則本昂大がドラフト1位じゃなかった理由… ところで則本選手ってこんなにすごい選手なのにドラフト1位じゃなかったんですよね…。 まーくんのwbc出場の関係もありましたが、1年目のルーキーイヤーから開幕投手に抜擢された投手ですよ! ところで則本選手って、今じゃ楽天のエースであり、日本代表でも主力投手として投げる投手なのに、ドラフト時は2位指名でした…。 嫁との馴れ初めがめっちゃロランチックだったようですよ!しかも、めっちゃべっぴんさんなんですって! 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手は現在とても活躍している野球選手の一人です。 その昂大選手には実は弟がいて2018年ドラフト会議で楽天に入団しました。 昂大選手の弟は一度就職していますが、なぜドラフト指名を目指 楽天は13日、敵地でのロッテ戦に3-4で逆転サヨナラ負けした。今季ロッテから加入した鈴木大地が初回、4号ソロで先制すると、2回には足を絡めた攻撃で2点を追加。主導権を握ったかに見えたが、先発の則本昂大が7回2失点で降板すると、8回に2番手・牧田和久が同点に追いつかれた。 日本野球機構(NPB)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 則本昂大投手の弟の則本佳樹さんのドラフトが注目されます。ドラフトで入団ということになるのでしょうか。則本昂大投手の弟の則本佳樹さんは彼女と結婚しているのかも気になるところです。則本昂大投手は弟の則本佳樹の大学の学費を支払っていたという話もあります。 そこにはあまり知られていない真実があったようなんです…。 では、早速いってみましょう!. 楽天は13日、敵地でのロッテ戦に3-4で逆転サヨナラ負けした。今季ロッテから加入した鈴木大地が初回、4号ソロで先制すると、2回には足を絡めた攻撃で2点を追加。主導権を握ったかに見えたが、先発の則本昂大が7回2失点で降板すると、8回に2番手・牧田和久が同点に追いつかれた。9回は守護神ブセニッツで零封を狙ったが、1死一塁から井上晴哉にサヨナラ二塁打をセンターに運ばれて黒星。2位ロッテとのゲーム差は「6」に広がった。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, 「則本投手に久しぶりの勝ち星をつけてあげたかったですね」と語るのは、元阪神・楽天でメジャーでも活躍した藪恵壹氏だ。藪氏はこの日の則本のピッチングは「さすがでした」と振り返る。, 「ロッテは則本対策ということで、1番から6番までに左打者を5人起用しました。それでも、やはり今のロッテ打線は1軍半。1巡目は則本投手が完全に主導権を握っていましたね」, 新型コロナウイルス感染のため主力選手が大量離脱したロッテは、2軍から急遽、若手選手を呼び寄せた。2018年ドラフト1位の藤原恭大外野手、昨年ドラフト3位の高部瑛斗外野手ら期待に応える打者も多いが、そこは「経験豊富な則本投手の方が何枚も上手でした」と藪氏。藤原、高部に対しても内角を意識づけた後で、外角へ落ちるように逃げる球でバットを振らせた。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 Contents 則本昂大は東北楽天イーグルスの投手。身長体重や年齢は?則本昂大はドラフト1位指名ではなく2位指名で楽天に入団。則本昂大の弟イケメン佳樹の年齢や出身高校大学、画像は?則本昂大の弟佳樹が就職後もドラフト指名を目指した理由とは? 2018年のNPB育成ドラフト会議2巡目で、東北楽天ゴールデンイーグルスから指名。支度金200万円、年俸250万円(金額は推定)という条件で育成選手として入団するとともに、支配下登録選手として2013年から所属している兄の昂大と [2] こんにちは、楽天イーグルスのエース則本昂大投手は、入団初年度から開幕投手を務めてきました。2020年シーズンも開幕投手としてチームに勢いを与えてくれることでしょう。今回は過去5回の開幕投手を務めた則本昂大投手の開幕投手としての成績を確認して Copyright (C) 2020 net〜甲子園。 〜青春の続き〜 All Rights Reserved. そんなことも今回はお伝えしていきますね! こんにちは、楽天イーグルスのエース則本昂大投手は、入団初年度から開幕投手を務めてきました。2020年シーズンも開幕投手としてチームに勢いを与えてくれることでしょう。今回は過去5回の開幕投手を務めた則本昂大投手の開幕投手としての成績を確認して 今や楽天のエースとなった則本昂大選手。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. ★楽天をはじめ、様々なネットショッピングをする前に、こちらのサイトを経由するだけでポイントがジャンジャン貯まります♪. 則本 佳樹(のりもと よしき、1994年5月14日 - )は、滋賀県犬上郡多賀町出身[2]のプロ野球選手(投手・育成選手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。実兄は同じく東北楽天ゴールデンイーグルス投手の則本昂大。, 多賀町立大滝小学校3年時に、「多賀少年野球クラブ」で野球を始める[2]。滋賀県立北大津高等学校3年時の夏には、第94回全国高等学校野球選手権全国大会に出場。滝川第二高校との初戦で先発したが、チームは敗退した。2年先輩に西野颯、同級生に北條葵己がいる。, 高校卒業後に進学した近畿大学では、右肘を痛めた末に手術。関西学生野球のリーグ戦では、4年春の対関西大学戦で1イニングを投げただけにとどまった[2]。4年時のエースは同期の畠世周で、在学中に硬式野球部の寮の一室で同居していた[3]。, 大学卒業後のNPB入りを目標に、大学4年時の2016年には、同年5月に創設されたばかりの山岸運送グループ硬式野球部(山岸ロジスターズ)のセレクションを受験。大学卒業後の2017年に山岸運送(静岡県島田市に本社がある運送会社)へ入社すると、後述する社業と並行しながら、山岸ロジスターズの第1期生としてプレーを続けた[4]。チームが2017年6月19日付で日本野球連盟からクラブチーム (社会人野球)としての登録を認められてからは、主に中継ぎ要員として対外試合に登板[5]。2年目の2018年には、チームが初めて参加した第89回都市対抗野球大会の東海予選で、先発投手として1試合、救援投手として2試合に登板した。チームは第3代表決定ゾーンの敗者復活1回戦で敗退した[6]が、則本は初戦(1次予選の対静岡硬式野球倶楽部戦)に先発すると、7回4失点という内容ながらチームの初戦突破(7回コールドゲームによる勝利)へ貢献した[7]。, 2018年のNPB育成ドラフト会議2巡目で、東北楽天ゴールデンイーグルスから指名。支度金200万円、年俸250万円(金額は推定)という条件で育成選手として入団するとともに、支配下登録選手として2013年から所属している兄の昂大とチームメイトになった[2]。背番号は136。山岸ロジスターズの選手が(NPBを含む)プロ野球の球団と契約したことや、実の兄弟が現役選手として同じ時期に楽天球団へ所属することは、いずれも初めての事例である。, 兄、昂大と同じ右投手だが、投球フォームはスリークォーター[8]で、ストレートの球速は最速で145km/hにとどまる[2]。大学時代に右肘の手術を受けたため、山岸ロジスターズ時代からは、変化球のキレやストレートの質で勝負することを心掛けているという[4]。そのため、楽天への入団時点では、先輩投手の岸孝之を目標に挙げている[5]。50M走6秒3、遠投100M[3]。, 名前(佳樹)の読み方(よしき)が同じ縁で、好きな芸能人はYOSHIKI(X JAPANのドラマー)。佳樹自身も、小学生時代に一時、ドラムの叩き方を習っていた。その一方で、実父が実家の庭先に造ったブルペンで、当時から昂大と共に投球練習へ励んでいた[3]。, 滋賀県立八幡商業高校のOBで性格が冷静な昂大と違って、行動派で、プライドが高いことを自認。小学生時代に昂大と一緒に所属していた「多賀少年野球クラブ」[9]の監督からの影響で、「雑草のごとく」という言葉を座右の銘に挙げている。昂大と同じ滋賀県立の高校ながら北大津高校へ進学した理由も「兄(昂大)の母校を倒したい」とのことで、昂大が高校時代に立てなかった阪神甲子園球場のマウンドを3年夏の選手権全国大会で踏んだ時には、「『兄を超えた』と思った」という[3]。, 高校3年時の2012年には、卒業後の進学を志望していたが、家庭の事情で厳しい状況にあった。しかし、当時三重中京大学の4年生だった昂大が、この年のNPBドラフト会議2巡目で楽天からの指名を受けて入団。その際に受け取った契約金(推定1億円)の一部を学費に充てることによって、翌2013年に近畿大学への進学に至った。なお三重中京大学は昂大の卒業年(2013年12月)で閉学している。, 山岸ロジスターズ時代には、山岸運送のYMワークス・ボディプリンター事業部に勤務。同社が運用するトラックの走行中の見栄えを良くする目的で、トラックの両側面を彩るボディプリント(ラッピング)のデザインや、ラッピングを施したトラックの写真撮影を主に手掛けていた[3]。, 2018年のNPB育成ドラフト会議で楽天から指名を受けた直後には、投手出身の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)が、「お兄ちゃん(昂大)が一流の野球選手だけに、『(昂大から)何かヒントを与えてもらうことで、(指名の時点より)もう一つ上のレベルにいけるんじゃないかな』と思ったから指名した」とのコメントを残した[9]。実際には、石井がGMへ就任する同年9月以前からスカウトを務めている山田潤が、佳樹を大学時代から視察[4]。ドラフト指名への検討資料に当たる調査書を山岸ロジスターズへ送付した球団も、楽天だけだった[3]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=則本佳樹&oldid=79408645.