「馬は元気でした。良いポジションでしたが、スペースがありませんでした。残り150mで前が開いたときには遅かったです」, 10着 コンテントメント(J・モレイラ騎手) 馬名の由来:冠名+人名より, 2012年の「The WINNER【安田記念】」のCMです。2012年の安田記念のCMには歴代の勝ち馬のニホンピロウイナーがピックアップされています。安田記念は2012年6月3日(日)、東京競馬場・芝1600mで開催されます。, 安田記念2014の動画・結果です。2014年の安田記念の結果は1着:ジャスタウェイ、2着:グランプリボス、3着:ショウナンマイティとなりました。ジャスタウェイが勝利した安田記念の詳しい結果、動画をご覧ください。, 「京王杯スプリングカップ 2016」の動画・結果です。京王杯スプリングカップの結果は1着:サトノアラジン、2着:サンライズメジャー、3着:ロサギガンティア。「サトノアラジン」が勝利した2016年の京王杯スプリングカップの詳しい結果、動画をご覧ください。, 「スワンステークス 2016」の動画・結果です。スワンステークスの結果は1着:サトノアラジン、2着:サトノルパン、3着:エイシンスパルタン。「サトノアラジン」が勝利したスワンステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。, 安田記念2011の動画・結果です。2011年の安田記念の結果は1着:リアルインパクト、2着:ストロングリターン、3着:スマイルジャックとなりました。リアルインパクトが勝利した安田記念の詳しい結果、動画をご覧ください。, 安田記念2016の動画・結果です。安田記念の結果は1着:ロゴタイプ、2着:モーリス、3着:フィエロとなりました。ロゴタイプが勝利した2016年の安田記念の詳しい結果、動画をご覧ください。, 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, ジャパンカップは2020年11月29日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2020年で第40回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はスワーヴリチャードが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/28・11/29)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!, 【スワンステークス 2016】動画・結果/サトノアラジンが勝利し、「サトノ」のワンツーフィニッシュ, 【京王杯スプリングカップ 2016】動画・結果/サトノアラジンが外から一気に末脚を伸ばし快勝. 5着:エアスピネル(クビ) 「直線になってからいつものような加速が見られませんでした。初めての左回りで手前を上手く替えられなかったのかもしれません。良い経験になったと思います。来年も挑戦したいと思います」, 7着 ステファノス(戸崎圭太騎手) △エアスピネル(8)

走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 13着:ディサイファ 2019/5/27 2011年6月5日 3回東京6日目 3歳以上オープン (国際)(指)(定量) ニュース, 競馬, 2017年6月4日東京競馬場(距離1600m)で行われた”日本のマイル王決定戦”第67回安田記念ですが、ルメール騎手の四週連続GⅠ勝利などが話題となっていたものの、勝ったのは川田騎手騎乗の7番人気サトノアラジン(栗東・池江厩舎)でした。, なお二着には昨年の安田記念を勝利していたロゴチャンスが人気薄で逃げ粘る形になり、馬連で104.8倍をつけるなど波乱の結果となりました。, ルメール騎手騎乗の一番人気イスラボニータは直線で前が開かないという不運にも見舞われ、8着に沈みました。, ◎サトノアラジン(14) 3着:レッドファルクス(クビ)

No.1競馬サイト「netkeiba.com」が安田記念(G1)2020年6月7日東京の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 16着:ヤングマンパワー 競馬予想のウマニティが安田記念2017を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載!

11 R 第61回安田記念(G1) 芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の安田記念. 競馬times編集部 父:ディープインパクト 母:マジックストーム 母父:Storm Cat マンガやアニメ、スポーツのニュースから気になるネタを取り上げていきます。芸能ネタ、ゲームなども幅広くお送りします。, 2017/6/5 ×ブラックスピネル(11) 4日に行われた安田記念はサトノアラジンが大外から目の覚める様な末脚で豪快に差し切ってgⅠ初制覇。池江泰寿厩舎は前日の鳴尾記念に続く連日のタイトル獲得。2着に前年度覇者ロゴタイプ、3着にレッドファルクスが入線した。 「4コーナーで前にレッドファルクスに入られたのが痛かったです。勢いがあっただけにあのワンプレーが無ければ、勝てていたかもしれないです」, 6着 ビューティーオンリー(Z・パートン騎手)

11着:ロンギングダンサー 「去年から乗せて頂いて、なかなかGIで結果を残すことが出来ませんでしたが、ようやく勝つことができました。馬場も枠順もこの馬に向いてくれて、折り合いもスムーズにリズムよく運ぶことができました。4コーナーでは手応え十分でしたし、前のロゴタイプは気にせずにこの馬の競馬をすることだけを考えていました。時間がかかりましたが、ようやくGIを勝つことができて嬉しいです。枠順や流れ、いろいろと注文はつきますが、次のGIでもこの馬の能力を発揮できるように頑張りたいです」, (池江泰寿調教師) 安田記念2017の動画・結果です。安田記念の結果は1着:サトノアラジン、2着:ロゴタイプ、3着:レッドファルクスとなりました。サトノアラジンが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。 「スタートして上に出る形はいつも通りでした。ジッとしていても厳しいですし、促して行きました。普段と違う形でもひるまずに脚を伸ばしてくれました。初のGIでも上位争いをしてくれましたし、GIでもやれると思います」, 5着 エアスピネル(武豊騎手) Yasuda Kinen (G1), 1着:サトノアラジン 第67回 安田記念 レース回顧|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van 当日の夕方にレース詳報をお届け。成績だけでなく、実際のレース展開や直線での攻防などをわかりやすくお伝えします。 注グレーターロンドン(7), 予想では上位馬の力拮抗と判断し、決め手が一番あると思われるサトノアラジンを本命馬としていました。, 単勝14 1,240円(7番人気)、枠連7-8 590円(2番人気)、馬連14-16 10,480円(40番人気), レース内容から振り返りますと、各メディアの予想では先週の日本ダービーのようにスローになるのではないかと目されていましたが、結果的には前半800mが45秒5という、これぞGⅠのマイル戦という速い流れでした。, 勝ったサトノアラジンは末脚を活かすべく後方待機し、4コーナーでは大外をまわしてメンバー中随一と思われた決め手を発揮し、ゴール前でしっかりと差し切ることができました。, 念願のGⅠ制覇となったわけですが、すべてがこの馬に向くような内容でしたね。大きいところを勝つというのはこういうことなのでしょう。素直に祝福したいと思います。, 直線向いた瞬間にハイペースなのが分かっていましたから、予想は的中しただろうなと半ば確信していたのですが、逃げたロゴタイプが止まらないというのは予想外でした。というかあのペースで行って最後まで残るのは非常にこの馬に力がある証拠ですね。, 前年の安田記念がスローペースの賜物という判断をしていただけに、少し評価を見誤ってしまいました。, 三着以下に目をやりますと7着ステファノスを除く8着のイスラボニータまでの馬に力の差はないような内容でした。このあたりの馬たちは勝ったサトノアラジンも含めてなのですが、もう一度枠順などを変えてレースをやり直せば大きく着順は変わるでしょう。, 特に5着エアスピネルと8着イスラボニータは直線200mを切っても前が開かないというどうしゆもない流れの中での勝ち馬と0.2、0.3秒の差だっただけに残念でした。, 武豊およびルメールの場所どりが悪いという意見が見受けられますが、本来のハイペースであれば直線で垂れてくる馬がいるはずなのに、どの馬も止まらずに隙間が生まれなかったのが原因でしょうし高速馬場がこの二頭には不運ででしたね。, 最後にステファノスはやっぱりマイルの早い流れはちょっと向いてなかったと思います。今まで通り中距離路線がベストでしょう。, 今回は勝ったサトノアラジンにしっかりと本命印(◎)を打てたものの、二着にきたロゴタイプをあっさり見切ってしまったのが失敗でした。, しかしあと10mあれば・・・と今でも思ってしまいますが(笑)、これが競馬というものですね。, 当たっていれば一気に回収率が150%程度にいってただけに、ここを外したのは痛いところですね。.