第59回(2009年) ウオッカ  今年1月26日に腸閉塞によるせん痛を発症し、開腹手術を行い、種付けは見合わせていた。. 第28回(1978年) ニッポーキング 第04回(1954年) フソウ Copyright © JBBA 2002-2020.

 また、03年JBCスプリント(交流G1)などダート重賞8勝を挙げ、アロースタッド(北海道新ひだか町)で種牡馬として活躍したサウスヴィグラスが4日午後6時50分に死んだ。22歳だった。現役時は美浦・高橋祥泰厩舎に所属し、ダート短距離路線で活躍。通算成績33戦16勝。種牡馬入り後は地方競馬リーディングサイヤーに12、15、16、17年の4度輝き、ラブミーチャン、コーリンベリー、昨年のジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンなど3頭の交流G1優勝馬を出した。 第57回(2007年) ダイワメジャー 第42回(1992年) ヤマニンゼファー 第02回(1952年) スウヰイスー

第64回(2014年) ジャスタウェイ このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 第54回(2004年) ツルマルボーイ 第62回(2012年) ストロングリターン

ヒシマサルの死亡について 2018年03月 1992年のきさらぎ賞など重賞を3勝したヒシマサルが3月6日の朝に老衰のため死亡したとの連絡がありました。

阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見どころとなっています。今年は例年の京都競馬場ではなく阪神競馬場で開催ということで求められる傾向も変わってきそうです... 阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見ど... 阪神競馬の土曜メインは2歳G2「デイリー杯2歳ステークス」です。この後の阪神JFや朝日杯FSはもちろん、来年... 福島競馬の日曜メインは七夕賞と並ぶ福島の伝統の一戦「福島記念」です。福島の芝2000mで行われるハンデ重賞で... 距離は2500mと長く、最後の長い直線に向けて構えることが多くなることからも、基本的には後傾ラップになること... 11月8日(日)に東京競馬場で開催された第58回アルゼンチン共和国杯は、C.ルメール騎手が騎乗する3番人気のオ... 東京競馬の土曜メインはダートマイルのG3「武蔵野S」です。2014年から1着馬にチャンピオンズカップの優先出... 今週の阪神競馬では障害重賞の「京都ジャンプステークス」が開催。例年京都の障害3170mで行われているレースで... G1ホースへの登竜門「アルゼンチン共和国杯」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。今回は追い切り映像やタイ... 今週日曜阪神のメインレースは登録11頭と、フルゲート16頭に対して少頭数での開催になりそうなG3・みやこステ... 東京競馬の日曜メインは「アルゼンチン共和国杯」です。古馬中長距離G1路線を占う上でも重要な一戦となります。 ヒシアマゾンとヒシマサルの交配は物議を醸したらしいんですが、一体何が問題だったんですか?何年も前の話です。 ヒシアマゾンの初年度種付けはヒシマサルでした。ヒシマサルはgI勝ちは無く、GⅢレース3勝という成績。 第58回(2008年) ウオッカ 第06回(1956年) ヨシフサ 第23回(1973年) ハクホオショウ

第35回(1985年) ニホンピロウイナー

第33回(1983年) キヨヒダカ 第05回(1955年) クリチカラ 母クリームンクリムゾンは1980年、米国産、入着馬。産駒にキルマジ(仏3勝、ヴァントー賞(G3)、カブール賞(G3)、モルニ賞(G1)2着、サンタラリ賞(G1)3着)めいクォーターノート(グロット賞(G3))おばティーヴィヴィクセン(米20勝、ファンタジーS(G2)、パカラップS(G3)、デラウェアオークス(G1)2着), 北海道の牧場のアクセス情報や周辺にある周辺施設を、Googleマップで確認できます。. 第13回(1963年) ヤマノオー

All Rights Reserved. 第39回(1989年) バンブーメモリー 第43回(1993年) ヤマニンゼファー ‟2代目”ヒシマサル 1992年のきさらぎ賞(g3)、毎日杯(g3)、京都4歳特別(g3)と重賞3勝のヒシマサルが、今年3月6日に老衰のため亡くなった。

ヒシマサルは、1989年生まれの競走馬。なお、1955年生まれで安田記念を制した同名の競走馬がいるため、血統表などでは「ヒシマサル II」と表記されることがある。なお、1955年生まれの競走馬の馬主は阿部雅一郎の父の阿部雅信である。本来、重賞を勝ち、さらに繁殖にあがった競走馬と同じ名前をつけることは許されないが、馬主の阿部雅一郎は血統登録を生産国のアメリカで行ったうえで日本に輸入したことでこれを回避した。, 阿部雅信・雅一郎父子は、父子二代の馬主として活躍したが、雅一郎に代替わりしてから、父から引き継いだ血統の牝馬の仔が走らなくなり、ヒシスピードも種牡馬としては不振で、競馬場に出て来られる産駒すらあまりいないという状態であった。このため、外国産馬などの新しい血や新しい人脈を求めて再起を図るなか、雅一郎が初めて知り合った関西の調教師である佐山優を連れて向かった1991年春のバレッツセールで、セクレタリアト産駒の3歳馬を購入した。父はアメリカ競馬史上屈指の名馬、近親に重賞勝ち馬も数頭おり、値段はおよそ32万5000ドルであった。雅一郎はこの馬に父ゆかりの「ヒシマサル」の名を与え、佐山厩舎に預託した。, 佐山は本馬を落札した理由について、「顔に気品が感じられ、そして馬格も申し分なかった」と振り返っている[2]。佐山は帰国後に栗東トレーニングセンターで武豊と会った際、「いい外車が入るんや。デビューしたら、豊君、頼むで」と、新馬戦での騎乗を依頼した[2]。, 1991年11月9日、京都競馬場での新馬戦でデビュー。しかし、武が前週の天皇賞(秋)(第104回天皇賞)で斜行したことにより当週から騎乗停止処分を受けていたため、代役として角田晃一が騎乗して4着に敗れる[2]。中1週で臨んだ11月24日の新馬戦では田島信行とのコンビで、2着のエイシンテネシーに8馬身差をつける勝利。続く中京3歳ステークスでは角田晃一の騎乗で3着。, 明けて1992年春、4歳となったヒシマサルは、500万下条件戦の寒梅賞に出走。初めて武が鞍上を務め、直線で10頭以上の他馬を抜きさって勝利した[2]。武は調教で初めて本馬に跨ったときの印象について、「えっ、こんな馬がいたのか、と強烈な印象を受けました。たまらない乗り味でした。言葉では表現しにくいんですけど、乗っていて性能の良さが伝わってくるんです。スポーツカーを走らせて、グングン回るエンジンを操る感じかな」と振り返っており、調教で乗った感触からもっとすごい勝ち方をするのではないかと思った、と述べている[2]。そこから先は初勝利を飾った田島信行とのコンビできさらぎ賞、毎日杯、京都4歳特別とGIIIレースを3連勝。当時外国産馬にクラシック競走への出走が認められていなかったため、別路線を走り続けた。同年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)はミホノブルボンが逃げ切り勝ちを続けており、ヒシマサルは差し、追い込みの脚質と対照的な勝ち方をしていたため、その後の対決が期待されていた。, しかし郷原洋行に乗り替わったニュージーランドトロフィー4歳ステークスでは1番人気に推されたもののシンコウラブリイの2着。その後、武豊に乗り替わったが京都大賞典、ドンカスターステークスと連続して2着。これらのレースの優勝馬はオースミロッチやレガシーワールドだったため、決して弱い相手ではなかったもの勝ちには恵まれなかった。その後、ジャパンカップでは5着で辛うじて掲示板を確保するものの、有馬記念は9着に敗れた。, 5歳となった1993年は屈腱炎のためほぼ休養にあてられ、11月28日のトパーズステークスで復帰するが13着に大敗し、それを最後に現役を引退した。, 引退後は種牡馬となったが、日本であまり成功していないボールドルーラー系の血統が不安視され、優秀な牝馬を集めることはできなかった。それを差し引いても産駒成績は期待外れの結果に終わり、重賞勝ちどころかオープン入りした産駒すら出していない。オーナーの強い意向により、ヒシアマゾンの繁殖初年度に種付けされたことが話題になった程度である。そのヒシアマゾンの仔(ヒシアンデス)は4戦して入賞なしに終わっている。, 2000年限りで種牡馬としても引退し、晩年は引退名馬けい養展示事業助成対象馬として、うらかわ優駿ビレッジAERUで繋養されていた。, 姉キルマジはフランスで走り重賞2勝、G1サラマンドル賞とモルニ賞でマキャヴェリアンの2着。母の姉ティーヴィーヴィクセンはアメリカG2ファンタジーステークスなど20勝、G1(当時)デラウェアオークス・デラウェアハンデキャップに2着した。, 本馬の活躍後、姉弟や母が相次いで日本に輸入されたが、今のところこれといった活躍馬は出ていない。, http://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view_amp&no=134133, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒシマサル_(1989年生)&oldid=77916976. 第10回(1960年) オンワードベル 第14回(1964年) シモフサホマレ 今年のpog本を読んでいると、見慣れた名前の記載に目が止まった。…ご存知の方もおられるかと思うが、三代目「ヒシマサル」の事だ。二代目の次点でかなりの話題にもなった同馬名が、三度jraの競走馬としてターフに姿を現す。 第24回(1974年) キョウエイグリーン, 第25回(1975年) サクライワイ 92年きさらぎ賞など重賞3勝を挙げたヒシマサルが6日朝、うらかわ優駿ビレッジ「AERU」で老衰のため死んだ。29歳だった。 第11回(1961年) ホマレボシ

第29回(1979年) ロイヤルシンザン

第18回(1968年) シエスキイ 第69回(2019年) インディチャンプ 第68回(2018年) モズアスコット 今年のpog本を読んでいると、見慣れた名前の記載に目が止まった。…ご存知の方もおられるかと思うが、三代目「ヒシマサル」の事だ。二代目の次点でかなりの話題にもなった同馬名が、三度jraの競走馬としてターフに姿を現す。 アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 第47回(1997年) タイキブリザード, 第48回(1998年) タイキシャトル 第27回(1977年) スカッシュソロン 第08回(1958年) ラプソデー 第41回(1991年) ダイイチルビー 第51回(2001年) ブラックホーク 競馬予想に役立つ最新情報をお届けするニュースメディア。データ・血統考察などの予想コラムも満載。, 去年の秋の話ですが、たまたまですが馬柱で「キラージョー」という名を見つけました。私の記憶が確かなら昔そんな名前の馬がいたような・・・と思い、気になり調べたところ、やはりいたんですね先代キラージョー。しかも生産牧場も馬主さんも同じ。, こんなのアリなのか?と思い「同じ馬名をつけられる条件」も調べてみました。というより、つけられない条件といったほうがいいかもしれません。何かのご縁で馬主になったときに困らないようにしっかり覚えておきたいものです。具体的な条件は以下の3つ。, キラージョー以外にも昨年の2歳馬には2代目サトノケンシロウもいました。こちらも同馬主ですね。なぜいまさら昨年の2歳馬の話を出しているかというと、今年の2歳馬に「ヒシマサル」がいたからです。父ルーラーシップ、母シェリールでセレクトセールで落札の馬。なんと実はこれで3代目。まだ馬名正式決定ではありませんが阿部オーナーの執念を感じさせます。, 初代ヒシマサルは1955年生まれ、さすがに生まれてなかったこともあり当時のことはわかりません。わたしのイメージはやはり2代目ヒシマサル。しびれる追い込みでした。昭和の競馬ファンなら軸、相手いずれにせよ馬券で一度は購入したことがあるのではないでしょうか。ジャパンカップにも出走しました。当時わたしは中学生だったので馬券は買っていませんが、馬名だけが妙に頭に残ったんですよね。, 初代が安田記念馬なので日本で申請したのでは馬名登録が通らないということもあり、2代目はアメリカで「Hishi Masaru」名義で登録した後に日本へ輸入するという荒業による登録。明確に区別する際は公的にはローマ数字をつけヒシマサルⅡとするそうです。3代目ヒシマサルはどのような方法で, そして、3代目ヒシマサルは古くからのヒシアケボノなどのご縁なのか、栗東・角田厩舎を予定しています。ヒシの勝負服といえばヒシアマゾン、ヒシミラクルはじめ追い込みのイメージ。POGをやられている方はぜひ覚えておいてくださいね!, 競走馬にまつわる小ネタや、騎手の話。レースからちょっと外れた競馬の面白いことを更に見つけてみませんか?. 第34回(1984年) ハッピープログレス 92年きさらぎ賞など重賞3勝を挙げたヒシマサルが6日朝、うらかわ優駿ビレッジ「AERU」で老衰のため死んだ。29歳だった。, 米3冠を制したセクレタリアトを父に持つ米国産馬で、現役時代は13戦5勝。3歳春にきさらぎ賞→毎日杯→京都4歳特別と重賞を3連勝したが、当時は外国産馬がクラシックに出走できなかったため、ミホノブルボンとの直接対決はかなわず。種牡馬となったものの活躍馬は出せず、01年からは「AERU」で功労馬としてけい養されていた。なお、オーナー阿部雅一郎氏の父・雅信氏がかつて同名の競走馬を所有。現在は3代目ヒシマサルが現役で活躍中。日曜阪神9R淡路特別に登録されている。 第56回(2006年) ブリッシュラック 第32回(1982年) スイートネイティブ 第01回(1951年) イツセイ そして、3代目ヒシマサルは古くからのヒシアケボノなどのご縁なのか、栗東・角田厩舎を予定しています。ヒシの勝負服といえばヒシアマゾン、ヒシミラクルはじめ追い込みのイメージ。 第52回(2002年) アドマイヤコジーン ヒシアマゾンとヒシマサルの交配は物議を醸したらしいんですが、一体何が問題だったんですか?何年も前の話です。 ヒシアマゾンの初年度種付けはヒシマサルでした。ヒシマサルはgI勝ちは無く、GⅢレース3勝という成績。 2014年 2月11日生まれ。阿部雅一郎の子、阿部雅英が所有。父ルーラーシップ。母シェリール。ノーザンファームの生産馬。10戦3勝で引退。乗馬となる。 おもな産駒

第36回(1986年) ギャロップダイナ

第07回(1957年) ヘキラク 第44回(1994年) ノースフライト ヒシマサルの死亡について 2018年03月 1992年のきさらぎ賞など重賞を3勝したヒシマサルが3月6日の朝に老衰のため死亡したとの連絡がありました。

第21回(1971年) ハーバーゲイム 第20回(1970年) メジロアサマ 重賞3勝、g1でも菊花賞3着など掲示板に5回乗っていますが、期待に答えられない結果です。 阪神大賞典(G1)では1着を手にし、右回りも走れることを証明しましたが、この馬のベストは左回 …