いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 吉田は伝統のジェノヴァダービーに先発し、4試合連続のフル出場。吉田の今季初先発から3連勝中と好調だったサンプドリアは前半23分に先制点を奪ったが、5分後に追いつかれてドローに終わっている。, 「ダービーマッチで越えられない壁だった。特筆に値するパフォーマンスだった」とクラブ公式サイトはこの日の吉田のプレーを称賛。だが流暢なイタリア語でインタビューに応じた吉田自身は、ドローという結果に複雑な思いであることも感じさせた。, 「もっとアグレッシブに、もっとずる賢くプレーすべきだったと思います。特に前半はあまりにも脆くて臆病すぎました」と吉田。「後半には良くなって、1-1は悪くはないですが、少し残念な思いも残っています。もちろん勝てればその方が良かったですが、それでも4試合負けていないですし、このまま続けていくしかないです」と語った。, 「僕自身は2回目のダービー、2年目のシーズンで、かなり良くなったと思います。イタリア語もカルチョもだいぶ分かるようになってきました。楽しめています」と吉田は自身の現状についてもコメント。「来週のカリアリ戦でまた良い試合をしたいと思います」と次の戦いへの意気込みを示した。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, 吉田麻也、ダービーはドローも自身の成長に充実感「イタリア語もカルチョも分かってきた」.
及び特定個人情報の適正な取扱いの確保に関する基本方針. 2012年にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した吉田麻也。2 2015年にセルティックから加入したファン・ダイクとともに2シーズン半にわたりDFラインを支え、2017年にはリーグカップ決勝進出に貢 … 吉田麻也さんの出身校は、県立の共学校の豊田高校です。 地元の長崎市立仁田小学校6年生の時に、名古屋グランパスユースのセレクションを受験。

Goal.com上の情報は本サイトの許可なしに発信、発行、放送、転用はできません, 【欧州・海外サッカーニュース】サウサンプトン(プレミアリーグ)時代からビルヒル・ファン・ダイクは優れた選手で、ビッグクラブに行く力があったと吉田麻也は感じていたようだ。, 2021年最新UEFAクラブランキングTOP50|過去5年の成績に基づく欧州ナンバーワンクラブは?. 吉田麻也、ダービーはドローも自身の成長に充実感「イタリア語もカルチョも分かってきた」 2020年11月02日(Mon)12時03分配信 【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで! 吉田麻也は実家を出ての兄との2人暮らしのため、母親と家電などを買いに行った際に、生活をするのにかかるお金を目の当たりにし、当時小学生ながらも中途半端にサッカーを諦めてはいけないことや、絶対にプロになろうという気持ちを固めることになったのだとか。 photo Getty Images 日本代表 df 吉田 麻也(yoshida maya)選手の名鑑ページです。身長、体重や生年月日、所属クラブ経歴などのプロフィール情報や、日本代表でのfifa開催大会出場歴や出場試合のデータを随時更新しお届けしま …

吉田麻也は下手すぎていらない? 吉田麻也選手は昔の代表戦では、 ヘディングを決めていた ことで印象に残っているイメージです。 後半ロスタイムで同点の状態から、コーナーのセットプレーからヘディングで決めてくれることもあったと思うんですよね。 吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。セリエA・UCサンプドリア所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。日本代表。

Tags: イタリア, コラム, サッカー日本代表, サンプドリア, ジェノア, ジェノバ・ダービー, ニュース, 吉田麻也, 欧州サッカー, 海外サッカー, イタリア・セリエA第6節のサンプドリア対ジェノア戦が現地時間1日に行われ、1-1の引き分けに終わった。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也の試合後のインタビューをクラブ公式チャンネルが伝えている。 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、元チームメイトのリヴァプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクについて語った。, 2012年にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した吉田麻也。2015年にセルティックから加入したファン・ダイクとともに2シーズン半にわたりDFラインを支え、2017年にはリーグカップ決勝進出に貢献した。その後、オランダ代表DFは2018冬に当時のDF史上最高額でリヴァプールに加入し、日本代表DFも今冬に期限付きでイタリアへと渡った。, 吉田は、現在「世界最高のセンターバック」と評価される元チームメイトについて、『ESPN』のインタビューで言及。「フローニンゲン時代から彼のことを知っていました。当時から彼はフィジカル面でビッグな選手でしたけど、技術面やときどき集中力に欠点がありました」と話し、サウサンプトンでの様子について振り返った。, 「サウサンプトンで再会したとき、彼はすでに良い選手でした。彼がプレミアリーグで最高のセンターバックになり、より大きなクラブに行くとみんなが認識していました。彼は強靭で、俊敏で、技術面もとても優れ、リーダーシップもありました。ときどき嫉妬していましたよ」, 続けて「トレーニングが終わった後、僕は毎日ジムに行っていました。窓から駐車場を眺めると、彼は誰よりも早く家に帰っていましたよ」と逸話を明かし、「でも、彼にはジムに行く必要がなかったですし、生まれながらにして強靭で、誰よりも足が速かったです」とファン・ダイクについて語っている。, ▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう, 【関連記事】● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント ● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと 「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved.