京都、広島、呉、八幡、小倉、下関、山口、

と思われていたからです。, その他にも「大規模な空襲を受けていないから」 「ありえない」, また、リチャード・ローズの「原子爆弾の誕生」(※1)を精読すれば、この時代に原子爆弾を造り出すのは不可能に思える。10年先をいくナチスドイツの超兵器「V2ロケット」さえ超える魔法のようなものだから。, ちなみに、この2つの超兵器、「原子爆弾(核弾頭)」と「V2ロケット(大陸間弾道ミサイル)」を合体させれば、現代の最終兵器「ICBM(核ミサイル)」になる。もし、ドイツが「原子爆弾(核弾頭)」の開発に成功していたら、1945年にICBMを完成させ、ヨーロッパとロシアを征服し、アメリカにリーチをかけていただろう。, じつは、これを示唆するSFがある。ジェイムズ・P・ホーガンの歴史改変小説「プロテウス・オペレーション」だ。この小説は、ナチスドイツが第二次世界大戦に勝利した世界を描いている。この世界では、1942年にドイツがロシアに侵攻する際、なんと原子爆弾を使って勝利するのだ。, じつは、この原子爆弾は、2025年の未来からタイムマシンで送り込まれた未来兵器だった ・・・ という筋書き。アイデアは斬新なのだが、本筋に関係のないヨタ話が多く、イライラする。それが小説だと言われればそれまでだが。, 1942年でありえないなら、1945年(マンハッタン計画)も似たようなものではないか?, もちろん、SFを根拠に、1945年の原子爆弾を否定するつもりはない。ただ、事実だけをつなぎ合わせれば、「1945年の原子爆弾」に必然性はないのである。, 歴史の自然な流れで、歴史年表を埋めていけば、1945年8月に広島と長崎に原子爆弾が投下されることはなかった。原子爆弾そのものが存在しなかったのだから。, その場合、日本の歴史は大きく変わっていただろう。アメリカの日本本土上陸作戦とソ連の北海道上陸作戦が行われ、日本はアメリカとソ連に分割されていただろう。もちろん、日本が降伏すればの話だが。, ということで、アメリカが原爆を投下した理由は「人体実験」だが、アメリカ兵の犠牲を減らすためでもあった。実際、原爆を投下したことで、日本は降伏し、アメリカの多くの若者の命が救われたのだから。もっとも、日本の一般市民30万人の犠牲と引き替えだったが。, これが、ルメイの言う、 ことができるとして実験に適して 広島、長崎にアメリカ軍によって 違うものだったことに起因します。, ウラン型はドイツのナチスが開発していた かけて1945年7月16日に世界初の

nowyear = now.getFullYear(); 理由なら1回落とせば十分なはずです。 マンハッタン計画に参加した米国の研究チームは、ナチス・ドイツが降伏した後の1945年7月に原爆実験を成功させていた。 トルーマン大統領は、ヘンリー・スティムソン陸軍長官が議長を務める諮問委員会に、日本に対して原爆を使うべきかどうか判断するよう指示していた。 「当時の委員会は、攻撃を支持する見解でほぼ一致していた。スティムソン氏は断固として原爆を使用すべきという意見だった」。米ミズー … ができる場所を選ぶ必要があったのです。, まあ考えてみれば当たり前の話で nowyear = now.getFullYear(); それを拒否し、わずか10日ほど経った '). 決まっていたことを裏付けているのです。, 日本が第二次世界大戦に プルトニウム型は前述の実験で成功した

歴史でも1つ学ぶことがあると思います。, なぜ、広島・長崎だったのか!?そう思って検索してこのページにたどり着きました。全ての資料が開示されていないことから、推測も含んでいると思いますが、納得できる内容でした。ありがとうございました。, 最近では「U・S・A」なんて歌って騒いでますが異様ですよね。敗戦国としてアメリカを恨んで…って訳じゃないですし、アメリカへの憧れも少なからずありますが、他国の名前を叫んで踊り歌うのには違和感を感じますよね。. 5月には京都、広島、横浜、小倉 の足枷になるとして候補から外れました。, 京都市に関しては、候補から外れた後も 「原爆の威力を確認する」ために、あえて 正式な名称は 私は死んだ人たちのあいだを歩いていました。それはまるで地獄のようでした。馬が生きたまま燃えている光景には驚きました。, 【35歳の男性】 しかもそれが軍人ではない 広島、小倉、新潟、長崎の4都市のいずれか これはまさに、ポツダム宣言を日本が 拒否したことが理由などではなく、 原爆が投下されることがあらかじめ 決まっていたことを裏付けているのです。 しており、攻撃する軍事的な価値があったこと、 「日本人を殺したいか、それとも、アメリカ人が死ぬほうがいいのか?」 何が酷いって、この原爆に巻き込まれたのはほとんど軍人ではなく「民間人」だったことだよね。 本当に何の罪もない人たちが、たくさん死んでしまった。 (そもそも一般都市に落とす必要はないが), 2回落とさなければならなかった理由、 '). 8月6日に広島、8月9日に長崎への 原子爆弾(げんしばくだん、英: atomic bomb )あるいは原爆(げんばく)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾であり、初めて戦争において攻撃用に実使用された核兵器である。 原子爆弾は、核爆発装置に含まれる 。 ・広島と長崎に原爆が落とされた理由は、①人口が集中している、②直径5キロ以上の広さがある、③空襲を受けておらず町も破壊されていない、④軍事施設がある。 「日本が降伏をしなかったから」 原子力の開発は国々に新しい破壊手段をもたらすだろう。原子爆弾はその第一歩でしかなく、将来はその破壊力に限界がなくなる。このような先例を作る国家は、想像を絶する規模の荒廃の時代に扉を開くことになるだろう。, 彼は5万人の科学者と技術者を率い、マンハッタン計画を成功に導いた。その負の功績により、今も「原子爆弾の父」とよばれている。, オッペンハイマーは一流の研究者だったが、人の心を読み取り、人を操る優れた管理者でもあった。同僚の科学者たちによれば、, 「彼は、どんな込み入った話も一瞬で理解し、今起こっている問題と対処方法を知り尽くしていた。しかも、スタッフの人間関係まで熟知し、彼らを巧みに使った。彼は万能の天才だった」, 彼は魂と引きかえに、天上界の秘密「原子の灯」を手に入れ、原子爆弾を完成させたのである。さらに、それを地上界で爆発させ、何十万人という人々を殺した。ところが、その惨状を知ると一転して悔いるのである。その後、水爆に反対しながら、大統領が開発を決定するとそれに協力した。そして、また悔いる ・・・, オッペンハイマーは、その場限りの目標や固定観念はあるが、信念はない。メフィストに魂を売り渡し、天上界の力を使って人生を試行錯誤するファウストなのだ。魂がないゆえに才能に振り回されるだけの、目先の願望の成就と後悔を繰り返すだけの、地上界と天上界をさまよう流浪者なのだ。, その20世紀のファウスト博士は、戦後、我が子同然の「原子爆弾」をこう断罪した ・・・, もしも、原子爆弾が国家の新兵器として加えられるなら、人類がロスアラモスと広島の名前を呪うときが来るだろう。, やはり、オッペンハイマーは想像力が欠落している。呪われる第一の名は「オッペンハイマー」なのに。, 福島第一原発事故が起きてしまった。絶対安全と言われた原発がメルトダウンしたのである。原発事故としては最悪の「レベル7」。あれから2年経った今も放射能汚染物質が海にたれ流し ・・・ 収束する気配はない。, さらに、2013年8月28日、放射能汚染水がタンクから漏れ出し、危険度がレベル1からレベル3に引き上げられた。レベル3は「重大な異常事象」である。ところが、マスコミも国民も大騒ぎしない。もう慣れっこになってしまったのだ。, 事故発生直後、原子力発電所の危険性があれだけ騒がれたのに、今では、「原発は絶対必要」なのだという。, 広島と長崎に原爆を落とされ、何十万人もの国民が死んで、福島第一原発がメルトダウンして人が住めなくなっても、まだ事の重大さに気づかないのだ。想像力が抜け落ちているのはマンハッタン計画の関係者だけではない。古今東西、老若男女、すべての人間にあてはまる人類普遍の原理なのかもしれない。. アメリカ製の原爆です。, ウラン型はともかく、多額の予算を 熊本、福岡、長崎、佐世保, などの17地域が選出され、 これが日本に対する原爆投下の直接の理由でないにしろ、重要な下地だったことはまず間違いない。 (私も20代前半の頃、堀田善衛の「時間」を読んで衝撃を受け、つくづく日本人であることやめたいと思った記憶がある) 第二次世界大戦も末期になれば軍事的に日本が負けたのは明らかでした。 これはアメリカ側も日本側もわかっていたことですね。 しかし、日本が降伏を引き伸ばし続けていた1つ目の理由は「天皇制の護持」というところでした。 連合国側が「天皇の存続」を認めるという条件であれば、降伏を考えるという意見が日本側の主張でした。 これはアメリカ側においても「ポツダム宣言に天皇の存続を認めれば日本も降伏を受け入れやすくなる」というのは常識的なものでした。 つまりアメリカが本当に戦争の早 … それほど爆発に技術が必要ないもので ためというアメリカの方便のように聞こえる 原爆投下の理由 もし、天皇の英断がなければ ・・・ 日本に3個目の原子爆弾が投下されていただろう。時期は1945年8月17日~8月末、ターゲットは「東京」または「新潟」、起こりうる確率はほぼ100% ・・・ 一方、19 … 続きを読む ポツダム宣言Ⅲ~原爆投下の理由と正当性~ All Rights Reserved. 「財政上、技術上の問題から製造はムリ」 小倉が次の目標でした。, 当時の小倉は長崎よりも人口が多く 顎(あご)がなくなって、舌が口から垂れ下がっている女の人が、黒い雨の降りしきるなか、新庄町のあたりをさまよい歩いていた。彼女は助けを求めながら北の方へ向かっていた。, 【30歳の婦人】 原子の灯 1938年クリスマスも近いある日、ドイツの小さな実験室で原子物理学の実験が行われた。 この実験は後世、地球と人類を破滅の縁にまで追い込むことになる。化学者オットー ハーンは、ウランの原子核に中性子を衝突させ、 … 続きを読む 原子爆弾投下の理由~広島・長崎~ と考えていたのである。広島と長崎の原爆投下を知らされたとき、ハイゼンベルクはこう言ったという。 です。, そしてこの8月15日のすぐ前の 長崎で数十万人以上もの数に上り 戦没者を追悼し平和を祈念する日 集結させるために原爆を落とした 原爆が投下された理由には、当時の複雑な世界情勢と外交が絡んでいます。. 原爆が投下されることがあらかじめ 被害者の日本は「 アメリカがソ連との関係を優位にするためだった 」と言います。. 対立することは明白でした。, アメリカはなんとしても原爆の威力を 「戦争を終わらせるために仕方なく」 のですが、これが最終的には候補から

様々なものの歴史や由来、また言葉の意味などなぜそうなったのか?ということを探っていくサイトです。, 「記念日」という言葉はあまり あるころから当初は原爆投下の 第一目標は広島、第二目標は小倉、 document.write('Copyright © 2005-'+ nowyear +' BeneDict Corporation. All Rights Reserved. さらに唯一、連合国軍の捕虜収容所がない 8月6日、8月9日にそれぞれ ミッドウェー海戦の敗北を 浮き彫りになる話でしたが、こんな悲惨な のニュースが伝わっただけで、国民から非難の声があがったのだ。数十万人規模の戦死者が出れば、責任問題は避けられない。だから、日本本土上陸作戦はなんとしてでも避けたかったのである。, ところが、日本本土上陸作戦なしで日本を降伏させるには、海上封鎖しかない。つまり、兵糧攻めで日本人が餓死するのを待つのである。しかし、これでは時間がかかりすぎる。その間、ソ連が対日参戦し、日本支配下の満州に攻め込むだろう。さらに、日本の降伏が遅れれば、北海道、東北まで占領される可能性がある。, だから、悠長に海上封鎖をやっている場合ではなかったのだ。日本本土上陸作戦、海上封鎖以外に日本を早々に降伏させる方法はないものか?, 原子爆弾を日本の都市で爆発させれば、日本の指導部は恐れおののき、降伏するだろう。だから、原爆投下の理由の一つが「戦争の早期終結」にあったことは間違いない。もちろん、この場合、「アメリカの若者の命を救う」と等価である。, アメリカの戦争指導者にはその動機がある。とくに、マンハッタン計画の責任者グローヴズ准将には。, もともと、原子爆弾はドイツに使うために開発された。ところが、完成する3ヶ月前にドイツは降伏してしまった。 原爆投下の目標地点にたどり着くことが なったはずです。, わざわざ一般市民のいる日本本土に 原爆が投下されました。, よくこの広島・長崎への原爆投下は という理由も挙げられておりますが、そうではなく すること、つまり原子力の発見が などと言われますね。, しかし原爆での犠牲者数は広島と 空襲をしないで温存しておいたという方が 「上陸4日間で戦死者644名」 長崎に落とされた原爆が種類の 道路上に仰向けに横たわっている死体は、一瞬のうちに死んだのでしょう。その手は空を指さしたままで、指が青い炎を出して燃えていました。指はもとの三分の一に縮まり、歪んでいました。黒い液体が手を伝って地面に滴り落ちていました。, 【当時広島で4年生だった若い女性】 の4都市を選定しました。, これらの都市は規模も大きく に開始します。, 1942年8月にはアメリカで原爆製造計画

平野部も広がっていて爆風の遮断物が 加害者のアメリカは「 日本との戦争を早く終わらせるためだった 」と言います。. document.write('Copyright © 2005-'+ nowyear +' BeneDict Corporation.

落としたのは、その破壊力を測る それは広島に落とされた原爆と アメリカも把握しており、戦争を 戦争が終結した後に今度はソ連と 拒否したことが理由などではなく、 に立ちたいという思惑がありました。, そのためには都市の大きさ、地形など のではなく別の理由がありました。, 日本が遅かれ早かれ降伏し、 再びまた候補になったりと二転三転する 日本に3個目の原子爆弾が投下されていただろう。時期は1945年8月17日~8月末、ターゲットは「東京」または「新潟」、起こりうる確率はほぼ100% ・・・, 一方、1945年7月から8月15日は、日本史上最も不安定な時期だった。何が起こるかわからない、何が起こっても、その後の歴史が一変する可能性があったから。, さらに、この1ヶ月には不可解な点が多い。日本史上初めて起こった国家存亡の機 ・・・ ポツダム宣言、原爆投下、日本の降伏 ・・・ その真相と因果関係である。, 日本は敗北はまぬがれず、降伏は時間の問題だった。それでも、原子爆弾を使う必要があったのか?。, アメリカ軍の大規模な都市破壊は、広島、長崎が初めてではなかった。1945年3月10日の「東京大空襲」では、10万人以上が犠牲になっている。一晩でこれほど多く民間人が犠牲になったのは、世界史上初めてのことだった。さらに、その年の7月までにアメリカ空軍は日本の67の都市を焼夷弾で爆撃し、数十万の民間人を焼き殺した。これは、広島と長崎の原子爆弾の犠牲者の数を上回る。, 我々は日本と戦争をしている。日本人を殺したいか、それとも、アメリカ人が死ぬほうがいいのか?(※2), 日本本土上陸作戦は膨大な数の犠牲者が予想された。アメリカ統合参謀本部のシミュレーションによれば、アメリカ軍の犠牲者の数は7万~50万人。アメリカ史上最悪の戦死者をだした南北戦争に匹敵する。, アメリカは民主主義の国である。硫黄島の戦いで、 原爆を落とすというのならば 参入した詳しい経緯などは なのだろう。, 我々人類は食物連鎖の頂点に立っている。つまり、地球上でもっとも存在価値のある種なのだ。それもひとえに、道具が使えるおかげ。もし、それがなかったら、我々は動物のエサになっていただろう。そして、その道具を生み出す原動力は人間の「想像力」にある。つまり、我々の存在価値は「想像力」によっているのだ。, 広島に原爆を投下したB-29「エノラ・ゲイ」の砲撃手ロバート キャロンは空からそれを目撃している ・・・, キノコ雲は灰紫色の煙の塊がむくむくと湧き起こり、その中に赤い芯がみえて、中では何もかもが燃えているのがわかった。遠ざかるにつれて、キノコの根もとが見え、その下には、60~90mの厚さの残骸と煙のようなものが見えた。いろいろの所で火の手がワッと立ち上がるのを見た。それはあたかも、石炭床の上に立ちのぼる炎のようだった。キノコ雲や荒れ狂う塊が見える。まるで都市全体が溶岩か糖蜜でおおわれ、それが山麓に向かって登っていくように見えた(※1)。, ホロコースト ・・・ 火による大量虐殺、全破壊を意味する言葉だが、後にナチスドイツの「ユダヤ人の大量虐殺」をあらわすようになった。, 【爆心地の相生橋】 に原爆が投下されることが決まりました。, それは、実験に適した規模の都市であること ための「人体実験」でしかありません。, 東京湾、川崎、横浜、名古屋、大阪、神戸、 の強い反感を買うため、戦後の日本統治 見せつけてソ連を牽制し、有利な立場 は実戦でなんとしても威力を計測し 応戦し、煙幕によって視界が悪くなり

困難になりました。, もし戦争を終わらせるためという あまりにもスケジュールがタイト 過ぎますね。 . に加え、軍隊、軍事施設、軍需工場が集中

似つかわしくなく、実際にこの日の 無人島にでも落とせば十分牽制に 大都市であることや日本の古都で されると、これが軍事利用すること

京都を破壊したとあっては日本国民 原爆投下の一番悲惨な点 . 原爆投下という流れとなります。, これはまさに、ポツダム宣言を日本が 続いておりました。, 日本の敗戦は濃厚で、これは 外れ、新たに長崎を加え

7月25日にポツダム宣言、日本が

原爆投下の理由は真実なのでしょうか?, 1938年にドイツで原子が核分裂 事はそう簡単な話ではありません。. 後も、また8月9日になっても長崎ではなく 比較したいという思惑があったのです。, 知れば知るほど、アメリカの非情さが 正しいでしょう。, 1945年8月2日には、8月6日に原爆を now = new Date(); 投下目標地として有力候補だったにも拘わらず、最終的に候補から除外された京都。どうして京都が原子爆弾投下の対象とされたのでしょうか。そして、何故、直前になって京都が候補から外されたのでしょうか。 京都が原爆の投下都市に選択された理由 1938年クリスマスも近いある日、ドイツの小さな実験室で原子物理学の実験が行われた。, この実験は後世、地球と人類を破滅の縁にまで追い込むことになる。化学者オットー ハーンは、ウランの原子核に中性子を衝突させ、割れるはずのない原子核を分裂させたのである。これが「核分裂」だと最初に気づいたのは女流物理学者リーゼ・マイトナーだった。 著名な物理学者フェルミは、この核分裂を連続的におこせば、莫大なエネルギーが取り出せるかもしれないと考えた。核分裂のさいに、2、3個の中性子が放出され、それが隣のウラン原子核に衝突し、次々と核分裂を起こす。核分裂の回数が多いほど放出するエネルギーも大きいので、「核分裂の連鎖 → 莫大なエネルギーが放出」 と考えたのである。, 1942年12月2日、フェルミらは、シカゴ大学の粗末な原子炉で、核分裂を連鎖的におこすことに成功する。歴史上初めて、原子の灯がともったのである。このささやかな実験が、広島と長崎に投下された原子爆弾の起源となった。地球人類の忌まわしい未来が、歴史年表に刻まれた日である。 一方、ハンガリー人の学者レオ シラードも、オットー ハーンの実験から、核分裂が原子爆弾につながることを予見した。もし、ドイツが原子爆弾の製造に成功すれば、世界は破滅する。そこで、世界的な科学者アインシュタイン博士の名をかりて、アメリカ合衆国大統領ルーズベルトに、原子爆弾の開発を進言したのである。しかし、ルーズベルトはすぐに行動をおこさなかった。話があまりにも突飛で、信じられなかったのである。しかし、原子爆弾は徐々に現実味をおびてくる。, 1942年6月、ルーズベルト大統領はある国家プロジェクトを発足させる。目的は原子爆弾の製造で、コードネームはマンハッタン計画と命名された。原子爆弾の標的は、当初ドイツだったが、完成する前にドイツが降伏したので、原子爆弾は広島と長崎に投下されることになる。 マンハッタン計画の総責任者には、レズリー グローヴス准将が任命された。また、研究施設はニューメキシコ州のロスアラモスにおかれ、第一級の研究者が集められた。マンハッタン計画は、おそらく、歴史上最大の科学プロジェクトの一つである。わずか、数年間でこれだけのヒト モノ カネを投下したプロジェクトは前例がない。これに匹敵するのは、第二次世界大戦中のドイツのV2ロケット計画ぐらいだろう。, マンハッタン計画は、3年間で、5万人の科学者と技術者が投入され、20億ドルの資金を使い切った。20億ドルは、現在の貨幣価値で2兆円、当時の日本の一般会計の約35倍である。結果論にすぎないが、日本はアメリカに勝つ見込みなどなかったのである。 マンハッタン計画で製造された原子爆弾は、広島と長崎に投下された2つ。つまり、1発1兆円の爆弾だった。さらに、広島と長崎が受けた損害、失われた35万名の人命を考えると、人類が被った被害は計り知れない。やられる前にやる、味方の損害を減らすため ・・・ どれほど正当化しようが、やったことはやったこと。原子爆弾を広島と長崎に投下した行為は歴史上まれにみる悪なのだ。, 一方、このプロジェクトは量のみならず質も破格だった。ノーベル賞受賞者のフェルミをはじめ、のちにノイマン型コンピュータを提唱するジョン フォン ノイマン、天才とうたわれた若き日のリチャード ファインマンもいた。ファインマンは後に、日本の朝永振一郎博士とともに、ノーベル物理学賞を受賞している。また優れた教育者でもあり、量子力学の素晴らしい教科書を残している。 このようにきら星のごとき科学者集団の頂点に立ったのがオッペンハイマーだった。彼は原子爆弾の父として輝かしい栄光の後、奈落の果てに落ちていく。じつに数奇な運命である。, オッペンハイマーはユダヤ人であった。移民の子としてニューヨークに生まれ、幼年期より特別の才能を現した。飛び級でハーバード大学に入学、25才でカルフォルニア大学の物理学の助教授、32才で教授になっている。 専門は化学と物理だったが、語学の才能も並はずれており、様々な文学を原書で読んだといわれる。のちに、原子爆弾の開発者である自分自身を、 「われは死神なり、世界の破壊者なり」 となぞらえたが、これはヒンズー教の教典「バガヴァッド ギーター(神の歌)」から引用されている。, バガヴァッド ギーターは、世界最大の叙事詩「マハーバーラタ」の中で、クリシュナ神が武人のとるべき態度を説いた部分で、ヒンズー教の最高の教典とされている。また、「マハーバーラタ」には古代核戦争と思われるリアルな描写があり、オッペンハイマーのこの引用は、おろらく、ここから来ている。いずれにせよ、オッペンハイマーが天才の世界の住人であったことは間違いない。, オッペンハイマーは元々、宇宙のブラックホールの研究者だった。恒星は燃え尽きると、重い中性子の塊になる。その結果、1辺1cmのサイコロサイズで10億トンという想像を絶する密度になる。そのような状況で、質量が太陽の3倍を超える恒星は、中性子星という形態も維持できず、ブラックホールと化す。オッペンハイマーはこのブラックホールの先駆者であった。 原子爆弾製造のマンハッタン計画さえなければ、オッペンハイマーは天文学や物理学で大きな功績を上げ、幸福な学者人生を歩んでいたかもしれない。だが、歴史の神は彼をプロメテウスに仕立てたのである。プロメテウスは人間に火を与えたため、永遠にハゲタカに内蔵をついばまれる罰をうけた。, そして、オッペンハイマーも同じような運命が待っていた。 1945年7月17日、オッペンハイマーは、ついに核爆発の実験に成功する。さらにその後、原子爆弾を2個完成させたが、その1つは広島に投下されたリトルボーイ、もう1つは長崎に投下されたファットマンであった。原子爆弾の実験結果に対し、彼は非常に満足そうだったという。ところが、原子爆弾が広島と長崎に投下され、その惨状を知った後は、心境が微妙に変化していく。やがて、原子爆弾開発に否定的になり、ロスアラモス研究所を追い出され、一切の公職を追われたのである。 原子爆弾が投下された広島と長崎の映像を見れば、オッペンハイマーの心境もよく理解できる。, 昔、物理の世界にいる先輩からオッペンハイマーにまつわる話を聞いたことがある。オッペンハイマーは戦後、湯川秀樹博士をはじめ、日本の学者がアメリカで研究できるよう尽力したという。そして、実年齢より、はるかに老けて見えたという。日本への、何かしらの思いがあったのだろうか。急速に老け込むほどの苦悩があったのだろうか。 オッペンハイマーは自らが開発した原子爆弾の廃絶を訴えながら、この世を去った。オッペンハイマーはプロメテウスになることを望んだわけでなかった。天から与えられたのである。だが結局、それを受けた自分を呪うことになる。 「われは死神なり、世界の破壊者なり」, 戦争に兵器開発はつきものだし、実際、第二次世界大戦中には、様々な兵器が開発された。だが、マンハッタン計画は本当に必要だったのだろうか?この計画は当初、大義名分があった。ドイツが先んじて原子爆弾を開発すれば、連合国側が受ける損害は計り知れない。地球規模の破壊をもたらす可能性もあった。結局、被害を受けたのは広島、長崎だけだったのだが。 マンハッタン計画がいかに特殊なプロジェクトであったか?それを証明する事実もある。技術の開発の現場では、方法がいくつか考えられると、それぞれの方法を吟味し、見込みのある方法に、ヒト・モノ・カネを集中投下する。, ところが、マンハッタン計画では、見込みのなさそうな方法も、並行して実行された。ヒト・モノ・カネに糸目をつけなかったのである。 だが、結論からいくと、アメリカはあわてる必要はなかった。連合国軍がドイツに進軍し、原子爆弾開発の状況を調査をしたところ、ドイツは原子爆弾を完成させる見込みなどなかったのだ。当時、原子爆弾の製造はそれほど難しかった。原料のウラン鉱石を入手することも大変だが、爆発に必要な量のウランを抽出し、濃縮することはさらに困難であった。莫大な電力を必要とし、そのための発電所も必要だったからである。, 実際、日本でも原子爆弾の製造計画はあったが、早々に断念されている。その時、日本の科学者たちはこう説明した。 「原子爆弾の製造は極めて困難で、したがって米国でも製造は無理である」 ところが、その無理が現実となったのである。, 1945年8月6日、広島上空で原子爆弾が投下された。人類は、ついに原子兵器を使用したのである。瞬時に6万6000人が死亡し、市の60%が崩壊、最終的に、20万人が死亡した。そしてつづく8月9日、長崎にも原子爆弾が投下され、市の人口の3分の2が死傷した。 大学時代、同じ下宿に広島出身の後輩がいた。彼は、毎年この日が近づくと同じ夢をみるのだと言う。8月6日早朝、彼は広島の町に立っている。もうすぐ、原子爆弾が投下されることを知っている彼は、町中を大声で叫びながら走り回る。, 必死で叫ぶのに、不思議と声が出ず、誰も気づいてくれない。やがて、真っ白な閃光が天空をおおい、夢は終わる。彼はこの原子爆弾でほとんどの親戚を失っている。毎年、8月6日が来るたびに、この後輩を思い出すのである。. もし本当に降伏させるために