沖縄戦のことを皆さんにも知ってもらいたい、本当におすすめしたい1作である。, さとうきび畑の唄さんまが出演の戦争の物語です。最後はアッと思わされる感動映画なので是非ごらんください❗️ pic.twitter.com/sx6CNRcRJM, — オススメ映画bot (@abcmart4512) April 29, 2014, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%B3%E7%95%91%E3%81%AE%E5%94%84, HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。. この優しい幸一の行動にも上官には聞き入れてもらえず、幸一の頭に銃口が向けられる…。, 最後にどうしてももう1個明石家さんまさん主演のドラマ『さとうきび畑の唄』の敵兵を殺すように命令されるも『僕は、僕はこんな事をするために生まれてきたんじゃないんですよぉ!』って熱演するシーン, 観るたびに、いつもいつも「二度と戦争はしてはいけない…」と思う、そして感動ドラマでもある「さとうきび畑の唄」。 2019-03-27; 2020-10-14; 海外ドラマ; バンドオブブラザース, ペリリュー島, 太平洋戦争, 第二次世界大戦, 米海兵隊 © 2020 より良い社会を目指すメディア HIFUMIYO TIMES All rights reserved. 幸一の「笑顔大賞あっげーる!!」の言葉は明石家さんまさんならではの笑顔をもらえるフレーズだ!, 今から14年前のドラマだが、1つ1つのシーンで沖縄戦の悲惨さと、人と人が国は違えど殺し合ってはいけない…と大事なことを伝えてもらえる…。 前回、第二次世界大戦のアメリカ陸軍第101空挺団第506連隊第2大隊E中隊の史実を描いた『バンド・オブ・ブラザーズ』という作品を紹介しましたが、この作品の太平洋戦争版といえる作品があります。これもバンド・オブ・ブラザースに引けを取らない名作になります。今回はこの『ザ・パシフィック』という戦争ドラマを紹介します。, [adcode]© Home Box Office, Inc『バンド・オブ・ブラザース』という作品をご存知ですが?ドラマながら、映画なみの予算をかけた超大作であり、不朽の名作戦争映画の『プライベート・ライアン 』の監[…], 本作は太平洋戦争下のアメリカ海軍第1海兵師団の海兵隊員たちを描いた実話を元にしたノンフィクションドラマで全10話のテレビドラマシリーズになります。バンド・オブ・ブラザースでは1つの隊にフォーカスしましたが本作は3人の海兵隊員のストーリーが並行して進行していきます。隊員3人の出征からガダルカナル、ペリリュー島、硫黄島、沖縄と太平洋戦争の激戦地を米軍の進行と合わせて話は進んでいきます。, ガダルカナル島に日本軍制圧の第1陣として上陸。激しい銃撃戦後の死体の山、仲間同士の誤射、自爆する日本兵など、様々な死に触れる。その後、ニューブリテン島グロスター岬に上陸、敵との戦い以上にジャングルと豪雨に消耗し、仲間の自殺にショックを受ける。パヴヴ島で精神のバランスを崩し入院するが、まもなく自ら希望して前線に復帰、ペリリュー島でまさに地獄を体験する。, 心臓の雑音が消えたことから父親の反対をおして入隊、新兵の厳しい訓練に耐える。パヴヴ島を経てペリリュー島に上陸するが、いきなり激烈な銃爆撃戦の真っただ中に投げ込まれる。常に死と隣り合わせの戦況が続き、上官や仲間が目の前で次々と倒れ、何度も心が折れそうになる。規則に反して日誌を書き続け、なんとか正気を保っていたが、子供も含む民間人を巻き込んだ最後の戦地沖縄で過酷な体験をする。, ガダルカナル島に第2陣として上陸。兵力の足りない不利な戦況で、敵の銃弾の嵐のなかを走り抜けて弾薬を運び、攻撃を続けた勇敢な戦いぶりが認められ名誉勲章を授与される。帰国して女優と共に国債キャンペーンで国中を巡る。戦死した友、戦い続ける兵士たちへの想いから現場復帰を希望、新兵の教育を担当した後、再入隊して硫黄島へ出征する。, 3人のそれぞれ異なる性格の海兵隊員の視点で史実を描いています。ロバート・レッキ―は自由奔放で上官にも盾突く問題児だが友達思い。ユージーン・スレッジは体が弱いこともあり、頼りない印象だったが戦場を通して成長し仲間からの信頼を得ていく。ジョン・バジロンはリーダーシップがあり、勇猛果敢で戦場でも先頭に立って戦う。それぞれが戦場で感じること、思うこと、心に受ける傷は異なります。弱くなる人間もいれば強くなる者、戦争が人に与える影響はそれぞれ違うということ訴えています。太平洋戦争を描いていることもあり、敵は日本人です。やはり日本兵がバタバタとやられていく姿は日本人としては決して気分がいいものではないです。アメリカ兵が日本兵の死体から金歯を取ったり、非武装の少年を面白半分で射殺したり、蔑称したりといったシーンがあります。ただそういった事実があったというところを描写したことが、この作品の評価する部分でもあるかと思います。, 制作予算はバンドオブブラザースの1億2千万ドルの2倍近い2億ドルと、迫力ある戦闘シーンになっています。第6話のペリリュー島の戦いで隠れる場所がないまっさらな飛行場を海兵隊が攻略するシーンは本作のクライマックスといってもいいほどリアルで強烈です。また、このシーンでは日本軍の戦車として「九五式軽戦車」が登場する貴重な場面でもあります。その他ガダルカナル、硫黄島、沖縄と太平洋戦争の命運決する地上戦は全て見応えある戦闘シーンになっています。硫黄島の戦いはクリント・イーストウッド作品の硫黄島二部作と合わせて見るのもいいかもしれません。, 本作には本年度アカデミー賞を受賞した 『ボヘミアン・ラプソディ』 のオスカー男優「ラミ・マレック」がメリエル・”スナフ”・シェルトン伍長としてユージーンの仲間として出演しています。実はユージーン役の「ジョゼフ・マゼロ」はこの映画でベーシストのジョン・ディーコン役で出演しており、ザ・パシフィック以来の共演を果たしています。バンド・オブ・ブラザーズもそうですが、出演者の多くは数年後にスター俳優になっています。, 本作はリアルな太平洋戦争を描写していることもあり日本人としては嫌悪感を感じるシーンも正直あるかと思います。凄惨なシーンも多いです。視聴する上ではそれを踏まえてご覧ください。, [adcode]第二次世界大戦を描いたドラマ『バンド・オブ・ブラザース』『ザ・パシフィック』でタッグを組んだスティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスが再びタッグを組んだ第二次世界大戦のドラマ『Masters of the[…], Masters of the Air| バンドオブブラザースのスピルバーグとトムハンクスのコンビが帰ってくる第二次大戦の爆撃隊を描いたドラマ. 「♪ざわわ~ ざわわ〜」でおなじみ2003年9月にTBS系で放送されたスペシャルドラマ「さとうきび畑の唄」。太平洋戦争末期の沖縄戦を生き抜く家族を中心に描き、視聴率も32.2%と高視聴率を残した名作感動ドラマである。戦争中でも笑顔は忘れない、主演の明石家さんまさんを中心に豪華キャストが揃っていることでも有名だ。, 次女の春子、三男の健、平山家は全員で8人。他にオダギリジョー、本仮屋ユイカなどなど。, ってか、リアルタイムで観てたけど、コレもう14年前なんやね。。。 pic.twitter.com/Q1PXACSVmQ, — ゆーかめろでぇ(関口さん狂曖) (@Valentine_Yuuka) June 21, 2017, 平山家の一家の大黒柱である幸一は写真屋を経営している。そこに長男の勇が大学時代に付き合っていた紀子を家族に紹介し、2人が結婚するところから物語は始まる。そこに近所の人から「ラジオを流して!」と言われ幸一がラジオを付けると「戦争が始まった」というニュースが流れてくる。, そして勇と紀子の結婚の祝いの飲み会の時に、勇に召集令状が届いてしまう。戦争は刻々と深刻な状態になってきて昇も通信兵に志願をして、そして美枝も軍看護婦として働くことを幸一と美知子に伝える。そして幸一にも召集令状が届き、平山家はバラバラに別れることになる。ついに沖縄にアメリカ軍が上陸してきて…。, 次男の昇がいる防空壕にアメリカ軍がやってきて、昇の親友に上官から「貴様から大和魂を見せてこい!!」と爆弾を持たされてしまう。しかし親友は怖くて動けずに上官から殴られてしまう。それを観た昇はその親友に遺書を手渡し、爆弾を抱えてアメリカ軍に特攻していく。そこで数々の銃撃に合い、家族の事が頭によぎり最後に爆死してしまうシーンは何回観ても泣いてしまうシーンの1つである。, 「さとうきび畑の唄」を久しぶりに観た。初めて勝地涼という役者を認識しその演技に心打たれ号泣したドラマ。5回くらい観ててもまた号泣今でこそいろいろな戦争に纏わる作品を観てるけど年若い青年の悲惨な最期を演じたのは彼が1番心に残ってる。 pic.twitter.com/rWYoGBEUDe, — a_non(あのん) (@pinky74jin) August 15, 2015, さとうきび畑の唄、めっちゃ涙堪えたんやけど昇がめっちゃ撃たれてかなりグロテスクで怖かったけどもう2度と戦争したくないと思った, 勇の嫁となった紀子は学校の先生として次女の春子の担任になって働いているが、授業中に勇が戦死したということを告げられた紀子は子供たちに「戦争では何も解決しない」と戦争を批判し、春子に「アメリカ軍にこう言うの!Do you kill me??って」と言い残し日本軍に連れて行かれてしまうシーン。, 紀子は防空壕で家族と隠れていて、アメリカ軍からの砲火攻撃を受け防空壕が崩れだし、岩が春子に落ちてくるのをかばい死んでしまう…。, 春子は銃口を向けるアメリカ軍に「Do you kill me??(私達を殺すの?)」と聞いて、アメリカ軍は銃を下ろし「大丈夫、殺しはしないよ」と沖縄戦は終わるのだった。, さんまさんの悲しそうな笑顔とか家族や人を笑わせようとする姿とか仲間由紀恵さんの学校で生徒に戦争の反対を話す時に溜める間の演技とかウッとくる(T_T)なんで再放送しないんだろう。さとうきび畑の唄, https://twitter.com/freecel43/status/653568604877619200, 物語の最後のシーン、川辺で大怪我をしているアメリカ軍に上官から幸一に「貴様がこの銃で殺せ!」と命じられる。しかし幸一は「でも大怪我してるじゃないですか?」と反論。しかし上官は「アメリカ軍は何人もの日本人を殺したんだぞ!撃て!」と言われ…。そこで幸一のこのドラマで1番心に響いたセリフ「私は人を殺すために生まれてきたんじゃないんですよ!こんな事をするために生まれてきたんじゃないんですよー!!」と何回も上官に反論する。 ザ・パシフィック|太平洋戦争の海兵隊を描いたhboの戦争ドラマレビュー. 詳細. 太平洋戦争を跨った昭和時代を舞台とした作品‎ (1サブカテゴリ、10ページ) 太平洋戦争を題材としたアニメ作品 ‎ (10ページ) 太平洋戦争を題材としたテレビドラマ ‎ (2サブカテゴリ、34ページ) 太平洋戦争のターニングポイントになった戦局から、日本の敗因を分析した6回シリーズ。第1集では資源が乏しい日本の物資の補給を支えた輸送船とアメリカの潜水艦にスポットを当てた。 太平洋戦争末期の沖縄戦を生き抜く家族を中心に描き、視聴率も32.2%と高視聴率を残した名作感動ドラマである。戦争中でも笑顔は忘れない、主演の明石家さんまさんを中心に豪華キャストが揃っていることでも有名だ。