2018年11月02日更新 ... ドリティス属の原種は様々な花色があり、それをファレノプシス属の花に取り込むため、交配が繰り返されています。その結果、この2種間に生まれた雑種をドリテノプシス属と呼びます。 ドリデノプシス属の胡蝶蘭も様々な品種が流通して … 受付時間 AM10:00-PM5:00 シモツケは1メートルく... Copyright© GreenSnap, Inc. All Rights Reserved. プリンセチア . coum)から育て始めました。 上のコウム(Cyclamen.  みんなの趣味の園芸(しゅみえんオフィシャル日記)  園芸研究家 富山昌克のオフィシャルウェブサイト coum)は、自宅で2018年10月4日に撮影した購入した花です。 スポンサー ... 東洋蘭(大豊)は高知県大豊町産の素心のシュンランにいろいろな種類の着生種シンビジウムを交配したものから生まれたランです。 東洋蘭(大豊)とだけ教えていただいて、今は亡き叔父からいただいたものですが、下段に書いたように東洋蘭(大豊)のルーツを教えていただきました。 現在も小型の和蘭など東洋ランとの交配が行われ、販売されているようですから、それらのさきがけのような存在だったのかもしれません。 素心のシュンランを親に持っているという東洋蘭(大豊)はとても優しい色合いの花が咲きます。 上の東洋蘭(大豊)は、自宅で ... ミゾホオズキ(溝酸漿)は、北海道、本州、四国、九州の山野の湿地、湧水のほとり、溝などに生育する多年草です。 種から育てて2年後に初花が咲きましたが、冷たい水の流れるような湿地に生える植物は、大きく育つこともなく、弱ってしまいましたが自生地で写真を写すだけではなく、種から育てたという経験は植物の生態をより知ることが出来たと思っています。 栂池自然園で写したオオバミゾホウズキ(大葉溝酸漿)を下にのせています。 上のミゾホオズキ(溝酸漿)は、自宅で2008年6月5日に撮影した2004年10月に播種した苗からの初 ... ゼラニウムは、フウロソウ科・テンジクアオイ属で、江戸時代末期に渡来した花径2~3cm。高さ30~60cmの多年草で、初心者でも簡単に育てることが出来る四季咲きの多年草です。 多肉質の茎をもっているため、乾燥には強い反面、過湿には弱い性質をもっているので、軒下などで育て、夏は涼しく、冬は霜に当てないように軒下で管理することが大切です。 ハーブとしても利用でき、花色も豊富なので、いろいろな種類を育てる楽しみもあります。 上のゼラニウムは2004年1月9日にとちぎ花センターで撮影したものです。 スポンサーリンク ... 9月にわが家で咲いた山野草、野草、高山植物、海外の高山植物の花の写真です。 山野草が主ですが、園芸品種も入っています。 1~3月の花 4月の花 5月の花 6月の花 7月の花 8月の花 9月の花 10月 ... 春に我が家で咲いた山野草、高山植物の育て方を紹 介しています。種から育てた国内、海外の高山植物の花も見られるようになっていますので珍しい高山植物の写真もあると思います。春の山野草、高山植物図鑑として利用できます。, 家を建て庭を造ることになった時に前々から欲しかったロックガーデンを造ることに迷いはありませんでした。そんな思いで作った山野草の庭には思い入れがたくさんあります。, 山野草、高山植物の栽培は用土と環境が成否を分けると大きな要素になります。 »ãã¤ã‘丸い大きなおにぎりを作るように形を調え、鉢に植えこみます。, (4)植え替え後、1〜2ヶ月は水の回数を減らし、葉のツヤがなくなりかけたころに水を与えます。(10日〜15日位が目安), (5)約2ヵ月後、新しい根が動き始めたら水やりの間隔を1〜2日ほど早めます。. 花のある暮らしをしてみたいなと思っても、初めての人や、花を枯らせてしまった経験のある人は、なかなかチャレンジしづらいものです。そこで、初心者は育てやすい花を選びましょう。, 室内やベランダで、気軽に育てられるといいですよね。ここでは、初心者にもおすすめの多年草や一年草の、室内でも育てやすい花、ベランダでも育てやすい花をそれぞれご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。, 多年草とは、芽が出て花が咲き、実が成り枯れるというサイクルを、2年以上くり返す植物のことです。植えっぱなしで何年も楽しめます。, セントポーリアは、スミレに似たかわいらしい花で、2万種類以上もの品種があります。環境さえ良ければ、室内でも一年中花を楽しむことができるため人気です。, 直射日光の当たらない明るい窓際のレースのカーテン越しに置いて、半日以上日に当てます。, 夏は風通しの良い場所に置いて、鉢土の表面が乾いてからたっぷり水を与えます。冬は水やりを控え、室内が10度以上になるようにしましょう。, 肉厚の葉っぱと、1茎に小花がたくさん集まって咲くのが特徴的なカランコエは、室内花としても人気です。カランコエは改良された園芸品種で、周年鉢花が多く出回っています。, 秋の終わり頃から春先までは、日当たりのよい窓辺に置いて、夏は風通しのよい半日陰に置き、土が乾いたら水やりをします。, アンスリュームは、赤やピンクや緑などに色づきますが、花のように美しいのは仏炎芭です。まるで蝋細工のようなツヤが特徴的ですね。, ゼラニウムは花色も豊富で、長い期間、花を楽しめる世界中で人気の花です。高性種から矮性種までさまざまな草丈のものがあります。, 基本的には、日当たりが良く風通しのよい場所に置いて育てますが、夏場は直射日光を避けて、風通しのよい半日陰に置いて育てましょう。, いずれも日当たりがよく、風通しのよい場所に置いて育てます。暑さには弱いので、夏は半日陰に置いて、鉢土の表面が乾き始めたら水を与えましょう。, カタバミの仲間のうち、球根をもつものをオキザリスと呼んでいます。花色も葉色も豊富で、とても丈夫な花なので、植えっぱなしでも2 ~3 年はよく花を咲かせてくれます。, 花が咲いている間は、必ず日当たりの良い場所に置いて育てます。葉が茂っている間は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをし、枯れ始めたら水やりをやめて、鉢ごと乾燥させます。また、生育期は月に1回は液体肥料を与えてください。, サイネリアは、光沢のある花が株を覆うように咲き誇り、室内を彩ってくれる春の鉢花です。花径約8センチほどの大輪もあれば、3センチほどの小輪まであり、花色も豊富です。, 室内の窓辺に置いて、水切れに注意しながら育てます。風のない暖かい日には外で直射日光に当てると、花色や葉色がより美しくなります。, バージニアストックは、高さ30センチ前後の茎の上部に、香りのある4弁の花を次から次へと咲かせます。春の間中花を咲かせてくれますので、長く花を楽しむことができます。香りのよい花は咲き始めは白いのですが、だんだんピンクなどに色づいてきます。, 寒さに強いので、鉢植えは基本的には日当たりが良く風通しのよい戸外に置きますが、室内でも楽しめます。鉢土が乾いたら水やりをしてください。, カンパニュラは、ベル形や星形の花を咲かせることで人気です。日当たりが良く風通しのよい場所で育てます。, 花に水がかかると傷みやすく、充分土に水を与えることもできなくなってしまうため、株をよけてしっかり株元に水やりをしてください。, バンジーは、一般的に花径8センチ以上の大輪のものから5~6センチの中輪の花を咲かせます。小さいものをビオラと呼ぶことが多いですが、最近はさまざまな品種が出てきて、一概に大きさだけで分けることはできなくなってきました。, 寒さに当てると花つきがよくなるため、冬も霜を避けて日当たりのよい戸外で育てます。そのためパンジーは、ベランダで育てるのにもおすすめです。, 春になって花がたくさん咲き始めたら株元にたっぷりと水やりをし、花がらはこまめに摘んでください。, ノースポールは、花径3センチほどの白い小ギクが長い期間咲いてくれる人気の一年草です。, 日当たりのよい場所に置いて育てます。比較的寒さに強いので、冬も寒風を避けた南向きのベランダなどで育てることが可能です。, 寒さの残る早春のころから、赤や白、ピンクのかわいらしい花を次から次へと咲かせてくれます。小さい花は花径2~3センチほど、大きいものですと花径7~8センチほどの大輪になります。, なお、デージーは日当たりの良い場所でないと花が咲きません。そのため、日当たりの良い戸外に置いて育てます。冬場は霜除けが必要なものの、ベランダで楽しむのにもピッタリです。, 鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをし、花がらや枯れた葉はこまめに取り除くようにしましょう。, ap.jp/post/6099577″ target=”_blank”>Photo by kumakoさん@GreenSnap, ここでは、初心者でも育てやすい多年草や一年草について、室内でも育てやすい花、ベランダでも育てやすい花に分けて、それぞれご紹介しました。, 初心者だからこそ、室内やベランダで、気軽に花を楽しむことができたら嬉しいものですね。. 花も肉厚で、リップと呼ばれる唇弁を中心にして、ローアセパルと呼ばれる花弁を左右の下向きに2枚、ドーサルと呼ばれる花弁を上に1枚、ペダルと呼ばれる花弁を左右に2枚、合計5枚の花弁から出来ています。この形が上から見ると蝶々が左右に羽を広げているように見えるので、コチョウラン(胡蝶蘭)と呼ばれています。 サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。. その他の室内でも育てやすい花(多年草) ファレノプシス. 冬場に枯らさないためには、なるべく昼と夜の温度差をなくし、夜はビニールハウスに入れるなどの工夫をしましょう。ビニールハウスがなければ、段ボール箱をかぶせるだけでも温度は全然違います。それもなければ、寝るときに鉢を窓辺に置いたままではなく、部屋の中央に移動させてあげると、少しは温度も違うと思います。 個人向けに販売している小苗を購入すれば、育てにくいと思っていた、ファレノプシス(胡蝶蘭)も加温音質がなくても、関東地方の住宅地で育てることが出来ることを知りました。 一年を通して室内で育てますが、夏のクーラーや、冬のファンヒーターの風が、直接当たるような場所は、避けるようにします。開花中は、肥料はあげず、一週間から10日に一度、水やりをします。 オシロイバナの育て方について紹介していきます... 釣り鐘のように垂れたフクシア。その凛とした上品な花姿から、ペンダントやイヤリングといった、女性のアクセサリーにちなんでつけられた呼び名がフクシアには多数あります。そんなフクシアの育て方を学び、実践して... 漢字では「初雪草」と表記されるハツユキソウは、正式な学名は「ユーフォルビア・マルギナタ」です。北アメリカが原産地となっていて、トウダイグサ科のユーフォルビア属に分類されているそんなハツユキソウの育て方... エリカは主に南アフリカ原産で、ヨーロッパなどにも多く自生しています。原種は約750種あるといわれていて、小さな可愛らしい花を鉢いっぱいに咲かせてくれるので、とても美しく日本でも人気です。たくさん種類が... シモツケは、日本や中国、朝鮮半島原産の落葉低木です。日本では、現在の栃木県である下野(しもつけ)の国で最初に見つかったことから、「シモツケ」という名称になったといわれています。 シャコバサボテンの育て方|水やりや剪定方法は?植え替えの時期は? クリスマスローズ. ファレノプシス(コチョウラン) 東南アジアを中心とした熱帯・亜熱帯地域におよそ50種が分布するランの仲間です。日本ではコチョウランの名前でやや高級な鉢花として知られています。自生地は昼夜の気温差が大きく高温多湿な森林内で、風通しのよい樹木の高い位置にある枝や幹に根を張り付かせて生活します。 属名のファレノプシスはギリシア語のファライノ(phalaina:蛾)とオプシス(opsis:~のような)の2語からなり、花 … nhkテレビ「みんなの趣味の園芸」に出演し、トミーの愛称で知られる園芸研究家 富山昌克さん監修のファレノプシスの育て方。祝い事の大定番である胡蝶蘭のことをファレノプシスとも呼ぶんですよ。プロならではのテクニックを余すことなくご紹介。 ファレノプシスの育て方 本来のファレノプシスは高温多湿の高山に、他の樹木に着生して生活しています。 通常、花が咲いた状態で販売されているので、買って帰ったら、直射日光の当たらない、なるべく風通しの良い場所に置きます。 一年草扱いされることの多いオシロイバナですが、本来は多年草の花です。オシロイバナは夕方から花を咲かせるため、夜中に観賞して、その花の色と香りを楽しめます。 1年を通して室内の明るい場所に飾ってください。日差しが強いと葉焼けを起こすので、レースのカーテン越しの日光に当てましょう。寒さに弱いので、冬は最低10℃以上を保つようにしてください。, 表面のバーク(樹木の皮のチップ)が完全に乾いたら、株元にたっぷりと与えます。バークが常に湿ったままの状態は、根腐れの原因となります。特に冬季の水のやり過ぎには、十分注意してください。(冬場の水やりの目安:10~14日に1回), 最初の1年は農園で肥料を施してから出荷しているため必要ありません。2年目以降、春から夏は月に1回「花工場」などの市販の液体肥料を与えてください。冬は必要ありません。, 花が咲き終わったら、図のように株元から茎を2節以上残して切ると、節目から次の花芽が出る性質があります。うまくすると年2回花を咲かせることもできます。 植え替えは2年に1回を目安に行いましょう。, コチョウランの好む環境は、人間の好む環境とほぼ同様です。冬の夜間、窓辺は冷気で株が傷むので、部屋の中央に移しましょう。コチョウランの生育適温は、10~28℃です。夏は涼しい場所で管理します。また、エアコンやヒーターの風が直接当たる場所は避けて飾りましょう。, フリーダイヤル 0120-363-087 この時に、ナイフやハサミに雑菌がついてると、切り口から菌が繁殖して、株全体を痛めてしまう事があるので、道具は十分に洗浄して、ライターなどで炙って滅菌してから使うようにすれば、菌の繁殖は抑えられます。二番花を咲かせる場合は、花茎を根元から三節残し、その上から切り落とします。 胡蝶蘭. この時に鉢と株の間にすき間ができるようなら、水ゴケを足してすき間を埋めます。来年も花を咲かせるために、早めに花茎を切り、冬の間しっかりと栄養を蓄え、株を元気にさせる事が、秋から冬にかけての管理において、もっとも大事な事です。, コチョウランは、ある程度の高温には耐えられますが、寒さには弱いです。秋から冬の管理には、温度管理は欠かせません。最低温度が10度を下回るような場所での管理は、避けるようにします。冬場など外が寒い時は、日中は窓辺の暖かい所に置きますが、実は夜になると、一番温度が下がるのが、窓辺です。 【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!. コチョウランに限らずラン類は、土ではなく根をミズゴケで巻いて育てます。これは、土だと冬場の土中の温度が極端に下がってしまうため、根を傷めてしまう可能性があるからです。コチョウランの管理には、冬場でも最低15度ぐらいが必要なため、それ以下になると根が枯れてしまいます。温室などが無ければ、午前中に陽のあたる窓辺などがおススメです。, 通常ファレノプシスは、5月から7月くらいの春に花を咲かせます。開花期には水をやり過ぎないように注意しながら与え、同時に肥料を一週間に一回程度与えます。原液を1000倍から2000倍に薄めたものを用意しますが、最近では薄めずにそのまま与える液体肥料も販売されているので、どれが使いやすいのか、園芸店などで相談してみれば、自分に合った肥料が見つかると思います。 Photo by すずさん@GreenSnap. 温室なしで咲かせる胡蝶蘭(ファレノプシス)の手入れと増やし方・症状別対処法 2018年05月23日 17:56 20年くらい前に、花が終わった贈答用の胡蝶蘭をいただいて、育てた胡蝶蘭に花が咲いた時に、手入れさえすれば花が咲くんだと知りました。 葉も特徴的で、丸みのある肉厚の葉が、左右に伸びています。根の部分も他の植物に着生しやすい様に、一本一本が太くて長いのが特徴的で、土の中からではなく空気中の水分を吸収して生活してます。花茎が5センチほどの節を作りながら成長して、その先に花をつけます。  http://www.tommy78stella.com/ Photo by とびっこさん@GreenSnap. mail@worldflower.net, コンパクトでありながらボリューム感や存在感があり、長い期間お花を楽しめるミディコチョウラン。「椎名洋ラン園」が大切に育てあげた逸品です。.  http://www.shuminoengei.jp/, ファレノプシス(コチョウラン)の育て方のページです。 花の大きさや形、色は種によってまちまちでふっくらとした丸みがある大輪種、星形の花を咲かせる種、可愛らしい小輪種などがあります。 一般によく出回るのは交配種. nhkテレビ「みんなの趣味の園芸」に出演し、トミーの愛称で知られる園芸研究家 富山昌克さん監修のファレノプシスの育て方。祝い事の大定番である胡蝶蘭のことをファレノプシスとも呼ぶんですよ。プロならではのテクニックを余すことなくご紹介。 コチョウランの栽培において、この温度管理が一番大変で、次の年に綺麗な花を咲かす事ができるかどうかは、温度管理次第といっても過言ではありません。水やりも控えめにします。コチョウランは、その太い根で空気中の湿気を吸収して、水分を蓄えているので、極端に水分が多いと腐ってしまいます。 目安は、鉢に入っている水ゴケが乾いたらあげるようにします。冬場は二週間から一ヶ月に一回程度で十分です。表面が乾いていても中が湿っている事もあるので、棒状のものを差してみて、濡れているようなら水やりは控えます。コチョウランの種付けについては、基本的には子株は出ません。 原産は、東南アジアで、ヒマラヤ山脈や中国の高地など、高温多湿地帯の高い木に、着生して生息しています。多湿でありながら高いところにあるので、風通しがよく、あまり直射日光の当たらない場所を好みます。本来は開花時期は春ですが、品種改良によって現在出回っている品種は、一年を通して花を楽しむ事が出来ます。, 生息地である東南アジアでは、他の樹木の枝や幹などに着生して生息しています。株の特徴は、一般的な他の洋ランにあるようなバルブがまったくありません。栄養分を蓄える事が出来ないので、他の植物に比べて管理方法が非常に重要になります。 関連記事. 開花期が終われば、花茎を切って株を休ませます。二番花を咲かす事も可能ですが、その時には、注意が必要です。コチョウランは、伸びた花茎の下から上に向かって、順番に咲いてくるので、先端の花が咲き終わったら、花茎を切ってあげます。 eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。 ファレノプシス(胡蝶蘭) 2003年11月1日 撮影 栽培品. 花の色も白やピンクが一般的ですが、最近では加えてパープルやイエローなども、出回るようになりました。見た目の豪華さから、鉢植えを祝い事の送り物として、また切り花としても誕生日のフラワーアレンジや、入学式や卒業式などのコサージュに使われるなど、花もちの良さからプレゼントとしての需要があり、高級植物としても有名です。 2年目以降、春から夏は月に1回「花工場」などの市販の液体肥料を与えてください。冬は必要ありません。 花が咲き終わったら・・・ 花が咲き終わったら、図のように株元から茎を2節以上残して切ると、節目から次の花芽が出る性質があります。うまくすると年2回花を咲かせることもできます。 植え替えは2年に1回を目安に行いましょう。 ミズヒキ(水引)は、日本全土の林や藪の縁などに普通に生える高さ50~80cmのタデ科 タデ属の多年草です。 茎の先に長さ約30cmの細い総状花序を出し、小さな花が咲きますが、マクロ写真で拡大して写すととても魅力的な花です。 茎の先に咲く花はミズヒキは赤く、ギンミズヒキは白く見えるだけですがそれでも、斑入りの葉と相まって風流のある花です。 上の斑入りミズヒキ(斑入り水引)は、自宅で2004年9月24日に撮影した花です。 スポンサーリンク 斑入りギンミズヒキ(斑入り銀水引)の特徴と育て方 斑入りギンミズヒキ( ... リンドウ(竜胆)は、本州、四国、九州の山野に生える高さ30~100cmの多年草です。 ササリンドウと別名があり、立ち上がらずに長い茎をのばして葉腋にたくさんの花をつけます。 下に野山で写したリンドウの写真と、仲間のオヤマリンドウ、エゾリンドウの写真と特徴、園芸品種の写真を載せています。 上のリンドウ(竜胆)は、自宅で2013年10月24日に撮影した花です。 スポンサーリンク リンドウ(竜胆)の特徴と育て方 リンドウ(竜胆) 2011年11月15日 撮影 栽培品 和名 リンドウ(竜胆) 別名 ササリンドウ ... ハナカンザシ(Rhodanthe anthemoides)は、オーストラリア原産のキク科 ローダンテ属の多年草ですが暑さに弱いので、日本では1年草扱いにされています。 高さ40~50cm。かさかさとした可憐な花が株一面に咲き、冬から春のコンテナの寄せ植えなどにしますが、造花のような花がドライフラワーに向いていることからドライフラワーとしての人気があります。 開花期間が長いので、2月から4月ごろまで、薄い液体肥料を月に3~4回施し夏を越したいときは、山野草用土に植え替えます。 上のハナカンザシ(Rhodan ... トワダアシ(十和田葦)は、イネ科クサヨシ属の耐寒性多年草です。日本各地の湿地に自生する湿地植物で、アシとなっていますがクサヨシの仲間になります。 ざらつきのある線形の葉に白とピンクの縦縞斑がはいった変種が、園芸品種として流通していて、これがトワダアシ(十和田葦)です。 私は草物盆栽にしていますが、上の写真は5年くらい前に作ったもので、植え替えていません。 育て方によりますが、我が家は草もの盆栽にして30㎝以下に育てています。 上のトワダアシ(十和田葦)は、自宅で2019年6月8日に撮影したた草物盆栽です。 ... コバノランタナは、南米原産のツル性のの多年草で、ランタナが時間経過とともに花色をかえますが、単色です。 蔓性の植物なので、切り戻して株を整えるようにします。 暑さには強いですが、寒さには少し弱いので、寒い地方では家の中で管理します。 下に、ランタナの写真と特徴を載せています。コバノランタナとの違いを確認できます。 上のコバノランタナは、自宅で2004年10月6日に撮影した花です。 スポンサーリンク コバノランタナの特徴と育て方 コバノランタナ 2004年10月6日 撮影 栽培品 和名 コバノランタナ   ... シクラメンは、地中海沿岸、小アジア、ロシア南部に自生するサクラソウ科 シクラメン属で、品種により開花期などが異なります。 明治末期から大正期にかけて、野生種や園芸種が渡来した球根草で、原種シクラメンとは野生種のことです。 葉の美しいものが多く、育てやすいものから難しいものなどがあるようなので、我が家は多くの変種が栽培されている普及種であるコウム(Cyclamen. ファレノプシスの育て方について 「みどりの広場」は植物の育成や管理に役立つ情報を提供しながら、花や緑を育てる楽しさを皆さまと共有することを目的としたサイトです。 トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果 ファレノプシス. また、プレゼントでいただいた鉢植えなどは、ほとんどが複数株の寄せ鉢になっているので、この時期に植え替えも一緒に行います。植え替えの方法は、鉢やポットから取り出し、古い水ゴケを全部取り除き、新しい水ゴケで根元を包み、今の鉢より一回り大き目の鉢に植え替えます。 ファレノプシス(胡蝶蘭)は、フィリピン、インドネシア、タイ、ビルマ、インドなどに自生する、木などに根を広げて着生している高温多湿地帯に生息する植物です。, 私は小苗を購入して育てたのですが、寒さに強い品種だったのか、不安をよそに成長して毎年花を咲かせるようになりました。, それほど大きくなる品種ではなかったようですが、年々葉も大きくなり、花も多く咲くようになりました。, レリオカトレア エンジェルラブ ‘ピンキー’ ( Laeliocattleya Angel Love 'Pinky')も同時期に育てましたが、ファレノプシス(胡蝶蘭)は大きくなりすぎて置き場所がなくなったので、友人に育ててもらうことにして栽培を止めましたが、レリオカトレヤ エンゼルラブ ‘ピンキー’ ( Laeliocattleya Angel Love 'Pinky')は現在も育てています。, 胡蝶蘭は着生ランという、木などに根を広げて着生している高温多湿地帯に生息する植物です。, 草丈20~100㎝。花径3~12cmの多年草で、花色は白色、桃色、黄色などがありフィリピン、インドネシア、タイ、ビルマ、インドなどに自生します。, 花も1~3ヶ月と驚くほど長持ちです。新築祝、開店祝、開業祝などの贈り物としても人気があります。, 自然では11月から12月に花茎が伸び、冬に加温した温室では2月から3月頃の開花、暖房の効いた暖かい部屋に置いた簡易ビニール温室内では3月から4月頃の開花、暖かい通常の室内ではそれ以降の開花になります。, 上の写真の小苗を購入して育てたので、かなり低い温度に適応して、花を咲かせるようになりました。, 小苗の時は、セントポーリアを夜間保温のガラスケースで育てえいたので、その中で育てていましたがケースに入らなくなってからは2階の部屋で管理しました。, 植え替えは春の花後と秋で2年に一度、ラン鉢を用い、軽石とヤシ殻チップ、バークチップの混合用土を使い、マグアンプK 中粒と大粒を、根に触れないように入れて植え込みます。, 5月頃に固形肥料を少量与え、冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。, 水は成長期には表面が乾いたらやり、それ以後は乾いて~2~3にたってからやれば良いようです。, 春から秋は戸外の風通しの良い場所の棚上か吊して育てます。わが家はポリカーボネートの波板の屋根下で、遮光ネットを利用して光を調節して育てています。, 個人向けに販売している小苗を購入すれば、育てにくいと思っていた、ファレノプシス(胡蝶蘭)も加温音質がなくても、関東地方の住宅地で育てることが出来ることを知りました。, 洋ランを沢山育てていた時期もありましたが、現在は山野草を主に育てているので、置き場所の関係から大きなものは育てるのを止めています。, 上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。, 猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。, 鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。, 病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。, 私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。, お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。. セミアルバ 黄花: 一般的に鉢花として出回るものは、大半が人工的に掛け合わせて作られた交配種です。種の組み合わせで ごく稀にわき芽が出たり、残した花芽の先端に高芽が出来ることがありますが、育ちにくいです。基本的には親株を大事に育てて毎年春に綺麗な花を咲かせるのが、コチョウランを育てる醍醐味です。日本の気候は、コチョウランを育てるのに適しているとは、決して言えませんが、その分翌年に花を咲かせてくれた時の喜びは、他の植物にはない満足感があります。, 学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある植物です。名前の由来は、学名も和名いずれも、花の咲いてる姿が東南アジアにいる、美しい羽を持った蛾の姿に似ていることから、この名前がつきました。 (携帯・PHS可) ファレノプシス(コチョウラン)の育て方について紹介いたします。このページではファレノプシス(コチョウラン)の基本情報やまめ知識をご紹介しています。, 199年代後半から、洋ランの代表格に躍り出ました。店頭にファレノプシスが並ばない日はなくなってきているほどです。, 園芸研究家。番組ではトミーと呼ばれている。メリクロンアーツ&富山昌克オフィス&富山蘭園・奈良農場代表。専門の洋ランはもちろん、幅広いガーデニング知識と巧みな話術で、テレビや講演にひっぱりだこ。農大、専門学校等でも講義を行っている。著書多数。 ギフトやお祝いで贈る胡蝶蘭(コチョウラン)。良い株の選び方や育て方、水やり方法、花が終わった後の管理はどうすればいいの? そこで今回、椎名洋ラン園の椎名正樹さんから胡蝶蘭(コチョウラン)の育て方や管理など教えていただきました。 (日祝定休) (C) World Flower Service All Rights Reserved. 育て方について ; home. 学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある植物です。名前の由来は、学名も和名いずれも、花の咲いてる姿が東南アジアにいる、美しい羽を持った蛾の姿に似ていることから、この名前がつきました。, 本来のファレノプシスは高温多湿の高山に、他の樹木に着生して生活しています。通常、花が咲いた状態で販売されているので、買って帰ったら、直射日光の当たらない、なるべく風通しの良い場所に置きます。 園芸が好きな人にとっては、アブラムシ退治には苦労していると思います。 そこで簡単で長期間効き目があり、環境にやさしい木酢液 園芸用を使ったアブラムシの退治法をご紹介します。 スポンサーリンク 木酢液、 ... レリオカトレア エンジェルラブ ‘ピンキー’ ( Laeliocattleya Angel Love 'Pinky'), ファレノプシス ビオラセアPhal.violacea (=Phal.bellina)【花なし株】【原種】【芳香性】, ☆洋蘭おまかせ3,000円ファレノプシス(胡蝶蘭)ミニ マイクロ胡蝶蘭ミディ花 誕生日 激安 胡蝶蘭 フラワー内祝い, リンドウ(竜胆)の育て方|仲間のオヤマリンドウ、エゾリンドウ、園芸品種のリンドウの詳細. Photo by yuu * さん@GreenSnap. … ただ、他の植物のように、同じ株でもう一度花を楽しもうと思うと、温度や湿度、また日照管理など、専門知識が必要な部分もあるので、増やすことを目的として育てるには、園芸初心者には、難易度が高いです。その分手を掛けて管理してあげて、もう一度花が咲いたときの感動は、他では味わえない程の喜びがあります。植物好きなら、一度は挑戦してみたい品種です。, 育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。 水はけを考えて植物に適切な用土選びを考えてみました。. シャコバサボテン. リビングの窓辺に置いて、人が居る時にはファンヒーターなどの暖房器具で室内の気温は上昇しますが、寝室に移動し暖房器具を切ると部屋の温度は急激に低下し、窓辺は氷点下になる事もあります。この温度差に耐え切れず、枯れてしまった話は、よくある事です。 住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。, 原産地:東南アジア、ヒマラヤ山麓、インド、中国南部、台湾~スマトラ半島、ボルネオ、フィリピン、ニューギニア、マレー半島、インドネシア、オーストラリア北部. そうする事で、残った花茎からもう一度花芽が出てきて、開花します。ただし、二度花を咲かせると、株が痛みやすくなるので、葉が元気なく垂れ下がっていたり、葉にシワが寄ってふやけているようなら、花茎を根元から切り落とし、風通しの良い涼しい場所で、休ませた方が、来年花が咲きやすくなります。 品種によってはまれに花茎上に芽(高芽)が出てきます。 この芽が大きくなり葉が3枚くらいに生長した頃に切り離して鉢に植え付けて育てます。高芽は植え付けてからだいたい2~3年で花の咲く株に成長します。 かかりやすい病害虫 日頃のご愛顧に感謝をこめて、メールマガジンをご覧のお得意様に素敵なプレゼントをご用意しています。, お得な花の情報・花の話題が満載のメルマガです。購読のお申し込み・詳細は、メールマガジン紹介ページをご覧ください。. 胡蝶蘭の花が終わったら、個人的に胡蝶蘭を咲かせたい方、育ててみたい方は「5.胡蝶蘭をもう一度咲かせる方法」を確認していただきチャレンジしてみてください。 ※胡蝶蘭が急に枯れ始めた場合には、寿命以外の原因も考えられます。