Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. var blogroll_channel_id = 307422; スプリンターズステークス2020予想【追い切り後分析】繰り上がりでのG1制覇から『真のG1馬』として堂々勝ち名乗りを上げるべく、昨年のリベンジに加えて春秋スプリント女王として圧巻の逃げ切りを披露するのはアノ馬!?, 前走安田記念で現役最強馬候補の1頭であるアーモンドアイを正攻法で完封したレース内容からここでも当然最有力候補となるグランアレグリアですが、休み明けでもその状態の良さを十二分に感じさせる素晴らしい動きを披露してくれました。美浦ウッドコースにおいて主戦のルメール騎手を背に僚馬と2頭併せ馬での最終追い切りで、前半は折り合いを確認すると共に馬の行く気に合わせるような形で2馬身ほど前を行く相手に対して淡々と進める形となりましたが、コーナーワークで徐々に前との差を詰めながら直線で内から並びかけて併せ馬の形に持ち込むと最後まで手応えは優勢なまま並走状態でゴール板を駆け抜け、ラストは5F67.1-12.3のタイムで余力十分に併入を果たしました。1週前追い切りでも同じくウッドコースを併せ馬で追い切られて5F67.0-12.1と申し分ないタイムを叩き出しているように、元々完成度の高い馬ではありますがいつもの休み明けと同じように自分の能力を安定して発揮できる状態にあるのは疑いようがなく、牝馬ながら4歳秋を迎えてさらに肉体面が大きく成長した事を証明するはち切れんばかりの迫力満点の馬体も地力勝負になる可能性が高い今年のスプリンターズステークスにおいてプラスに働くのは間違いないと思います。3歳時はその前進気勢の強さから掛かり気味に先行する競馬を見せる事も多かった同馬ですが、【鞍上の指示に対して即座に反応した加速】を見る限り気性面でも大きな成長が感じられるのはこれ以上ない追い風となりそうだけに、ここは人気に応えて強い走りを見せてくれるのではないでしょうか。続いて、屈腱炎による長期休養から前走北九州記念で復活を果たしたレッドアンシェルですが、毎レースが勝負駆けとなる脚元の不安を感じさせないG1仕様の攻めた調教を課されてきたのは好印象を受けました。栗東坂路コースにおいて単走での最終追い切りで、体重の重い調教助手を乗せての動きながら前進を大きく使った推進力のあるフットワークで前半から軽快にラップを刻むと、ゴーサインが出されてからもしっかりした脚色でゴール板を駆け抜けて最後は4F53.1-12.8のタイムでのフィニッシュでした。1週前追い切りでは今回コンビを組むM.デムーロ騎手を背に同じく坂路で4F52.5-12.4のタイムを馬なりでマークしているように、2週連続で速い時計を刻んだことで馬自身に前向きさが感じられたと同時に状態面の上積みを感じる事が出来たのは好材料と言えるでしょう。前走から着用しているブリンカーの効果もあってかこれまで調教で見せていたような集中力を欠く面を見せなくなったのも同馬の好走を後押ししているのは間違いなく、強敵が揃った今回の舞台でも流れに乗って自分の競馬が出来れば通用しても全く不思議ない1頭だと思います。, 結果的に回避してしまったものの、現役マイル王者インディチャンプの参戦があれば間違いなく現役最強短距離馬決定戦となっていたであろう今年のスプリンターズステークスですが、それでも昨年王者タワーオブロンドンを除けば各路線から有力馬が集結して近年の中でも屈指の好メンバーが揃った一戦となったのは間違いないでしょう。その中でもテンのダッシュ力だけ見れば現役馬の中で最速と言っても過言ではないモズスーパーフレアがどれくらいのペースを刻んで逃げるかが全体の流れと結果を大きく左右するのは間違いないと思いますが、そこまで極端に速い馬がいなかったことで前半3F32.7のマイペースで行けた昨年と比べて、今年はCBC賞で復活したラブカンプーに加えて一叩きされた上積みと古馬との斤量差が期待できそうなビアンフェの2頭の存在がどれくらい影響するかを予想するのが重要となりそうです。これまでの走りを見る限り昨年からさらに地力を強化しているのは間違いないだけに前半3F32.5程度で逃げても得意の中山であれば残せるだけの能力を秘めている一方で、スタートでダッシュが付かず絡まれる展開になってしまった場合は脆さを見せる可能性も否定できないだけに、枠順や馬場状態を含めて総合的な判断をするのが非常に重要な1頭となるのではないでしょうか。それらを見つつある程度前々で先行集団を形成する可能性が高いのは、ダノンスマッシュ、ミスターメロディ、ダイアトニック、ダイメイフジ、カイザーメランジェ、メイショウグロッケといったところになるでしょうか。これまで前哨戦では非常に安定した成績を残していると同時にG1本番ではどうしてもあと一歩足りないレースが続いているダノンスマッシュですが、ハイペースを楽々好位で追走して直線も余力十分に抜け出した前走セントウルステークスの走りはさらに同馬の成長を感じさせる強い走りだっただけに、潜在的なイメージで意外と人気の盲点になるようであれば個人的には高評価しておきたい1頭ですね。さらに、前走のキーンランドカップでは芝の質が全く異なるタフな洋芝の道悪に加えて最内枠で全く外に出せず直線は完全に流しての15着惨敗と全くの参考外に終わったダイアトニックも、春のレースで見せた一瞬で狭いスペースを割って来れる瞬間的な加速力と抜群のスタートセンスでモズスーパーフレアを見る好位のポジションに付ける事が出来ればアッサリ巻き返しても不思議ない1頭だけに、前走の惨敗で人気を落として気楽な立場で臨むことが出来る今回はこの時期の中山を大得意とする横山典騎手との新コンビの魅力も含めて高評価しておきたい1頭です。そして、道中は中団から後方に控えつつも早めの動き出しから直線の急坂で一気の逆転を狙うのが、グランアレグリア、ダイメイプリンセス、レッドアンシェル、ライトオンキュー、アウィルアウェイ、エイティーンガールと言った面々になりそうです。春の高松宮記念では初の1200m戦ながらほとんど直線だけで勝ち馬と同タイム2着(3位入線)に持ち込んだグランアレグリアの潜在能力が今回のメンバーで最上位のモノであるのは安田記念の走りを見ても明らかですが、これまで比較的広いコースを中心に使われていたこともあって今回初となる小回りで器用さが求められる中山コース、さらには良馬場で前半3F32秒台のハイペースとなった際に追走面で脚を使わされる展開への不安は否定できないところで、もし必要以上に人気が集中するようであれば若干疑ってかかった方がいいかもしれません。それに対して、モズスーパーフレアが刻むハイペースに対する耐性を既に証明済みのレッドアンシェル、ダイメイプリンセスの重賞馬2頭は枠順や展開さえ噛み合えば今回の相手でも好走するだけの地力を秘めている存在であるのは間違いないだけに、思った以上に人気のなさそうな今回はヒモ穴候補として注目しておきたいと思います。さらに、非常にタフな馬場状態となったキーンランドカップで好走したエイティーンガール、ライトオンキューの2頭は高速馬場での時計決着になると持ち時計の面から苦戦が予想されるものの、もし一雨あって馬場状態が悪化するようであれば相対的に評価を上昇させておくべき存在となりそうですね。, 前走の北九州記念では牡馬に換算すると58.5キロの実質トップハンデを背負っていた点に加えて、ジョーカナチャン、ラブカンプー、ゴールドクイーンといった強力な逃げ馬が多く揃っていた先行激化が確実なメンバー構成の中で、抜群のスタートから二の脚であっという間に1馬身のリードを奪ってハナを切るとそのまま前半3F32.4の強烈なハイペースで後続の脚を削ぐ展開に持ち込み、直線で追いすがるジョーカナチャンを振り切ると最後は道中全くロスなく運んだレッドアンシェルには交わされたものの他の先行勢が軒並み掲示板外の二桁着順に沈む中で2着に粘り通したのは同馬の絶対能力と現役屈指のスピードを改めて証明する結果となりました。高松宮記念こそ重馬場を逆手にとって消耗戦の展開に持ち込んでの逃げ切り(2着入線)でしたが、前半のダッシュ力や速いラップを刻む意味でも良馬場の方が持ち味が生きるのは間違いなく、前走がプラス14キロと明らかに余裕残しの仕上げだった点を考慮しても叩き良化型の同馬にとって今回の舞台に対する上積みは他馬以上に大きいモノがあるのは確実だと思います。本格化以降は4着以下がなくこれまでの競馬を見ても『逃げ』のスタイルを確立させつつある松若騎手とのコンビも大きな魅力で、人気面ではグランアレグリアの方が上位に推される可能性が高いのも他馬の意識が後方に向けば先行型の同馬にとって展開の恩恵が大きくなる意味でこれ以上ない追い風と働きそうだけに、ここは昨年に続く乾坤一擲の強気の逃げで押し切ってくれると信じて本命評価にしたいと思います。, がどれくらいのペースを刻んで逃げるかが全体の流れと結果を大きく左右するのは間違いない, 春のレースで見せた一瞬で狭いスペースを割って来れる瞬間的な加速力と抜群のスタートセンスで, 初の1200m戦ながらほとんど直線だけで勝ち馬と同タイム2着(3位入線)に持ち込んだ, の重賞馬2頭は枠順や展開さえ噛み合えば今回の相手でも好走するだけの地力を秘めている存在であるのは間違いないだけに、思った以上に人気のなさそうな今回はヒモ穴候補として注目.
→(春G1集計表(無料)) 絶対的主役感だが現役最強馬とは言われない 109: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/01/23(木) 11:47:38.49 ID:nZAmaBfT0 話題の中心って意味ではダノンシャンティとかツインターボとか 【競馬】現役最強馬ってどいつだよ? ... 【ヤバい】右翼の街宣車がキチガイに絡まれてしまうwwwwww 2020.11.4 【競馬民・JBCスプリント】ワイ、サブノジュニアとかいう謎の地方馬にお金突っ込んだ結果wwwwwwwww 2020.11.4 →1万2950円獲得/回収率259%

// -->, , そもそもダービーであれだけロスしながら勝ち切った内容からしても世代で一番強いのは間違いないからな エポカも強い馬だが、それ以上に強かったのがワグネリアン, ルメールと戸崎では5馬身位実際有利不利あったとしても 乗った鞍上でだした力がすべて, エリザベス女王杯前に 見ておくべき頼りになる無料情報!

コーエーテクモゲームスから発売されている競馬シミュレーションゲーム、Winning Post 9 2020(ウイニングポスト9 2020)の攻略情報です。プレイヤーが所有する、現役競走馬の育成バーのしくみについて紹介します。現役競走馬の育成 現役最強馬候補が牝馬だらけ 17: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/10/05(月) 15:48:56.81 ID:TGTIbKQa0 池添も秋天行けば勝てると思ってるんやな

// -->, アーモンドを英語で書きたくて予測変換したら先頭が小文字だったからそれを消して「えー」の予測変換で半角のAを押した, クリンチャー。秋も活躍しそうだけど次、天皇賞春、宝塚記念、香港ヴァーズのどれかは確実取る, エポカドーロ。王道路線の絶対王者に君臨できる逸材。来年の秋は戸詐欺と凱旋門賞だろう。, オルフェとブエナが同時期に出てきたようなもん。エポカとアーモンドは年末主役よ。来年エポカは凱旋門まず、勝つだろうし, http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1529901429/, 【競馬】エリザベス女王杯の予想オッズ見るとラッキーライラックが抜けた1番人気になりそう, 【悲報】Youtuberへずま氏、涙の訴え!「釈放されても即日で再逮捕される!無限逮捕地獄!」←これwwwwww, 【乃木坂46】絢音ちゃん嬉しそうwww 鈴木絢音と卒業生 斉藤優里が夢の共演!!!写真が続々公開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!, 【エ□漫画】旦那に内緒でソープで働いていた清楚系な人妻さんがお客に濃厚フ●ラやパイズリしてあげたり激しいプレイをしてたんだけど、ある日旦那に尾行されてすべてバレてしまい…, フランス海軍の最新鋭原子力潜水艦「シュフラン」、老朽化したリュビ級原子力潜水艦の後継…2021年の戦力化を目指す!, 鬼滅映画「もののけ姫(193億)超えた」←うおおお! 「ハウルの動く城(196億)超えたで!」←お、おう…, [競馬] アーモンドアイ「球節が腫れてるぅ!」 サリオス「疝痛がぁ!死んじゃうよー」, 北村友一(34)「騎手人生はこれからも続くが、今後クロノジェネシスほどの馬に乗れる機会はまず無い」. ワイド情報もかなり激アツなんです! 【ワイド的中一覧】 https://video.twimg.com/ext_tw_video/1312749070838972416/pu/vid/1280×592/XPs19_K0Z8_vWh9v.mp4, グランアレグリア サリオス ダノンプレミアム ダノンキングリー インディチャンプ アドマイヤマーズ レシステンシア, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 同時公開の3連複も熱い! var blogroll_channel_id = 307306; ◎ワイド実績(無料) ここでは載せていませんが、他にもたくさんの馬が引退しています。 2020年10月時点でのまとめなので、これからも順次更新していく予定です。 的確でありながら高配当を見込めます。 ──────────────── ◆11/01 カシオペアS 今週はエリザベス女王杯&デイリー杯2歳S3連複と他ワイドを無料公開なので、ここは目を光らせておくべきです! 春G1は8戦6勝 var blogroll_channel_id = 307516; 世界最強馬エネイブルについてまとめてみた .