宇宙…キター!! つまり本編上でマコトに倒されても何度も襲ってきたもう一人のマコトは同一人物ではなく全て別人であり、執拗に「俺は深海マコトだ!」と言っていたのは自分の出生を知っていた故の自己暗示であったものだと思われる。 ID: zT0vY3XRU6, 2020/09/27(日) 23:30:47 だが、完璧な生命体を生み出そうとしているダントンにとって1度死んでしまった彼女は不完全な存在であり、ダントンによって処刑されそうになるが西園寺によって事なきを得る。, 自らの出生を知ったカノンだったが、深く受け止めたマコトと違い「私は人間、そう思っているから」とポジティブに受け止めていた。, その後は小説『仮面ライダーゴースト ~未来への記憶~』にて昏睡状態のタケルと仲間の前でアランに公開プロポーズをされ、その場で結婚しアランの妻となった。 ID: YWJ3qBrMBo, 2020/09/22(火) 18:36:15 『仮面ライダーゴースト』第50話 アラン、マコト、カノン、タケル 出典:仮面ライダーゴースト 第50話より 無事生き返ることが出来たタケルの2回目の誕生日を祝う会。 3人は眼魔界を人間界のようにする為に向こうへ行くことを告げる。 ガンマイザーが生み出したマコトのコピーなのではないかと推測していたが、その正体は上記の通りマコト(リヨン)を作る際に大量に制作された人造人間のうちの1人。深海マコトと言う存在をコピーしたのではなく、彼と言う存在を求める中で共に生み出された、謂わば兄弟。 眼魂及びスーツはムゲン魂の改造であるため全体的によく似ており、言わばスペクター版ムゲン魂と言える。, ゴーストのムゲン魂と違い、こちらは人の罪の意識を力に変える能力を持っており、七つの大罪それぞれに由来する技が全て揃っている。 この技はVシネマの中で全て実際に披露されており、中には本編未登場のまま終わった技が基となったものも存在する。, 必殺技は、六枚の青い翼を生やしながら空高く上昇し、真下に急降下キックを放つ「デッドリーオメガドライブ」。, ネクロムゴースト眼魂を無理やり使用されて変身した悪のスペクター。 ゴースト・スペクター両名がいつものレジェンドライダー眼魂を手にする物語であり、因縁の怪人がそれぞれ声のみながらオリジナルキャストで出演する。全7章であり、完結編は2016年4月29日発売の「DX仮面ライダー45ゴーストアイコン&伝説!ライダーの魂!DVDセット」に付属するDVDに収録される。 ID: FMMjmvHeu0, 2020/10/28(水) 18:26:13 『小説 仮面ライダーゴースト』 カノンへの想いを募らせていたが、自分たち家族の不和が理由で告白することを躊躇していた。 タケルへ相談しプロポーズすることを決め、タケルの病室でカノンにプロポーズし、身内だけでの仮の結婚式を開いた。 ID: zT0vY3XRU6, 2020/09/23(水) 01:13:45 // ]]>, 番組の意図は わからないが、とりあえずユルセンキャラも登場させておこう…というだけのことなのでしよう。, アランとマコト兄ちゃん、カノンちゃんは眼魔界へ帰る。アランはタコ焼き器を持って行く。, 少年を追いかけていたアヤシイライダーにそっくり。しかしそれは黒だった。タケルはデッサン画をアランに見せてもらっていたので、同じだと思ったのだ。, 少年は、未来でタケルのことを聞きつけ来た…様子。安心、納得したように帰って行った。, こういう、わけわからんの筆者は好きじゃないわ。とりあえずでも、理由つけて欲しいです。, そりゃそうだわ。一応 仙人?? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 当初はマコトはフーディーニゴーストに認められておらず眼魂を起動することができなかったが、 ID: Ghs0f1FZGw, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』心に炎を灯して…主題歌「炎」から紐解く炎柱・煉獄杏寿郎の魅力とは?, 『サンモニ』関口宏「アメリカの話題はカラッとして、日本の問題はジメっとする」トランプ氏の主張には触れず?, 友達と一緒に食べたおいしいおやつ、一人で食べるとなんか違う…… 4歳の女の子の「かわいい大発見」を描いた漫画. 前回49話でタケルは 生き返ることが出来た。今回は特別編と題して、その後日を描いきつつ、謎の少年が黒いアヤシイ仮面ライダーに追われる…という、次回作『仮面ライダーエグゼイド』の紹介として、仮面ライダーエグゼイドと共に仮面ライダーゴーストが戦う。, //