2008年 千葉ロッテマリーンズ ベストオーダー 2014年5月18日 2008年 , ロッテ megadora0904 シーズン4位・73勝70敗1分・(監督)ボビー=バレンタイン この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の5年目(通算6年目)のシーズンである。 ※s3はスタメン時に多く起用された打順、s4はs3でのそのスタメン数 6西岡8早川3福浦9サブロー7大松Dズレータ2里崎4オーティズ5今江P小林宏, ▲▼年間最多オーダー▲▼ ※s2は守備位置は関係なくこの打順でスタメンに起用された数。 ※ベストオーダー以外の選手の守備位置はスタメン起用時に多かった守備位置, ●●開幕オーダー●● 前年活躍の成瀬の調子は悪かったが、清水、渡辺俊が13勝づつ挙げ活躍した。抑えには荻野が回り、30Sを挙げた。, 次のHTML タグと属性が使えます:
. ※s1は打順、守備位置が合致したスタメン数(スタメン=先発起用メンバー) ※偵察メンバーのスタメンは入替後の野手をカウント。その際偵察メンバーの投手は先発としない スタメンデータベース ← 2004 2006 → 2005年 千葉ロッテマリーンズ 優勝・84勝49敗3分 .632(レギュラーシーズン2位) 監督・ボビー=バレンタイン 6西岡4根元3福浦Dオーティズ7大松9神戸8早川5今江2金澤(3回), ベストオーダーの特徴 ※総s数は、総スタメン数 2008年の千葉ロッテマリーンズ(2008ねんのちばロッテマリーンズ)では、2008年の千葉ロッテマリーンズの動向をまとめる。. 4年目の大松が24本塁打を放ち、3年ぶりのチーム内20本越え、日本人としては5年ぶりだった。