イラン・イラク戦争でマスタード・ガスの被害に遭った民間人は、30年以上経過してもなお後遺症に悩まされている 。 歴史. ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。 朝日新聞掲載「キーワード」 - マスタードガスの用語解説 - 化学兵器の一つで、致死性があり、国際法で禁止されている。第1次世界大戦中、ドイツ軍がベルギーのイーペルで初めて使用したことから「イペリット」とも呼ばれ、旧日本軍が中国戦線で使ったことも明らかになっている。 ガスを深く吸い込んだ場合のみ、肺の奥深くの末梢部分が損傷を受けます。家庭でよくみられる曝露は、家庭用のアンモニアを漂白剤を含む洗剤と混ぜたときに起こります。この2つを混ぜると刺激性ガスであるクロラミンが発生します。 (C)2019 抗がん剤副作用対策マニュアル All Rights Reserved. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 vxガス(ブイエックス・ガス、vx、o-エチル-s-(2-ジイソプロピルアミノエチル)メチルホスホノチオラート)とは、猛毒の神経剤(v剤)の一種である。 サリンなどと同様、コリンエステラーゼ阻害剤として作用し、人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質の一つといわれる。 概要. 白血病や悪性リンパ腫などに効果が認められている抗がん剤「アルキル化剤」について、薬の特徴やがんへの効果、起こり得る副作用などをまとめています。, アルキル化剤は40年以上前に作られた抗がん剤。世界大戦中に使われたマスタードガスという毒ガス兵器の研究から開発された薬で、世界で最も古くから使われている抗がん剤の1つです。, 作用としては、アルキル基という原子のかたまりをがん細胞の遺伝子に付着させ、DNAを異常な形に結合して、DNAのコピーを防ぐというもの。, この結合した状態でDNAをコピーしようとすると、DNAが破壊されるため、がん細胞は分裂できず死滅します。, アルキル化剤が作用するためには、体内である一定以上の濃度になることが条件となるため、体内では高い濃度の薬剤を維持しなくてはなりません。, 白血病や悪性リンパ腫、肉腫などに有効ですが、副作用が強烈なためリスクも大きい治療法です。, また、単独では効果が穏やかなので大量投薬や、ほかの抗がん剤との併用療法が選択されるケースが多いです。, アルキル化剤の作用機序を簡単に説明すると、「がん細胞を作っている分子同士を結びつけて解けなくし、がん細胞の細胞分裂を止める」です。, また、がん細胞のDNAにアルキル基が結合することで、「がん細胞の情報」を他の細胞に伝えることができなくなり、細胞自死が起こるとも考えられています。, アルキル化剤に限らず、他の抗がん剤も様々なアプローチでがん細胞に働きかけます。最近では、それぞれの抗がん剤ががん細胞に与える影響を考慮した上でより効率良く投薬治療ができるように、複数の抗がん剤を併用する治療方法もメジャーになってきました。, ただし、その分体に掛ける負担も大きいので、検査の結果や主治医の診断を元に適切な治療方法を選びましょう。, アルキル化剤は、白血病、悪性リンパ腫をはじめ、乳がん、肺がん、子宮がん、卵巣がん、腎臓がん、胃がん、肝臓がんなどほぼすべてのがん治療に適応します。, アルキル化剤の副作用は強烈と表現されることもあるくらい重いものです。具体的には、骨髄抑制による血液障害、吐き気、嘔吐、発熱、脱毛、出血性膀胱炎などです。, 女性は無月経、男性は精子生産の停止といった生殖器に関わる副作用が起きることもあります。, アルキル化剤は特に副作用が強いとされている抗がん剤です。服用して1~6時間くらい後に強い吐き気・嘔吐・胸のむかつきといった副作用の症状を訴えることがあります。, 人によっては1日~2日以上続くこともあるので、日常生活の行動範囲や過ごし方も大きく変化してしまうでしょう。, また、血管痛・全身倦怠感、発熱、脱毛などの副作用が起きることもあります。血小板や赤血球が減少して感染症・出血・貧血・重い肝障害などを引き起こしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。, よく効く抗がん剤ほど副作用も強い傾向にあります。ただし、日々の研究の成果で「副作用が起こりにくく、より効果的にがん細胞に働きかける抗がん剤」の新薬も開発されてきています。, アルキル化剤は歴史のある抗がん剤であり、その効果は様々ながんの治療に利用されてきました。, 症状の進行度や体質、今後の治療計画を見ながら利用するか主治医とよく話し合いましょう。, アルキル化剤の強い副作用を軽減するために、「体力や免疫力を上げる食材」、「痛みや吐き気、鬱気分を軽減するリラックス方法」などを取り入れてみてください。, 最近はアロマやヨガを実践する人も増えてきました。強い抗がん剤だけに頼らずに、今できることを無理なく実施していくことで体力の低下を抑えられます。, アルキル化剤などの強い抗がん剤ではどうしても副作用が出てしまうため、それを軽減するための取り組みも実施していきましょう。, また、副作用ではありませんが、アルキル化剤は「DNAを異常な形で結合させる」という特性を持つことから、癌化する細胞を作ってしまう可能性もあります。, とくに、エンドキサンやアルケランは国際がん研究機構において「発がん性リスクの高い薬剤」としてリストに挙げられている薬剤です。, アルキル化剤は白血病や悪性リンパ腫への効果が期待できますが、一方で強い副作用や発がん性も報告されています。治療リスクをよく理解した上で臨みましょう。, 【免責事項】 その戦争で使用された マスタード ガスの後遺症に絶えず悩まされながら戦後30年を過ごしてきました。 jw2019 jw2019 L’ORGANISATION représentée dans la parabole de Jésus par l’“arbre” qui a poussé à partir du grain de moutarde , a été démasquée par la prédication mondiale des témoins chrétiens de … イラン・イラク戦争でマスタード・ガスの被害に遭った民間人は、30年以上経過してもなお後遺症に悩まされている 。 歴史. 抗がん剤「アルキル化剤」とは. 第一次世界戦において、マスタードガスが大規模に実戦使用され、多数の死傷者を出した 。 びらん剤の種類は、ジクロロアルシン誘導体とマスタード類の2種に分類される 。. ガスを深く吸い込んだ場合のみ、肺の奥深くの末梢部分が損傷を受けます。家庭でよくみられる曝露は、家庭用のアンモニアを漂白剤を含む洗剤と混ぜたときに起こります。この2つを混ぜると刺激性ガスであるクロラミンが発生します。 当サイトは、2019年5月現在の情報を基に制作したサイトです。掲載している治療法は保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動するため、詳しくは直接クリニックへご相談ください。また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討してください。. No reproduction or republication without written permission. ツービートの「ツービートのわッ毒ガスだ」を読みたくて本棚を探したが、どこかにしまったのか見つからない。 仕方ないので、一般的に良く聞く毒ガスの説明と、効果が有ると言われている対処方を適当 … 化学兵器の中では相対的に致死性が低いものの 、マスタード類は残留性が高く、場合により数日以上持続する 。 マスタード・ガス製造従事者に生じた肺がんに関しては、発癌への影響を疫学的に明確にすることができたとしている 。 この障害者特有の、ある意味で 職業病 とも言える疾患は、 呼吸器疾患 である [81] 。 イラン・イラク戦争でマスタード・ガスの被害に遭った民間人は、30年以上経過してもなお後遺症に悩まされている 。 歴史. びらん剤(糜爛剤、びらんざい、英: Blister agent)は、化学兵器の分類の一つであり[1]、皮膚、気道、眼球等を爛れさせる効果を持つ[2]。, 第一次世界戦において、マスタードガスが大規模に実戦使用され、多数の死傷者を出した[1]。びらん剤の種類は、ジクロロアルシン誘導体とマスタード類の2種に分類される[3]。, 化学兵器の中では相対的に致死性が低いものの[1]、マスタード類は残留性が高く、場合により数日以上持続する[2]。症状としては、肺水腫、結膜炎、皮膚での紅斑、水疱、壊死等を引き起こし、死亡する場合もある[1][3]。, 皮膚に付着すると激しく爛れるため、ガスマスクだけでは防ぐことができず、防護には全身防護服が必要である[3]。, びらん剤(Blister Agents、Vesicants) 国立医薬品食品衛生研究所, TREATMENT OF CHEMICAL AGENT CASUALTIES AND CONVENTIONAL MILITARY CHEMICAL INJURIES(アメリカ軍の化学兵器治療マニュアル), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=びらん剤&oldid=79839976. bis(2-chloroethyl)sulfide.C4H8Cl2S(159.08).(ClCH2CH2)2S.イペリットともいう.硫化ジ(2-クロロエチル)の慣用名.エチレンと塩化硫黄から得られる.蒸気圧の低い,無色,無臭の液体.不純なものは臭いがある.融点13~14 ℃,沸点215 ℃.1.2741.1.53125.水に微溶,有機溶媒に可溶.アルカリにより加水分解される.酸化剤によりスルホキシドまたはスルホンを与える.毒性が強く,皮膚,毛細管,赤血球をおかす.高濃度の場合は皮膚から吸収され,内臓をもおかす.発がん性があり,DNAをアルキル化し,二本鎖に架橋を生じる.有機合成原料として用いられる.LD50 3.3 mg(ラット,静注).[CAS 505-60-2], 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …第1次世界大戦中,ベルギーのイープルYpers付近でドイツ軍が初めて使用したことからこの名がある。また,セイヨウカラシ(マスタード)のにおいを有することからマスタードガスmustard gasともいう。融点14.45℃,沸点216.8℃の液体。…, … 皮膚剤には,第1次大戦で使用されたイペリット(HD)などがある。イペリットはからし臭をもつためマスタードガスとも呼ばれ,粘膜や皮膚を糜爛(びらん)する物質であるが,上記の毒性表現法でいうと,1500mgの吸入で肺水腫を起こし死亡する。ホスゲン(塩化カルボニル)は第1次大戦で使用された窒息性の物質で,3200mgで呼吸器障害を起こし死亡するが,皮膚に触れても無害である。…. ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. そのガス弾には、のちに「マスタードガス」(別名「イペリット」)として知られるようになった茶色の液体「硫化ジクロロエチル」が詰められていた。この化学剤の持続性とその効果はすさまじく、数ヶ月間のイギリス側の死傷者は18万5000人に達した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 16:19 UTC 版), マスタードガスは人体を構成する蛋白質やDNAに対して強く作用することが知られており、蛋白質やDNAの窒素と反応し(アルキル化反応)、その構造を変性させたり、DNAのアルキル化により遺伝子を傷つけたりすることで毒性を発揮する。このため、皮膚や粘膜などを冒すほか、細胞分裂の阻害を引き起こし、さらに発ガンに関連する遺伝子を傷つければガンを発症する恐れがあり、発癌性を持つ。また、抗がん剤と同様の作用機序であるため、造血器や腸粘膜にも影響が出やすい。, 人体への影響は非常に長く続く。イラン・イラク戦争でマスタード・ガスの被害に遭った民間人は、30年以上経過してもなお後遺症に悩まされている[2]。, マスタードガスのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, FM 3–8 Chemical Reference handbook, US Army, 1967, All text is available under the terms of the. 世界大戦中に使われたマスタードガスという毒ガス兵器の研究から開発された薬で、世界で最も古くから使われている抗がん剤の1つ, 白血病や悪性リンパ腫、肉腫などに有効ですが、副作用が強烈なためリスクも大きい治療法, アルキル化剤は「DNAを異常な形で結合させる」という特性を持つことから、癌化する細胞を作ってしまう可能性もあります。, 吐き気、嘔吐、腎不全、血液障害、脱毛、出血性膀胱炎、排尿障害、骨髄抑制などがあると言われています。, 吐き気、嘔吐、骨髄抑制、貧血、出血傾向、肝障害、間質性肺炎などがあると言われています。. アルキル化剤は40年以上前に作られた抗がん剤。 世界大戦中に使われたマスタードガスという毒ガス兵器の研究から開発された薬で、世界で最も古くから使われている抗がん剤の1つ です。. Please confirm that you are not located inside the Russian Federation, ここから先は第三者のウェブサイトになります。当社は、第三者のウェブサイトのコンテンツに関与しておらず、掲載内容について一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。, 吸い込んだガスや化学物質の種類に加えて、どれほど深く吸い込んだか、どれくらい長い間吸い込んだかによって、症状は様々です。, 労働災害では、塩素、ホスゲン、二酸化硫黄、硫化水素、二酸化窒素、アンモニアなど、様々な種類のガスが突然放出されて、肺に重度の炎症を起こすことがあります。ガスはまた、化学兵器剤としても使用されています。, 塩素やアンモニアなどのガスは水に溶けやすいため、吸い込むとすぐに口、鼻、のどに炎症を起こします。ガスを深く吸い込んだ場合のみ、肺の奥深くの末梢部分が損傷を受けます。家庭でよくみられる曝露は、家庭用のアンモニアを漂白剤を含む洗剤と混ぜたときに起こります。この2つを混ぜると刺激性ガスであるクロラミンが発生します。, 二酸化窒素などのように、水に溶けにくいガスもあります。そのため、鼻や眼の炎症といった、警戒すべき曝露の徴候が現れずに、肺の奥深くまで吸い込まれる可能性が高まります。このようなガスは、細い気道に炎症を起こしたり(細気管支炎)、肺に液体がたまる病態(肺水腫)につながったりします。, サイロフィラー病は主に農業従事者にみられ、収穫したてのトウモロコシや穀物など、貯蔵された湿った牧草が放出する二酸化窒素を含むガスを吸い込むことで発生します。曝露してから最大12時間遅れて肺に液体がたまることがあります。この状態は一時的に消失することがありますが、その後ガスをさらに吸い込んでいなくても、10~14日経ってから、再発することがあります。再発した場合は、細い気道(細気管支)が傷害される傾向がみられます。, 何らかのガスや化学物質を吸い込むと、アレルギー反応が誘発され炎症をきたすこともあり、場合によっては、肺にある小さな空気の袋(肺胞)や細気管支の内部や周囲が瘢痕化することもあります。この病気を過敏性肺炎と呼びます。, 原子炉事故で放出されうる放射性のガスにさらされると、何年も経過してから、肺がんや他のがんになることがあります。, そのほかにも、吸入すると全身に毒性(呼吸困難など)をもたらすガスがあり、シアン化物などのように体の細胞に有毒なものもあれば、メタンや二酸化炭素などのように血中で酸素と置き換わり、酸素が組織へ供給されるのを妨げるものもあります。, 少量のガスや化学物質を長期にわたって繰り返し吸い込むと、慢性気管支炎になることもあります。また、ヒ素化合物や炭化水素など、一部の化学物質を吸い込むと、がんになることがあります。がんは肺だけでなく体のほかの部分にも発生する可能性があり、発生部位は吸い込んだ物質によって異なります。, 塩素、アンモニア、フッ化水素酸などの水溶性ガスは、曝露して数分以内に、眼、鼻、のど、気管、太い気道などに重度の熱傷を起こします。さらに、たんに血が混じるせき(喀血)もしばしばみられます。吐き気や息切れも生じます。, 二酸化窒素やオゾンなどの水に溶けにくいガスは、曝露から3~4時間後、ときには最大で12時間後に息切れを起こし、重症化することがあります(大気汚染関連疾患も参照)。水に溶けにくいガスは、肺に長期的な損傷を残すことがあり、その結果喘鳴や息切れが慢性化する可能性があります。, 胸部X線検査では、肺水腫や細気管支炎を発症しているかどうかが分かります。症状があるにもかかわらず、胸部X線検査が正常な場合は、CT検査が特に有用です。, 指先にセンサー(パルスオキシメーター)を取り付け、血液中の酸素レベルを測定します。, 肺機能検査を行い、肺がどのくらい空気を取り込めるか、どのくらいの速さで酸素と二酸化炭素を交換できるかなどを調べることで、肺損傷の程度を評価します。, ガスを誤って吸い込んでしまった場合は、ほとんどの患者が完治します。最も重篤な合併症は、肺の感染症や、重度の損傷による細い気道の瘢痕化(閉塞性細気管支炎)です。ガスを吸い込んで数年経ってから、長期的な肺機能障害が生じることを証明した研究もあります。, 曝露を防ぐ最善の方法は、ガスや化学物質を取り扱う際に細心の注意を払うことです。家庭で洗剤やその他の化学物質を使用する場合は、換気の良い場所で作業すべきです。, ガス漏れ事故に備えて、空気を供給できるガスマスクを用意しておくことも大切です。農業従事者は、サイロ内の有毒ガスを誤って吸い込むことは危険で、死亡することさえあることを知っておく必要があります。防護服を着用しているのでないかぎり、誰かを救助するために、有毒ガスが存在するかもしれない場所に入るべきではありません。, 新鮮な空気と酸素を供給できるタンクの付いた防護服を着用しているのでないかぎり、誰かを救助するために、有毒ガスが存在するかもしれない場所に入るべきではありません。, ガスを吸い込んだ場合の治療の主体は酸素投与です。肺の損傷が激しい場合は、人工呼吸器( 人工呼吸器)が必要になることもあります。通常、ガスを吸い込んで呼吸困難をきたした患者はすべて、1晩入院させ、重篤な合併症が起こらないかモニタリングします。気道を広げる薬(気管支拡張薬)、静脈への輸液、抗菌薬が有用な場合もあります。肺の炎症を軽減するために、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)などのコルチコステロイドがしばしば投与されます。, Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、Global Medical Knowledgeをご覧ください。, 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。, このサイトは、 信頼できる医療・ 健康情報のための 倫理標準である HONcodeの条件を満たし ています: こちらから確認してください。, The trusted provider of medical information since 1899, © 2020 Merck Sharp & Dohme Corp., a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA. 218 °C, 491 K, 424 °F (217 °Cで分解し始め、218 °C で沸騰), マスタードガス(Mustard gas)は、化学兵器のひとつ。2,2'-硫化ジクロロジエチル(2,2'-Dichloro Diethyl Sulfide)という化合物を主成分とする。びらん剤(皮膚をただれさせる薬品)に分類される。硫黄を含むことから、サルファマスタード(Sulfur mustard gas)とも呼ばれる。, 主にチオジグリコールを塩素化することによって製造される。また、二塩化硫黄とエチレンの反応によっても生成される。, 純粋なマスタードガスは、常温で無色・無臭であり、粘着性の液体である。不純物を含むマスタードガスは、マスタード(洋からし)、ニンニクもしくはホースラディッシュ(セイヨウワサビ)に似た臭気を持ち、これが名前の由来である。他にも、不純物を含んだマスタードガスは黄色や黄土色といった色がついているために、マスタードの名が付けられたという説や、さらに皮膚につくと傷口にマスタードをすりこまれるぐらいの痛さという説もある[要出典]。第一次世界大戦のイープル戦線で初めて使われたため、イペリット(Yperite)とも呼ばれる。, 実戦での特徴的な点として、残留性および浸透性が高いことが挙げられる。特にゴムを浸透することが特徴的で、ゴム引き布を用いた防護衣では十分な防御が不可能である[2]。またマスクも対応品が必要である。気化したものは空気よりもかなり重く、低所に停滞する。, マスタードガスは遅効性であり、被害を受けても気づくのが遅れる。皮膚以外にも消化管や、造血器に障害を起こすことが知られていた。この造血器に対する作用を応用し、マスタードガスの誘導体であるナイトロジェンマスタードは抗がん剤(悪性リンパ腫に対して)として使用される。, ナイトロジェンマスタードの抗がん剤としての研究は、第二次世界大戦中にアメリカ合衆国で行われていた。しかし、化学兵器の研究自体が軍事機密であったことから、戦争終結後の1946年まで公表されなかった。一説には、この研究は試作品のナイトロジェンマスタードを用いた人体実験の際、白血病改善の著効があったためという。[要出典], マスタードガスは人体を構成する蛋白質やDNAに対して強く作用することが知られており、蛋白質やDNAの窒素と反応し(アルキル化反応)、その構造を変性させたり、DNAのアルキル化により遺伝子を傷つけたりすることで毒性を発揮する。このため、皮膚や粘膜などを冒すほか、細胞分裂の阻害を引き起こし、さらに発ガンに関連する遺伝子を傷つければガンを発症する恐れがあり、発癌性を持つ。また、抗がん剤と同様の作用機序であるため、造血器や腸粘膜にも影響が出やすい。, 人体への影響は非常に長く続く。イラン・イラク戦争でマスタード・ガスの被害に遭った民間人は、30年以上経過してもなお後遺症に悩まされている[3]。, FM 3–8 Chemical Reference handbook, US Army, 1967, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マスタードガス&oldid=79828242, 毒, contact hazard, inhalation hazard, corrosive, environmental hazard, carcinogenic, possibly mutagenic. ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 1859年、ドイツの化学者 アルベルト・ニーマン (英語版) により初めて合成。