第146回 天 皇 賞 (秋).

走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 2012/10/28 3歳上OP (国際) (指) 定量 東京11R 芝2000m 左回り 良
No.1競馬サイト「netkeiba.com」が天皇賞・秋(G1)2020年11月1日東京の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届 … 2012年10月28日(日) 東京/芝2000m/18頭. 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 競馬予想のウマニティが天皇賞(秋)2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, 〔1〕ナカヤマナイト・三浦助手「外より内の方がいいから、いいところだね。相手は強いけど、今の状態なら楽しみ」〔2〕シルポート・西園師「白帽(〔1〕枠)が欲しかったんでいい枠。自分の持ち味(逃げ)を生かせば…」〔3〕ネヴァブション・伊藤正師「問題ない枠。OKだね。内の馬が行くだろうから、その後に入れるんじゃないか」〔4〕フェノーメノ・斎藤助手「内めの偶数は枠としては理想的。体も絞れていい状態で行けそうです」〔5〕サダムパテック・西園師「外は不利なのでここならいいね。前に壁を作って走れれば」〔6〕ルーラーシップ・角居師「ここならいい位置につけて競馬できそうだ」〔7〕アーネストリー・佐々木晶師「ちょうどいいね。シルポートが行けば、それを見ながら競馬できる。状態はすごくいいよ」〔8〕ジャガーメイル・石橋脩騎手「悪くないところですね。馬の力を出せるように頑張ります」〔9〕ダイワファルコン・北村宏騎手「極端な枠じゃなくていい。奇数偶数より、この馬が落ち着いて臨めるかどうかでしょう」〔10〕フェデラリスト・窪田助手「ここじゃないとダメ、というタイプじゃないので、いいと思います」〔11〕ジャスタウェイ・北村助手「ここならいいんじゃない。真ん中より後ろから行くので邪魔もされないし…」〔12〕エイシンフラッシュ・藤原英師「絶好枠。調子はいいし、デムーロも好感触をつかんでいる」〔13〕ダークシャドウ・福永騎手「内が一概に有利とは言えないし、与えられた枠で人事を尽くすだけ」〔14〕トランスワープ・萩原師「決まった枠で対応していくだけ。相手を見ながら流れに乗って競馬ができれば」〔15〕トーセンジョーダン・川合助手「やや外になったが、どこからでも競馬できるからね。去年が〔12〕番なので同じようなもの」〔16〕カレンブラックヒル・小林助手「外枠ですが、これまで内枠が当たっていたので贅沢は言えませんね。これもクリアしていかないと…」〔17〕マイネルスターリー・窪田助手「スムーズに力を出してくれれば」〔18〕トゥザグローリー・川合助手「大外枠に行ってしまったねぇ…」, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 2012年10月28日(日) 4回東京9日 11R 近代競馬150周年記念 第146回 天皇賞(秋) (GI) サラ系3歳以上 2000m 本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万 2012年10月28日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走 第146回天皇賞(秋)(GI) 芝・左 2000m | 天 … 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットをウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, 先週の回顧~3連複プリンセスプロ、山崎エリカプロら8名が土日回収率100%超をマーク!. 天皇賞(秋) G1.