江省出身の徐昌星が開業したのが発祥とされていて、「福来亭」の創業後、2号店「杭州飯店」を開き、こちらに本店を移したそう … でクーポンのあるお店を探す, 最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら, 燕市三条市で遊び終えて、帰る前に何か食べて帰ろうと検索すると上位のこちらのお店が目に留まりました。燕三条背脂ラーメン。別店舗でしたが学生の時に友達に連れて行ってもらったな~美味しかったな~ということでこちらに訪問しました。燕三条背脂ラーメンは、1934年(昭和7年)に福来亭の前身となる屋台を浙江省出身の徐昌星が開業したのが発祥とされていて、「福来亭」の創業後、2号店「杭州飯店」を開き、こちらに本店を移したそうです。車でないと行けないような場所にあり駐車場が広々としています。夕方の16:00だったからかお客さんは思ったよりも少なくすんなりと入店できました。デフォルトの中華そば 850円 餃子2個 400円を注文。餃子は1個が大きい! 4個は多いよと言われた意味が解りました(^^; 野菜の甘味がよく感じられてなかなか美味しい~。中華そばは煮干しなどの魚介出汁はさっぱりとしていますが背脂の効果で濃厚さが加わっています。さっぱりとこってりが口の中で巡り回るなかなかの味わい。うどんの様な極太麺が食べ応えあります。メンマとチャーシューも良かったですが玉ねぎのみじん切りが入っていることが特徴でいいアクセントになっています。日本人は煮干しだねとなんとなく思いながら~何度も行きたくなるお店です。因みに帰る時にはお店の前に行列ができていました。人気店(=_=)!, 利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する, ユーザーから投稿された口コミに対して、お店側からお礼や情報追加などの返信を行ってみませんか?, 「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 今回は福来亭 白山町店です。 //-->, 久留米ラーメンの店を集積させた「久留米ラーメン横丁」の完成に向けて、元気いっぱいの“熱い”店長たちが着々と準備を進めている。この場所がとんこつラーメンの聖地としてたくさんの人でにぎわう日は、そう遠くないだろう。現在、久留米には昔ながらの製法を守る「イニシエ系」と新しいスタイルの「ネオ系」に分類される店が混在している。久留米ラーメン横丁の予定地ですでに営業している4軒も、それぞれが個性的。当コラムで紹介したのはあくまで久留米のスタンダードなので、はじめて久留米ラーメンを食べに訪れるなら、自分の好みを考えて行きたい店をリサーチしてでかけるのがベストだ。. 現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。, 一般に“とんこつラーメン=博多”と思っている人が多いが、とんこつラーメンのルーツは福岡県久留米市にある。久留米ラーメンは、麺やスープ、具など、ほぼすべてにおいて博多とは異なっている。ランチにも最適、久留米のグルメをお試しあれ。, とんこつラーメンの発祥地が久留米市であることは、あまり知られていない。始まりは昭和12年(1937)、屋台の「南京千両」。長崎県出身の店主が、ふるさとのちゃんぽんと当時横浜で流行していた支那そばをヒントに考案したといわれる。その後、屋台の「三九」で偶然に白濁とんこつスープが誕生。久留米のラーメン文化は北九州や熊本、大分など九州広域に広がり、長い時間をかけて各地域独自のラーメンができていった。そうやって今に至る「とんこつラーメン」は、決してひとくくりにはできない。とんこつラーメンを極める第一歩は、もちろん久留米から。, 子どもから大人まで幅広い世代に愛されるとんこつラーメン。昭和12年(1937)、初めてとんこつ100%のラーメンを作ったのが、久留米で今も営業している「南京千両」だ。初代の宮本時男さんが、出身地である長崎県のちゃんぽんと横浜で流行っていた支那そばにヒントを得て考案。宮本さんは高価な鶏の替わりに豚を使うことにしたが、その時に生まれたスープは「清湯(ちんたん)スープ」と呼ばれる透明に近いものだった。もちろん、現在の南京千両で食べられるラーメンも、この清湯スープ。同店のラーメンを目の前にして、“とんこつスープって白濁だよね?”と思った人もいるかもしれないが、白濁とんこつスープが誕生したのはそれから10年後のこと。屋台「三九」の店主・杉野勝見さんが豚骨を入れた鍋をうっかり煮立たせてしまい、偶然にも白濁スープが生まれた。これが一般に浸透しているとんこつラーメンの原形といえる。, 現在、とんこつラーメンの代表格として認知されているのは博多のラーメンだ。一般的なイメージは、こってりした白濁とんこつスープに硬めの細麺、麺のおかわりができる替玉(かえだま)といったところだろうか。では、久留米ラーメンはどうだろう。過去に雑誌やテレビなどで久留米ラーメンは「ド・とんこつ」と紹介されたことがあり、その言葉から“久留米ラーメンは博多のラーメン以上に脂が多くてこってりしている”と誤解する人が増えてしまった。“こってり”という表現をどう受け取るかにもよるが、本来の久留米ラーメンは決して脂が多いのではなく、スープ自体が“濃厚でコクがある”が正解。このようなスープができるのは、久留米独特のスープのとり方にある。博多のラーメンが毎日その日使うぶんだけのスープを作る「取り切り」なのに対して、久留米のラーメンは大きな羽釜でベースのスープを作り、減ったぶんを継ぎ足していく「呼び戻し」の製法を使う。ウナギ屋の秘伝のタレのように長年継ぎ足していくスープは、基本的に脂を加えないので、コクはありながらもあっさりとしている。最後の一滴まで飲み干せるし、毎日でも食べられてランチにも最適だ。久留米の呼び戻しスープには、店によっては50年ものの希少なスープを代々受け継いでいるところもある。これが“久留米ラーメンの煮込み時間は半世紀”といわれるゆえんである。, 博多のラーメンの特徴は細めのストレート麺で、茹で方は「カタメン」。それに対して久留米では、中太ストレート麺を軟らかめに茹でた「ヤワメン」が主流。博多とは正反対である。これには理由があり、軟らかく茹でることでスープの味が麺に染み込んでよりいっそうおいしくなるからだ。ラーメンが出てきたら、まずはスープをひと口。最初は少し薄味に感じるが、2、3回飲むとしっかりとした豚骨の味とコクが感じられるようになる。それから豚の背脂を揚げた久留米ならではの「カリカリ」をスープと一緒に味わい、麺、具と食べ進めていく。具は店によって異なるが、カリカリのほか、チャーシューやメンマ、紅ショウガ、ノリなど多彩。ラーメンのお供には、久留米の定番焼きめしがおすすめ。味付けにラーメンと同じ「元ダレ」を使っているため、相性は抜群だ。, , とんこつラーメンの元祖である「南京千両」の店舗をはじめ、昭和初期に開業し、久留米のラーメン文化に大きく貢献した老舗をピックアップ。, 数ある久留米ラーメン店の中から、とくに濃厚なスープが評判の店を紹介。やみつきになること請け合いだ。, 最近は久留米のラーメン界に新しい風が吹いている。ひと工夫加えたラーメンやサイドメニューなどが特徴的で、幅広く人気を集める。,