今回の感染症拡大は、世界的な経済ショックを引き起こしたが、過去、世界的な経済ショックとして記憶される事象としては、2008年に発生したリーマンショックがあげられる。 S&L最大手ワシントンミューチュアルが破綻。 リーマンブラザーズ破綻からわずか1週間で、米国から投資銀行が消滅します。 リーマンショック後の10年間で 世界経済はどう変わったか 調査部 枩村秀樹 《要 点》 リーマンショック後の10年間で世界経済は大きく変化。とりわけ以下の3点。 ① 成長率が低下。中国の高成長一巡、世界的な過剰貯蓄、潜在成長率の低下など が背景。 今年初めに世界的に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症は、消費活動や生産活動を大幅に低下させるなど、日本を始め、世界各国の経済に多大な影響を及ぼした。そして、その影響は現在も続いている。 FRBが更に0.5%利下げし、金利が1.0%になります。, 10月30日 その後3年ほどで恐慌直前という事態からは脱することになるが、巨額の財政支出による政府の借金と不景気が残されることとなった。  日本の場合は、リーマンショック、今回の感染症拡大のどちらにおいても、生産は大きな落ち込みを見せた。ただし、日本、アメリカともに回復速度は、今回の方がリーマンショックの時と比べ、速くなっている。 以上がリーマンショック後のアメリカの対策です。日本と比較してみてどうでしょうか、民間企業に公的資金を供給する事の善悪はともかく、素早い判断だったと思います。 リーマンショックの記事はこれが最後となります。 【口座開設+最小取引1回で必ず4000円もらえるサイト限定タイアップ詳細はこちら】, 株の大暴落の歴史として語られることが多い事件にリーマンショックというものがあります。, このリーマンショックでは一連の流れによって日経平均株価が半分以下にまで大暴落しました。, 2019年12月末~2020年3月も新型コロナウィルスによって日経平均株価が大暴落していますが、リーマンショックの流れを参考にしたいところですね。, リーマンショックという言葉ばかり有名になっていますが、実はその前段階にはサブプライムローン問題という背景がありました。, 簡単に言えばサブプライムローン問題がきっかけでリーマンショックという金融恐慌が起きたので、そういった意味ではリーマンショック自体がタイムラグのある本格暴落だったかもしれません。, サブプライムローン問題を基点と考えた場合、およそ1年くらいかけて下落した最後にリーマンショックでクラッシュしたイメージで良いでしょう。, サブプライムローン問題とリーマンショックのどちらを基点にしても、「遅かれ早かれタイムラグがあった後に本格下落している」という点は覚えておきたい要素と言えそうです。, 特にリーマンショックは市場参加者が「なんだ意外に大丈夫じゃん」と思った頃に一気に下げているので、巻き込まれる人も多いと思います。, 逆に言えば、暴落を引き起こすほど大きな出来事があっても本格下落まで猶予があるとも言えるでしょう。, 株価大暴落までには逃げる時間があるので、その間にしっかりとポジション調整なり手仕舞いをしておきたいところですね。. 欧米5中央銀行が緊急の追加流動性対策を発表し、NYダウは史上4番目(当時)となる上げ幅を記録し、大幅反発。, 3月13日 日経平均が5年ぶりに一時10000円割れ。アイスランドが非常事態宣言。, 10月8日 ロシア市場が一時取引停止に。ドル円が一時103円台へ。, 9月22日 日経平均  9029.76 +817.86, 世界同時不況、史上最大の金融危機との認識が広がり、各国は政策総動員し、米シティの救済が決定されます。, トヨタを始め、日本国内企業に下方修正が頻発し、急激な景気悪化で自動車業界は危機に陥ります。, 米ビッグスリーの資金繰り不安は深刻化し、救済の是非をめぐり、激しい論争が巻き起こり、ゼネラル・モーターズ株は一時2ドルを割りました。, 12月には、原油価格が30ドル台に突入し、7月の高値から75%も下落しました。株価は落ち着きますが、ドル安が止まらず、一時、1995年以来となる87円台へ突入する場面も見られましたが、FRBの大幅利下げを行い、政策金利は0〜0.25%へ引き下げられました。, 日銀も同じく、0.3%から0.1%に利下げを行い、ECB、BOEなども利下げを行い、金融緩和が世界的に進みました。, ビッグスリー救済法案成立の見通しが一転し、廃案になり、年内の破綻回避へ米国政府が緊急のつなぎ融資を行います。, 日本では、トヨタが最下方修正で、初の連結営業赤字へ転落します。そしてリストラが本格化し雇用不安が社会問題になりました。, そして、2008年12月30日の大納会は、年間下落率-42.12%の過去最大を記録し、一年を終えました。, お金・経済・投資などの歴史や仕組み、過去に起きた金融危機や通貨危機を振り返るなど、少し視点を変えた、10年後も使える投資の考え方をまとめたブログを運営しています。, リーマンショックが起こった2008年を振り返りどのように株価が暴落したかを見てみる, リーマンブラザーズが連邦倒産法第11章の適用を申請し、負債総額は64兆円(当時)で米国市場最大規模の倒産。, 同日、バンクオブアメリカがメリルリンチの買収で合意し、NYダウはブラックマンデーに次ぐ504ドルの暴落を記録します。, 米下院で金融安定化法案がまさかの否決され、NYダウは、史上最大となる777ドル(6.98%)の暴落を記録します。, 米国による全力の救済も虚しく10月の株式市場は世界中を巻き込んだ大暴落に見舞われる, リーマンショックと共に記録した日経平均史上最大の上昇率記録した日を振り返ってみました, 欧州連合の通貨ユーロはジョージ・ソロスによるポンド危機・欧州通貨危機から誕生した?, 第二次世界大戦で先に宣戦布告したのはアメリカ?『在米資産(お金)凍結が日本を戦争に向かわせた』. リーマンブラザーズが連邦倒産法第11章の適用を申請し、負債総額は64兆円(当時)で米国市場最大規模の倒産。 米下院で金融安定化法案がまさかの否決され、NYダウは、史上最大となる777ドル(6.98%)の暴落を記録します。, 9月30日 米雇用統計の大幅悪化を受けて、ドル売りが加速し、ドル円が一時105円台へ。, 9月8日 (?_?) NYダウ  8979.26 +401.35 国際社会学 現代アメリカらしさの諸相 PartⅡ 第二回 平成26年11月8日(土)10:00~12:00 リーマン・ショックからの回復 破壊と新生 講師:東京外国語大学 大学院准教授 蒲生 慶一 氏 ※この日の暴落を詳しく知りたい方はリーマンショックと共に記録した史上2番目の下落率を記録した日を振り返ってみました, 10月17日 事実上市場は機能しなくなり恐慌直前の状態に。世界中の政府高官などが財政政策(税投入)や救済法によって金融機関救済へ。 NYダウ  8852.22 -127.04 同日、バンクオブアメリカがメリルリンチの買収で合意し、NYダウはブラックマンデーに次ぐ504ドルの暴落を記録します。, 9月16、17日 韓国産業銀行がリーマンブラザーズとの出資交渉を断念。メリルリンチなど、金融株が大暴落し、緊張が一気に高まります。, 9月11日 米投資銀行大手ベアスターンズに破綻の噂が広まり、同社株11%急落します。, 3月11日 日経平均  8276.43 -881.06 NYダウ  8691.25 +172.04 カーライルキャピタルと債権者の会談が不調に終わったと伝わり、ドル円が12年ぶりの100円台になり、更に同日に99円台に突入します。, 3月14日 「構造改革なくして景気回復なし」……小泉改革は何年もかかりそう……景気回復は5年先、10年先. NYダウ  8175.77 -203.18 NYダウ  9258.10 -189.01 NYダウ  9955.50  -369.88 日経平均  9547.47 +99.90, 10月16日 日経平均  8211.90 +589.98 日本のバブル崩壊後、最安値7603.76円を更新。1982年以来となる26年ぶりの水準まで落ち込みます。, 10月28日 アメリカは早々にリーマンショックから立ち直り、景気回復しました。一方日本はデフレ継続。この差はどうして起こるのでしょうか?, 「サウジアラビア 石油」に関するQ&A: サウジアラビア 1000人 来日とは? やはり 石油から電気 電池バブルに移行してきているから? て, 「消費税 問題」に関するQ&A: 年金財源を消費税にするのは問題がありますか?, 「円安 原因」に関するQ&A: 火力発電 デメリット ・大量の化石燃料を必要とする ・円安になると収益が悪化する ・地球温暖化の原因, 「市場 住宅」に関するQ&A: 【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。 自動車も住宅ももう国内市場はダメです。, 「消費税 変更」に関するQ&A: 関税を廃止して、消費税に変更したら、税収は?死荷重は?, 「国債 税」に関するQ&A: イタリア、消費税増税先送り、国債暴落おこらず, 「雇用促進住宅」に関するQ&A: 雇用促進住宅の退去費用について教えて下さい。, 国内GDPに占める個人消費の割合が約6割のなか 米投資ファンド大手のカーライル傘下のカーライルキャピタルが、追加担保の提供ができず、デフォルト宣告を受けます。, 3月10日 そしてその余波は更に拡大。負債総額60兆円を超えるリーマン破綻でそこから融資を受けていた多くの企業やファンドなどが破綻し、さらにそこから連鎖破綻が始まり、日本の企業へも連鎖。また企業年金等の資産運用を米系ファンドにまかせていたことで給付が1/5に減らされるなどで煽りを食らったひとも多かった。 普通デフレから脱却出来ないと思います。, デフレの時、消費税を上げるのは、どうかと思います。 NYダウ  8579.19 -678.91 NYダウ  9033.66 -231.77 ゴールドマンとモルガンスタンレーが銀行持株会社へ移行。 NYダウ  10482.85 -348.22 日経平均  9447.57 +1171.14 NYダウ  8577.91 -733.08 アメリカは早々にリーマンショックから立ち直り、景気回復しました。一方日本はデフレ継続。この差はどうして起こるのでしょうか?国内gdpに占める個人消費の割合が約6割のなか消費税を上げる???普通デフレから脱却出来ないと思いま 日経平均  8458.45 -1089.02 日経平均  9157.49 -45.83, 10月10日 日経平均  9306.25 +300.66, 10月22日 日経平均  7162.90 -486.18 米大手銀行のJPモルガンチェースがFRBの流動性供給支援を受け、ベアスターンズを1株2ドルで救済買収すると発表します。, 3月17日 日経平均  7621.92 +459.02 ョックの比較という意味では、引き続き注視が必要であろう。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次にサブプライムローン問題~リーマンショックの流れを受けたあと、日経平均株価がどのように回復したのかを見ていきます。, 週足で見るとリーマンショック後には比較的早い段階で最初の本格リバウンド時期がきていますね。, したがって実際の期間としては半年ほどもみ合ったあとに本格リバウンドする流れだったと言えます。, 少し跳ねたあとに一度底値まで戻してから上昇時期に入る流れがあったようです(ダブルボトムか?)。, リーマンショック級の大暴落ともなれば、多少買いが遅れても株価が安いことに変わりはないので焦らずじっくりと対処する方が大事ですね。, リーマンショック後の本格リバウンド時期では、7000円前後だった日経平均株価が12000円付近まで戻りました。, しかし、その翌年には東日本大震災が発生して再び日経平均株価は10000円割れまで戻ってしまいます。, じっくり上げてきた株価もあっという間に戻していて、下げスピードの速さには驚かされますよね。, また、相場の世界ではどれだけ稀少な事件でも悪いことは短期間に集中するものなんだなと感じます。, 2020年の新型コロナウィルス大流行もかなり稀少な事件だと思いますが、ここからさらに悪い出来事が起きないことを祈るばかりです。, ちなみに、リーマンショックも東日本大震災後の暴落もその後はもみ合う流れを挟んでから本格リバウンド時期に入っているようですね。, 大暴落後に買うのであれば、こういったもみ合い時期とブレイクを確認してからが良さそうです。, ところで、リバウンド時期といえば二番底や三番底がキーワードとして想起しやすいです。, 複数回のリバウンドによって大きめの安値ができていますが、そこから移動平均線付近で再度売り叩かれていそうなチャートになっています。, 個別株でもこういった流れになっている銘柄が多そうなので、やはりリバウンドで安易に買い始めるのは禁物でしょう。, サブプライムローン問題後の流れでわかるように、中期線できれいに抑えられると下落トレンドが維持されやすいと思います。, いかがでしたか?今回はサブプライムローン問題およびリーマンショック後の株価推移から本格下落と株価回復の流れを考察しました。, 多少リバウンド時期があっても慌てず、悪い流れは続くものだと意識したいと感じました。, 今回は値動きを重視しましたが、「なぜその暴落が起こったのか」をしっかりと考えることも大事です。, 原因となった事件がどういった展開になっているかもしっかりと考慮して安いところを拾っていきましょう。, 専門家へのインタビューや明日以降の相場戦略など色々な番組を無料視聴できますので、ご存じでない方はぜひご活用ください。, クリック!! ⇒ SBI証券のアクティブプラン改変!毎日300万円分の売買が無料に!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大卒で医療業界に就職するも資産運用の大切さに気づき勉強を開始。兼業投資家として投資を続け、20代を終える頃には新築一戸建てと高級外車SUVをさらりと手に入れるまでに資産が成長。自分がどうやって資産運用をしてきたかを世に発信していきたいと考えブログを立ち上げる。, 【YouTube始めました!】タップするとチャンネルへ飛べます ⇒ ⇒【初心者向け動画へGO】, 2007年の6~8月頃:サブプライムローン問題が徐々に発覚し始める(日経平均18000円), 2007年8月~2008年8月頃:日経平均株価が下落トレンドを維持(日経平均12000円), リーマンショックが発生したとされる2008年9月15日(リーマンブラザーズの破綻日). 日経平均  10473.09 -465.05, 10月7日 そこで今回は、世界最大の経済国アメリカを震源地とした、100年に一度と言われている、サブプライムローン問題・リーマンブラザーズ破綻などが起こった2008年の「リーマンショック(世界同時金融危機)」を振り返ってみましょう。 リーマン・ショックとは、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。 ちなみに、世界中の多くの経済学者、多くのエコノミスト、多くの政治家、多くのマスコミ、多くの業界団体が 神の言葉のように掲げる 格付け企業 ムーディーズやS&P による格付け、倒産直前のリーマン・ブラザーズはAAAであった。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 NYダウ  9447.11  -508.39 消費税を上げる??? 日経平均  9005.59 +311.77, 10月21日 過去の事例に経済回復のヒントがあると考えられるからです。 ここでは、2008年9月に起きた「リーマンショック」を参考に学んでいきましょう。 アメリカの金融危機で日本の株価が大暴落した それは、リーマンショックが経済の底を打った後V字回復を遂げたのに対し、今回のコロナショックは、リモートワークや密の回避など生活様式が変化することで、世の中のニーズやビジネスモデルが大きく変わり、回復に時間を要するという。 日経平均が一時下落幅1000円を超し、日経225先物が一時、約-20%の売り注文殺到で、サーキットブレーカーが発動します。, 10月14日 1929年ウォール街大暴落、1987年ブラックマンデー、1998年アジア通貨危機、2001年アメリカ同時多発テロ、2011年ユーロ危機など、株式市場の歴史を振り返れば、様々な暴落や危機が起こりました。, この記事を書いている2015年8月26日も、中国を震源地とする、世界同時株安が巻き起こっている真っ只中です。, そこで今回は、世界最大の経済国アメリカを震源地とした、100年に一度と言われている、サブプライムローン問題・リーマンブラザーズ破綻などが起こった2008年の「リーマンショック(世界同時金融危機)」を振り返ってみましょう。, 2008年1月4日の大発表会は、日経225先物が前日比(前年2007年12月28日)14660円 -590円 -3.87%から始まる、波乱の年を予感させる幕開けでした。, 年初から12営業日で-19%の暴落(約12500円ほどに下落)、WTI原油先物は100ドルの大台を突破しました。, FRBは0.75%利下げをし、金利は3.5%になり、月末には更に0.5%引き下げ、金利は3.0%になりました。, マイクロソフトが米ヤフーに買収を提案するも、交渉が難航し、遂に5月に断念しました。, 金融各社の評価損計上の動きが加速していき、早期の処理には評価の声が聞こえて、日本のバブル崩壊の二の舞にはならないと強調していました。, 企業業績は最高益更新を見通していましたが、デカップリング論が徐々に後退していきます。, 3月5日 NYダウ  8990.96 -74.16 日経平均が一時7000円割れに。, 10月29日 ※この日の暴騰を詳しく知りたい方はリーマンショックと共に記録した日経平均史上最大の上昇率記録した日を振り返ってみました, 10月15日 日経平均が1000円を超える暴落。下落率はブラックマンデーに次ぐ大きさです。 アメリカ経済の現状 2008年のリーマンショックで冷え込んだアメリカ経済はFRBの金融緩和により持ち直し、現在でも緩やかな回復が続いています。 一昨年には大型減税政策の打ち切り時期と、大型の財政緊縮政策の開始時期が2013年1月に重なっていることで 日経平均  11368.26 +108.40, 10月2日 NYダウ  9310.99 -76.62 歴史的な暴落から一夜明けたこの日、NYダウは+485ドルの大幅反発となります。金融安定化法案の修正案再可決への期待、議会関係者も早期成立への自信を示しました。, 米国時間の10月3日、全世界が固唾を飲んで見守る議会中継、次々と投じられる賛成票とともに、NYダウは上昇していき、可決直前の上昇幅は、300ドルに達していました。, これで全てがうまくいく。多くの人がそう確信し、安堵しましたが、可決直後から、大引けまでにNYダウが470ドルも急落します。, 10月1日 野村ホールディングスがリーマンブラザーズのアジア事業買収で合意。, 9月26日 リーマン・ショックとは、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。 米WSJ、バンクオブアメリカがリーマンブラザーズ買収交渉と報じられ、その他様々な憶測が飛び交いますが、当事者はコメントせず。, 9月12日 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, サウジアラビア 1000人 来日とは? やはり 石油から電気 電池バブルに移行してきているから? て, 火力発電 デメリット ・大量の化石燃料を必要とする ・円安になると収益が悪化する ・地球温暖化の原因, 【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。 自動車も住宅ももう国内市場はダメです。, http://www.47news.jp/CN/201412/CN201412080100127 …, https://www.youtube.com/watch?v=h9EmClRROYQ, http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37813, http://livedoor.blogimg.jp/hardthink/imgs/7/4/74 …, http://www.asahi.com/articles/photo/AS2014060400 …, http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140923/mca140 …, http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40979, http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_20 …, http://matome.naver.jp/odai/2136996040683433601, http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E7%94%A8% …, https://www.youtube.com/watch?v=yC8VUWW8u20&feat …, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3 …, リーマンショック級の事態が起きない限りは増税を実施するって言うけど、逆に増税したらリーマンショック以. NYダウ  9180.69 +189.73 米国政府が金融機関に資本注入を決定し、日経平均が史上最大の上昇率を記録します。 リーマンショック後の日米欧経済について目立つのは、その回復力の乏しさだけではない。日欧経済について、5年あまりの間に深刻な景気腰折れが複数回訪れていることも特徴である。 個人消費のGDPに占める割合は6割ですから。, 「為替 税金」に関するQ&A: 円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ド, 「消費税 海外」に関するQ&A: 成田空港内の免税店というものは、どの程度安いのでしょうか?, 「消費税 アメリカ」に関するQ&A: ネット社会になってからのメリットデメリット, 日本はザブプライムローンを含めた金融商品を購入した会社が少ないと聞いていますが、それならなぜこれほど景気が悪くなったのですか?分かりやすく教えてください。, アメリカはリーマン・ショック以前から企業破綻が相次いでいた。これは住宅と金融のバブルが崩壊したことによる余波。 日経平均  8674.69 -631.56, 10月23日 日経平均  10155.90 -317.19 日経平均  7649.08 -811.90  また、今回の感染症拡大では、生産回復は、アメリカの方が1か月早く始まり、その速度も当初は日本を多少上回っていた。ただし直近では、9月のアメリカの鉱工業生産は前月比マイナス0.6%低下に転じ、アメリカの生産の回復は頭打ちになってきている様子もみられる。, (注)日本の鉱工業生産指数は、リーマンショック時は2010年基準、今回の感染症拡大時は2015年基準と、基準年の異なるデータを用いているため、両時点の減少幅は本来同等には比較できない。影響の大きさの違いの程度を見る上での参考として参照のこと, 今回、日本の方が生産は20%超と大きく落ち込んだとはいえ、アメリカでも生産は20%弱と日本に近い落ち込みをみせたが、リーマンショック時は、アメリカと比べ、日本の生産がはるかに大きく落ち込んだ。その要因としては、①前回は日本の輸出依存度が相対的に高く、世界経済の悪化が輸出に大きく影響したこと、②今回は、日本の輸出依存度は依然高いものの、アメリカでも感染防止のためにロックダウン(都市封鎖)といった強力な措置が講じられたことで、今回はアメリカでも国内向けを含めた生産の低下が大きかったことが考えられる。, 今回の感染症拡大の影響による生産活動の低下を、業種に分けて影響を見てみよう。日本・アメリカともに、自動車工業の落ち込みが生産活動の低下に大きく影響し、その後の回復についても、自動車工業の伸びがけん引しているが、日本の方が、鉱工業生産全体の上昇・低下に占める自動車工業の寄与度の割合(寄与率)が大きいのに対し、アメリカの自動車工業の寄与率は日本ほどではない。アメリカの方が、自動車工業以外の産業もより幅広く生産に影響を受けたとみられる。, また、自動車工業の生産は、アメリカではすでに感染症の拡大前の水準まで回復しているが、日本は、まだそこまでの回復には至っていない。日本の鉱工業の中でも、自動車工業の生産はいち早い回復をみせているものの、日本の自動車工業がもたらす生産全体への波及効果も考えると、さらなる内需・外需の回復が期待されるところである。. NYダウ  8519.21 -514.45 週明けの市場で大混乱が起こり、ドル円が一気に95.71円の安値を更新。, 3月18日 AIG株が一時1.25ドルまで急落し、FRBが9兆円の緊急融資へ動きます。 リーマンショック後の本格下落と株価回復時期について振り返り、そこからどんなことが言えるか考察しました。過去の事件を教訓にうまく立ち回りましょう。 同日、三菱UFJがモルガンスタンレーへの出資を発表。  今回、リーマンショック時と今回の感染症拡大時で、日本とアメリカの鉱工業生産がどのように推移したかを比較することで、日米の産業活動の違いなどをみていく。, 日本とアメリカの鉱工業生産は、リーマンショック時、今回の感染症拡大時、ともに大きく落ち込んだが、落ち込みの速度や回復の状況には、日本とアメリカで違いが見られた。この違いを、鉱工業生産指数の動向からみてみる(注)。 GS、リーマンブラザーズが黒字決済。FRBが0.75%利下げを行い、金利が2.25%になり、NYダウが大幅反発し、ドル円は翌日19日にかけて、一時100円台を回復します。, ベアスターンズの破綻で不安材料は無くなり、長かった暗いトンネルの出口は見えてきている。そんな雰囲気が市場に広がり始めていました。, 4月に入ると、株式市場の反発が始まり、信用危機は出口に近づきつつあるとの見方が強まります。, ドル円が105円台を回復します。原油が130ドルを突破し、各国が穀物の高騰に強い懸念を示します。, 引き続き金融機関が損失を計上し、増資を相次いで発表しますが、市場の反応は薄く見逃されていました。, ドル円が一時108円台へ回復し、原油価格は140ドルを超え、ガソリン価格の高騰などが一般ニュースで連日報道されます。, 日本国内では、洞爺湖サミットをテーマに環境関連銘柄が賑わうなど、個別相場が活況となり、個人投資家に盛り上がりを見せていました。, 7月に入り、原油価格が147.27ドルで天井をつけ、関連銘柄には出尽くしの動きが広がります。, ファニーメイ、フレディマック株が暴落し、国有化との観測否定されますが、米国政府は両社への支援を決定します。, メリルリンチが増資を行い、日本国内では食品値上げが相次ぎインフレ批判が高まっています。, 天井をつけた原油価格は、110ドル台までスピード調整していくと同時に、世界経済の見通しが悪化していき、需要減速が懸念されていきます。, アーバンコーポレーションが破綻。韓国産業銀行がリーマンブラザーズ買収検討も、二転三転する報道をめぐり混乱していきます。, 9月5日 JPモルガンチェースが救済買収。米国以外も銀行救済を急ぎます。, 9月29日 NYダウ  10831.07 -19.59 日経平均  9203.32 -952.58 NYダウ  9065.12 +889.35 新型コロナウイルスの感染拡大によって、コロナショックと呼ばれる世界的な金融危機が訪れました。, コロナショックによって、世界の株価は大きく下落し、日本の株価も同様に大幅に下落しました。, そこでここでは、過去の世界的金融危機「リーマンショック」以降に株価はどう回復したのかを学んでいきましょう。, そこで気になるのが、今までに起きた金融危機の後の経済の動きはどうであったか、どう回復していったのかというところでしょう。, 2007年のサブプライムローンの問題をきっかけに2008年9月に米証券大手のリーマン・ブラザーズが破綻し、これに伴う金融不安が広がった結果、アメリカ株価市場が暴落しました。, 日本では、証券化されたサブプライムローンに投資している投資家はほとんどいなかったものの、ドル安円高や金融不安による経済停滞によって、輸出企業が多い日本市場も大きく下落し、日経平均平均株価は7000円を割り込む事態になりました。, この時期に、企業の売上高も大幅に落ち込み、東証1部すべての上場企業平均で10%の減収となりました。, 例えば、日本の大手企業である「トヨタ自動車」は、2008年3月期の売上高は約26兆円であったが、翌年2009年3月期では約20兆円と22%もの減収となりました。, リーマンショックが起こる1年前の2007年の日経平均株価は、1万8000円を超える相場状況でしたが、2008年には1万2000円を割れるほど下がり、リーマンが破綻した約1か月後には、最安値である6994.90円まで下がりました。, 2009年の夏ごろには、1万円ほどまで回復しましたが、1万2000円を超え始めたのは「アベノミクス」という経済政策が展開された2012年以降でした。, リーマンショックを受けて、日経平均株価は高値から安値まで61.4%下落した後、戻り高値まで48.7%上がりました。, 個別銘柄で見ると、最も下落した銘柄はマイナス99.3%で、上昇時に最も上がった銘柄は13.7倍になったようです。, 先程例に挙げた「トヨタ自動車」は、2009年3月期の営業利益はマイナス4169億円の赤字に転落したものの、翌年の2010年3月期には、売上はほぼ同じであったが、営業利益は1475億円と黒字に転じました。, この年はドル円が110円台から90円台と急激に円高が進み、輸出企業には不利な状況下ではありましたが、そんな状況下でもトヨタ自動車は黒字にすることに成功しました。, このような株価の暴落が起きたときには、その瞬間は一律どの企業も株価を下げるものの、銘柄や業種によって下落率、上昇率のどちらも違ってきます。, 単純に、価格が下がっているから株を買うのではなく、銘柄や状況を総合的に判断したうえで、資産運用を考えることが重要になります。, 株式投資をするときには、企業の本質を見極めて、銘柄選びをすることが重要かつ、大前提となります。, コロナショックによって、数々の銘柄の株価が軒並み下落したとはいえ、直ぐに上昇する銘柄もあれば、長い期間停滞している銘柄もあります。, このような状況下でも、ニーズのある企業の銘柄に目を向けて、銘柄を購入することを心掛けていきましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.