『心に太陽を持て』   「勇気を失うな。 よしや苦労が絶えなかろうと ふぶきが こようと   地には争いが絶えなかろうと、 いつも、くちびるに歌を持て。 いつも、心に太陽を持て。 軽く、ほがらかに。 冷たい北風に体を震わせているそんな毎日。皆様はいかがでしょうか。, 朝早くから夜遅くまでお仕事に一生懸命の方。 年内:12/27(水)定休日 人生って美しいな。   なやんでいる人には、 苦しんでいる人、 また、1月から水曜定休日がなくなります。. Copyright(c)2010 YAGIKEN CO.,LTD. くちびるには歌を持て、 心に太陽を持て。 あらしが ふこうと、 ふぶきが こようと、 天には黒くも、 地には争いが絶えなかろうと、 いつも、心に太陽を持て。 くちびるに歌を持て。 軽く、 ほがらかに。自分のつとめ、自分のくらしに、よしや苦労がたえなかろうと、いつも、 くちび 自分のくらしに、 思います。今年もまもなく終わり、また新しい年がやって参ります。 年末年始:12/29~1/4 休業 心に太陽を持て 嵐が吹かうが、雪が降らうが、 天には雲 地には争ひが絶えなからうが 心に太陽を持て さうすりゃ何が来ようと平気じゃないか どんな暗い日だって それが明るくしてくれる 唇に歌を持て ほがらかな調子で 日々の苦労に 駐車場:あり. いつも、心に太陽を持て。 Ⅱ【1935年初版】②P.99より引用。 心に太陽を持て 嵐が吹かうが、雪が降らうが 天には雲、地には争ひが絶えなからうが! 心に太陽を持てさうすりや何が来ようと平気ぢやないか! どんな暗い日だつて 心に太陽を持て。 今年もこの詩に心救われ、日々つつがなく真を込めて生きることが出来ました。 あらしが ふこうと ご家族のために住み心地のいい家庭を切り盛りされていらっしゃる方。 心に太陽を持て。」   今年もたくさんのお客様に支えられての一年でした。 くちびるに歌を持て。 天には黒くも、 カラカラの喉に染みわたる水のよう。 フラワーノリタケさん、いつも夢のような美しいお花をありがとうございます。, *名古屋店からのお知らせ*   毎朝「この冬一番の寒さかしら。」と思うほどです。 こう、はげましてやろう。 苦しいとき、悲しいとき、あたたかく心にひろがっていくそんな詩です。 足りないながらにも、心を込めてお手伝いをさせて頂けましたこと、名古屋店スタッフ一同心より感謝申し上げます。 疲れた心のすみずみに渡っていく不思議なエッセンス。 チェーザレ・フライシュレン 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【高額商品】【5倍】小さな人生論(全5巻) [ 藤尾秀昭 ] 藤尾秀昭「小さな人生論5」(小さな人生論シリーズ) 致知出版社 2012年刊 ≪人生に信條を持つ持たないは大事である。 信條を持たない人は人生の途上に立ちこめる雲霧に道を失いがちである。 年始:1/5(金)から営業となります。 読書感想 第64冊 心に太陽を持て 山本有三 新潮社 2018年のベストセラー 『君たちはどう生きるか』は 全16冊からなる 「日本少国民文庫」の最後に配本されました。 1937年7月の事です。 その「日本少国民文庫」の第1回配本が 山本有三の『心に太陽を持て』です。 All Rights Reserved.   心に太陽を持て。 今年もたくさんのお客様に支えられての一年でした。 足りないながらにも、心を込めてお手伝いをさせて頂けましたこと、名古屋店スタッフ一同心より感謝申し上げます。 師走に入り、本格的な冬の到来を感じるようになりました。   (中略)昭和10年11月に『心に太陽を持て -胸にひびく話20篇 -』が、第1回の配本として出版されていた。(中略)子供だった私の心に鮮やかに残った言葉は、実はドイツ詩の題名だった。 東武スカイツリーライン春日部駅徒歩10分、東武アーバンパークライン八木崎駅徒歩6分 今回は私が好きなある詩のご紹介。 さて、今年最後のコラムとなりました。 「心に太陽を 唇に歌を」という詩が好きです。心に太陽を持て。あらしが ふこうと、ふぶきがこようと天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、いつも、心に太陽を持て。くちびるに歌を持て、軽く、ほがらかに。自分のつとめ、自分のくらしに、よしや苦労が絶えなかろうと 「ありがたいなあ。」つくづくそう思います。 寒さに負けず今日というかけがえのない一日を、大切にお過ごしではないかと 2018年が皆様にとって、心穏やかで美しい年でありますことを衷心よりお祈りしております。, 天使が舞いおりたかのような、素敵なアレンジメント! 自分のつとめ、 心に太陽を持て 嵐が吹かうが、雪が降らうが、 天には雲 地には争ひが絶えなからうが 心に太陽を持て さうすりゃ何が来ようと平気じゃないか どんな暗い日だって それが明るくしてくれる 唇に歌を持て ほがらかな調子で 日々の苦労に よし心配が絶えなくても 唇に歌を持て さうすりゃ何が来ようと平気じゃないか どんな寂しい日だって それが元気にしてくれる 他人のためにも言葉を持て なやみ、苦しんでいる他人のためにも さうして何でこんなに朗らかで いられるのか それをかう話してやるのだ 唇に歌を持て 勇気を失ふな 心に太陽を持て さうすりゃ何だって ふっ飛んでしまふ    (訳詞 山本有三)  これは私の大好きな詩から引用させていただきました。ピアノのレッスンと何の関係があるの?と思われるでしょう。でもこれが私の大切にしていること。いつも心に太陽を持ち、歌を口ずさむことが出来たら、人生はとても豊かになることでしょう。ピアノのレッスンを通して、そんな豊かな人生を送れる人になって欲しいという強い思いで、日々子どもたちと熱く楽しくレッスンをしています♪  そして読めて弾けて良く動く指づくりをし、さらには望月メソッドを取り入れて、「光の音」でピアノを奏でられる子に育てます!, 埼玉県春日部市出身 4歳から幼稚園のピアノ教室でピアノを習い始めるも、1年でなんとなくやめてしまう。 その後7歳でレッスンを再開。当時は声楽家出身の男の先生が、私の弾くピアノの横でオペラのように歌うというレッスンが展開されていたことを鮮明に覚えています。 中学生時代にリチャードクレイダ―マンやビリージョエルに出会い、ポピュラー音楽にどんどん魅せられていく。 高校生時代になると、フュージョンのコピーバンドでキーボードを担当して、文化祭や予餞会での活動に没頭する。 道灌山学園保育専門学校にて幼稚園教諭と保育士の資格を取得するも、ピアノの先生への夢をあきらめきれず、国立音楽院でリトミックの資格を取得。レストランやクラブでピアノを弾きながら、当時のビクター音楽教室の講師資格を取得。 初めてエントリーしたビクトロンコンクールでいきなりファイナリストに。 その後ビクターテクニクス音楽教室を経て、現在はローランド・ミュージック・スクール認定講師。 これまでにピアノを大岩篤郎、鈴木卓、電子オルガンを島昭彦、新田美幹子、上水真知子の各氏に師事。 第10回ビクターテクニクス・ミュージックフェスティバル全日本大会にて最優秀賞受賞 第4回および第10回ジョイフルサウンズ・ピアノコンクール全国決勝大会にてグランプリ受賞 第3回ファンタスティック・ピアノコンクール全国決勝大会にて最優秀賞受賞 ローランド・ミュージック・スクール認定講師 全日本ピアノ指導者協会 指導会員 木村流全日本大正琴指導者協会 千葉北支部 師範 望月メソッド認定講師 春日部市主任児童委員 春日部市青少年育成推進員, 春日部市  (訳 山本 有三) 人生って素晴らしいな。