11 r 第68回ラジオnikkei賞(g3) 芝右1800m / 天候 : 小雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 15:45 過去のラジオnikkei賞. 2着:ウインガナドル(クビ) 「小回りコースは走ったことがなかったので、1コーナーで力んで走っていました。3コーナーの勝負どころでもスピードアップするのに戸惑っていました」, 6着 サトノクロニクル(川田騎手) 競馬情報サイト「競馬の魅力」では動画や結果から出走予定馬、予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 2017/7/2 11着:ライジングリーズン -JRA重賞・過去レース映像分析, 福島競馬場, 馬券. 6月からの読者募集開始しました。オークス▲→○→◎で3連単1799.6倍、3連複282.4倍など総取り完全的中!2019年1〜5月のレジまぐ回収率160.4%!重賞全頭解説付き予想+午前と午後の勝負レース。, 2017ラジオNIKKEI賞データ分析!前走??で3番人気以下は(0-0-0-20). 新馬戦。メイクデビューの競馬予想方法。馬券の買い方、傾向攻略のコツ新馬戦出走馬のスケジュール、デビュー予定 ... 2018年ラジオNIKKEI賞3着、キボウノダイチ(オッズ・9番人気。血統・バゴ産駒)の前走は、3歳500万下(京都競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・12.4-11.5-12.6/12.6/12.4-12.6-12.0/11.5-11.2-11.7, キボウノダイチは、6枠8番からスタート。発馬決めて、促して促して行って、前目へ。逃げて行く。キボウノダイチのテン3ハロンは36.5秒。少し遅めの逃げ。, 向正面。逃げ馬・キボウノダイチのペースは、標準くらいを前後して行く。抑えつつ、脚溜めて行く。, 直線。後続が外から迫ってくるも、入り口で先頭のまま。追って、追うキボウノダイチ。伸びて伸びて行く。2番手・3番手の馬がなかなか迫って来られない。内目からメールドグラースがクイッと伸びてくるも交わさせず、ゴール。キボウノダイチ1着。上がり3ハロン34.4秒。, ※【ラジオNIKKEI賞2018・過去結果データメモ】キボウノダイチの斤量は3歳500万下から変わらずの53キロ。前走のキボウノダイチは、テン3ハロン少し遅めで進み、中間ラップは標準前後を進む流れを自ら作った。, キボウノダイチはスタート決めて、促して促して前目へ。じわっと、逃げて行く。テン3ハロン少し遅めから標準くらいのラップで進む。脚を溜めつつのにげ。直線、後続が迫ってくるも、追って伸びて伸びて交わさせずのゴール。1着。上がり3ハロン34.4秒。, 距離やコーナー数が違うがメイショウテッコンの前走と比べると、流れたペースはキボウノダイチの方がいささか遅め。上がりは同じくらいあるも、逃げて行くときの他馬を待たせての逃げと、メイショウのようにけしかけられてペースアップしたのとでは意味が違うところ。その点で印の重さには差がつく。. ラジオNIKKEI賞2017・レース結果は以下の通り。 馬場状態・そこそこ乾いた良馬場. ◆ウインガナドル・上原師 「逃げなくても好位で競馬はできる」 ◆グランドボヌール・岩元師 「調教はいつも動く。行きたがる面があるので気をつけたい」 ◆クリアザトラック・前川助手 「追走してあっさり抜けてきた。カッとなり過ぎなければ」 ◆サトノクロニクル・池江師 「動きは良かった。秋に向けてきっちり重賞を勝っておきたい」 ◆セダブリランテス・石川騎手 「反応はイメージ通り。小回りにも対応してくれると思う」 ◆ニシノアップルパイ・中舘師 「思ったより時計は速かったが、動きはまずまず。福島は乗りやすいと思う」 ◆ビービーガウディ・久保田師 「ひと追いごとに良化。2走前の内容なら器用に立ち回れるはず」 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「予定通りの時計。今回は出たなりで競馬をしたい」 ◆マイブルーヘブン・難波騎手 「併せて遅れたけど反応は良かった。51キロを生かしたい」 ◆ロードリベラル・尾形和師 「叩いて上積みはある。あとは気持ちのコントロールだけ」★ラジオNIKKEI賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! 2019年6月30日 2回福島2日目 3歳オープン (国際)(特指)(ハンデ) 「前回、馬込みに入れて引っ掛かってしまったので、今日はプレッシャーのない、離れた位置でレースをしました。勝負どころでいい感じで上がって行きましたが、最後、つかまえることが出来ませんでした。もう少し流れてくれれば良かったかもしれません」, 4着 クリアザトラック(北村宏騎手)

2017年ラジオNIKKEI賞. よろしかったらチャンネル登録よろしくお願いします。. ラジオnikkei賞2017(福島芝1800m)の予想です。7月2日に福島競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はサトノクロニクル、クリアザトラック、ライジングリーズン、セダブリランテスなど。福島競馬場の芝1800mで行われるgiii戦です。 競走名は、寄贈賞を提供している日経ラジオ社が運営している短波放送局の愛称「ラジオnikkei」に由来している 。. 「重賞も勝っていない馬で57キロのハンデは重すぎます」, 11着 ライジングリーズン(丸田騎手) 3着:ロードリベラル(クビ) 2020年のラジオNIKKEI賞。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のラジオNIKKEI賞のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、ラジオNIKKEI賞。, シンコウラブリイ・エーピーグランプリ・ヤシマソブリン・プレストシンボリ・ビッグバイアモン(中山開催)・エアガッツ・ビワタケヒデ・シルクガーディアン・ルネッサンス・トラストファイヤー・カッツミー・ヴィータローザ・ケイアイガード・コンラッド・タマモサポート・ロックドゥカンブ・レオマイスター・ストロングガルーダ・アロマカフェ・フレールジャック(中山開催)・ファイナルフォーム・ケイアイチョウサン・ウインマーレライ・アンビシャス・ゼーヴィントなど。, ラジオNIKKEI賞の競馬予想、参考データと言っても、過去のラジオNIKKEI賞のレース映像分析ではありません。, 過去のラジオNIKKEI賞の結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。, 前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のラジオNIKKEI賞のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走馬に書かれない激走買いデータをまとめます。, ラジオNIKKEI賞で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? セダブリランテス・メイショウテッコン・ブレイキングドーン。, どのような競馬を前走でしていた馬が過去のラジオNIKKEI賞で馬券になったのか。マイネルサーパス・フィエールマン・ウインガナドル。, ラジオNIKKEI賞のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。, 過去にラジオNIKKEI賞が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。, ラジオNIKKEI賞の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともラジオNIKKEI賞の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンター・ゲストは誰か妄想しつつ、分析します(真面目にやれー)。, JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。, 例えるならば、過去のラジオNIKKEI賞で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。, 毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。, レースラップ・12.6-11.1-12.2/12.6-12.5-12.3/12.4-11.9-12.2, 2019年ラジオNIKKEI賞1着、ブレイキングドーン(オッズ・3番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)の前走は、京都新聞杯(京都競馬場・芝2200m)でした。, レースラップ・12.6-10.5-12.3/12.2-12.4/12.4-12.4-11.8/11.7-11.5-12.1, ブレイキングドーンは、3枠4番からスタート。発馬決めて、手前変えて変えて、促してスピードにのせていく。しかし、後方から。, 逃げて行ったのは、ロジャーバローズ。テン3ハロン35.4秒。標準くらいの逃げ。ブレイキングドーンのテン3ハロンは37.2秒。, 向正面。ロジャーバローズのペースは「12.2-12.4/12.4-12.4-11.8秒」と1ハロンごと少し早めを継続して行く。ブレイキングドーンは、後方馬群の内目で抑えつつ、脚を溜めて行く。, 直線。入り口で後方馬群の中。進路探しつつ、内へ外へ右往左往。追い出す位置を確保するのに時間かかる。追いつつ、外目に進路を確保。追って、追う。伸びていく。しかし、抜け出した馬たちを交わして行くには伸びが足らず。ブレイキングドーン6着。上がり3ハロン35.0秒。, ※【ラジオNIKKEI賞2019・過去結果データメモ】ブレイキングドーンの斤量は京都新聞杯から1キロ減の55キロ。前走のブレイキングドーンは、テン3ハロン標準くらいで進み、中間ラップから少し早めを継続する流れを走った。, ブレイキングドーンはスタートして、手前変えて促して行ってスピードに乗せて行くもテンの早さにはついていけず後方から。少しずつペース速くなって行く中、後方で脚を溜めて行く。3角-4角、距離ロス少なく回る。直線は内目に進路を取ろうとするも、前が壁で外へ切り替えるロスあり。それでも追って伸びて行っての6着。上がり3ハロン35.0秒。, 初チークピーシーズ装着。これがどう影響したのかは不明も、次走では外している。テン3ハロンの早さは標準くらいも、その後はじわじわ少し早めを継続する流れ。脚の溜めやすさはあまりない。テン3ハロンが遅く入って速くなって行ったのではなく、テン3ハロンから標準くらいのラップだった点は注意したいところ。なにせ、逃げた馬は次走、日本ダービーで勝った馬。そこから考えると、上がり35.0秒は評価したい数字。1キロ減も味方である。, 栗東CW 良 94.6-79.0-64.8-51.1-38.0-12.1<7>一杯に追う. 5着:マイネルスフェーン(1-1/4馬身) 2018/2/10 過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。, ラジオNIKKEI賞の前身「中山4歳ステークス」が創設されたのは1952年。当初の条件は中山芝1800mであり、3月に皐月賞の前哨戦として施行された。1954年からは6月下旬の開催に移行。1979年には福島芝1800mに条件が変更され、現在に至る。また、レース名について前述の中山4歳ステークスから日本短波賞、ラジオたんぱ賞と変更を重ね、2006年より現行の「ラジオNIKKEI賞」に改称された。, かつては出走条件に「除東京優駿の勝ち馬」と記されていたため、クラシック路線で敗れた馬たちの敗者復活戦といった性質を帯びている。そのため「残念ダービー」とも称される。ただし、古くはスズパレード、シンコウラブリイなどがのちにビッグレースを制しており、2015年ラジオNIKKEI賞勝ち馬のアンビシャスは現在も中距離G1の常連として大願成就の時を待っている。ローカルの3歳戦とはいえ一笑に付すことは禁物だ。, ラジオNIKKEI賞の行われる福島芝1800mは最後の直線に設けられた坂を含め、小さなアップダウンが随所に散りばめられている。ただし、基本は小倉競馬場などの小回り平坦コースと似た特徴を有しており、内枠の逃げ先行勢を狙うのが鉄則。ラジオNIKKEI賞は開幕週の施行となるため、特にその傾向が顕著だ。, 血統的にはディープインパクト産駒が圧倒的な成績を残している。同産駒は直線の長い競馬場で切れ味を生かす産駒が多く、意外な印象も受けるが、昨年末までの回収率は142%を誇る。ラジオNIKKEI賞でも通算4勝をマークしており、人気でも逆らうのは無謀かもしれない。そのディープ産駒を含め、ラジオNIKKEI賞はサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が目下9連勝であり、予想に迷った際はサンデー系を上位に採りたい。, 2016年ラジオNIKKEI賞で1番人気に推されたのはゼーヴィントだった。3戦目で未勝利クラスを脱出すると、続く500万下の山藤賞では好位からメンバー最速の上がり脚を繰り出し、見事な内容で連勝を飾る。さらに続くダービートライアルのプリンシパルステークスでも3着。日本ダービー出走の夢こそ絶たれたが、世代トップクラスのポテンシャルを披露した。中山コースで2勝を挙げていることから小回りコースへの適性も担保されており、その人気に拍車を掛けることとなった。, 2番人気の支持を集めたのはブラックスピネルだった。3戦目に選んだ萩ステークスではのちに重賞2勝を挙げるスマートオーディンを下して勝利。その後は煮え切らないレースが続くが、白百合ステークスではロイカバードら高素質馬を相手に快勝。オープン特別の2勝がいずれも広い京都コースであること、重賞未勝利にも関わらずトップハンデ57kgを背負わされることなど、課題がないではなかったものの、武豊騎手がおよそ4年ぶりに福島競馬場で騎乗するという話題性も相まって、高い評価を受けた。, 3番人気はアップウォーク。未勝利戦を勝利後、ひと息入れての出走となった早苗賞では中団から上がり3ハロン33.2秒の鬼脚で単勝1.8倍の圧倒的人気に応えた。同レース出走時の馬体重はプラス18kgであり、充実一途の近況が買われる格好となった。, 以下、堅実性が魅力のロードヴァンドール、毎日杯2着のアーバンキッドが人気で続いたが、1番人気ゼーヴィントの単勝オッズは4.0倍を示しており、ハンデ重賞らしく実力拮抗のメンバー構成となった2016年ラジオNIKKEI賞だった。, 梅雨空の下、いよいよ発走時刻を迎えた2016年ラジオNIKKEI賞。ゲートが開き真っ先に飛び出したのはジョルジュサンクだった。田辺裕信騎手の手綱に導かれコーナーワークを利して先頭に立つ。2番手にはダイワドレッサーが付け、隊列は決まったかに思われたが、外からミエノドリーマーが掛かり気味に動き、一気にレースを引っ張る形に。人気のゼーヴィントは中団、ブラックスピネルは後方2番手からの競馬となった。, ジョルジュサンクがハナを奪い返して迎えた最後の直線。先行勢も懸命の粘り腰を発揮するが、外から後続各馬が猛追。中でもゼーヴィントの伸び脚は鋭く、馬群を縫うようにして一気に先頭集団へと襲い掛かる。結局、ゼーヴィントがそのまま差し切り、1着でゴールイン。勝ちタイムは1分47秒0。1馬身1/4差の2着にはダイワドレッサーが粘り込み、3着はアーバンキッド。2番人気ブラックスピネルはメンバー最速上がり3ハロン34.1秒の脚を使うも5着に終わった。, 見事1番人気に応え、2016年ラジオNIKKEI賞を制覇したゼーヴィント。勝利に導いた戸崎圭太騎手はレース後「スタートの下手な馬が内枠に入ったので、前半は我慢して運ぼうと思っていた。今日はおとなしく、しっかり走ってくれた。勝たなくてはいけないレースだと思っていたし、勝ててよかった。秋のG1も勝ちたいと思っている」とコメント。2016年ラジオNIKKEI賞はあくまで通過点と言わんばかりの口ぶりだった。, 9番人気ながらしぶとい競馬で2着に健闘したダイワドレッサーの石川裕紀人騎手は「正攻法で思いどおりの競馬ができた。競馬も上手な馬だし、乗りやすい。またチャンスは来ると思う」と今後の明るい見通しを語った。, 3着アーバンキッドに騎乗した福永祐一騎手は「折り合いは付いていたが、できれば内に入れたかった。切れ味があるので、直線の長いコースの方が向いている」と枠順やコース適性を敗因として挙げた。, 一方、2番人気ながら5着止まりとなったブラックスピネルの武豊騎手は「ゲート内で突進したところでスタートが切られたので出負け気味になった。終いは脚を使っているが、ハンデも厳しく、小回りコースも向いていない。条件が良くなかった」と力を出し切っていないことを強調した。, 現時点では2017年ラジオNIKKEI賞の詳細は不明だが、例年の傾向に照らし合わせると、500万下を勝ったばかりの馬にも勝機は十分。中でも注目馬として挙げたいのはビービーガウディだ。祖母にダイナカールを持つ名牝系出身で、父はアメリカ遠征で話題を集めたカジノドライヴ。ダートを含め、中山コースでは安定した成績を残しており、いかにも小回りでの台頭が見込めそうな同馬。混戦向きの勝負根性を備えている点も心強い。, その他、ダービーで夢破れた馬、秋の飛躍を誓う馬など、それぞれの目標を携えた馬たちの集結が予想される2017年ラジオNIKKEI賞。発走は7月2日。梅雨空の福島に若き才能がきらりと光る。, 凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。 Radio Nikkei Sho (G3), 1着:セダブリランテス All Rights Reserved. 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 7月2日(日)に行われるラジオnikkei賞2017福島芝1800mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。ラジオnikkei賞の血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。 第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII)芝・右 1800m ※音はありません ラジオnikkei賞2017・レース結果は以下の通り。 馬場状態・そこそこ乾いた良馬場. 父:ディープブリランテ 母:シルクユニバーサル 母父:ブライアンズタイム 重賞レース 動画・結果, 「ラジオNIKKEI賞 2017」の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:セダブリランテス、2着:ウインガナドル、3着:ロードリベラル。「セダブリランテス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 2017年7月2日(日) | 2回福島2日 | 15:45 発走 Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 正賞はラジオnikkei賞 ラジオnikkei賞(ラジオニッケイしょう)は、日本中央競馬会(jra)が福島競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走(giii)である。. 1日ワンクリックありがとうございます人気ブログランキングへ 6着:サトノクロニクル ラジオNIKKEI賞[2017年7月2日福島11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。. 秋のビッグレースへ楽しみな一頭が誕生した。, 【ラジオNIKKEI賞 2016】動画・結果/ゼーヴィントが馬場の真ん中から差し切る, 「ラジオNIKKEI賞 2016」の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:ゼーヴィント、2着:ダイワドレッサー、3着:アーバンキッド。「ゼーヴィント」が勝利した2016年のラジオNIKKEI賞の詳しい結果、動画をご覧ください。, ラジオNIKKEI賞 2018の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:メイショウテッコン、2着:フィエールマン、3着:キボウノダイチ。「メイショウテッコン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, ラジオNIKKEI賞2020の追い切り・コメントの記事です。ラジオNIKKEI賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!, 「ラジオNIKKEI賞 2013」の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:ケイアイチョウサン、2着:カシノピカチュウ、3着:アドマイヤドバイ。「ケイアイチョウサン」が勝利した2013年のラジオNIKKEI賞の詳しい結果、動画をご覧ください。, ラジオNIKKEI賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のラジオNIKKEI賞の着順は1着:ブレイキングドーン、2着:マイネルサーパス、3着:ゴータイミングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, ラジオNIKKEI賞2019の追い切り・コメントの記事です。ラジオNIKKEI賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!, 「ラジオNIKKEI賞 2011」の動画・結果です。ラジオNIKKEI賞の結果は1着:フレールジャック、2着:マイネルラクリマ、3着:カフナ。「フレールジャック」が勝利した2011年のラジオNIKKEI賞の詳しい結果、動画をご覧ください。, 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/14・11/15)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!. 8着:ビービーガウディ ラジオNIKKEI賞 G3. 内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。ただ、ハンデ戦で少々ハンデが効いた印象も無くはない。 2016年ラジオNIKKEI賞. 12着:ニシノアップルパイ, 1着 セダブリランテス(石川騎手) 「以前乗った時より馬がパワーアップして、落ち着きも出ていました。今日は相手が強かったです」, 3着 ロードリベラル(吉田隼騎手)