吉田羊が出演するフジテレビの医療ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の第1話のあらすじとネタバレ後編です。, このページは「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断-あらすじとネタバレ」からの続きです。, 手術後、新田雪野(相武紗季)は橘志帆(吉田羊)に「なぜ、自分で手術しないんですか?噂は聞いてました。どんな難しい手術も成功させるゴットハンドだって。手術しないのには、何か理由があるのですか?」と尋ねたが、橘志帆(吉田羊)に「猫の手よ」と、はぐらかされてしまった。, さて、研修医・田丸綾香(吉岡里帆)は橘志帆(吉田羊)の指示で、公園へ行き、幼稚園児から話を聞いたが、幼稚園児・増山宏太(五十嵐陽向)は人気者で、虐められていないことが判明した。, 研修医・田丸綾香(吉岡里帆)が橘志帆(吉田羊)に報告すると、橘志帆(吉田羊)は増山宏太(五十嵐陽向)の胃から土が見つかったことから、公園の土を採取して、胃の中の土と照合するように命じた。, 翌日、増山宏太(五十嵐陽向)の胃から見つかった土が、公園の桜の木の下の土と判明した。, それを知った橘志帆(吉田羊)は、増山宏太(五十嵐陽向)の病室へ行き、話をしながら、一緒に病院食を食べた。, 増山宏太(五十嵐陽向)は楽しそうに話していたが、橘志帆(吉田羊)が「もうすぐ退院できるよ」と教えると、どことなく落ち込んでいた。, その日の夜、研修医・田丸綾香(吉岡里帆)は、橘志帆(吉田羊)の指示で、増山宏太(五十嵐陽向)の病室にカメラを仕掛けており、増山宏太(五十嵐陽向)を監視していた。, すると、増山宏太(五十嵐陽向)は病室を何かを探すようにウロウロして、病室にあったテッシュペーパーを食べ出した。, そのころ、橘志帆(吉田羊)は公園の桜の木の下を訪れ、増山宏太(五十嵐陽向)の気持ちをするため、土を食べた。, 翌朝、橘志帆(吉田羊)は「土や釘は自分で食べたんだよね?」と尋ねると、山宏太(五十嵐陽向)はコクリとうなずいた。, 橘志帆(吉田羊)は、食べ物で無い物を食べるのは異食症という病気だと教え、「我慢しすぎて苦しくなった時に起るの。苦しかったんだよね?お母さん心配しているよ」と尋ねた。, しかし、山宏太(五十嵐陽向)は「心配なんかしてないよ。いつもお母さんは居ないから」と言い、いつも1人ぼっちだった事を明かした。, それを知った母・増山美希(堀内敬子)は泣きながら「出来るだけ一緒に居るようにする」と言い、増山宏太(五十嵐陽向)を抱きしめた。, 橘志帆(吉田羊)は「心の不安が無くなれば、異食症は治ります。明日には退院できますよ」と教えると、母・増山美希(堀内敬子)は安心した。, その後、研修医・田丸綾香(吉岡里帆)が「いつから異食症に気付いてたんですか?ずいぶん早くから分かってたようですけど」と尋ねると、橘志帆(吉田羊)は「うーん。いつからだろう。宏太(五十嵐陽向)はスプーン爪だったからね。スプーン爪の原因は鉄分不足。半分、勘みたいなものよ」と答えた。, こうして一件落着したと思われたが、増山宏太(五十嵐陽向)は様態が急変。呼吸困難を起こして吐血してし、心肺が停止した。, 電気ショックによって増山宏太(五十嵐陽向)は蘇生して一命を取り留めたが、橘志帆(吉田羊)は「ただの異食症のはずなのに」と困惑する。, 一方、テレビ出演のためにテレビ局を訪れていた母・増山美希(堀内敬子)も心不全を起こして倒れ、同じくテレビ出演のためにテレビ局に居た岩倉葉子(伊藤蘭)の処置を受け、東光大学病院に搬送される。, 岩倉葉子(伊藤蘭)は、親子が同時に心不全を起こした原因があるはずだと言い、親子を少し診ただけで的確に症状を言い当てた。, 橘志帆(吉田羊)は「ただテレビに出てるだけの人じゃないんですね」と驚くと、岩倉葉子(伊藤蘭)は「誰に物を言ってるの?拒食症を言い当てたぐらいで、いい気にならないで。ここから先は貴方たちの出る幕じゃないわ」と告げた。, その後、解析診断部で話し合うと、新田雪野(相武紗季)が家庭でのウイルス感染を指摘するが、岩倉葉子(伊藤蘭)は血液検査のデータから「貧血による心不全を疑うのが妥当」と反論した。, 研修医・田丸綾香(吉岡里帆)が「母親は出血していません」と指摘すると、岩倉葉子(伊藤蘭)は「腹腔内で出血している可能性がある」と言い、橘志帆(吉田羊)に「ここは私の持ち場よ。この患者さんは私の患者さん。私が助ける」と宣戦布告し、増山美希(堀内敬子)のCT検査に向かった。, 新田雪野(相武紗季)・田丸綾香(吉岡里帆)・里見藍(白鳥久美子)は、岩倉葉子(伊藤蘭)の診断に納得できなかったのか、そのまま残り、橘志帆(吉田羊)に側に付いた。, すると、橘志帆(吉田羊)は「私たちは私たちの診断をしましましょう。まずはアレルギーや感染を調べましょう」と言い、それぞれの持ち場を決めて調査に向かった。, 一方、岩倉葉子(伊藤蘭)は増山美希(堀内敬子)のCT検査を行ったが、腹腔内での出血は見られなかった。, そこで、新たな検査を行ったが、異常は見られなかったので、再生不良性貧血と断定した。最悪のケースだった。, そのころ、増山宏太(五十嵐陽向)の自宅でウイルス感染の原因を調べていた橘志帆(吉田羊)は、増山宏太(五十嵐陽向)の写真を見て、出勤途中に出会った幼稚園児がみんなマスクをしていた事を思い出し、幼稚園へと向かった。, 橘志帆(吉田羊)は幼稚園で園児を診察し、親子が心不全を起こした原因に気づき、病院に戻り、親子を検査した。, 岩倉葉子(伊藤蘭)は親子が心不全で倒れたのは偶然で、助かる可能性が高い増山宏太(五十嵐陽向)の治療に専念するべきだと主張した。, しかし、橘志帆(吉田羊)は親子の心不全は偶然ではなく必然であり、2人とも助かると言い、親子が心不全を起こした原因はパルボウイルス(りんご病)だと指摘した。, このため、マスクをしていなかった増山宏太(五十嵐陽向)が幼稚園でパルボウイルス(りんご病)に感染し、増山美希(堀内敬子)は増山宏太(五十嵐陽向)からパルボウイルス(りんご病)に感染していた。, このため、増山美希(堀内敬子)は、パルボウイルス(りんご病)が原因で骨髄の無形成発作を起こしていたのだ。, そして、増山美希(堀内敬子)と増山宏太(五十嵐陽向)は元々、遺伝性球状赤血球症だったので、骨髄の無形成発作によって貧血が急速に進み、貧血による心不全を起こした。, 橘志帆(吉田羊)は「輸血で急性期を乗りきれば、2人とも助かる」と言い、輸血を開始した。, ひとりぼっちだった増山宏太(五十嵐陽向)は、増山美希(堀内敬子)と同じ病室で並んで輸血を受けており、幸せそうだった。, 一方、岩倉葉子(伊藤蘭)は北畠昌幸(高橋克典)に「何を考えてるの?わざわざ、解析診断部を作って橘志帆(吉田羊)を引っ張ってきた」「無駄な理想のために、現実をおろそかにすれば、病院は機能しない。私が院長になれば、解析診断部なんてすぐに廃止させる。院長から引きずり下ろしてあげるから、覚えておきなさい」と宣戦布告した。, しかし、翌日、岩倉葉子(伊藤蘭)はテレビに出演し、増山美希(堀内敬子)親子を助けた事を全て自分の手柄にしていたのであった。. レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回10話「天才外科医ついに復活」感想. 『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』(レイディ さいごのはんざいプロファイル)は、2011年1月7日から3月25日まで毎週金曜日22:00 - 22:54[1] に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は北川景子。 レディ・ダ・ヴィンチの診断 7話「治療するたびに悪化する病」感想. 吉田羊さん主演の「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」がスタートしますね。吉田さんは本作が地上波民放連続ドラマ初主演です。大河ドラマ「真田丸」では稲・小松姫を演じて、凛々しい姿を見せてくれています。 「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第2話」あらすじ・ネタバレ 簡単なあらすじ 1) 東光大学病院の解析診断部に、金メダル獲得が期待される水泳選手・南野和己(浅香航大)が入院していた。 物語としては大きく扱っていないのですが橘志帆(吉田羊)と雪野(相武紗季)の意外な接点が最終回で明らかにされました。 吉田羊さん主演の「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」がスタートしますね。吉田さんは本作が地上波民放連続ドラマ初主演です。大河ドラマ「真田丸」では稲・小松姫を演じて、凛々しい姿を見せてくれています。 吉田羊が出演するフジテレビの医療ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の第1話のあらすじとネタバレ後編です。 このページは「 メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断-あらすじとネタバレ 」からの続きです。 吉田羊が連ドラ初主演を果たすフジテレビの医療ミステリードラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の原作とあらすじとネタバレです。, なお、フジテレビの火曜日10枠で放送していた関西テレビ枠が1時間前倒しして、火曜日9時枠に移るったもので、関西テレビ枠で放送していたドラマ「チームバチスタ」シリーズのスタップが制作を担当する。, 天才脳外科医として活躍していた橘志帆(吉田羊)は、2年前に起きたある事故を切っ掛けに幻覚を見るようになってしまう。, 手術中に幻覚を見てしまった橘志帆(吉田羊)は、これ以上、医師を続ければ、いつか人を死なせてしまうと考え、悩んだ末、医師を辞める事を決意した。, そのようななか、橘志帆(吉田羊)の師匠にあたる北畠昌幸(高橋克典)は、東光大学病院の院長に就任して、原因不明の謎の病気を追究する「解析診断部(レディ・ダ・ヴィンチ)」を創設しており、医師界を去ろうとすると橘志帆(吉田羊)をスカウトした。, 橘志帆(吉田羊)は、半ば強引に誘われ、「手術をしない」という条件で、「解析診断部(レディ・ダ・ヴィンチ)」への移籍を決めたのであった。, 解析診断部に入った橘志帆(吉田羊)は、娘・真央の言葉をヒントに、次々と謎の病気の原因を突き止め、原因不明の病気で苦しんでいる患者を救っていった。, しかし、解析診断部の外科医・新田雪野(相武紗季)は、超一流の脳外科医・橘志帆(吉田羊)が一切、手術しないことを疑問に思い、橘志帆(吉田羊)について調査する。, さらに、外科医・新田雪野(相武紗季)は、橘志帆(吉田羊)が1人なのに誰かと話しているような現場を何度も目撃する。, やがて、外科医・新田雪野(相武紗季)は、橘志帆(吉田羊)に子供が居ないことを知り、橘志帆(吉田羊)は死んだ娘・真央の幻覚を見ているのではないかと気づき、その疑問をぶつけた。, すると、橘志帆(吉田羊)は「幻覚だと分かっている。それでも、私には真央が必要なんだ」と打ち明けた。, そのようななか、ピアノコンクールに出場する少女ヒカリが意識を失って倒れ、東光大学病院の解析診断部へと運ばれてくる。, しかし、橘志帆(吉田羊)は、他の医師の反対を押し切り、強引に少女ヒカリの検査を進めており、明らかに、いつもの冷静な橘志帆(吉田羊)ではなかった。, 検査の結果、少女ヒカリは、ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)だと判明したが、ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)の治療法は脳血管のバイパス手術しかなかった。, 脳外科は橘志帆(吉田羊)の専門だが、橘志帆(吉田羊)は「手術をしない」という条件で解析診断部へ来ており、全ての手術を拒否していたので、脳外科の経験がある外科医・新田雪野(相武紗季)が執刀することになった。, ところが、これまで手術の執刀を拒否し続けていた橘志帆(吉田羊)は「どうしても私のオペで、ヒカリちゃんを助けたい」と言い、手術の執刀に名乗り出たのである。, 驚いた外科医・新田雪野(相武紗季)は、橘志帆(吉田羊)を呼び出し、「これまで手術を断っていたのは、幻覚を見るからではないか」と追及すると、橘志帆(吉田羊)は「やらなきゃならないのよ。あの患者さんだけは」と答え、2年前の事件の真相を話した。, その日は真央の10歳の誕生日で、橘志帆(吉田羊)は娘・真央を連れて、公園のイベントを訪れており、橘志帆(吉田羊)と娘・真央は爆発に巻き込まれてしまった。, 橘志帆(吉田羊)は、爆発に巻き込まれて怪我をした娘・真央を救急車の所へ運ぼうとしたが、娘・真央は「あの子を先に助けてあげて」と言い、近くに倒れていた少女を助けるように頼んだ。, その子が、少女ヒカリだったのである。橘志帆(吉田羊)は少女ヒカリを負ぶって救急車の所へと急ぎ、救急隊に少女ヒカリを預けると、すぐに娘・真央の所へ戻ろうとした。, しかし、そのとき、2度目の爆発が起きたため、橘志帆(吉田羊)は娘・真央の元へ戻る事が出来なくなってしまった。, 橘志帆(吉田羊)は娘・真央の無事を祈っていたが、ストレッチャーに運ばれてきた娘・真央は既に死んでいた。, だから、橘志帆(吉田羊)は、娘・真央が命と引き替えに助けた少女ヒカリを死なせてしまっては、娘・真央の死が無駄死になると考え、どうしても、少女ヒカリを自分の手で助けようとしていたのだ。, それを聞いた外科医・新田雪野(相武紗季)は、手術で助手を務め、橘志帆(吉田羊)の手術を絶対に成功させようと誓った。, 一方、報告を受けた事務長・佐々木進也(戸次重幸)は「オペを避けていた人間に執刀は任せられない。何かあったらどうするんですか?病院全体の責任ですよ」と橘志帆(吉田羊)の執刀に反対した。, しかし、病院長・北畠昌幸(高橋克典)と診断解析部の部長・岩倉葉子(伊藤蘭)が「何かあれば、責任を負う」と言い、橘志帆(吉田羊)の執刀を許可した。, こうして、翌日、少女ヒカリの手術が行われることになったが、橘志帆(吉田羊)は自宅を出るときに目眩に襲われ、気を失ってしまったのだった。. 脳神経外科医の橘志帆(吉田 羊)は、どんな難しい手術も成功させるゴッドハンドの持ち主。, ある日、手術中に幻覚を見たことから医師を辞めようと決意するが、恩師の北畠昌幸(高橋克典)から、オペをしないことを条件に、解析診断部の診断医として自分が院長を務める東光大学病院に来ないかと言われ、その誘いを受けることに。, しかし、病院では北畠の失脚を望む医師たちも多く、院長の座を狙う解析診断部のチーフで内科医の岩倉葉子(伊藤 蘭)や事務長の佐々木進也(戸次重幸)が北畠を更迭させようともくろんでいた。, 勤務初日、通勤途中の志帆は腹痛を訴え吐血した保育園児の増山宏太(五十嵐陽向)に遭遇。, 志帆は、その場にいた研修医の田丸綾香(吉岡里帆)や救命救急医の里見藍(白鳥久美子)、外科医の新田雪野(相武紗季)らにテキパキと指示を出すが、志帆の配属を聞かされていなかった岩倉は怒り心頭。, 処置が終わり、病理医の植松結衣(滝沢沙織)と神経内科医の村上夏海(笛木優子)が事情を聞きに行くが、宏太は何も答えない。, 一方、志帆は宏太の母親で料理研究家の美希(堀内敬子)の元へ向かい、今回の状況からは虐待も考えられると話し、わざと美希を怒らせる。, その荒っぽいやり方に戸惑う綾香は、看護師の藤本修二(池岡亮介)や渡辺弘(五十嵐健人)にグチをこぼすが、そんなことお構いなしの志帆は、手術で宏太の胃の中から出てきたある物について、詳細を調べるよう綾香に指示する。, やがて、自分に好意を抱く製薬会社のMR・宮部航平(庄野崎謙)に協力を依頼した綾香は、志帆に指示されて病室の宏太を監視。, しかし、しばらくすると宏太の容態が再び悪化し、今度はなぜか美希も同じ症状を発症して…。, 一方、部内で唯一、志帆の実力を知る雪野は、なぜ志帆がメスを握らないのか疑問に感じていた。, そんな雪野の様子を、心臓血管外科医の高杉祐樹(小林且弥)は物珍しそうに見ていて……。, ここからはドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の最終回における結末ネタバレを公開しています。, このドラマは吉田羊が演じる橘志帆がメインという見方と東光大学病院の女性だけで構成される解析診断部がメインという視点ができる。, それをふまえて考えると、医療ドラマである「医龍」シリーズのようなイメージさえ持てる。, ちなみに医龍では、坂口憲二が演じた主人公のストーリーも然り、周りのスタッフたちにまつわるストーリーと患者の物語が絡み合って重い病気と闘っていく、ヒューマンドラマ仕立ての医療ドラマだ。, それに当てはめると、主人公である橘志帆と他の女性スタッフたちの感情が入り混じりながらも、診断された病気と患者と向き合っていくといった展開が予想できる。, そして橘志帆がゴッドハンドと呼ばれるほど凄腕の外科医であるにも関わらず、メスを持たない理由である過去の話がラストの鍵になることも考えられるだろう。, ドラマのストーリーとしては、橘志帆は幻覚を見たことで、一度医師を辞める決意をする。, なので最後は橘志帆の身体を蝕む原因不明の病気を「レディ・ダ・ヴィンチ」のスタッフたちが総動員で病気の診断・治療にあたる。, 最終的なドラマの結末としては橘志帆の「病気は治るのか?医者として復帰は難しい?」という張り詰めた雰囲気になるが、どうにか回復して外科医として復帰する。, という流れが急流から緩やかになっていく、緩急を感じさせることで、なんだか「癒やし」を得るようなふんわりした気持ちになる。, ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。. フジテレビ系で放送される、ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の最終回の結末ネタバレを公開しています。, こちらのドラマでは女優の吉田羊が地上波ドラマで初主演を飾るということで話題の作品でもある。, ここではストーリーあらすじと最終回における結末のネタバレを公開するので参考になればと思う。, ちなみにドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」はフジテレビ系列で放送されるので、ドラマのストーリー1話~最新話まで 「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信されている。, 今なら初回登録後、1ヶ月間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで視聴することが可能となっている。, なお「FOD」を31日間無料お試しに登録する場合は「Yahoo ID(ヤフーメールアドレレス)」による登録が必要となるので、持っていない人はこのタイミングで取得してほしいと思う。, 超一流の脳神経外科医・橘志帆(吉田羊)が、メスを捨て、患者の命を救う“最後のとりで”となる解析診断部へ!. レディ・ダ・ヴィンチの診断-あらすじとネタバレ 天才脳外科医として活躍していた橘志帆(吉田羊)は、2年前に起きたある事故を切っ掛けに幻覚を見るようになってしまう。 『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』(レイディ さいごのはんざいプロファイル)は、2011年1月7日から3月25日まで毎週金曜日22:00 - 22:54[1] に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は北川景子。, 容疑者不明の難事件を数少ない手がかりからプロファイリングによって真相を究明する捜査官たちの姿を描く。, 主演は北川景子で、TBS制作の連続ドラマでは初出演・主演であり、プライムタイムの連続ドラマでは単独初主演。, 金曜ドラマ枠では、前々作の『うぬぼれ刑事』、前作の『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』に続いての警察ドラマとなる。, ただし、第1話のナレーションで明らかにされているとおり、プロファイリングを行うCPSチームは警視庁所属の技官扱いであり、警察官ではないため独立した捜査権・逮捕権はない。, 事前PRスポットのナレーションは垂木勉(タイトル部分は北川景子)、第1話予告スポットからは北川景子。, CPSは英語名称 Criminal Profiling Support Team の略称。, LADY - The Last Criminal Profile | TBS Program Catalog, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=LADY〜最後の犯罪プロファイル〜&oldid=79086578, Disc1:Episode1/Disc2:Episode2、3/Disc3:Episode4、5, (北川景子、木村多江、平岡祐太、小澤征悦、須藤理彩、要潤、ユースケ・サンタマリア). フジテレビ系で放送される、ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」の最終回の結末ネタバレを公開しています。 こちらのドラマでは女優の吉田羊が地上波ドラマで初主演を飾るということで話題の作品でもある。 見逃し … 今回は里見(白鳥由美子)回となりました。 いきなり患者のことを好きになっちゃうの速すぎましたが(笑) 最後は全員に連帯感がでてきていい感じです。 胃の中から驚きの異物が見つかった正体不明の病を前に、集められた7人の女性専門医たちはどう立ち向かうのか――!?