[10][11] National team participation in other competitions is governed by the Korea Baseball Association. 野球関連のまとめサイトです。2020サンズに期待! トップページ; 当ブログについて; おすすめスレ; なんJアンテナ; オリックス、KBO二冠王のメル・ロハスJrを調査. 2001年在多个历法中的表示 公历 2001 MMI 罗马建城纪年 2754 亞美尼亞曆 1450 ԹՎ ՌՆԾ 亞述曆 6751 巴哈伊曆法 157年-158年 巴厘島薩卡曆 1922年-1923年 孟加拉曆 1408 柏柏爾曆 2951 英国即位纪元 49 Eliz. [6][7][8][9], The KBO is a member of the International Baseball Federation (IBAF), and is responsible for the national baseball team for the World Baseball Classic and Asia Series. For the top flight league, see, Logo of Korea Baseball Organization (KBO), For the KBO League All-Star Game MVP, go to, ÇŃąš ĂÖ°íŔÇ ˝şĆ÷Ă÷ żŁĹÍĹ×ŔθŐĆŽ ŔüšŽ šĚľđžî OSEN, http://www.baseball.coachesvideolibrary.com/news.php?action=view&news_id=201, Japan Defeats Korea, Setting Semifinal Games, "Korea release 24-man Olympic Qualifier Roster | Olympic Baseball Blog", Category:Korea Baseball Organization Awards, Chinese Professional Baseball League MVP of the Year Award, Nippon Professional Baseball Most Valuable Player Award, Chinese Professional Baseball League Rookie of the Year Award, Nippon Professional Baseball Rookie of the Year Award, All-American Girls Professional Baseball League, https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Korea_Baseball_Organization&oldid=963850166, Articles with Korean-language sources (ko), Creative Commons Attribution-ShareAlike License. メル・ロハス・ジュニア(Mel Rojas Jr., 1990年 5月24日 - )は、アメリカ合衆国 インディアナ州 インディアナポリス出身のプロ野球選手(外野手)。 右投両打。KBOリーグのKTウィズ所属。 実父は、モントリオール・エクスポズなどに在籍した元メジャーリーグ投手のメル・ロハス。 2佛曆 2545 緬曆 1363 拜占庭曆 7509 ホセ・マヨバネクス・フェルナンデス・ロハス(José Mayobanex Fernández Rojas, 1974年 11月2日 - )は、ドミニカ共和国 ラ・ベガ州 コンセプシオン・デ・ラ・ベガ出身の元プロ野球選手(内野手)。右 … 韓国プロ野球で今季43本塁打を放ったスラッガーが、メジャーリーグ復帰を目指していると、米メディアが伝えている。韓国のKTウィズでプレーしていた元ブレーブス傘下のメル・ロハスJr.外野手。2017年途中にKTウィズに移籍し、2年目を迎えた今季は打率.305、リーグ2位タイの43本塁打、同じく7位タイの114打点をマークした。, 【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト, この日、米メディア「ジ・アスレチック」のコラムニストであるケン・ローゼンタール氏は自身のツイッターで「メル・ロハスJr.は今シーズンKBOで43本塁打、OPS.980を記録し、MLBでプレーする場を求めている」と速報。スイッチヒッターで外野の3ポジションをこなす28歳が米球界復帰を模索していることを伝えた。, 米球界から韓国球界を経て、再び米球界へと“逆輸入”され、花開いた選手として、ブルワーズのエリック・テームズ外野手の名が挙がる。テームズはアストロズから自由契約となり、2014年から韓国のNCダイノスに在籍。2年連続で40本塁打を放つなど3年間で124本塁打を打ち、2017年にブルワーズに入団。いきなり31本塁打を放った。, ロハスJr.が“第2のテームズ”となり得るとして、ローゼンタール氏もテームズの韓国時代の成績を「エリック・テームズの韓国最終年の成績:40本塁打、OPSは1.106」と紹介。メル・ロハスJr.は米球界復帰の望みを叶えることができるだろうか。, NPB打率.113の元DeNAロマック、韓国で驚異の活躍 今季43発で母国“MVP”に, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 2 – 50 Eliz. 韓国プロ野球情報サイト。室井昌也運営。観戦ガイド・選手名鑑の著者。WBC情報、韓国プロ野球応援 当サイト内の文章・写真等は付記のあるもの、球団・選手等に所有権があるものを除き、 著作権は当サイト運営者に帰属します。 The Korea Baseball Organization (KBO; Korean: 한국야구위원회) is the governing body for the professional leagues of baseball in South Korea. 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. This page was last edited on 22 June 2020, at 04:46. KTのロハスは、今年プロ野球で最も活躍している打者だ。韓国舞台で4年目を迎えるロハスは、9日までOPS(出塁率+長打率)1.131、19本塁打、52打点で、この3部門で1位を走っている。しかし、これ… Managing the KBO League and KBO Futures League, and governing the professional national team. The KBO was founded in 1981 and has governed two leagues: the KBO League (Korean: KBO 리그) and KBO Futures League (Korean: KBO 퓨처스리그 (farm league) since 1982. 2020年11月10日01時30分 オリックス | TB(0) | CM(0) 1 風吹けば名無し 2020/11/09(月) 06:13:28.32 ID:TZDLrQAV0.net オリックスが新外国人として韓国… [1][2][3][4][5] It is one of two major baseball governing bodies; the other is the Korea Baseball Association (Korean: 대한야구협회), which is the governing body for amateur baseball competitions.

[12], Governing body for professional baseball in South Korea, This article is about the governing organization. 韓国プロ野球で今季43本塁打を放ったスラッガーが、メジャーリーグ復帰を目指していると、米メディアが伝えている。韓国のktウィズでプレーしていた元ブレーブス傘下のメル・ロハスjr.外野手。2017年途中にktウィズに移籍し、2年目を迎えた今季は打率 ホセ・マヨバネクス・フェルナンデス・ロハス(José Mayobanex Fernández Rojas, 1974年11月2日 - )は、ドミニカ共和国ラ・ベガ州コンセプシオン・デ・ラ・ベガ出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。, エバンジェリスコ工業高校を卒業後、マドレ・イ・マエストラカトリック大学に入学。1993年にモントリオール・エクスポズと契約。以降5年間はマイナーリーグでプレーし、1999年からエクスポズ傘下のAAA級オタワ・リンクスで三塁手としてレギュラー出場した。, 1999年7月に怪我で離脱したマイケル・バレットに代わってメジャー初出場。同年は8試合にメジャー出場し、メジャー初安打も記録。2000年のメジャー出場は無かったが、2001年にはアナハイム・エンゼルス傘下のAAA級ソルトレイク・スティンガーズで打率.338・30本塁打・114打点を記録。2年ぶりのメジャー出場を果たし、13試合に出場したが目立った成績は残せなかった。, 2002年、SKワイバーンズに入団し、打率.281・45本塁打・107打点を記録した。韓国では現地の発音からペルナンデスと呼ばれた。この年の本塁打数(45)は2015年ヤマイコ・ナバーロに抜かれるまで、1999年のダン・ローマイヤー(ハンファ・イーグルス)と並ぶ韓国プロ野球の外国人シーズン本塁打数タイ記録であった。オフに年俸契約で交渉が決裂し、SKを退団。SK退団後はメジャー復帰を目指してピッツバーグ・パイレーツのスプリングトレーニングに参加した。, 2003年シーズン開幕直後の3月24日、千葉ロッテマリーンズに入団。これは春季キャンプイン当初「4番・セカンド」での出場を予定していたものの、2月19日に「野球に対する情熱がなくなった」として退団したロバート・ローズの代役として、当時監督業に加えてスカウト活動も行っていた山本功児が獲得したというものだった[1]。背番号は「42」に決まった。, 2003年は4月中旬よりクリーンナップに定着し、シーズンを通して126試合に出場。打率.303・32本塁打・100打点・OPS.947を記録。来日1年目ながら日本の野球に適応し、3割30本100打点をクリアする好成績を残した。しかし、この年限りで退任した山本監督に代わって翌シーズンの監督に就任することとなったボビー・バレンタイン新監督からの構想から外れ[1](「守備が疑問。指名打者だけなら構想には入れない」とのこと)、さらにはこの年韓国で56本塁打を放った李承燁を獲得したという事情もあり、オフの11月28日に自由契約となる[2], 2003年12月29日に西武ライオンズへ入団。背番号は伊東勤の「何でも1番になってほしい」という願いから1に決定した[3]。前年を上回る132試合に出場し、打率.285・33本塁打・94打点・OPS.887を記録。プレーオフでは全8試合で満塁本塁打1本を含む4本塁打を放ち、チームの2年ぶりのリーグ優勝に貢献。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは打率.310・1本塁打・6打点・OPS.858の成績を残し、チームは12年ぶりの日本一に返り咲いた。, 2005年は復帰したカブレラが4番の座を守り、同じ三塁手の中村剛也や石井義人の活躍もあり指名打者での出場が多かった。来日以来最少の120試合の出場ながら、打率.293・26本塁打・OPS.911を記録したが、オフの12月2日に自由契約となった。, 2005年12月13日に東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。背番号はロッテ時代と同じ「42」に決まった。, 2006年は開幕からほぼ年間を通じて4番に座り、交流戦では35試合で打率.331・12本塁打・37打点・OPS1.089を記録し、最終的には打率.302・28本塁打・88打点・OPS.911を残した。パシフィック・リーグ三塁手部門にてベストナインを受賞。球団創設以来初の個人タイトルを獲得した。オフに背番号を「17」に変更。「ドミニカ・アメリカでも付けたことがある番号だったので、特別な思い入れがあった」とのこと。, 2007年4月1日の対オリックス・バファローズ戦(フルキャストスタジアム宮城)では、3回裏に1イニング2本の満塁本塁打が出たが、1本をフェルナンデスが打った(もう1本は山﨑武司)。しかし、前半戦で打率.250を下回り、夏場でも一向に調子が上がらず、自身も「人生最大のスランプ」と漏らす程の低空飛行が続いた。オールスター明け以降は11本塁打・43打点と復調し、8月は打率.279・6本塁打・21打点の成績で月間MVPを獲得。8月以降は打率.350を残した。5年連続20本塁打を記録したが、打率.270・22本塁打・79打点に終わった。守備面では、一塁手・三塁手として12失策ずつを記録。一塁手と三塁手の両部門で同時に失策数リーグ最多になるという珍記録を喫した。, 2008年は7月に本塁打を1本も打てないなど、最終的には本塁打こそ18本にとどまったが、打率.301・99打点、OPS.843の成績を残した。しかしシーズン終了後、打撃はもちろん守備も定評のある中村紀洋のFAによる楽天入団が決定、自身の失策数が多くこれがネックとなり、12月1日に自由契約となった。オフにオリックス・バファローズや阪神タイガースが獲得に興味を示したが、年内は契約がまとまらなかった。, 2009年1月15日にオリックス・バファローズと契約。背番号は「3」に決まった。開幕前に右足指を骨折するが、開幕からレギュラーを任される。他に故障者が続出した事情もあって、カブレラとローズが共に戦線離脱した間は4番を任された事もあったが、一向に調子が上向かなかった。9月13日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では、7回裏に後藤武敏の打球を顔面に受けて左頬骨を骨折。全治約3ヵ月の重傷で戦線離脱した。117試合に出場して打率.261・15本塁打・47打点・OPS.740と不振に終わり、11月17日にライアン・ボーグルソンと共に退団した。, 2010年はメキシカンリーグのキンタナロー・タイガースでプレーしていたが、離脱している中村剛也に代わる右の長距離砲を探していた西武が、6月25日に獲得を発表した。西武へは5年ぶりの復帰となり、日本野球界で8年目を迎えた。背番号は「52」に決まった[4][5]。途中入団のため、57試合の出場に留まったが、9月7日には通算1000本安打を達成するなど、打率.339・11本塁打・45打点の成績を収めた他、三振は僅か26個だった。, 2011年6月6日に出場登録日数が8年に達し、国内FA権を取得。それに伴い翌年から日本人選手扱いとなる。シーズン前半は不振に陥ったが、最終的には142試合に出場し、打率.259・17本塁打・81打点の成績を残した。ベストナイン(指名打者部門)にも選ばれたが、シーズン終了後の契約交渉が決裂し、12月2日付けで自由契約となった。, 2011年12月11日に楽天と契約したことが発表された。楽天へは4年ぶりの復帰となった[6]。背番号はオリックス時代と同じ「3」に決まった。, 2012年の開幕戦は5番・一塁手だったが2つの失策を犯してしまう。ほぼフルシーズン一軍に帯同したものの、打率.243・3本塁打・51打点と来日以来最低のシーズンとなった。一方で得点圏打率はチームメイトの聖澤諒に次ぐ、リーグ2位の.345を記録した。11月21日に自由契約公示された[7]。, 2013年はメキシカンリーグに復帰し、モンクローバ・スティーラーズでプレーしていたが、7月21日にオリックスが獲得を発表した。背番号は「44」に決まった[8]。オリックスへは4年ぶりの復帰となる。8月9日の対西武戦でオリックス復帰後初本塁打を記録したが、以降は打撃不振に陥り、結局この本塁打1本のみで打率が2割に満たずにシーズンを終え、来日以来最低であった前年の成績をさらに下回った。10月25日に自由契約公示された[9]。その後は現役を引退。, 2016年のオフから、正式契約ではないが阪神タイガースの中南米担当スカウトに就任し、2017年オフにウィリン・ロサリオの獲得に尽力。, 2018年1月12日、埼玉西武ライオンズから1月1日付で編成部国際業務駐米担当として契約したことが発表された[10]。, 愛称はミドルネームからとった「マヨ」。しかし、ファンからは「ホセ」と呼ばれることがある。, 楽天時代、ホームランの後にはテレビカメラの前でチームメイトと一緒にパフォーマンス(通称アギリータダンス - アギリータとはスペイン語でイヌワシの意)を披露していた。, 2007年から殊勲打を放った後に、メッセージ性の強い、哲学的なコメントを発表するようになった。キリスト教の教訓や読書で得た知識を基にしており、周囲を元気づけようという意識から始めたのだという。その後、楽天球団のモバイル公式サイトに、発表されたコメントを集めた専用のコーナーが設けられた。, 2007年7月13日、チームを激励するため、また自分を奮い立たせるために、チームメートに以下のメッセージが入ったTシャツを贈った。, 出身国であるドミニカ共和国の公用語はスペイン語であるが、ヒーローインタビューなどでは英語で話している。, 趣味は日本語研究で、日本に居る期間が長いためか、簡単な日本語の会話なら通訳無しでも話せる。, 楽天イーグルスオフィシャルサイト「Featured Players,vol.29」掲載 2007年9月11日, “【2月19日】2003年(平15) 史上最速28日で退団 ロバート・ローズ「情熱なくなった」”, https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/professional_bbd0802/kiji/K20100201Z00002900.html, JOSE FERNANDEZ(ホセ・フェルナンデス)との契約についてのお知らせ|埼玉西武ライオンズ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ホセ・フェルナンデス_(1974年生の内野手)&oldid=80347149, 初安打・初本塁打・初打点:2003年4月19日、対オリックス・ブルーウェーブ4回戦(千葉マリンスタジアム)、4回裏に, チーム1イニング2満塁本塁打:2007年4月1日、対オリックス・バファローズ2回戦(フルキャストスタジアム宮城)、3回裏に. ロハス KT.349 142 550 192 39 1 47 135 0 132 ⇒ やっぱりロハスだ延長11回に37号決勝2ラン 3年連続の100打点に到達(2020/9/9 Yahoo!ニュース個人) 4 パク ミンウ NC.345 126 467 161 27 5 8 63 13 48 About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features The KBO was founded in 1981 and has governed two leagues: the KBO League (Korean: KBO 리그) and KBO Futures League (Korean: KBO 퓨처스리그 (farm league) since 1982. The Korea Baseball Organization (KBO; Korean: 한국야구위원회) is the governing body for the professional leagues of baseball in South Korea.