弦楽四重奏の名曲ベスト 投稿日: 03/02/2016 作成者: osuzu 室内楽の最高峰とも云われる弦楽四重奏の名曲をセレクトしました。 ■アンコール曲の名曲ベスト(ヴァイオリン編) 星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持... TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S... 広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。, 旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。, 都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。, 信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。, 都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・. ■お葬式のときのクラシック ■「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト Copyright © otomamire All Rights Reserved. ■世界のマーチ(行進曲)の名曲ベスト ■超入門・クラシックの名曲ベスト ■胎教・育児のクラシック ■声楽曲ベスト30 弦楽四重奏曲の名曲を10曲選んでみました。ベートーヴェンの3曲はもう別世界の最高傑作ですが、他の楽曲も演奏会で良く取り上げられる人気の高いものです。オーケストラだけがクラシック音楽ではありません。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 今年は、ベートーヴェンの記念yearだし、このひきこもりのご時世の味わいにはぴったりです。じくっり聴くにはよし。, 今までベートーヴェンといえば交響曲しか聞いてなかった私は音楽の興味の幅を広げようとこのCDを購入した。8枚組みでその分量に圧倒されたが二日かけて全曲を聴き終えることができた。最初は似たような曲が続いたので四苦八苦したがやがて慣れてきてそれぞれの曲が聞き分けられるようになった。, この、スメタナ四重奏団によるベートーヴェン全集、PCM録音盤は、演奏団体が技術も気迫も衰えすぎており、とても推せる代物ではない。, この演奏の何がいいのか分からない。これが枯淡の境地? 違うでしょ、衰えでしょ。平板でゆるゆるの演奏です。, お名残りの東京公演からもう25年の歳月が経過しましたが、チェコの至宝と讃えられたスメタナ四重奏団の滋味掬すべきアンサンブルは、懐かしく、また、しみじみとしたベートーヴェンを奏でています。イルジ・ノヴァーク、リュボミール・コステツキ、ミラン・シュカンパ、アントニン・コホウトこの4人は、ブダペストからジュリアードを擁したアメリカ楽壇に対抗しうる、当時数少ない存在として、吟味し尽くした奥座敷の音楽を聴かせてくれました。申すまでもなく、後期の12番から16番については、チェコ・スプラフォンに70年頃の絶頂期の録音があり、それらはスメタナ四重奏団の生涯最高の名演奏ですが、いささか腕に年齢が見える当盤も、晩年に向かう枯淡の境地として、これはこれで持っていたいのです。日本に四重奏の楽しみを授けてくれたスメタナ四重奏団を、ゆっくりと味わいましょう。, 廃盤になって久しかったこのセットの復活を大いに歓迎したい。ここに収録されているのは1976年から85年にかけてのデジタル録音で、スメタナ四重奏団としては2度目の録音になるが、1回目は全集として完結していないので事実上これが彼らにとってはベートーヴェンが書いた17曲の弦楽四重奏曲(このうち1曲はピアノ・ソナタからの編曲)の唯一の記念碑的な全曲集になっている。, DENONがデシタル録音黎明期から時間をかけて収録した全集である。基本的に作曲準に録音されているが、ラズモフスキーの3曲あたりまでは、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の演奏史に残る名盤であると文句なく推薦できる。, 旧盤は全曲そろっていないが、音の分厚さ、アンサンブルの盛り上がりなどどれを取っても一級品であった。それに比べると、新盤は音が薄っぺらに聴こえ、盛り上げどころももう一つの感がある。ラズモフスキー当たりまでは良いのだが、14番以降は不満が残る。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. ■アンコール曲の名曲ベスト(声楽編) ■クラリネットの名曲ベスト 414 otomamire, 世の中にはとても有名なクラシックの音楽がたくさん存在しています。しかし、モーツァルトやベートーヴェンのように、名曲が次々と出てくるような作曲家ばかりではありません。1曲だけが非常に有名なのにその他の作, 2020.09.25 ■バレエ名曲ベスト20 ■朝に聴く爽やかなクラシック曲 ■ピアノ名曲メドレー, ■1曲だけの大作曲家 ■序曲・前奏曲・間奏曲ベスト ■ヴィオラの名曲ベスト ■日本のマーチ(行進曲)の名曲ベスト ■泣きたい時のクラシック ■トロンボーンの名曲ベスト ■吹奏楽の有名曲ベスト30 ■涙が出るほど?美しいクラシック名曲メドレー ■テューバの名曲ベスト ■フィギュアスケートで使われたクラシック曲 ■舟歌(バルカローレ)の名曲ベスト 目次. ■BGMに最適なクラシック まずは、それぞれの楽器の役割を見ていきましょう。 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集が室内楽・器楽曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 ■天に昇るような美しいクラシックの名曲ベスト otomamire, なぜベートーヴェンはこんなにも集中して、1年の間に5曲もの弦楽四重奏曲を作曲したのでしょうか。, より人間に身近な音楽だから、ニュアンスが出し易い弦楽四重奏を選んだのだと思っています。. ■アンコール曲の名曲ベスト(管弦楽編) ■アンコール曲の名曲ベスト(フルート編) ■フルートの名曲ベスト ■ギターの名曲ベスト クラシック音楽、オーケストラによるダイナミックな交響曲や、ピアノやバイオリンなどのソロの演奏を思い浮かべる人が多いかもしれません。, しかし、「室内楽」という演奏形態も、クラシック音楽を楽しむ上で忘れてはならないジャンルのひとつです。, 今日は、室内楽の中でも最高峰と位置付けられる『弦楽四重奏』について、その魅力を一緒に学んでいきましょう。, 弦楽四重奏は数ある室内楽の中のひとつであり、2つのヴァイオリンとヴィオラ、チェロという4つの弦楽器で構成されています。, 主に伴奏の音型や低い音域を担当します。第1ヴァイオリンよりも難しい部分を演奏することもあります。, 華やかな音色を持つヴァイオリンと比較して、柔らかく暖かい音を奏でるヴィオラ。第2ヴァイオリンとチェロの間の音域をカバーし、ハーモニーを豊かにします。, 合奏の低音部を担当します。基盤の音となることで、全体を支える役割ともいえるでしょう。音域が非常に広いので、艶やかな高音域でメロディを奏でることもあります。, 弦楽器だけのシンプルな構成ではありますが、濃密な音を紡ぎ出す弦楽四重奏は、有名な作曲家たちが真価を試す場として意欲的に創作に取り組んだ、奥深い分野です。, 弦楽四重奏の始まりは、イタリアの作曲家であるアレッサンドロ・スカルラッティが作った「2つのバイオリン、ヴィオレッタとチェロのためのソナタ」だといわれています。, この音楽スタイルが作曲家の間で徐々に広まってゆき、後に弦楽四重奏曲の父と呼ばれるハイドンへと受け継がれました。, ハイドンは、68もの弦楽四重奏曲を遺しています。そして、モーツァルトやベートーヴェンに受け継がれ、創作されることにより、クラシックの真骨頂とみなされるほどの分野に成長しました。, 以降、シューベルト、ラヴェル、バルトークといった後世に続く多くの作曲家が、このジャンルに曲を残しています。, 弦楽四重奏は、先ほど説明したとおり、たった4つの楽器によるアンサンブルです。しかもすべて弦楽器であり、音の高さの領域が異なるだけで、オーケストラに比べると音の色あいが制限されます。他の楽器との対比で表現するという手法が通じないのです。, 弦楽四重奏は演奏家にとっても難しい音楽です。4人の弦楽器で、どれだけ作曲家がイメージした世界観を音色を揃えて演奏できるかというのが重要なポイントとなります。, また、オーケストラのように指揮者がいないため、演奏のタイミングや間合いをとることが必要で、演奏家にも高い技術が要求されます。, 壮大な世界観を堪能できるオーケストラも、もちろん素敵です。しかし、じっくりと、しかもリーズナブルにクラシック鑑賞を堪能したい人には弦楽四重奏はかなりおすすめの分野なのです。, なぜなら、演奏者に実力の高さがのわりにリーズナブルな価格でコンサートを楽しめるからです。高くても5千円程度の価格帯で、一流の演奏をライヴで堪能することができます。, 一見地味に感じられる室内楽ですが、「演奏者の表情や視線の動き、お互いの音をどう感じ合い、ハーモニを紡いでいくのか」そんな気配をそばで感じるのが、弦楽四重奏をライヴで聴く醍醐味かもしれません。, ドイツの国家として歌われているハイドンの曲です。皇帝という副題は、第2楽章がハイドンの歌曲「皇帝賛歌」を主題とした変奏曲であることに由来しています。, オーケストラではなかなか難しい、楽器それぞれの音が楽しめるのがポイント。ハイドン独特の軽やかなメロディの中で、第1ヴァイオリンや第2ヴァイオリンの掛け合いを堪能できるのもカルテットの魅力です。, ベートーヴェンが作った曲の中で、最も美しいと称賛される音楽です。メランコリックな雰囲気の漂うハーモニーがとにかく美しい。それでいて、壮大なスケールと繊細で美しすぎるメロディに虜にされます。, カヴァティーナが作曲された頃、ベートーヴェンは既に聴力をほとんど失っていました。だからこそ、音のない静かな世界から、こんなにも透明感のあるメロディを生み出すことができたのかもしれません。, ちょっと話が飛びますが、1977年に打ち上げられたアメリカの宇宙探査機ヴォイジャーをご存知でしょうか?, この探査機には、宇宙人に地球の生命や文化の存在を知らせるために、音や画像が収められた「ゴールデンレコード」なるものが搭載されています。そして、その中のひとつにこの「カヴァティーナ」が選ばれています。, どこかで聴いたことがあるような、懐かしい気持ちを呼び起こす音楽です。第3楽章のノクターンでは、その名のとおり、静かな夜にしっとりと浸かりたくなる、暖かく美しいメロディを堪能できます。, またこの曲は、ボロディンが奥様に愛を告白した20周年の記念に捧げたものです。エピソードも曲も、とてもロマンチックですね。, 多くの交響曲やくるみ割り人形、白鳥の湖などのバレエ音楽で知られる、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番です。, 全部で4楽章からなる楽曲ですが、2楽章の「アンダンテ・カンタービレ」は、独立した楽曲としても有名です。冒頭の優雅なメロディを耳にしたことがある人も多いでしょう。, 「アンダンテカンタービレ」は、ウクライナ民謡の「ヴァーニャは長椅子に座り」の音楽を用いて作り出されました。情緒あふれるやさしい音楽と中間部に見られる切ない旋律が美しく、かの文豪トルストイもこの曲に涙したといわれています。, フランスの作曲家ラヴェルが残した、ただ1曲の弦楽四重奏曲です。4楽章から構成されています。, 通常ならば成熟期に達した作曲家が取り組む弦楽四重奏ですが、28歳頃に書き上げている点がやはりラヴェルという作曲家の驚くべきところですね。, テレビCMのBGMで採用されたこともあるので、どこかで耳にしたことがあるという方もいるのではないでしょうか。, 作曲家にも演奏家にも高い音楽技術が求められる楽曲ですが、楽しみ方は人それぞれです。, ランチタイムコンサートなどでも演奏されていますし、サロン的な空間で楽しむことができるので、音楽と演奏家の方たちをとても身近に感じられます。, 弦楽四重奏は、質の高いクラシックをちょっと気軽に楽しむのに最高のジャンルです。ぜひ聴いてみてくださいね。. ■近代・現代のクラシック名曲ベスト, ■ヴァイオリンの名曲ベスト ■クリスマスのクラシック ■食事の時のクラシック 不滅の名盤。チェコが世界に誇る、気品と美しさに満ちたスメタナ四重奏団によるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集。録音は1976年~1985年の10年の歳月を費やして行われた。その普遍的な価値は衰えることがなく、彼らの演奏を生で聴いていない世代からも高く評価される作品。 (C)RS, ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集 (3CD) [Import] (STRING QUARTETS), Maurizio Pollini - Beethoven Complete Piano Sonatas, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 弦楽四重奏(カルテット)とは? 弦楽四重奏は数ある室内楽の中のひとつであり、2つのヴァイオリンとヴィオラ、チェロという4つの弦楽器で構成されています。 弦楽四重奏の構成. さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ■歌曲(リート)名曲ベスト30 アイキャッチ画像出典:www.flickr.com. 「彼は、後期の四重奏曲などの、あの崇高な純朴さに到達する。それは芸術の奇跡である。」, 音楽評論家・大木正興氏の言葉 ■オペラアリアの名曲ベスト 29,230 views; B! otomamire, オペラは16世紀にイタリアで誕生しました。その歴史から、長くオペラはイタリア・オペラが正統派とされ、イタリア語で上演されるものとして発展していきます。18世紀に入りドイツでもオペラが盛んになって、初め, 2020.07.30 ■宗教曲ベスト20 オーケストラはなんだかうるさい。かと言ってピアノ曲は何か物足りない…そんな方へ送る室内楽の調べ。弦楽四重奏篇。 moriri. ドビュッシーの弦楽四重奏曲は名曲で録音も多いが、弦楽合奏版となると多くはない。上の録音の他にアグニェシュカ・ドゥチマル(Agnieszka Duczmal, 1946-)指揮、アマデウス室内管の録音もある。下のリ … 1263 ■クラシック合唱曲ベスト 258 ■歌曲(リート)の名曲ベスト ■「夏を涼しく感じる」クラシックの名曲ベスト ■クラシックが好きになるクラシック 「ベートーベンの後期弦楽の世界が、やはり空前絶後の絶対的高みに達した音楽空間を作り出していたことは否定できないであろう。唯一の絶対的真理の世界を生み出さしめたといえるのではないだろうか。」, 哲学者・ガブリエル・マルセルの言葉 ハイドン、モーツァルトでも有名な、4本の弦楽器で演奏される弦楽四重奏曲。有名な弦楽四重奏団も、数多くあります。有名曲や、その魅力などについて質問をすれば、回答が得られるかもしれません。 ■管弦楽曲ベスト30 ■ピアノ曲ベスト30 ■ファゴットの名曲ベスト 「やはり、ベートーベンの後期の諸作品、弦楽四重奏曲であり、これらの作品は、今日もなお私からみれば、音楽芸術の最高峰である。」, フランスの最大の詩人・ヴィクトール・ユゴーの言葉 「五十代の半ばに達したベートーヴェンが、いっそう自由な形式の中に熟しきった音楽的想念と四重奏書法とを思うままに展開したこれら五曲は、その著しく独創的な表現と、音楽が語り出す精神の底知れぬ深さによって、音楽史上に強い光彩を放ちつつそびえ立っているのである。」, 『弦楽四重奏曲第11番』から14年間のブランクをおいて作曲された『弦楽四重奏曲第12番』はとても親しみやすい楽曲です。やはり音楽的な革新性は高く、一筋縄で説明できないところが多くあります。この曲の作曲時は、『ピアノソナタ第30番』、『第31番』、『第32番』や、『ミサ・ソレムニス』、『第9交響曲』などの作曲時とほぼ重なり、大変充実した曲になっています。, 第1楽章の弦のユニゾンは印象的ですし、しかも壮大さを感じます。曲自体もゆったりとしていて、作品はさらに高貴になります。もうひとつの特徴は、第2楽章がやたら長い点です。自由な変奏曲形式で、それがゆったりと流れてゆきます。, 第3楽章はまるで最終楽章のように聴こえますが、しかしスケルツォです。各楽器の掛け合いがとてもすばらしく、会話を聞いているようです。それを引き継ぐ第4楽章。とても明るく、聴いていてとても爽やかです。第4楽章は溌剌としていて、エネルギッシュな感じがあります。, この曲は変ホ長調で『英雄』の調と同じですが、もう、この時期のベートーヴェンは英雄だとかそういうことではなく、個人の内面に関心が向かっていたと思われます。人生をどう生きるのか。そこが重要だったのかもしれません。人生を達観した音楽になっています。, 第13番は全6楽章形式ですが、この曲には大きな問題が有ります。最初に書かれた楽譜では終楽章に大規模なフーガが置かれていましたが、余りに難解で長大であったことから、出版社に反対されて、新しい終楽章と入れ替えられました。6楽章目の『大フーガ』はベートーヴェンが亡くなった後で見直され、この『大フーガ』を取り入れて演奏する弦楽四重奏団も多くなっています。, この楽曲は、後期の作品の中では最も目立つ作品です。しかも一番長大で難解だと思われます。でも、どの楽章も名曲揃いなのです。誤解を承知の上で言えば、『第9』よりも優れているかもしれません。それぐらい完成度の高い魅力的な楽曲なのです。, 第1楽章:ソナタ形式の、堂々たる楽章。第2楽章:流れるように速い楽章。誰もが楽しめる曲。第3楽章:田舎風の、民俗舞踊風の音楽。人気の高い楽章です。第4楽章:ドイツ舞曲風に。メヌエットのような、軽い感じの舞踏楽章。第5楽章:有名な「カヴァティーナ」。大変美しい、正真正銘の緩徐楽章。ベートーヴェンが自ら涙を流した楽曲です。, ここから問題の第6楽章です。ベートーヴェンは初稿として『大フーガ』を入れました。しかし、当時の人たちには気に入られず(まだ時代がベートーヴェンに追いつかなかった)、出版社の言うとおり、別の物に取り替えています。出版上の第6楽章は軽やかで素敵な楽曲です。, この楽曲か『大フーガ』を取るかは難しいです。駄作ならまだしも、どちらも名曲です。今は取り合えず出版楽譜の演奏で第6楽章までやり、その後に『大フーガ』をやるコンサートも多くなっています。勿論、第6楽章に『大フーガ』を演奏するコンサートもあります。それは各弦楽四重奏団の選択に任せられています。, シューベルトはこの作品を聴いて、「この後で我々に何が書けるというのだ?」と述べたと伝えられています。実際、この曲を最高傑作に上げる人は多いと思います。曲の構成はとうとう7楽章となり、完全に古典的な様式から逸脱しています。, 音楽史上の古典派を極めたベートーヴェンが、弦楽四重奏曲において、自らの手によって4楽章構成を壊してしまいました。4楽章では表しきれない表現すべき事が多すぎた結果です。ある意味、後期ロマン派へ続く道筋を一気に駆け抜けて先取りしてしまったとも言えそうです。, 最も人を寄せ付けない曲で、全体に何か狂気のような陰鬱さをはらんだ曲です。全楽章切れ目無く演奏されることも、人を寄せ付けず緊張感を与える理由の1つです。まず、この時代では非常に珍しく、第1楽章がゆっくりで、その上長いし、しかも全体に陰鬱な雰囲気を漂わせています。, 5楽章は一見明るいですが、何か狂気じみたものを感じる異様な曲として知られています。第7楽章は、ものすごく機械的で、非常に厳しい、しかも勢いのある曲になっています。まるで規律の取れた軍隊のような感じです。, ベートーヴェンの『弦楽四重奏曲第15番』は、実際には13番目に書かれた作品です。ですので、最も古典的な形式を残しています。この曲の作曲を進めていたベートーヴェンは腸カタルを悪化させてしまい、一時期病床に伏せていました。その後、回復して再び作曲に戻りますが、その時の感謝の気持ちがこの曲の第3楽章に反映されています。, 第3楽章、副題として「リディア旋法による、病から癒えた者の神への聖なる感謝の歌」と付けられ、この曲の最も長大な楽章であり中核を成しています。古い教会旋法のうちの第5旋法であるリディア旋法が用いられています。ベートーヴェンが先祖返りした作曲技法です。, 医療の進歩した現代とは違って、小さな病気が元で命を落とすことも珍しく無かった時代にあっては、病が治癒したときの喜びと感謝の気持ちは今の時代とは大きな違いだった事でしょう。そうしたベートーヴェンの気持ちが想像出来る、神々しいほどに感動的な音楽です。, この第3楽章は美しく、非常に澄んだ瞑想の世界です。機能和声を捨てて旋法で美を表現することを思いついたベートーヴェンは素晴らしいの一言に付きます。本当にベートーヴェンの最後の弦楽四重奏曲はアイデアに満ち溢れた、極めて完成度の高い傑作ばかりです。, 『弦楽四重奏曲第16番』は、ベートーヴェン最後の作品です。再び4楽章の形式に戻した作品です。従って曲の規模が小さくなったことと、曲想全体も非常に力が抜けて穏やかなものに変化しています。何か「解脱」「解放」という雰囲気が感じられます。, それでいて、多くの所で非常に斬新な音や響きを織り交ぜますので、新鮮さも感じられるという極めてユニークな作品です。ベートーヴェンの技法を駆使して作曲されたという訳ではなく、それとは別の、我々が生きている世界とは別世界に半分旅立ったような楽曲です。, この音楽の楽譜のなかで、終楽章の緩やかな導入部の和音の下に、「かくあらねばならぬか?」と記入しており、より速い第1主題には「かくあるべし」と書き添えている。ベートーヴェンは何についてそう思ったのでしょうか。永遠の謎です。そしてこの楽曲が彼の最後の作品になりました。, 子供の頃はコーヒーが苦くて呑めなかった人が多かったのではないでしょうか。しかし、いつ頃からかはっきりしないけれど、コーヒーって美味しい!となりませんでしたか?気付けば様々な経験を積み、新たな趣向が生まれコーヒーが美味しく感じるようになった人は意外と多いのではないでしょうか。, コーヒーはひとつの例ですが、同じような経験をされた方も多いと思います。経験して、分かってくるものって存在します。ベートーヴェンも同じです。『運命』や『田園』に感動していた自分が、ピアノ協奏曲やピアノソナタにはまったりして来ます。, 弦楽四重奏も同じなのです。特にベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲は大人になって経験を積まないと分からない部分が多い曲だと私は考えます。ベートーヴェンが「悟りの境地」になって作曲した作品ですから、生きる苦しさとか死が身近に感じるようになるなど、歳を重ねて来ないと本当の意味で理解できない楽曲なのだと思います。, 後期弦楽四重奏曲は落ち着いたいわば大人の音楽なのです。だから、若い内に聴くと難解かもしれません。でも、年月をおいてぜひトライしてみてください。この楽曲の見事さが真に理解できる経験値を知らず積んでいるかもしれません。, 間違いなくこれらの5曲はベートーヴェンの集大成であり、神に近いところにあるのは間違いありません。特に『第13番』から『第15番』までの3曲はベートーヴェンの最高峰にある作品です。管弦楽曲も大事ですが、こういった曲にもベートーヴェンの素晴らしさが出ています。, 弦楽四重奏曲は敬遠される方が多いと思いますが、これらの楽曲を聴けばベートーヴェンの凄さを改めて知ることになるでしょう。やっぱりベートーヴェンは我々音楽好きの最高の作曲者である事を再認識しました。ぜひ、みなさんも聴いてみてください。, 誰でも1度は『アヴェ・マリア』を耳にした事があると思います。心が洗われる気分になりますね。私はキリスト教徒ではありませんが、この曲を聴くと本当に「神」が存在するように思えてなりません。そして、心が落ち, 2020.07.15 更新日:2019年10月12日, ベートーヴェンといえば当然『運命』や『第9』といった交響曲が頭に浮かびます。しかし、余り一般的ではありませんが、クラシック音楽の到達点と言ってしまっても過言ではない、彼の集大成ともいえる別の作品群があります。, それは弦楽四重奏曲の『第12番』から『第16番』までの、いわゆる後期弦楽四重奏曲と呼ばれる5曲です。これらの曲は『第9』以降に作曲された楽曲で、ベートーヴェンが作曲した最後の物に当たります。管弦楽でもなく、ピアノ曲でもなく弦楽四重奏曲が最後の作品でした。, なぜベートーヴェンはこんなにも集中して、1年の間に5曲もの弦楽四重奏曲を作曲したのでしょうか。この間は、もう弦楽四重奏の仕事に掛かりっきりだったのでしょう。今回はその謎とこれらの楽曲の素晴らしさの秘密を調べて紹介したいと思います。, クラシック音楽を愛する全ての人は皆同様にベートーヴェンのファンであると思われます。素晴らしい楽曲の数々の中でも彼の後期弦楽四重奏曲に注目しているという人はクラシック愛好家の一部にとどまるもかもしれません。しかし宮沢賢治も『第9』よりも傑作だと評価していたようです。これらの楽曲が如何に高い次元の楽曲なのかを知っていたのです。, 弦楽四重奏曲『第12番』が作曲された1825年までに、ベートーヴェンは完全に聴力を失っていましたが、彼は「ハイリゲンシュタットの遺書」(1802)で自分自身と交わした約束(自らの作品に自身のすべてを捧げるとの誓い)を守り通しました。, 最後の作品となった5つの弦楽四重奏曲は、ベートーヴェンの他の作品と比較しても、対位法、フーガ、『第15番』のリディア旋法(教会音楽で使用されていた技法)など、古めかしい素材を多用しています。ベートーヴェンは、過去に根差しつつ未来を志向し作曲していたのです。, これらの楽曲群の素晴らしい緩徐楽章、ベートーヴェン自身が涙を流した「カヴァティーナ」(『第13番』第5楽章)、大病から回復後に作曲された「聖なる感謝の歌」(『第15番』第3楽章)、『第16番』第3楽章の見事な変奏曲、どれも魅力的な音楽となっています。, 弦楽四重奏曲『第12番』、『第13番』、『第15番』(作曲順に並べると12、15、13となります)は依頼者のために作曲を急いだ物と思われます。3曲とも1825年の3ヶ月位の間に完成させています。依頼者からの催促を受けつつ、超特急の仕事だったのが伺われます。, しかし、1826年(55歳、死の前年)の最後の2曲は自分のために作った作品です。前年の3曲を作っている最中に様々なアイデアが生まれ、どうしてもそれを曲にしたかったと想像が付きます。3曲も作曲したのですから、数々のスケッチが残ったはずです。, 管弦楽やピアノ曲にしなかったのは弦楽四重奏でしか表現できなかった物があったからでしょう。より人間に身近な音楽だから、ニュアンスが出し易い弦楽四重奏を選んだのだと思っています。弦楽四重奏は音楽の基礎的な部分の多い楽曲です。, これら後期弦楽四重奏曲の5曲の楽曲は、本当に人生を達観したようなベートーヴェンの最高峰の音楽です。各国の多くの方たちが、ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲について賛辞を寄せています。ベートヴェン最後の5曲の弦楽四重奏が如何に偉大な物かが分かると思います。, 詩人谷川俊太郎の父、哲学者・谷川徹三氏の言葉 ■クラシック行進曲ベスト ■怒りの調「ニ短調」の名曲ベスト. オーケストラはなんだかうるさい。かと言ってピアノ曲は何か物足りない…そんな方へ送る室内楽の調べ。弦楽四重奏篇。, 弦楽四重奏とは2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで構成される楽曲です。オーケストラほどの迫力や豊かな表現性はありませんが奏者一人一人のテクニックやアンサンブルをじっくりと味わうことができます。”弦楽四重奏が好き!”と聞けばなんとなく控えめで上品な印象をおぼえますね。クラシック音楽といえば、オーケストラやピアノ曲と言ったイメージが強いかもしれませんが、今回は弦楽四重奏の魅力をお伝えします。, アントニン・ドヴォルザーク作曲、弦楽四重奏曲第12番作品96「アメリカ」。ドヴォルザークといえば交響曲第9番「新世界より」ですが、この曲にも「新世界」と同じように民謡風のフレーズがいたるところに散りばめられています。最初のヴィオラによるフレーズなどはまさにそれですね。なんとなく、懐かしい響きが感じられます。明るく温かく優しい曲となっています。, モーリス・ラヴェル作曲、弦楽四重奏曲ヘ長調。この曲はドビュッシー作曲の弦楽四重奏曲に大きな影響を受けています。ドビュッシーの弦楽四重奏曲の作曲後十年で作られた楽曲です。まさに印象派!と言った音楽。ドビュッシーに影響を受けているだけあって、第二楽章には特徴的なピッチカートが使われていますね。和音の使い方もとても素晴らしいものです。ドビュッシーの弦楽四重奏と一緒に聞くとより深く味わえるかもしれませんね。, ベートーヴェン作曲弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」。この”ラズモフスキー”という副題はベートーヴェンがラズモフスキー伯爵にこの曲を献呈したことから名付けられています。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番から第9番まではどれもラズモフスキー伯爵に献呈されていて、それぞれ「ラズモフスキー第1番」「ラズモフスキー第2番」「ラズモフスキー第3番」などと副題がついているんですね。快楽から哀愁まで様々な色彩を持った楽曲となっています。, フランツ・シューベルト作曲、弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」。「死と乙女」という副題はシューベルト自身が作曲した歌曲「死と乙女」からきています。第二楽章のテーマがこの歌曲から引用されていることからこう名付けられました。マティアス・クラディウスの詩がついた歌曲であり、病に悩まされる乙女と死神との対話を描いたものです。力強い短調の響きと物悲しさが見事に対照的に光る楽曲です。, クロード・ドビュッシー作曲弦楽四重奏曲ト短調作品10。ドビュッシーが唯一完成させた弦楽四重奏曲です。ドビュッシーはこの曲を作る以前にも弦楽四重奏曲を作ろうと尽力していましたが、途中で構想がまとまらずに断念してしまいました。そのためこの曲がドビュッシーの唯一の弦楽四重奏曲となっています。この曲はドビュッシーの作曲理念を明確に反映しているといえます。決して技巧的に過ぎることなく、絶妙な和音を使用しています。重々しい主旋律の裏で奏でられるピッチカートはとても印象的ですね。, 冒頭に上品で控えめな弦楽四重奏、とは書きましたが、やはり百年以上残ってきたものだけあって、それぞれ特有の主張、表現力が見られます。弦楽四重奏をはじめとした室内楽の世界はソリスティックな部分が大きいので演奏者によって随分音楽にも差異が見られます。同じ曲を違う演奏者で聞いて楽しむというのも趣味のいい音楽の聴き方ですね。, クラシック音楽と文学と少々のお酒をこよなく愛する20代。現在は筋トレにハマりはじめている。慶應義塾大学在学中。. ■チャイコフスキーの名曲メドレー ■元気が出るクラシック 『大フーガ』は弦楽四重奏用だけでなく弦楽合奏用の編曲もあります。勿論、ベートーヴェンの編曲ではありません。たまにコンサートに乗る事があります。昔のバーンスタインはウィーンで良くこの形でコンサートを行なっていました。. ハイドン、モーツァルトでも有名な、4本の弦楽器で演奏される弦楽四重奏曲。有名な弦楽四重奏団も、数多くあります。有名曲や、その魅力などについて質問をすれば、回答が得られるかもしれません。 ■イタリア歌曲の名曲ベスト ■ウエディング・クラシック 225 ■ユーフォニアムの名曲ベスト 弦楽四重奏の名曲 弦楽四重奏とは2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで構成される楽曲です。 オーケストラほどの迫力や豊かな表現性はありませんが奏者一人一人のテクニックやアンサンブルをじっくりと味わうことができます。 ■オーボエの名曲ベスト ■集中力を高めるモーツァルト名曲メドレー ■心地よい眠りのための「ショパン名曲メドレー」 ), Londonderry Air/ロンドンデリーの歌ダニーボーイ … アイルランド民謡 【弦楽四重奏】, 人生のメリーゴーランド(久石譲)〈映画「ハウルの動く城」より〉【参考音源CD付き】 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), 唯一度だけ Das gibt's nur einmal 映画『会議は踊る』より / W・R・ハイマン Werner Richard Heymann (弦楽四重奏), ジュ トゥ ヴー おまえが欲しい/JE TE VEUX … エリック・サティ(Erik Satie) 【弦楽四重奏】, STRQ-41 Lemon(米津玄師)〈TVドラマ「アンナチュラル」主題歌〉【参考音源CD付き】 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), ツィゴイネルワイゼン/Zigeunerweisen … サラサーテ 【弦楽四重奏】, ムーン リバー/Moon River「ティファニーで朝食を」 … ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini) 【弦楽四重奏】, STRQ-63 ニュー・シネマ・パラダイス【参考音源CD付き】 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), STRQ-39 夢をかなえてドラえもん(mao)〈TVアニメ「ドラえもん」主題歌〉【参考音源CD付き】 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), ENMS10002 サクソフォーンアンサンブルのおもちゃ箱 サクソフォーン四重奏 アミューズメントパーク組曲(四重奏版)/高橋宏樹 (ブレーン・アンサンブル・コレクション), スコア チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 作品11 (Zen‐on score), STRQ-137 アシタカとサン〈映画「もののけ姫」より〉 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), No.22 ハイドン/弦楽四重奏曲「ひばり」 ニ長調 Op.64 Nr.5 (Kleine Partitur), 弦うさぎ弦楽四重奏シリーズ 楽譜『トロンボーンラジオ体操』 / スーパーキッズレコード, STRQ-151 竈門炭治郎のうた(椎名 豪)〈TVアニメ「鬼滅の刃」挿入歌〉 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), STRQ-144 I LOVE...(Official髭男dism) (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), SJ1098 チャイコフスキー/武満徹:秋のうた クラリネットと弦楽四重奏のための, Ludwig van Beethoven: Streichquartette. 弦楽四重奏とは… ■アンコール曲の名曲ベスト(ピアノ編) 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazon.co.jpが発送する¥2000以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ), コンサートで弾く弦楽四重奏 ポピュラー&クラシック ~ニュー・シネマ・パラダイス~, 弦楽四重奏セレクション(2)~Anniversary Song~ (こんな持ちネタ欲しかった! 弦楽四重奏団のアイデンティティについて、こう言われることが多い。アンサンブルとしての個性は、何年もの時を経て個々人の個性よりも大 … 現時点では、記事になっている曲、他言語版や知名度からして将来的に記事化される可能性が高い曲などをリストにしている。 スコア ベートーベン 弦楽四重奏曲集 (3) 第7番 ヘ長調、第8番 ホ短調、第9番 ハ長調 作品59-1,2,3 「ラズモフスキー1,2,3」 (Zen‐on score) 諸井 三郎 、 ベートーベン ■サクソフォンの名曲ベスト ), STRQ-130 見上げてごらん夜の星を(坂本九) (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), 古宮朋子アレンジシリーズ 白鳥 夕焼け小焼け ハッピー・バースデー・ツー・ユーほか 弦楽四重奏 スコア&パート譜, 弦楽四重奏 名作アニメカルテット <宮崎駿監督作品> 松原幸広 編 ~弦楽合奏用コントラバスパート譜付~, スコア ベートーベン 弦楽四重奏曲集 (3) 第7番 ヘ長調、第8番 ホ短調、第9番 ハ長調 作品59-1,2,3 「ラズモフスキー1,2,3」 (Zen‐on score), STRQ-135 紅蓮華(LiSA)〈TVアニメ「鬼滅の刃」主題歌〉 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), ダッタン人の踊り/Polovetsian Dance from Prince Igor … ボロディン(Borodin) 【弦楽四重奏】, 弦楽四重奏セレクション ~Smile for you~ (こんな持ちネタ欲しかった! ■オペラ名曲ベスト30 「傑作はどれもこれもおなじ絶対的な水準に達していて、甲も乙もない。偉大なドイツ人はベートーベンである。」, 哲学者・ベルクソンの言葉 ■バロック音楽の名曲ベスト ■無伴奏(ソロ)名曲ベスト 285 ■協奏曲ベスト30 【クラシック音楽】弦楽四重奏オススメの名曲5選. otomamire, 現在では、人気のある序曲はコンサートの開始曲として演奏される事が多く、序曲だけで独立したショートピースとして扱われています。その日のコンサートの掴みにあたるもので、短い曲ながらとても大切な役割を持って, 2020.09.01 ■ワルツの名曲ベスト ■ホルンの名曲ベスト ■チェロの名曲ベスト ■トランペットの名曲ベスト チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 より”第2楽章 アンダンテ・カンタービレ“, ■交響曲ベスト30 ■弦楽四重奏の名曲ベスト ■アダージョ(緩やかなテンポ)の名曲ベスト 弦楽四重奏団は一つであり、4人それぞれの個性をも保持する. クラシック音楽を愛する全ての人は皆同様にベートーヴェンのファンであると思われます。素晴らしい楽曲の数々の中でも彼の後期弦楽四重奏曲に注目しているという人はクラシック愛好家の一部にとどまるもかもしれません。しかし宮沢賢治も『第9』よりも傑作だと評価していたようです。これらの楽曲が如何に高い次元の楽曲なのかを知っていたのです。 弦楽四重奏曲『第12番』が作曲された1825年までに、ベートーヴェンは … ■コントラバスの名曲ベスト ■眠れないときのクラシック ■マリンバの名曲ベスト, ■やすらぎと癒しのクラシック Copyright © JUKKI Co., Ltd. All rights reserved. ■気分転換の時のクラシック ■ファンファーレの名曲ベスト 絶対音感という言葉を聞いたことがありますか? 絶対音感といえば、偉大な音楽家が持つ特別な能力と考える人もいるかもしれませんが、今回は、 絶対音感とはどんな能力なのか 絶対音感のメリット・デメリット 絶 ... バロック時代に多く作られた「カンタータ」。 今回は、 questionカンタータってどんな楽曲? questionカンタータで有名な曲は? こんな質問にお答えします。   Contentsカ ... 音の名前にはいろいろな表し方がありますが、私たちが一番慣れ親しんでいる「ドレミファソラシド」は、実はイタリア語が元になっています。 今回は、 ドレミファソラシドの由来 いろいろな音名の表し方 音楽用語 ... 「カチ、カチ、カチ、カチ、…」 一定のリズムで音を刻むメトロノーム。メトロノームは音楽用具のひとつで、音楽を演奏する際にテンポ(速度)を一定に合わせるために使用します。幼い頃にピアノを習っていた方は、 ... バロック音楽は、1600年から1750年の時代の音楽です。バロック時代は、イタリア・フィレンツェで生まれた劇音楽(オペラ)によって始まりました。 今回は、 バロック時代に生まれた音楽の特 ... ピアノ歴約35年の在宅ワーカー ・趣味は音楽鑑賞、読書、陶芸 ・定期的にピアノサークルの演奏会に参加(特にクラシック音楽が好き) ・福岡県出身, 宇宙人がこの美しい「カヴァティーナ」を聴いたら何を感じるのか、興味深いところ。ぜひ発見して欲しいです!, 個人的には第2楽章が好きで、躍動感溢れるピチカートで始まる冒頭部におしゃれさを感じます。また中間部にはテンポを落として緩やかで幻想的な部分も。奥行きのある音楽が楽しめます。, ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130 第5楽章 「カヴァティーナ」. otomamire, コンサートに行って演奏者が只座っているだけの時、あなたはどう思いますか?演奏者が曲を忘れてしまったため?それとも楽器の不具合のため?きっとそう思うはずですよね。でも、本当にそういう「曲」が存在します。, 2019.07.01 「晩年の弦楽四重奏曲は哲学や宗教の古典を読んでいる時と同じ感銘と充実感を与えてくれます。」 ■鳥肌が立つクラシックの名曲ベスト ■ピアノの名曲ベスト 弦楽四重奏曲を作曲家別に五十音順に並べた一覧。. ■「春を感じる」クラシックの名曲ベスト ■5分で聴くクラシックの名曲ベスト ■テンポが速いクラシック曲 【弦楽四重奏曲】の人気q&aランキング. For 弦楽四重奏, STRQ-65 紅蓮の弓矢(Linked Horizon)〔TVアニメ「進撃の巨人」主題歌〕【参考音源CD付き】 (StoneMusic 弦楽四重奏シリーズ), 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 【弦楽四重奏曲】の人気q&aランキング. ■「冬を感じる」クラシックの名曲ベスト 1064 弦楽四重奏曲の一覧。. ■「アヴェ・マリア」の名曲ベスト ■運動会でよく使われるクラシック曲, ■ 心地よい眠りのための「バッハ名曲メドレー」 kojiii ■赤ちゃんのおやすみのクラシック ■ソロ&室内楽ベスト30 超もてない超有名曲 きょうは、クラシックの 超有名曲をご紹介します。 超有名曲のくせに、 女の子にまったくもてない音楽です。 よかったら下までお読みください。 今回はCD紹介です 【今回のCD】 バルトーク:弦楽四重奏曲全集 Bartok: The 6 String Quartets (PHCP-9165) 【曲目】 … otomamire, ベートーヴェン『交響曲第8番』を皆さんどう聴いていますか?他の交響曲に比べてマイナーなイメージがあり、演奏機会もそう多くはありません。この交響曲を名曲と見るかどうか、難しい問題です。一層難しくしている, 2019.12.28