競走馬プリモディーネの名鑑ページです。馬主や調教師、血統情報などの基本データから、条件別・競馬場別・距離別のレース戦績や次走情報など、スポーツナビ競馬では中央競馬の情報が満載! 厩舎は免疫の関係で立入禁止で、厩舎前の小さなパドックにプリモディーネが居ました. モンパリの 1996年 史実産駒「プリモディーネ」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 プリモディーネは日本の史実馬です。 父は アフリート 、spが 68 、サブパラの合計が 62 となります。. 伊達秀和氏の主な所有馬はアローエクスプレスのほか、ファンタスト(78年皐月賞)、ブロケード(81年桜花賞)、パーシャンボーイ(86年GI宝塚記念)、プリモディーネ(99年GI桜花賞)などがいる。地方競馬では、07年の東京ダービーを優勝したアンパサンドが有名だ。 馬、牧場、地図から検索可。見学マナー、見学Q&A、馬産地の知識が学べる。 見学マナー、見学Q&A、馬産地の知識が学べる。 プリモディーネ | 馬・牧場・施設検索 | 競走馬のふるさと案内所 プリモディーネは1番端っこの馬房、かつ周りが空胎馬だったので、靴の裏を消毒の粉を付けてから、厩舎に入りました 伊丹空港で買ったお土産と、北海道のスーパーに寄る時間は無いだろうと 馬運車: 逍遥馬道: プリモディーネ 1999年桜花賞馬(2015年1月に日本に帰ってきました) トレーニングファーム 〒059-2127 北海道沙流郡日高町旭町46-1: ブリーディングファーム 〒059-2122 北海道沙流郡日高町緑町187: TEL・FAX (01456)-2-5150 info@sunshine-farm.co.jp アローエクスプレス(1969年 朝日杯3歳ステークス) ファンタスト(1978年 皐月賞) ブロケード(1981年 桜花賞) パーシャンボーイ(1986年 宝塚記念) プリモディーネ(1999年桜花賞) その他の主な重賞勝ち馬 プリモディーネ; 能力・適正・成長型; 継承・仔出・健康 競馬苑. プリモディーネの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 プリモディーネの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 スティンガー、トゥザヴィクトリー、フサイチエアデール、ウメノファイバーなどそうそうたるメンバーが顔をそろえた1999年の桜花賞を制したプリモディーネ。その産駒のナツメ(仏=小林智厩舎)が今月6日、仏リール郊外のクロワゼ・ラロッシュ競馬場、第3Rルーベ賞(芝2500メートル)でうれしい初勝利を挙げた。売り出し中の若手騎手ピエール・バジル騎手を背に道中4番手から直線で抜け出し、ゴール板をさっそうと先頭で駆け抜けた。 2013年産のナツメは、ノヴェリストやシロッコなど数々の活躍馬を送り出したドイツの名種牡馬モンズンとプリモディーネの間に誕生した栗毛の3歳牝馬。14年秋のアルカナ・オクトーバーセールで樋口稔氏が代理人を通じて落札し、仏シャンティーの小林智厩舎に入厩。今年3月11日にデビューした。初戦は10着と敗れたが、2戦目は6着と着順を上げ、ルーベ賞で通算3戦目のレースを迎えていた。 「父の産駒らしくスタミナが豊富で、古馬のように競走センスのある馬。パンとしてくればさらに走れそうです。馬体はまだ弱いところがあるので、あまり急がず、じっくりと調教していきたい。名門牝系の貴重な血統で繁殖牝馬としての価値も高いですし、競走成績で箔(はく)をつけるのが調教師の私に与えられた仕事です」と管理する小林智調教師は話している。ナツメの次走は8月4日、クレールフォンテーヌ競馬場の条件戦となる見込みだ。 なお、今年20歳となったプリモディーネは米独仏で繁殖生活を過ごしたのち、現在は北海道へ帰国しており、故郷のサンシャイン牧場で穏やかな余生を過ごしている。(在仏競馬記者), 桜の季節の前に、桜花賞を2勝したオーナーが息を引き取った。JRAの馬主として数々のGIを制覇した伊達秀和(だて・ひでかず)氏が、3月19日に病気で亡くなっていたことが31日、分かった。81歳だった。故人の遺志により、近親者だけで葬儀は済ませている。 20代で会社を設立した伊達氏は馬主としても活躍。1960年代には、ソーダストリームを海外から繁殖牝馬として購入。その子供のアローエクスプレスは69年の朝日杯3歳Sを優勝し、翌年の皐月賞で2着に入るなど多くの活躍馬を輩出した。78年には、北海道・日高町にサンシャイン牧場を設立。オーナーブリーダーとしても存在感を発揮。「紫、赤山形二本輪、袖赤縦縞」の勝負服は競馬ファンにも浸透している。 伊達秀和氏の主な所有馬はアローエクスプレスのほか、ファンタスト(78年皐月賞)、ブロケード(81年桜花賞)、パーシャンボーイ(86年GI宝塚記念)、プリモディーネ(99年GI桜花賞)などがいる。地方競馬では、07年の東京ダービーを優勝したアンパサンドが有名だ。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ. プリモディーネは日本の競走馬。第3回ファンタジーステークスと第59回桜花賞を制した。馬名の由来はイタリア語で Primo Ordine (一流の、一番の)。伊達秀和ゆかりのソーダストリーム一族がひさびさに送り出した活躍馬である。, 1998年10月11日、京都競馬場で行われたダート1400mの 新馬戦でデビュー。1番人気で1着となった。, 続く11月7日のファンタジーステークスには福永祐一が騎乗して出走。ダート戦1勝のみの成績からか、12頭中6番人気であった。レースではやや後ろにつけ追走、前を行くタヤスブルームや、ほぼ同じ位置にいたゴッドインチーフなどを、ラスト3ハロン34秒8の末脚でかわして重賞初勝利を挙げた。, 2連勝の勢いに乗って阪神3歳牝馬ステークスを目標に調整されたが、軽いフレグモーネを発症したため回避した。, 明けて1999年、3月6日のチューリップ賞に出走。レースでは逃げたエイシンルーデンスが後続を抑えて1着となり、プリモディーネは4着に敗れた。, 4月11日の第59回桜花賞では、阪神3歳牝馬ステークスを制したスティンガー、シンザン記念と4歳牝馬特別を連勝したフサイチエアデール、さらにはトゥザヴィクトリー、ウメノファイバーなどの好メンバーが揃った中、プリモディーネは4番人気に推された。スタートで1番人気のスティンガーが大きく出遅れる波乱の展開の中でじっと後方に待機、4コーナーまで動かず、他馬が動いて進路が開くのを見極めてスパートをかけ、出走馬で最速のラスト3ハロン35秒7で一気に差し切ってGIタイトルを獲得した。騎乗した福永祐一はGI挑戦25戦目で初の制覇となった。, 桜花賞と同じコンビで優駿牝馬(オークス)へ向かう予定だったが、福永は桜花賞の翌週の4月17日に中京競馬場で落馬、左肋骨2本骨折、左腎損傷という重傷を負ってしまったため、藤田伸二に乗り替わることとなった。, 5月30日、第60回優駿牝馬に出走。父が短中距離系のアフリートであることから距離適性が不安視されて3番人気だった。1番人気はトゥザヴィクトリー、2番人気は前走出遅れて力を出し切れなかったスティンガーであった。レースはエイシンルーデンスがスローペースで逃げる展開の中、折り合って後方から追走、直線で追い込むが0.1秒差届かず、ウメノファイバーの3着に敗れた。, 桜花賞を勝ち、優駿牝馬でも僅差の3着と強さを見せ、秋華賞やエリザベス女王杯に向けて期待されていたが、右前脚の蹄に蟻の巣状に穴があく蟻洞という病気を発症、完治するには健康な蹄が伸びてくるのを待つしかないため、長期間休養することとなった。, 前走から約1年半たった2000年11月12日、再び福永とコンビを組んでエリザベス女王杯に出走。しかし馬体重は40kg増の516kgと、成長分を考えても体調は万全とはいえない状態であり、結果は直線で伸びず16着だった。その後阪神牝馬特別では8着、明けて2001年に京都牝馬ステークスでは16着と振るわなかった。さらに右第一趾骨骨折が判明し、放牧に出された。, 約半年後の8月12日、札幌競馬場でクイーンステークスに出走し10着。そして9月1日に新馬戦以来のダート戦となるエルムステークスに出走したが、結果は11着だった。, 繁殖牝馬となり、アメリカのラニメードファームを経て同国のウィンチェスターファームに繋養された後、2015年1月に故郷のサンシャイン牧場に戻る。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=プリモディーネ&oldid=78747484. プリモディーネは日本の競走馬。第3回ファンタジーステークスと第59回桜花賞を制した。馬名の由来はイタリア語で Primo Ordine (一流の、一番の)。伊達秀和ゆかりのソーダストリーム一族がひさびさに送り出した活躍馬である。 プリモディーネの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 日本歴代最強馬ランキング【投票】 日本歴代最強馬ランキング【投票】 プリモディーネの血統・競走成績. さて、プリモディーネの話だが、私がこの馬で勝負したのは前年キングヘイローで悔しい思いをした福永への応援からだ。 そのキングヘイローにはすでに別の騎手に乗り替われている。 この桜花賞は、福永の雪辱戦だったのだ。 プリモディーネ; 欧 … アローエクスプレス(1969年 朝日杯3歳ステークス) ファンタスト(1978年 皐月賞) ブロケード(1981年 桜花賞) パーシャンボーイ(1986年 宝塚記念) プリモディーネ(1999年桜花賞) その他の主な重賞勝ち馬 2日目【サンシャイン牧場 プリモディーネ】 | 馬旅記録♪+α☆, 厩舎方向に歩いているスタッフサンを発見。ご挨拶とお菓子をお渡し、プリモディーネへの人参もお渡ししました, 引退後は繁殖牝馬となり、アメリカで過ごして、2015年に生まれ故郷のサンシャイン牧場に戻って来たそうで。, プリモディーネ宛の人参、あげても良いと言って頂いて(歯も丈夫だそう)、その場でプレゼント, お仕事に戻るスタッフサンにお礼を告げて、見学していると、20mぐらい前の厩舎窓から、めっちゃ可愛いこっこが顔を出しました, さっきのスタッフサンが外に居たので、人参切ってあげて良いか聞いたら、笑顔でご了承頂けて, スーツケースに入れてる、まな板と包丁で切って、ジップロックに入れてまたプリモディーネの所へ, 人参を下に置いて、プリモディーネが食べている間に、後ろのパドックに居る親子を見ると、そっくり, 15時ぐらいに親子が放牧に出されて、厩舎内に馬はおらず、馬房掃除をしていたスタッフサンが居たので, 馬房の窓からスタッフサンに声をかけて、カット前の人参をプリモディーネにまたあげて下さい、と渡して、お礼を告げて、サンシャイン牧場サンを出ました. おもな所有馬 中央競馬gi(級)馬. おもな所有馬 中央競馬gi(級)馬. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、プリモディーネに関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 伊達 秀和(だて ひでかず、1928年 - 2010年3月19日)は、日本の実業家。ダイワ精機株式会社の前代表取締役会長である。また多くの競走馬を所有した人物としても知られる。, 鹿児島県姶良郡出身。1951年、23歳で大阪に淀川精機株式会社を設立。その頃に馬主としてもデビュー。中央競馬での勝負服は紫、赤山形二本輪、袖赤縦縞[1]。, 秀和が馬主になった当時、内国産の良血馬は大馬主が独占しており、若き新人馬主には縁遠い存在だった。そこで競馬に精通していた父からのアドバイスもあって独学で血統を学び、「日本では将来、スピード血脈の馬が主流になる」という結論を得た。そこで海外から「ソーダストリーム」という牝馬を繁殖用に購入した。この馬がアローエクスプレスの母であり、ファンタストの祖母でもある。また種牡馬のスパニッシュイクスプレス(アローエクスプレスの父)やイエローゴッドの輸入にも大きく関わっている。, また、毎年多数の競走馬を所有しながら、他の多くの馬主と違い「冠名」を付けず、一頭一頭の競走馬に様々な国の言葉や地名・人名を用いた個性ある馬名を付け続けている[2]。このため、下記の所有馬の名称には冠名が無いが、すべて伊達の所有していた馬である。, 1978年に北海道日高町にサンシャイン牧場を設立してからは、オーナーブリーダーとしても活躍した。また競走馬育成施設「ファンタストクラブ」の創設にも関わった。, 2010年3月19日に病気のため逝去した[3][4]。81歳没。秀和の死去の報にアローエクスプレスやファンタストに騎乗した柴田政人調教師は「私の競馬人生で大きな影響を受けた方で、大恩人でした」と哀悼のコメントを寄せている[3]。, 長らく紫、赤山形二本輪、赤袖の勝負服を用いていたが息子であり後継者の伊達敏明と勝負服の柄を交換した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=伊達秀和&oldid=79480314. 2020.04.30. 2017.10. プリモディーネ欧字Primo Ordine品種サラブレッド性別牝毛色鹿毛生誕1996年4月5日登録日1998年7月16日抹消日2001年9月20日父アフリート母 . 馬 が可愛くて ... 厩舎方向に歩いているスタッフサンを発見。ご挨拶とお菓子をお渡し、プリモディーネへの人参もお渡ししました .