104-8108 東京都中央区銀座3-2-17 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第25回 映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。 映画『ミッドナイトスワン』は、2020年9月25日(金)よりロードショーです。 伊吹 有喜『ミッドナイト・バス』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。 ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。 概要. 【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果... 【上野鈴華の演技評価とプロフィール】『ミッドナイトスワン』ヒロインのライバル... 【ミッドナイトスワン考察】映画の元ネタ「白鳥の湖」のストーリーを解説。夜の公... 服部樹咲(新人女優)ってどんな少女?『ミッドナイトスワン』演技派の草彅剛を引っ... 『ミッドナイトスワン』草彅剛の演技力解説。見どころはトランスジェンダー(性同一... 『ミッドナイトスワン』感想と考察評価。タイトルの意味解説と草彅剛×服部樹咲で描... 映画『ミッドナイトスワン』キャストの服部樹咲(みさき)は草彅剛と同居する少女・... 『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】, 『ミッドナイトスワン』小説と映画の結末の違いをネタバレ考察!ラストまで続く内田英治監督の細かい心理描写|映画という星空を知るひとよ30, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『さくら』小説ネタバレと結末までのあらすじ解説。西加奈子原作の一匹の老犬が見守る家族のヒストリー|永遠の未完成これ完成である16, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】, 映画『ばるぼら』あらすじと感想。二階堂ふみがヌードの濡れ場で稲垣吾郎を相手に手塚漫画に挑む|TIFF2019リポート23, 『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7, 『ミッドナイトスワン』ラスト感想と評判解説。最後の海で世界へと飛び立っていく“二人”の美しい白鳥の姿. 別れた妻と恋人の間で揺れる高速バス運転士と、離れ離れになった家族の「再生」を描く。 別册文藝春秋297号から305号にかけて掲載された。 2014年第27回山本周五郎賞候補 、第151 【解説】 小説家・伊吹有喜の同名原作を映画化した人間ドラマ。監督は、『ジャンプ』の竹下昌男。 高宮利一(原田泰造)は、故郷・新潟で長距離深夜バスの運転士として働いていた。 ミッドナイト・バスを見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の前にぜひチェック! 今見る映画検索. 新潟の白鳥交通、深夜バスの運転士を勤める高宮利一はバツイチで、2人の子供を引き取り育て上げた。彼は東京に住む恋人の古井志穂を自宅へ招待したが、その日に限って息子の怜司が家に来ていて気まずい雰囲気に。志穂は息子を紹介してくれなかったと気落ちし、東京へ戻ってしまう。 利一の息子、 … ミッドナイト・バスのあらすじ・作品解説ならレビューン小説. 世界初の風邪ワクチンを開発した科学者・紀久生(窪塚)は、怪しげな連…, 作曲家や女優としても活躍するバイオリニスト・川井郁子が、デビュー10周年を記念して行った2010年秋のステージを映像化。ロシアを代表するバレエダンサー、ファルフ・ルジマトフを相手役に、“輪廻”が題材の荘厳な音楽と舞踊のコラボ舞台を構築した。地球滅亡の直前、種の保存のためにコールド…, TVドラマ化もされた入江喜和の同名コミックを、『いつか読書する日』などの緒方明監督が映画化したハートフル・ヒューマンドラマ。幼い娘を抱えて実家に出戻った 31歳の専業主婦が、弁当屋オープンをめざして奮闘する姿をパワフルに描く。タイトルにも使われているのり弁をはじめ、『かもめ食堂』…. 小説家・伊吹有喜の同名原作を映画化した人間ドラマ。監督は、『ジャンプ』の竹下昌男。 2018.1.20(土)新潟先行ロードショー、1.27(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー。出演:原田泰造、山本未來、小西真奈美、葵わかな、七瀬公、長塚京三。原作:伊吹有喜「ミッドナイト・バス」(文春文庫刊)。監督:竹下昌男 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第25回 映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。 映画『ミッドナイトスワン』は、2020年9月25日(金)よりロードショーです。 映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国ロードショー公開中!俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッドナイトスワン』。トランスジェンダーとして日々身体と心の... 2020年9月25日より公開の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱えながら新宿に生きる凪沙と、親から... 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第24回映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。主演に草彅剛を迎え、『下衆の愛』の内田英治監督が手掛け... 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第23回映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。主演に草彅剛を迎え、『下衆の愛』の内田英治監督が手掛け... 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第22回映画『ミッドナイトスワン』は主演に草彅剛を迎え、内田英治監督が手掛けた作品。トランスジェンダー・凪沙を演じる草彅剛にスポットライトを当てて解説していきます。トランスジェンダーとして、日々身体と心の葛藤... 連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第21回今回はトランスジェンダーの主人公・凪沙と、バレエダンサーを夢見る少女の“切なくも美しい絆”を描いた『ミッドナイトスワン』をご紹介します。本作は内田英治監督が手掛けました。主演に『黄泉がえり』や『日本沈没... 2020年9月25日より公開予定の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介。主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERSトランスジェンダーとして日々身体と心の... 『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語, 一果にできたはじめての友だち「りん」。一果とりんの宿命にも似た友情が、美しいバレエシーンを盛り上げていきます. E-mail: international@toei.co.jp tel: 03-3535-7621 今さらのアンネの日記 アンネの日記は聖書に次ぐベストセラーなどと言われるが、今回読んでみて、世界中で... この世でいちばん過酷な楽園「エデン」は自転車競技の一種であるロードレースというスポーツの魅力について... “人の良いところ”を感じられる7つの短編この「幸せになる100通りの方法」は、全部で7つの短編で構成... 元ヤン・元ホストで、今は宅配ハチさん便のドライバーの大和。突然やってきた小学生の息子、進との「ワーキ... 前短編集「東京奇譚集」との違い私は中学の頃に読んだ「1973年のピンボール」で初めて村上春樹の作品に... 伊吹 有喜の小説ミッドナイト・バスについてのあらすじや作品解説はもちろん、実際にミッドナイト・バスを読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。登場キャラクターのプロフィール詳細や、名言も掲載中です。, レビューンは、作品についての理解を深めることができるレビューサイトです。小説・漫画・映画・ドラマ・アニメなど、自分が大好きな作品について深く考察して感想を投稿したり、他の人の解釈を読んで疑問を解決することでよりいっそう作品を楽しむことができるでしょう。さあ、あなたも一緒にレビュー生活をはじめてみませんか?, 当サイトではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。. 『ミッドナイト・バス 』は日本の作家・伊吹有喜の小説、およびそれを原作とした映画. 映画『ミッドナイト・バス』は全国公開に先立ち、1月20日(土)より新潟先行ロードショーが行なわれ、引き続き1月27日(土)より全国順次公開されます。 最近俳優としても活躍を見せつつある原田泰造を主演に迎え、演出には竹下昌男監督がふたたび彼とタッグを組み、「ジャン=ピエール・ … fax: 03-3535-7622 ミッドナイト・バスの概要:小説家、伊吹有喜の同名原作を映画化。東京、新潟間を行き来する深夜バスの運転士である主人公。ある夜、そのバスに16年前に別れた妻が乗車して来る。それをきっかけに、離れて暮らしていた家族が集まるようになり、放置されていた蟠りが解かれ始める。 伊吹 有喜の小説ミッドナイト・バスについてのあらすじや作品解説はもちろん、実際にミッドナイト・バスを読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。 http://www.toei.co.jp, 発明すればノーベル賞確実とされる風邪ウイルス特効薬の壮絶な利権争いを描くサスペンス。主演に『のんちゃんのり弁』の小西真奈美を迎えたほか、窪塚洋介が秘密を抱えた天才科学者役、柄本明が狂気に満ちた医師役を怪演する。 映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダー・凪沙が親から愛を注がれずにいた少女・一果を預かることになり、次第に2人の間に一つの絆が生まれる物語。, 主演に草彅剛を迎え、『下衆の愛』の内田英治監督が手掛けた作品。ヒロインはオーディションで選ばれた新人の服部樹咲。共演者に、真飛聖、水川あさみや田口トモロヲなど、個性豊かな実力派俳優陣も揃っています。, 一心にバレエに打ち込む一果にできたはじめての友だち「りん」。一果とりんの宿命にも似た友情が、美しいバレエシーンを盛り上げていきます。, 故郷・東広島を離れ、トランスジェンダーの悩みを抱えながらひたむきに生きる凪沙(草彅剛)。新宿のニューハーフショーのステージに立ち、酔客を相手に踊って接待をする毎日です。, ある日、田舎の母親から電話があり、育児放棄にあっていた親戚の中学3年生の少女・一果(服部樹咲)を短期間預かることになりました。, 凪沙は身体と心が一致しないトランスジェンダーの悩みを抱えています。自分のことで精一杯で、中学3年生の一果の孤独の中で生きてきた半生までわかってやれません。, 一果はそんなとき、ふとしたきっかけでバレエ教室を覗き、その魅力に取りつかれました。, そこで知り合った少女・りん(上野鈴華)の協力のもと、怪しげなアルバイトをして、凪沙に内緒でバレエのレッスンに通い出しました。, 次第にバレエの実力も上達していく一果ですが、その頃アルバイト先でトラブルをおこし、保護者である凪沙にバレエのレッスンのことがバレてしまいます。, 「一果には才能があるからバレエを続けさせてあげてください」と言うバレエ教室の先生(真飛聖)に、凪沙は「そんなお金ないし、この子は短期間だけここにいるのよ」と言います。, ダンスショーの合間に、音楽に魅せられて1人で踊り出した一果。そのダンスを見て凪沙は圧倒されました。, 一方では、一果にバレエを続けさせたくてアルバイトを紹介したりんもまた、自分のライバルとも親友ともいうべき一果にどんどん魅かれていきますが、ある日のこと…。, バレリーナをめざす少女・一果がヒロインですから、『ミッドナイトスワン』では頻繁にバレエのレッスンの様子やコンクールの様子などが出てきます。, お金が湧いて出るという表現がぴったりな家庭に生まれ育ったりんは、親から何でも与えてもらって生活し、まるでお姫様のようで、一果とはまるで正反対でした。, りんの両親は、お金を注いだ分、りんに対して大きな期待も持っています。そんな両親のことがよくわかっているりんは、明るい笑顔の反面どこか興ざめしている少女でした。, 一果に親しみを感じたのも、一果の持つ孤独感を敏感に察知し、自分と同類と思ったからかもしれません。, りんがいたからこそ、一果はバレエを続けることができ、友だちと呼べるような心温まる交流も持てたのですから。, やがてバレエコンクールが近づき、一果はコンクールで踊る曲を、バレエ曲『アレルキナーダ』より 「コロンビーヌのバリエーション」と決めました。, 理由あってコンクールに参加できなかったりんは、コンクールの一果の出場時間に合わせて、自分も一緒にこの曲を踊り出します。, 一果の友だち桑田りんを演じているのは、服部樹咲と同じく新人の上野鈴華。温かな笑顔と爽やかな存在感は見るものをほっとさせる存在感があります。, 上野鈴華は、明るく屈託のない演技で、まるで『アレルキナーダ』を地で行くかのようなりんを演じきっています。, ところで、『アルレキナーダ』というバレエですが、『ミッドナイトスワン』で用いられるバレエとして、とても深い意味のあるものでした。, コロンビーヌと道化役者の男性は恋人同士でしたが、コロンビーヌの父は彼女をお金持ちと結婚させたがっていましたので、2人の中を裂こうと、父の計略が企てられます。, 父の計略によって不幸に見舞われたコロンビーヌですが、女神が何でも願いがかなう宝の杖をコロンビーヌに与えると……、全ての不運が回避されて、みんなでハッピーになるというお話です。, 『アルレキナーダ』という言葉には、道化師とかピエロといった意味も含まれているそうですから、このエピソードには、“人生におけるピエロ”という物悲しいイメージが浮かび上がります。, この曲を一果はコンクールで堂々と踊りますが、それと対比するように、全く違う場所で1人で踊るりん。, ここでも一果とりんの正反対の運命が顔を覗かせます。まるで、白鳥と黒鳥のように……。, 『アルレキナーダ』をりんが踊ることで、一果と真逆の半生を送っているりんの苦悩も浮き彫りにされているのです。, 『ミッドナイトスワン』は、トランスジェンダー・凪沙の苦しみと愛情を中心に描いています。, トランスジェンダーの凪沙の切実な一果への献身的な愛、一果の未来へ飛び立とうとする願いをはじめ、育児放棄しながらも一果を愛おしく思う実の母や、一果の才能を伸ばしたく熱心にレッスンをするバレエの先生などなど……。, 登場人物一人ひとりの生き様が丁寧に描かれ、幾つも交錯する切ない人生ドラマにほろりとさせられる出来栄えです。, その中でも、人知れず『アルレキナーダ』を踊らざるを得なかった桑田りんの存在を忘れてはならないでしょう。, 一果を子どもとして愛したい凪沙と実の母の親子の愛のカタチ。一方では、お金さえあれば子どもに何不自由のない暮らしを与えられると信じ切っているりんの親の愛のカタチと、親子の愛も様々……。, このように『ミッドナイトスワン』が描く親子愛は、とても奥の深いものがあります。カタチは違えど、子どもを想う気持ちは同じと思えますが、どんな愛のカタチが一番心に響いてくるでしょうか。, Tags : 日本映画 / キノフィルムズ / 内田英治 / 2020年公開 / 映画という星空を知るひとよ / 星野しげみ, 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』感想と内容解説。平成最後の戦隊シリーズの鑑賞ポイントを紹介|邦画特撮大全38, 連載コラム「邦画特撮大全」第38章 先日2019年3月17日から平成最後の戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送が開始されました。 あなたは第1話をご覧になられましたか。王道的な展開と新たな …, 映画アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語|あらすじと感想。原作に書かれた人生と愛とは|映画と美流百科10, 連載コラム「映画と美流百科」第10回 こんにちは、篠原です。 この連載も今回で10回目を迎えました。毎回、新作映画を取り上げて、その作品で扱われているカルチャーにも興味を持っていただけるよう執筆してお …, 【ネタバレ感想】シュガーラッシュ:オンラインの解説と考察。ヒーローなき後の世界と愛のゆくえについて|映画道シカミミ見聞録29, 連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第29回 あけましておめでとうございます。森田です。 本サイトでは年明けに「2018年映画ランキング」が発表されました。 私も選出していますが、ベスト10に入れるべき …, Netflix『全裸監督』第1話あらすじネタバレと感想。村西とおる覚醒の瞬間を捉える|パンツ一丁でナイスですね〜!1, 連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』一丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信されました。 伝説のAV監督村西とおるを描いたドラマ『全裸監督』。 コンプライ …, 映画『メイキング・オブ・モータウン』感想と考察評価。メジャーレーベルの立ち上げから音楽業界の伝説までのノウハウを解き明かす|だからドキュメンタリー映画は面白い54, 連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第54回 伝説のミュージシャンたちは、デトロイトの片隅の一軒家から生まれた――。 今回取り上げるのは、2020年9月18日(金)よりヒューマントラストシ …. 主人公の高宮利一(原田泰造)は、東京の生活に疲れてしまい故郷・新潟に戻って深夜の高速バスの運転手をしていた。 ある日、利一が運転する東京発-新潟行きのバスに16年前に離婚した元妻・美雪(山本未來)が新潟の病気の父親の見舞いで乗り込んできて、思いがけない再会を果たした。 美雪は東京で新しい夫と息子と過ごしているが、夫の浮気と自身の体調不良に悩み、疲れ切っていた。 利一と美雪の間には長男・怜司(七瀬公)と長女・彩菜(葵わかな)がいる。 長男は東京で就職するも仕事を辞 … 高宮利一(原田泰造)は、故郷・新潟で長距離深夜バスの運転士として働いていた。ある夜、利一が東京発、新潟行のバスを発車させようとしたその時、16年前に離婚した妻・美雪(山本未來)が滑り込むように乗車してくる。東京にいる恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、この思いがけない再会によって、利一は自分の人生を考え始める。, 東映(株) 国際営業部