メアリートランプの暴露本は大統領の暴露本の内容についてです。ドナルドトランプ大統領の姪は新しい本で彼女の叔父の暴露本を発表し、7月7日に得られたコピーによると、公衆に差し迫った危険をもたらすナルシシズム的で傷ついた男を育てた有害な家族を非難しました。 第33期竜王戦七番勝負第3局羽生善治九段・豊島将之竜王戦対局棋譜。 | 最新時事情報を速報するカレントブログ, 第33期竜王戦七番勝負第3局羽生善治九段・豊島将之竜王戦対局棋譜。(1日目) | 最新時事情報を速報するカレントブログ, 【米】鳥が高層ビルに衝突か、推定1500羽が死傷する異例の事態に ペンシルベニア州 [ばーど★] | FAV capture, 【米】鳥が高層ビルに衝突か、推定1500羽が死傷する異例の事態に ペンシルベニア州 [ばーど★] | イズナちゃん速報, 俳優のトーマス・ジェファーソン・バードが銃で撃たれ死亡! | 最新時事情報を速報するカレントブログ. トランプとバイデンどちらが勝ってもゴルフ贔屓。大統領とゴルフの甘い関係, リモートで「感じがいい人とそうでない人」の差 相手への印象を劇的に変えるアナウンサーの技. メアリーによると、ドナルド・トランプ大統領は支配的だった父親フレッド・シニアの「言葉の暴力」が生んだ「産物」だという。 彼女いわく、フレッド・シニアには反社会性パーソナリティ障害があり、いわゆる「ソシオパス(社会病質者)」だった。 メアリートランプの暴露本は大統領の暴露本の内容についてです。ドナルドトランプ大統領の姪は新しい本で彼女の叔父の暴露本を発表し、7月7日に得られたコピーによると、公衆に差し迫った危険をもたらすナルシシズム的で傷ついた男を育てた有害な家族を非難しました。, 心理学者のメアリーL.トランプは、トランプの再選は、もはや絶望的であり、「嘘や欺瞞にお満ち、最低限の人格欠格のトランプ大統領にたいする私が知っているすべて」を書いています。トランプが大統領になったことで「民主主義と人々の人生が破壊されている」と言っています。, メアリー氏は著書で、トランプ氏は父親の「造形物」だとし、父フレッド氏に依存していたとしています。つまり大統領の器ではないと言っています。, 「この本が出版されるまでに、ドナルドの傲慢と故意の無知の祭壇で何十万人ものアメリカ人の命が犠牲にされているでしょう。彼が2期目を与えられれば、それはアメリカの民主主義の終わりだろう」と彼女は書いている。, 「あまりにも突出した、私の家族が世界で最も危険な男を育てた方法」について伝えます。, メアリートランプはトランプの兄であるフレッドジュニアの娘で、1981年のアルコール中毒との闘いの末に42歳で亡くなりました。, この本は、元国家安全保障アドバイザーのジョン・ボルトンのベストセラーと同様にトランプ大統領についての批判をしている本です。, メアリーL.トランプの本の中で、メアリートランプは、大統領が友人にお金を払ってSAT(大学の入学に広く使用されている標準化されたテスト)を代わりに受けたと主張しています。いわゆる替え玉受験です。, 彼女は、姉のマリアンヌ・トランプがドナルドトランプのために勉強を見たことがあるが、成績はかなり悪かった。クラスでも下位の法だった。, ブロンクスのフォーダム大学で2年後に転校し、ペンシルベニア大学に入学するため、SATを取るために成績の良いジョーJoe Shapiroに受験を依頼した」と彼女は書いている。, これについて、ホワイトハウスのスポークスパーソン、サラ・マシューズはこの主張を「完全に偽り」だと述べた。, メアリートランプはまた、著名なクリスチャンの指導者や白人の福音派の支持を得るための偽りを言っています。, 「ドナルドが教会に行ったのは、カメラがあるときだけで、教会に普段いくことは、めったにありませんでした」と書いています。, ホワイトハウス報道官のケイリー・マケナニー氏は7月7日に本を非難し、「それは真実にまったく反した関係のないばかげた不条理な非難だ」と述べた。, メアリートランプは、16歳のときに父親が亡くなったとき、彼女の父親が一人で死んで横たわっていたとき、メアリートランプは哀悼もせず「ドナルドは映画に行きました」と主張しています。, 出版社のSimon&Schusterは月曜日に、ニューヨークの控訴裁判所が法的異議申し立てに応じて本の出版方法を明らかにした後、2週間前の7月14日に本を出版すると発表しました。, 大統領の弟であるロバートトランプはメアリートランプを法的文書で訴え、彼女は家族のコアのメンバーが関与するアカウントを承認なしに公開しないという家族間の20歳の合意の対象であると主張しました。, 裁判官は先週、メアリートランプと彼女の代理人が本を配布するのを禁止しましたが、裁判所は、出版社のサイモン&シュースターが判決の対象となることを考慮していないことを明らかにしました。, 結果として、メアリー氏の著書については大統領の弟ロバート・トランプ氏が出版差し止めを求め法廷闘争が展開されていたが、ニューヨーク州の裁判所が出版を認めたことになりました。, 今回は「メアリートランプの大統領暴露本の内容とは。ついに出版決定。」というテーマでお送りしました。, 亡命ウイグル人は7月7日、オランダ・ハーグ(Hague)の国際刑事裁判所(ICC)へ、中国がジェノサイド(大量虐殺)と人道に対する罪に及んだ証拠をまとめた膨大な書類を提出し、習近平を含む中国の上級指導 …, イスラエルによるイラン攻撃の可能性高まる。理由はアメリカのイラク空爆に始まっている。, アメリカとイランの一触即発の危機は、アメリカトランプ大統領の選挙やイランの国内事情 などで、いったん沈静化したが、一つの大きな火種を残す結果となりました。それは、イスラエルのイランに対する攻撃の可能性 …, 2月2日海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」」が横須賀基地を出港した。「たかなみ」は2月下旬から中東海域で情報収集を始める。中東での活動域は結局、危険が予想されるホルムズ海峡は含んでいない。 護衛艦 &nb …, 中国山東省の青島でウイルス感染が起こった、というニュースが出てきています。中国山東省の青島でウイルス感染が起こった。600万の都市部の人口に対して検査を行う。十一連休中、青島では、観光客だけでも400 …, 懐疑的な大統領。何百万人もが社会的に孤立することを拒否しています。負担の大きい医療システム。これらは、ブラジルを次のコロナウイルスの震源地、そしておそらく世界で最も影響を受けた国の1つに変えている要因 …, 2020年ザギトワモスクワCSKAアリーナFigure Skating Lovers動画!. (ブルームバーグ): トランプ米大統領のめい、メアリー・トランプ氏による一族の暴露本が来週発売される。この本は父親によって偽りと自慢を教え込まれた男を描き出したとうたっている。, メアリー氏は著書で、叔父のトランプ大統領の行動によって「民主主義と人々の人生が破壊されている」のを見て2017年に行動を決意したと説明。出版社サイモン・アンド・シュスターから発売される本の1冊をブルームバーグ・ニュースが入手した。, メアリー氏は「叔父が規範を破り同盟を危険にさらし弱者を踏みにじるのをリアルタイムで見ていた。ただ一つ驚いたのは、叔父にそうさせることを望む人々が増えていったことだった」と書いている。, 同氏はまた、大統領の財務に関する米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道につながった複合企業トランプ・オーガニゼーションについての税務関連文書の漏えい元が自身だとも主張。この報道はトランプ氏が1990年代に税逃れのために利用した財務手法について伝えた。, ホワイトハウスのマクナニー報道官は7日、メアリー氏の著書を「ばかげた主張」に満ちた「偽りの本」と呼んだ。トランプ氏はNYTの報道を「昔の退屈な中傷記事」と述べていた。, メアリー氏の著書については大統領の弟ロバート・トランプ氏が出版差し止めを求め法廷闘争が展開されていたが、ニューヨーク州の裁判所が出版を認め、14日に発売されることになった。, ロバート氏は差し止めの理由にトランプ大統領の父、フレッド氏の遺言を挙げていた。メアリー氏は著書で、トランプ氏はフレッド氏の「造形物」だとし、フレッド氏に依存していたとの見方を示している。, メアリー氏の著書はトランプ氏が「核兵器や中国との通商関係について何も知らないのに発言」し、特に新型コロナウイルス感染症(COVID19)の「検証されていない治療薬の効果について批判されることもなく喧伝(けんでん)した」と批判。「弱者」に対するツイッターでの悪意ある攻撃も指摘した。, トランプ氏の「独特の人格的瑕疵(かし)」がロシアのプーチン大統領や北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長らに容易に操作されることにつながっているとも論じた。トランプ氏について、「最も賢く最も偉大で最高の人物だと持ち上げれば、何でもやらせることができる」人物と分析した。, メアリー氏の著書「Too Much and Never Enough: How My Family Created the World’s Most Dangerous Man」は、トランプ一族がいかにして「世界で最も危険な男」を生み出したかを描いたとしている。, 二人ともシングルの腕前!? この本は父親によって偽りと自慢を教え込まれた男を描き出したとうたっている。 メアリー氏は著書で、叔父のトランプ大統領の行動によって「民主主義と人々の人生が破壊されている」のを見て2017年に行動を決意したと説明。 2020 All Rights Reserved. Copyright© 最新時事情報を速報するカレントブログ ,