「前回より状態はよかったです。道中は思っていた通りの走りができたが、4コーナーでぶつけられてバランスを崩してしまいました」, 9着 ケントオー(幸英明騎手) 「前半忙しくて、前走の再現みたいになってしまいました。GIであれだけ出入りが激しければ厳しいです。自分の形で行けると思っていたのですが…」, フィエールマン(Fierement)牡4/鹿毛 手塚 貴久(美浦) 第092回(1985年) ギャロップダイナ 第090回(1984年) ミスターシービー 「最後はいい脚を使う馬ですが、今日は思ったほど使ってくれませんでした。距離的なことがあるかもしれません」, 10着 クリンチャー(三浦皇成騎手) 第132回(2005年) ヘヴンリーロマンス 第100回天皇賞(だい100かいてんのうしょう)は、1989年 10月29日に東京競馬場で開催された競馬 競走である。 後に平成三強と呼ばれるオグリキャップ・スーパークリーク・イナリワンの3頭が初めて揃って対決し、スーパークリークが優勝した。 年齢は全て旧表記にて表記。 第128回(2003年) シンボリクリスエス 第068回(1973年) タニノチカラ 2着:グローリーヴェイズ(クビ) 第024回(1951年) ハタカゼ 第146回(2012年) エイシンフラッシュ 第140回(2009年) カンパニー 第074回(1976年) アイフル 第159回 天皇賞春(GI)芝・右 3200m 第070回(1974年) カミノテシオ 第011回(1942年) ニパトア 馬名の由来:気高く、勇ましく(音楽用語), 「天皇賞春 2013」のCMです。2013年の天皇賞春のCMにはディープインパクトがピックアップされています。天皇賞春は2013年4月28日(日)、京都競馬場・芝3200mで開催されます。, 天皇賞春 2018の動画・結果です。天皇賞春の結果は1着:レインボーライン、2着:シュヴァルグラン、3着:クリンチャー。「レインボーライン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 「天皇賞春 2017」の動画・結果です。天皇賞春の結果は1着:キタサンブラック、2着:シュヴァルグラン、3着:サトノダイヤモンド。「キタサンブラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 凱旋門賞2019の結果・動画です。フランスで行われた凱旋門賞の着順は1着:Waldgeist(ヴァルトガイスト)、2着:Enable、3着:Sottsass、日本馬ではキセキの7着が最高着順でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 「天皇賞春 2013」の動画・結果です。天皇賞春の結果は1着:フェノーメノ、2着:トーセンラー、3着:レッドカドー。「フェノーメノ」が勝利した天皇賞春の詳しい結果、動画をご覧ください。, 「天皇賞春 2016」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。天皇賞春の勝ち馬はキタサンブラック、勝利騎手は武豊騎手、勝ちタイムは3:15.3でした。, 【チェアマンズスプリントプライズ2019】結果・動画/ビートザクロックが優勝・ナックビーナスは6着, 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 菊花賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:フィエールマン、2着:エタリオウ、3着:ユーキャンスマイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/14・11/15)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!, 【天皇賞春 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/武豊「さらに強くなりそうで楽しみ」. 第100回(1989年) スーパークリーク 4着:エタリオウ(クビ) 第038回(1958年) セルローズ 第156回(2017年) キタサンブラック 8着:リッジマン 第122回(2000年) テイエムオペラオー 第001回(1937年) ハツピーマイト 第096回(1987年) ニッポーテイオー 第054回(1966年) コレヒデ, 第056回(1967年) カブトシロー 「今の馬場を考えたらあの位置取り(最後方)は厳しかったですね。長くいい脚を使ってくれましたからね」, 5着 ユーキャンスマイル(岩田康誠騎手) 父:ディープインパクト 母:リュヌドール 母父:Green Tune 第018回(1948年) カツフジ 6着:チェスナットコート 第120回(1999年) スペシャルウィーク 中止:ヴォージュ, 1着 フィエールマン(C.ルメール騎手) 第005回(1939年) テツモン 第134回(2006年) ダイワメジャー 第086回(1982年) メジロティターン 第013回(1943年) クリヒカリ 第150回(2014年) スピルバーグ 第154回(2016年) モーリス 「うまく内に入れてポジションは取れましたが、昨年はうなるような感じだったのが、今日は気持ちが乗っていない感じでした。前走は気持ちが乗ったまま2500mを走った感じでしたから、息を入れて運ぼうと思いましたが、昨年とは違いましたね」, 11着 メイショウテッコン(福永祐一騎手) 第098回(1988年) タマモクロス 第026回(1952年) トラツクオー 「ペースはそこまで速くなかったけれど、所々できつい競馬になってしまいました。状態はよかっただけに残念です」, 12着 ロードヴァンドール(昆貢調教師) 第020回(1949年) ニユーフオード 「リラックスしていましたが、道中もっと流れてリズム良く行きたかったです。ラチ沿いを走りたかったのですが、うまく行かなかったです」, (友道康夫調教師) 2019/4/29 第064回(1971年) トウメイ 第162回(2020年) アーモンドアイ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第100回天皇賞&oldid=77320784, オグリキャップに騎乗していた南井は、直線で前方へ進出する進路がなくなったことについて「あれだけは悔いが残る」とコメントした。レース当日の夜、南井は悔しさで眠れなかったという。, この勝利で武は天皇賞(秋)の史上最年少制覇記録を更新した(20歳7ヶ月。従来の記録は. 第106回(1992年) レッツゴーターキン 第088回(1983年) キョウエイプロミス 第072回(1975年) フジノパーシア 第003回(1938年) ヒサトモ 第118回(1998年) オフサイドトラップ 国際競走指定後: 第066回(1972年) ヤマニンウエーブ 11着:メイショウテッコン がこれを交わし、そのままゴールした。オグリキャップは直線で前方へ進出するための進路がなくなったことが響いて2着に敗れた。, 国際競走指定前: 9着:ケントオー 第062回(1970年) メジロアサマ 第130回(2004年) ゼンノロブロイ 第152回(2015年) ラブリーデイ 「道中はこの馬なりにリズム良く運べましたが、直線では脚が上がってしまいました」, (友道康夫調教師) 第076回(1977年) ホクトボーイ 第108回(1993年) ヤマニンゼファー 第040回(1959年) ガーネツト Tenno Sho (Spring) (G1), 1着:フィエールマン 第138回(2008年) ウオッカ 「激しい戦いでした。戸崎さんの馬(グローリーヴェイズ)が外から競りかけてきましたが、この馬は頑張ってくれました。ゴールまで戦いでした。とにかくリラックスして運べました。長いところはいいですね。スタンド前はポジションを下げました。それでリラックスして走っていました。3~4コーナーは馬は走りたがったので自分で動いて行きました。4コーナーは後脚をすべらせたようなところがあり心配しましたが、すぐにバランスが良くなって直線は加速してくれました。使いつつ強くなっています。次も楽しみ。凱旋門賞に行ってもチャンスがありそうです。1番人気でミスせず勝てたことが嬉しいですね」, 2着 グローリーヴェイズ(戸崎圭太騎手) 第044回(1961年) タカマガハラ 第144回(2011年) トーセンジョーダン 第030回(1954年) オパールオーキツト 第016回(1947年) トヨウメ 「レース前は真面目で、いつも走りきるところがあるので、いかに抜いて走るかを考えていました。ゲートはスムースで、1~2コーナーではリラックスしましたが、3コーナーで狭くなる場面があり、手前を替えるなどリズムを崩しました。その後はスピードに乗れて長く頑張ってくれました」, 4着 エタリオウ(M.デムーロ騎手) 第158回(2018年) レイデオロ 第082回(1980年) プリテイキャスト 7着:カフジプリンス 払戻し. 3着:パフォーマプロミス(6馬身) 第084回(1981年) ホウヨウボーイ G1レース 動画・結果, 天皇賞春2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の天皇賞春の着順は1着:フィエールマン、2着:グローリーヴェイズ、3着:パフォーマプロミスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 2019年4月28日(日) | 3回京都3日 | 15:40 発走 第046回(1962年) クリヒデ 第007回(1940年) ロツキーモアー 「頑張ってくれました。58キロもありましたからね。これが糧になればいいですね」, 6着 チェスナットコート(坂井瑠星騎手) 第124回(2001年) アグネスデジタル 第160回(2019年) アーモンドアイ 12着:ロードヴァンドール 第058回(1968年) ニットエイト 第042回(1960年) オーテモン 5着:ユーキャンスマイル(3馬身) 1993年04月25日のレース結果; 1r; 2r; 3r; 4r; 5r; 6r; 7r; 8r; 9r; 10r; 11r; 一覧. 10着:クリンチャー 第094回(1986年) サクラユタカオー 第028回(1953年) クインナルビー 第060回(1969年) メジロタイヨウ 第078回(1978年) テンメイ 第100回天皇賞(だい100かいてんのうしょう)は、1989年10月29日に東京競馬場で開催された競馬競走である。後に平成三強と呼ばれるオグリキャップ・スーパークリーク・イナリワンの3頭が初めて揃って対決し、スーパークリークが優勝した。年齢は全て旧表記にて表記。, 1989年前半シーズンの古馬中長距離戦線は、オグリキャップとスーパークリークが故障のため出走できず、イナリワンが天皇賞(春)、宝塚記念を連勝した。後半シーズンに入って2頭が復帰し、スーパークリークは京都大賞典を優勝し、オグリキャップはオールカマーを優勝し、第40回毎日王冠でイナリワンと大接戦を演じて優勝した。第100回天皇賞では、後に平成三強と呼ばれる3頭が初めて揃って対決した。, 序盤はレジェンドテイオーが逃げ、スーパークリークは3番手、オグリキャップは7番手、イナリワンは後方に位置した。直線に入りゴールまで残り400mの地点でメジロアルダンがレジェンドテイオーを交わして先頭に立ったが残り200mの地点でスーパークリーク 「思った通りの競馬は出来ましたが、持ち味を生かすためにもう少し流れてくれたら良かったと思います。スタミナがありますから、競馬場が変わればまた良いと思います。とにかく乗りやすい馬です」, 8着 リッジマン(蛯名正義騎手) 「いい枠だったのでいいポジションを取れました。3、4コーナーでゴチャつきましたが、直線ではしっかり脚を使ってくれています」, 7着 カフジプリンス(中谷雄太騎手) 第048回(1963年) リユウフオーレル 第136回(2007年) メイショウサムソン 第104回(1991年) プレクラスニー 第034回(1956年) ミツドフアーム 天皇賞春2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の天皇賞春の着順は1着:フィエールマン、2着:グローリーヴェイズ、3着:パフォーマプロミスとなりました。レースの詳しい結果、動画などを … 第050回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第032回(1955年) ダイナナホウシユウ 第116回(1997年) エアグルーヴ 第102回(1990年) ヤエノムテキ 第009回(1941年) エステイツ 第148回(2013年) ジャスタウェイ 第114回(1996年) バブルガムフェロー 第142回(2010年) ブエナビスタ 第080回(1979年) スリージャイアンツ 競馬情報サイト「競馬の魅力」では動画や結果から出走予定馬、予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 2019/4/28 「悔しいです。直線は手応え良く迎えられましたが、相手の底力を感じました。レースは乗りやすく、長丁場も合う馬です」, 3着 パフォーマプロミス(北村友一騎手) 第126回(2002年) シンボリクリスエス 第110回(1994年) ネーハイシーザー, 第112回(1995年) サクラチトセオー 第022回(1950年) ヤシマドオター 第036回(1957年) ハクチカラ 第052回(1965年) シンザン