2020.11.2(月) 新潟日報が配信するニュース。ニュースコレクトは幅広いジャンルの最新情報を伝えるWebメディアです。国内の主要な出来事からエンタメ・スポーツ・暮らしのお役立ち情報まで、日常に彩りを添える話題のニュースを総まとめでお届けします。 2020.10.1(木) ~ 2020.11.6(金), 2020.11.9(月) ~ 2020.11.10(火). ~ TEL: 025-385-7447 FAX: 025-385-7456 MAIL: msinfo@niigata-mediaship.jp 受付時間:平日10時~17時. 2020.11.10(火) 2020.11.1(日), 2020.11.2(月)

一般向け 2020.11.9(月), 2020.11.9(月) TOPへ ホーム イベント情報 メディアシップについて 環境への取り組み ~ 2020.11.1(日), 一般向け

2020.11.9(月) 2020.11.3(火), 2020.10.23(金) ~ 株式会社新潟日報社(にいがたにっぽうしゃ)は、新潟県新潟市中央区万代に本社を置く、新潟県の地方紙「新潟日報」を発行する新聞社である。, 1942年に合併によって設立。日刊新聞「新潟日報」の発行の他、2002年にフリーペーパー「assh」を創刊するなどし現在に至っている。また、「新潟の若いチカラを応援するサイト」をテーマにしたSNS「アメカゴ.net」を運営していた。47NEWS、よんななクラブの参加社でもある。, また、この他の主な事業活動として、生涯学習講座「新潟日報カルチャースクール」[1]や会員向けの講演会を定期的に行う「日報政経懇話会」(1968年開始)[2]を主催するほか、加盟店舗への優待を行う「ハミング倶楽部」[3]などがある。, 産経新聞を除く日本の主要全国紙のうち全県または県内一部地域向けの印刷を、当社の印刷センターが受託している。, 主要全国紙については、読売新聞については2010年9月30日から(主に上越・中越地域向け約7.3万部)、朝日新聞については2011年5月31日から(上越・下越地域向け約3万部)、毎日新聞については2012年2月29日から(全地域向け約2.5万部)の受託印刷を開始し、朝日・毎日については共同輸送も実施している。また、日本経済新聞の印刷も受託している。, このほか、新宗教団体の創価学会より同学会の機関紙である聖教新聞の印刷を受託している[4][5][6]ほか、同学会を母体として結成された公明党の機関紙である公明新聞の印刷を受託している[6]。, 1加盟局が運営・出資する衛星放送(CSチャンネル)2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。3旧CBCは2014年に現CBCに放送免許を譲渡。4OTV大阪テレビ放送は後にABCに吸収。OTV閉局当時はJNNが未発足であったが便宜的に記述。5旧RKBは2016年に現RKBに放送免許を譲渡。6旧MBSは2017年に現MBSに放送免許を譲渡。7旧RSKは2019年に現RSKに放送免許を譲渡。8母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。9JNN系列局はないが、友好関係がある新聞社(過去に系列局を置く計画があったが、断念した)。10TBSラジオなどが加盟するラジオネットワーク。11旧称・TBSカンガルー災害募金。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=新潟日報社&oldid=76072809, この項目では、日本の新聞社について説明しています。同社が発行している新聞については「. 2020.12.20(日), 一般向け 2f 日報ホール 6f ナレッジルーム 新潟日報直営施設 インフォメーションセンター「えん」 メディアシップオリジナルグッズ 日報子どもマリーナ 日報子どもプラス保育園 施設のご案内 1f みなと広場 1f メディアシップスタジオ 2f 日報ホール 6f ナレッジルーム ~ 新潟日報直営施設 facilities. 2020.11.14(土), 一般向け 新潟日報メディアシップ管理運営センター 〒950-0088 新潟市中央区万代3-4-3 新潟日報メディアプラス 2階. 2020.11.1(日) 新潟日報事業社は、新潟日報グループ会社の一員として、広告、出版、保険などの事業を通して新潟県民の豊かな「文化」と「暮らし」に寄与し、地域の発展に … ~ 新潟日報(にいがたにっぽう)は、新潟日報社が編集・発行する朝、夕刊の新聞(地方紙)。 1942年(昭和17年)の新聞統制によって新潟日日新聞・新潟県中央新聞・上越新聞を統合し創刊された。 朝刊(統合版)発行部数約44万部、夕刊発行部数約4万部(2017年9月abc)。 ~ 2020.10.21(水) 新潟日報直営施設 facilities. ~ 新潟日報(にいがたにっぽう)は、新潟日報社が編集・発行する朝、夕刊の新聞(地方紙)。1942年(昭和17年)の新聞統制によって新潟日日新聞・新潟県中央新聞・上越新聞を統合し創刊された。朝刊(統合版)発行部数約44万部、夕刊発行部数約4万部(2017年9月ABC)。朝刊(統合版)は県下普及率約50%(2017年)[2]。, 総合・国際面は共同通信社提供が中心、県外記事は北海道新聞(北海道)・河北新報(宮城)・東京新聞(東京)・中日新聞(愛知)・神戸新聞(兵庫)・中国新聞(広島)・西日本新聞(福岡)との連携が強い。, 地域面は、かつては各地域ごとに差し替えられていたが、2010年3月30日より全地域一括掲載となった。平日は月曜日を除いて6面(「地域(フロントページ)」、「下越・新潟ワイド」、「新潟・佐渡」、「県央・長岡」、「中越・上越」、「地域」)で構成される(月曜日は全県で1面と隣県に関する記事が1面の計2面)。また、スポーツ面はアルビレックス新潟や新潟アルビレックスBBなど、新潟のチームの試合の翌発行日朝刊に、他会場の結果よりスペースが取られて試合結果が掲載されることが多い。, 毎日、「窓」と題した投稿欄に読者の投稿記事を掲載しており、その中に若者対象の投稿欄を「キラキラきらり」として日に一名分設けている。これには県外読者からの投稿もある。読者の投稿に対し返答がきた場合、「お答えします」の欄で答えとして掲載される。類似投稿欄として「私も一言」、長文の投稿を掲載する「私の視点」もある。, 週一回の読者文芸欄は、短歌・俳句・詩・川柳の他に全国でも唯一と思われるコントの投稿欄がある(選者は宮原昭夫)。ただし、お笑いのコントではなく本来のフランス語の原義であるショートショートの意味のコントである。, 新潟日報は現行の夕刊を2016年11月1日から大幅に刷新し、「新潟で暮らす大人の可能性を広げ、大人を楽しみ、大人のあしたを考える」ことを最大のテーマとして、「Otona+」(おとなプラス)と題したタブロイド判夕刊紙として新装刊させる[3]。, 「Otona+」では、都市部で発行する夕刊専売新聞と同じ要領で、紙面はタブロイドサイズとし、カラー写真などに適した白身の強い「高白紙」を採用。なるべく朝刊配達地域でも古くなりにくいテーマを紙面に掲載させ、大人の知的好奇心あふれるテーマを連日カラーで特集するコーナーを含め、「速報性のあるものはコンパクトに、じっくりと読んでもらいたいテーマにはワイド編集で」という紙面体裁を目指す[4]。, 夕刊の大刷新に際しては、読者の意見を2016年5月にアンケートとして取りまとめ、約12000人から回答が集まり、さらに読者のモニターリングにより同6月に試験版を発行、それを購読したモニターを対象にした「カンカンガクガク会議」と称した座談会で「コンパクトで手に取りやすい紙面だ」という意見があり、概ね好評だったという[5]。, なお、夕刊も基本的に朝刊の配列に準じて掲載していたが、2016年11月1日付の紙面刷新による紙面の見直しで中面に移すとともに、BSに特化した内容の番組表を収録する。これにより県内各放送局の番組欄は朝刊のみの収録となっていた[6]が、2017年1月16日付から、新潟県内の地デジについて、発行日夕方から翌朝の番組表の収録を再開した。, 北海道新聞 - 河北新報 - 中日新聞(東京新聞 - 北陸中日新聞 - 日刊県民福井) - 北國新聞(富山新聞) - 京都新聞(旧・滋賀日日新聞) - 中国新聞 - 西日本新聞, 日経産業新聞 - 日刊工業新聞 - フジサンケイ ビジネスアイ - 中部経済新聞 - 日経MJ - 日経ヴェリタス, ジャパンタイムズ(英) - ジャパン・ニューズ(英) - 朝日ウィークリー(英) - 毎日ウィークリー(英) - Nikkei Asian Review(英) - 大紀元時報(中) - 中文導報(中) - 東方時報(中) - 朝鮮新報(朝), 官報 - 朝雲 - 自由民主 - しんぶん赤旗 - 公明新聞 - 日本農業新聞 - 聖教新聞 - 神社新報 - 世界日報, 共同通信社 - 時事通信社 - 機関紙連合通信社 - ラヂオプレス - 朝鮮通信社 - 東京ニュース通信社(ラテ欄) - 日刊編集センター(ラテ欄), 日本新聞協会 - 日本雑誌協会 - 記者クラブ - 日本記者クラブ - 日本機関紙協会 - 日本ジャーナリスト会議 - 日本新聞労働組合連合 - 日本ABC協会 - 日本新聞販売協会, 河北新報 - 東奥日報 - デーリー東北 - 秋田魁新報 - 山形新聞 - 岩手日報 - 福島民報, 下野新聞 - 茨城新聞 - 上毛新聞 - 千葉日報 - 東京新聞(中日新聞東京本社) - 神奈川新聞- 埼玉新聞, 山梨日日新聞 - 信濃毎日新聞 - 新潟日報 - 中日新聞 - 静岡新聞 - 岐阜新聞 - 北日本新聞 - 北國新聞 - 福井新聞, 京都新聞 - 産経新聞(全国紙だが、大阪府の新聞社として参加) - 神戸新聞 - 奈良新聞, 西日本新聞 - 大分合同新聞 - 宮崎日日新聞 - 長崎新聞 - 佐賀新聞 - 熊本日日新聞 - 南日本新聞 - 沖縄タイムス - 琉球新報, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=新潟日報&oldid=80167975, 1942年 新潟日日新聞・新潟県中央新聞・上越新聞の3紙が合併し、「新潟日報」が誕生。, 2008年 通年企画「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」が日本新聞協会賞と日本ジャーナリスト会議のJCJ賞を受賞。, 中日新聞など他の連載紙より1か月遅れの連載開始となったが、連載初日は他紙が7月1日に掲載した初回分を掲載し8月2日から同時掲載となった。, この作品から「ちびまる子ちゃん」以来5年2ヶ月ぶりにブロック紙3社連合と同じものを掲載。. 2020.11.10(火), 2020.10.1(木) ~ ~ プレイガイド・企業展示など インフォメーションセンター 「えん」 新しい感動に出会う、 カルチャーな私。 「カルチャースクール」 親子遊びの スペース 「日報子どもマリーナ」 企業主導型保育所 「日報子どもプラス保育園」 ~ 2020.11.11(水), 一般向け 2020.11.3(火), 一般向け 2020.11.6(金), 関係者向け ~ ~ 2020.12.20(日), 2020.10.21(水)

2020.11.14(土), 2020.11.10(火) (本社)〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1 tel : 025-385-7111(代表) (黒埼本社)〒950-1189 新潟市西区善久772-2

2020.10.23(金) 2020.11.11(水), 2020.11.1(日) ~ 新潟県民の「文化」と「暮らし」に貢献する. 新潟日報事業社は1949年の創業から70余年、新潟日報グループの一員として、広告、出版、保険などの事業を通じて、新潟県民の豊かな文化と暮らしに貢献することを目指し、地域と共に歩んできました。 広告事業 お客様の課題を理解し、最良の解決策をご提案します. 株式会社新潟日報社(にいがたにっぽうしゃ)は、新潟県新潟市中央区万代に本社を置く、新潟県の地方紙「新潟日報」を発行する新聞社である。 2020.11.9(月) 新潟日報事業社は1949年の創業から70余年、新潟日報グループの一員として、広告、出版、保険などの事業を通じて、新潟県民の豊かな文化と暮らしに貢献することを目指し、地域と共に歩んできました。, 新潟の地域に密着した広告会社として、新聞をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌、折込チラシ、OOHなどのマスメディアや、イベント・SPなどの総合広告プロモーションを手がけてきました。地元広告会社ならではのアイディアとネットワークで問題解決をいたします。近年ではインターネット広告の要望も増え、専門知識を生かした成果を上げています, 歴史を重ねこれまでに約4,000点、県下随一の書籍を発行してきました。月刊雑誌「CARREL」も多くのファンに支えられ通巻300号を迎えました。取材や編集のノウハウを活かし、自分史や随想、詩集、画集などの個人自費出版も手がけています。企業や団体の周年誌、記念誌なども数多く出版しています。, アフラック「がん保険」の代理店としてスタート以来40余年、多くのお客様に安心をお届けしてきました。社会保障制度の改革や少子高齢化と時代が変化する中、取り扱い保険会社を厳選しながら拡大し、「医療保険」「収入保障保険」「変額保険」など、お客様のニーズに応える保険商品を取り揃えています。ファイナンシャル・プランニング技能士など有資格者が、お客様の相談に答えする「保険鑑定団®」も好評をいただいています。, 新潟日報事業社は、新潟日報グループ会社の一員として、広告、出版、保険などの事業を通して新潟県民の豊かな「文化」と「暮らし」に寄与し、地域の発展に貢献する。. プレイガイド・企業展示など インフォメーションセンター 「えん」 新しい感動に出会う、 カルチャーな私。 「カルチャースクール」 親子遊びの スペース 「日報子どもマリーナ」 企業主導型保育所 「日報子どもプラス保育園」 2020.11.9(月), 一般向け 新潟日報(にいがたにっぽう)は、新潟日報社が編集・発行する朝、夕刊の新聞(地方紙)。1942年(昭和17年)の新聞統制によって新潟日日新聞・新潟県中央新聞・上越新聞を統合し創刊された。朝刊(統合版)発行部数約44万部、夕刊発行部数約4万部(2017年9月ABC)。朝刊(統合版)は県下普及率約50%(2017年) 。 ~