世界の石油生産量ランキング100、2017年版 世界の国別石油生産量ランキングです。一日当たりの生産量です。単位はバレル(バーレル、barrel)です。なお、1バレルは、約158.9リットルになります。ロシア、サウジアラビア、アメリカのトップ3が圧倒的であることが分かります。 EIAのMonthly Crude Oil and Natural Gas Production, IMFの試算によるとサウジアラビアが財政均衡する原油価格(ブレント)は85ドルから87ドル程度, FRBによるジャンクボンド購入はシェール企業を延命させ、WTIのコンタンゴを長期化させるのではないか?. endstream endobj 163 0 obj <>>>/MarkInfo<>/Metadata 9 0 R/Pages 160 0 R/StructTreeRoot 13 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> endobj 164 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 0/TrimBox[0 0 595.27559 841.88977]/Type/Page>> endobj 165 0 obj <>stream endstream endobj startxref 0 ・ 当該統計に内訳データや詳細データがある場合は、右サイドに「この統計の内訳データ」のボックスが表示されます。 depletion: 73% ロシア最大の油田。一時は日産300万バレルを超えるサウジアラビアのガワール油田に次ぐ生産量を誇ったが、初期から水攻法を導入した無理な増産によって生産量は急速に減退した。 ロシアエネ相と石油会社、来年第1四半期までの減産延長を検討 2020/11/03 12:13 茶のDNA解析、機能性成分量予測=新品種開発期間短縮へ―静岡大 183 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[]/Index[162 58]/Info 161 0 R/Length 109/Prev 357504/Root 163 0 R/Size 220/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream %%EOF 2019年の世界の原油(石油)生産量 国別比較統計・ランキングです。各国の原油(石油)生産量と国別順位を掲載しています。原油のほか、オイルシェール・オイルサンド・NGL(天然ガス液)を含む。時系列データは1980-2019年まで収録。 h�b```�w�B��@����9:�t� ・ 左サイドのカテゴリのリンクをクリックすると統計を分野別を検索できます。, GLOBAL NOTE®はグローバルノート株式会社の登録商標です。 © 2012-2020 GLOBAL NOTE Inc. All Rights Reserved, ・原油のほかオイルシェール・オイルサンド・コンデンセート・NGL(天然ガス液)を含む。, ・原油の種類によって重量が異なるので、容量ベース(バレル)での順位とは異なる場合がある。, - 原油の種類によって重量が異なるので、重量ベース(トン)での順位とは異なる場合がある, 世界170ヵ国以上、1,600種類以上の国際統計を国別ランキング・時系列推移・グラフ・各国比較などの形式で掲載 ダウンロード可能. 石油については、20年前(1985年)と比較して世界の輸入量はおよそ倍増していますが、日本の輸入量は概ね同程度です。このため、日本の世界における石油輸入のシェアは大きく減少しました(第121-1-5)。IEAは、今後、中国やインド j�b ロシア西シベリア 1965年 1969年 1980年: 14-16 .844 : cum. 2020 All Rights Reserved. 162 0 obj <> endobj ロシアは石油の産出量世界一です。ですが、日本はサウジアラビアやアラブから石油を輸入しています。これは単に、ロシアはたくさんの石油を国内で消費するからなのでしょうか?それとも国交問題があるのでしょうか? ・ ランキング表の国名をクリックすると当該国の時系列推移データを表示します。グラフ化・ダウンロードもできます。 ど、ロシアの財政安定化にも大きく貢献してきた。図1 ロシアの石油・天然ガス輸出額と実質経済成長率の推移 500,000 450,000 400,000 350,000 300,000 250,000 200,000 150,000 100,000 50,000 0 1992 94 96 98 2000 02 04 06 08 原油生産量上位三国(サウジアラビア、ロシア、アメリカ)の原油生産量の推移 2018/12/27 2019/03/14 2017年1月から開始されたOPEC加盟国と一部の非加盟国(ロシア等)の協調減産は、当初2018年3月末でしたが、2017年11月30日に行われた会合で2018年末まで延長することで合意されました。 h޼W[o�H�+��*B��E�"��% �f���0�ւ��HͿ�9c6�`\R�����s�1�7����fq ��p�`�D�#��%�#����[X�WI��)���ADN��&��� �@ E8E����R†�#! ロシアは減産開始直前に大増産を行っています。2017年1月以降は確かに2016年12月よりも減産していますが、減産直前の量を基準として減産目標を決めているため実質的な減産量は僅かです。その上、2018年秋以降は過去最大量の生産量となっているようです。 ・ 上部検索窓にキーワードを入力すると統計をキーワード検索できます。 以下、ロシアの石油・天然ガス開発の現況と展望について述べる。 1.ロシアの石油の埋蔵量と生産量 (1)ロシアの石油生産の現状. 原油投資情報サイト , 石油は古くから、主に建設や医療のための目的で、採掘されてきたが、近現代の石油産業は、ロシア帝国で生まれた。世界初の油井は、1846年に、アゼルバイジャンのバクー近くのアブシェロン半島で掘ら … ・世界の原油(石油)生産量 国別比較統計・ランキングです。・各国の原油(石油)生産量と国別順位を掲載しています。・単位は千トン(年間・重量ベース)。・原油のほかオイルシェール・オイルサンド・コンデンセート・NGL(天然ガス液)を含む。・石炭やバイオマス由来の液体燃料は除く。・原油の種類によって重量が異なるので、容量ベース(バレル)での順位とは異なる場合がある。・日量・容量ベース(バレル)での生産量は右欄の内訳データリンクより, ・原油生産量 – 日量ベース - 一日当たりの石油消費量(容量ベース) - 単位は千バレル/日 - 原油の種類によって重量が異なるので、重量ベース(トン)での順位とは異なる場合がある, ・「詳細機能・推移データページへ」のボタン(青色)をクリックすると各国比較・時系列推移・グラフ化・ダウンロードができます。 ロシア連邦エネルギー省の公式統計によると、2018年にロシアは、ほぼ5億5600万トンの原油(ガスコンデンセートを含む)を汲み上げ、過去30年間で最高を記録。1987年の過去最高記録、5億6940万トンに迫った。 昨年、ロシアは、7兆2540億立方メートルの天然ガス、4億3930万トンの石炭、1兆920億kWhの電力も生産した。 これらをまとめると、以上の生産量によりロシアは、アメリカと中国に次ぐ世界3位のエネルギー生産国 … %� 1日あたりの原油の生産量の多い国 順位 国名 生産量(バレル/日量) 1 アメリカ合衆国(米国) 1,531万1,000 2 サウジアラビア 1,228万7,000 3 ロシア 1,143万8,000 4 カナダ 520万8,000 5 イラン 471万5,000 6 イラク 461万4,000 7 アラブ は、2020å¹´3月のプーチン大統領との面談で、予備的な実現可能性調査により、プロジェクトが実現可能で費用対効果が高かったことを示したため、次の作業を継続する準備ができていると説明し、プーチン大統領はプロジェクトの継続に同意していた。. 2. 原油CFDを扱うCFD会社の比較。銘柄、手数料、スプレッドなどなど。 h�bbd```b``�"΀H&)ɦ"]@$�j��70��~-�� "YZ��v�H֧`�� ��D:jIf�� ���d��6SH��T t�!�v�aB��@� ��� 以下に示すのは世界の大型油田及び日本国内の油田の一覧である。 %PDF-1.7 %���� Bloombergの記事によると、米シェール企業は減産を検討しつつあるとのこと。 ... WTI原油先物は10~12月頃に期近先物が期先先物に対して相対的に安くなりやすい ... トランプ政権になってからアメリカのエネルギーの自立を目指しての具体的方策が多数な ... コーン(とうもろこし)相場を張る上で材料にされるものとして、在庫は当然のこととし ... アメリカの天然ガス生産量は急ピッチで増加しています。下図は天然ガスの総生産量の推 ... サウジアラビアやロシアの場合は国策として原油生産量をコントロールできますが、米国 ... 原油に投資する方法としては、原油関連のETFやETNの買い、原油CFDの買いを検 ... OPECプラス(OPECとロシア等)は、2020年5月1日から日量970万バレル ... 2020/4/20にCMEで取引されている原油先物価格(2020年5月限)がマイ ... 米国では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う外出禁止令により ... Copyright© アメリカの原油及び石油製品の輸入量及び輸出量の推移 219 0 obj <>stream (広告)WTI原油CFDの取り扱いがあるDMM CFD 埋蔵量5千万バレル以上を大油田、5億バレル以上を巨大油田、50億バレル以上を超巨大油田と呼ぶ。, The Impact of the Abqaiq Attack on Saudi Energy Security, “Burgan Field: Kuwait's Biggest Oil Field Starts to Run Out of Oil”, http://www.mindfully.org/Energy/2005/Burgan-Field-Kuwait12nov05.htm, Blackwell Energy Research Oil and Energy Trends, Geology and Development of Thamama Zone 4, Zakum Field, Canadian Firm to Develop Pakistan Oilfield - PakPositive, RIGZONE - International Sovereign Energy Inks Deal for Toot Oilfield, アフリカ: 新たに脚光を浴びるアフリカ大西洋岸 ~西アフリカ深海・大水深~ JOGMEC, Alexander's Gas & Oil Connections - TNK to revive Samotlor oil field, Alexander's Gas & Oil Connections - Yukos to double output from Priobskoye field, “Russia launches Vankor oilfield, eyes China market”, http://www.forbes.com/feeds/reuters/2009/08/21/2009-08-21T164618Z_01_LL714287_RTRIDST_0_RUSSIA-OIL-VANKOR-UPDATE-2.html, “Mexico Oil Production going down January 2007”, http://www.eluniversal.com.mx/finanzas/55660.html, http://in.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idINN0328754020090303, Mexico's northern region launches massive development - Pemex Exploration and Production - Statistical Data Included, Three supergiant fields discovered offshore Brazil, NASA picture from space; barrel 2 billion from the field was filled in 1995, Top 100 Oil and Gas Fields (U.S. Department of Energy), California Department of Conservation, Oil and Gas Statistics, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=油田の一覧&oldid=79511633, 埋蔵量、生産量共に世界最大の油田。面積は四国の面積に匹敵する。本油田は平均日量500万バレルという世界最大の生産量を30年以上続けており、今後もしばらくはこの水準を維持すると見られることから、究極可採埋蔵量は1000億バレルを超えると思われる。, 湾岸戦争時にイラク軍によって火をつけられた油田である。その時に失われた埋蔵量は30億バレルに上ると見られる(これだけで巨大油田の埋蔵量に匹敵する), 3.0 (2.0 billion recovered; 1.0 reserve remaining). 2017年1月から開始されたOPEC加盟国と一部の非加盟国(ロシア等)の協調減産は、当初2018年3月末でしたが、2017年11月30日に行われた会合で2018年末まで延長することで合意されました。ちなみに減産量はOPEC加盟国合計で約120万バレル/日、ロシア等の非加盟国で約60万バレル/日であり、合計すると約180万バレル/日です。この数字は一見、大きいんですが後述するように、実はそれほどでもなくなってきました。, 下図は世界の原油生産量上位三国(サウジアラビア、ロシア、アメリカ)の2016年1月以降の原油生産量の推移です。ソースはOPECのMonthly Oil Market ReportとEIAのMonthly Crude Oil and Natural Gas Productionです。マンスリーレポートはPDFファイルとなっており誰でも無料で閲覧できます。EIAのデータも無料ダウンロードできます。ロシアとサウジの数値はPDFから手作業で拾ったものであり、多少の入力ミスはご容赦下さい(毎月のPDFファイルを開いてExcelに手入力して作成)。, ロシアは減産開始直前に大増産を行っています。2017年1月以降は確かに2016年12月よりも減産していますが、減産直前の量を基準として減産目標を決めているため実質的な減産量は僅かです。その上、2018年秋以降は過去最大量の生産量となっているようです。, サウジアラビアは2017年1月から、グラフではっきり分かるほど減産開始し、2018年5月までは辛抱強く減産維持していましたが、遂に2018年6月から増産しています。アメリカへのイラン経済制裁でのイラン原油輸出量が減ることに対するの穴埋めという見方もできなくはないですが増加量を見る限りは、我慢の限界が来たように見えますね。, 一方、アメリカの生産量はOPEC協調減産開始の2017年1月以降、ほぼ一貫して右肩上がりの増産となっています。2016年12月の生産量が878万バレル/日であったものが、2018年9月には1148万バレル/日となっており、OPECとロシアの減産量の合計量を上回る増産をしていることが分かります。この結果サウジ、ロシア、アメリカの原油の合計生産量は2016年1月から2018年9月にかけて約1割(300万バレル/日以上)も増加する結果となっています。つまりOPEC減産量の2倍以上、ここ2年で増加してるというわけです。, 下図は同じ時間軸(2016~2018年)のWTI原油先物価格チャートです。イランへの経済制裁報道(トランプ大統領によるイラン産原油を買うな、発言)で高騰する日もありましたが、サウジとロシアが増産を始めた頃から上値が重くなり、10月に入って遂に崩れたように見えます。, サウジアラビアの原油の生産コストは非常に安いと言われています。しかしながらIMFの試算によるとサウジアラビアが財政均衡する原油価格(ブレント)は85ドルから87ドル程度のようです。ちなみに本稿執筆時点(2018年12月26日)でのブレント価格は54.47ドル、WTI原油価格は46.22ドルでした。OPECが減産できるのは高々120万バレル/日であることから、原油価格維持のために減産に力を入れたとしても今後は焼け石に水の可能性があります。このように考えると、OPECが再び協調減産したとしても原油価格は高値に戻る可能性はあまり高くなさそうです。米国のシェールオイルの生産コストは60ドルという話もありますがもっと低い企業が多くあるのでしょうね。技術の進歩だけでなくトランプ大統領になってから規制緩和されたことによるコストダウンも寄与しているのかもしれません。, 原油価格の下げ期間は、想像よりも遥かに長期化することがある p����^�)� �ƚp�b ロシアの石油確認埋蔵量はbp統計. 2008年に発生したいわゆる「リーマン・ショック」を契機とした世界的な景気後退からの回復局面を見てみると、新興国のなかでも、中国、インド、ブラジル、ロシア(いわゆるBRIC’s)の経済成長が目覚しく、新興国が経済成長の原動力となっています。 さて、国際エネルギー機関(IEA)が、2030年 … 米シェール企業は減産を検討しつつあると言ってるけど本気なんだろうか? ロシアガス協会がロシアでの石油戦略備蓄を検討 ロシアガス協会は、5月15日、エネルギー省の要請に基づき、戦略備蓄について検討し、結果をSorokin次官に提出したと発表した。ロシアガス協会のPavel Zavalny代表は、下院エネルギー ���/ F�7�������������B!T���.B� ���s�X�0�2\p`O�ka\/���_�O��z �*[ ��XC�0��sn&7kQ�H �0 � [モスクワ 2日 ロイター] - ロシアの石油会社の経営幹部らとノバク・エネルギー相が2日、減産を2021年第1・四半期まで延長する可能性について協議した。2人の業界関係者が明らかにした。, 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は今年4月、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で下落した原油価格の下支えのため、過去最大規模の減産を決めた。, ある業界筋によると、ロシア石油会社とノバク氏は2日に3つの選択肢について話し合った。その選択肢の一つが、現在の減産を2021年第1・四半期まで延長することで、あとは1月に予定通り生産を増やす、あるいは減産を強化する、だったという。, もう一人の業界筋は、新型コロナ感染第2波への懸念から、OPECプラスの合意を3カ月延長する可能性があると述べた。, 10月のロシアの石油およびガスコンデンセート(超軽質原油)生産は日量998万バレル。9月の993万バレルから増加し、生産枠近くないし若干上回ったとみられる。, ソロキン・エネルギー副大臣は2日、世界石油市場は各国のパンデミック対策に左右されると指摘。今後のOPECプラスの決定についてはコメントを差し控えた。, 関係筋によると、生産方針は最終的にプーチン大統領が下すことになる。プーチン大統領は先月、市場の状況を鑑み必要なら減産の継続も排除しない姿勢を示した。, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります. ロシアの天然ガスの埋蔵量は世界第1位で44.38兆m 3 、世界全体の23.7%を占めている 。2009年の産出量は5725億m 3 で、アメリカに次いで世界第2位であり世界全体の17.6%であった。なお産出量の9割以上が西シベリアに集中している 。 (広告)ブレント原油CFDの取り扱いがあるサクソバンク証券. j�p� }I g����1��pƉ`�2g6�BhT)"�`6��#4g���AJ>}���1���V>� ���r�΢~��ht���n�pwI�\�h.