2020年プロ野球シーズンを占う、解説者・評論家による順位予想を一覧にまとめました。セリーグの巨人が連覇の可能性は?パリーグはソフトバンクと西武どっちが強い?そして最下位に沈むのはどのチームか?今年は混戦となるのか、それとも独走を許すのか? 2019年のプロ野球ドラフト会議がいよいよ開催されます。今年も数多く逸材が揃う中でひそかに話題となってる選手がいます。名古屋大学の松田亘哲投手です。 名古屋大学といえば旧帝国大学の1つで受験生にとって ... 日本のプロ野球阪神、日本ハムやメジャーリーグのニューヨークメッツで活躍した新庄剛志氏が、2019年11月現役復帰を目指してNPBより自由契約選手として公示されました。 現役引退後はバリ島へ移住しタレン ... 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れた日本プロ野球のペナントレース、40試合前後を消化してセリーグ打率首位をキープするのが広島カープ堂林翔太選手。プロ入り後は1軍と2軍を行ったり来たりのシーズンが続き ... 埼玉西武ライオンズの森友哉捕手は2019年パリーグMVP、史上4人目の捕手による首位打者も獲得しました。2020年の年俸も1億2千万円アップの2億円で契約更改し、打てる捕手として球界でも注目の大打者で ... 12球団ある日本プロ野球にはそれぞれ球団事情があり、選手の年俸が上がりやすいチーム、練習環境や待遇の良いチームなどそれらを裏付ける経営状態はさまざまです。 かっては貧乏球団と言われる球団も多く存在しま ... プロ野球もレギュラーシーズンが終わりに近づき70回目を迎える日本シリーズが間もなく今年も開幕します。過去69回もの歴史を誇る日本シリーズにはかつてはいろんなジンクスがあり、今も継続しているものもありま ... 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で春の選抜、夏の選手権大会ともに中止となりました。選抜の代替大会として甲子園で交流試合が開催されましたが、全国の高校球児が甲子園でプレーする夢が奪われる形と ... 現在日本プロ野球には12球団が存在しますが、12球団全てがプロ野球設立当初から存在していたわけではありません。球団によっては発足以降、身売りによる合併などで消滅した球団や移転により球団名が変更した球団 ... Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. 日々繰り広げられた16日間に及ぶ大熱戦も 2020年のプロ野球シーズンもセリーグの読売ジャイアンツの優勝マジックナンバー7に続いて、福岡ソフトバンクホークスも10月21日に10連勝でいよいよ優勝マジック8を点灯させました。, 前年、前々年とホークスはリーグ制覇を逃したものの、いずれも2位からクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズに進出、2017年のリーグ優勝、日本シリーズ制覇から3年連続日本一に輝いています。, 今季はリーグ制覇からの日本一に燃えるホークスの歓喜の胴上げとなるXデー、優勝決定の最短日はいつなのか?そしていつ優勝するのかを予想してみました。早速見てみましょう!, 10月21日にホークスは優勝マジック8を点灯させました。マジック対象チームは2位の千葉ロッテですが、23日時点での勝敗、順位表は以下の通りです。, ホークスはロッテとの直接対決を6試合残していますが、この直接対決に6敗してもそれ以外の6試合を6勝すれば70勝45敗5分で勝率.609となります。西武は残り全勝しても追いつけず、4位の楽天、5位の日本ハム、6位のオリックスはすでに優勝の可能性は完全に消滅しています。, 2位のロッテは直接対決6試合を含めた残り14試合を全勝した場合でも69勝49敗2分で勝率.584と追いつけません。21日にマジックナンバー8を点灯させましたが、22日、23日とホークスが2連勝、ロッテが2連敗でマジックは一気に4まで減らしました。, では最短の優勝決定日はいつになるでしょうか?まずホークスが24日からの西武戦に2連勝で66勝、残り10試合に全敗でも49敗5分で勝率は.573となります。, 一方でロッテが24日からのオリックス戦に2連敗ならば、残り12試合に全勝しても67勝51敗2分.568で勝率がホークスを下回ります。, 以上より10月23日時点でのホークスの最短優勝決定日は10月25日になります。最短で10月24日にマジック2として25日福岡PayPayドームでの西武戦デーゲームに勝利すれば本拠地胴上げとなります。, セリーグは巨人がマジック38を9月15日に点灯させて以降23日時点でマジック5まで減らしましたが、ホークスは21日にマジック8を点灯させてから怒涛の連勝でマジック4まで減らし、巨人のマジックナンバーを上回るペースとなりました。, しかし現時点で12連勝中のソフトバンクに勢いがあるとはいえ、さらに14連勝まで伸ばすのはなかなか至難の業と言えます。加えて5連敗中のロッテが7連敗まで負け続けるのも現実的には起きにくいのではないでしょうか?, 21日にマジック8を点灯させたホークスは12連勝中と勢いがあります。逆にロッテは5連敗中と調子がよくありません。最短の25日の優勝はさすがに確率が低いとは思いますが、ホークスは27日からロッテとの直接対決3連戦が控えています。, 25日までホークス、ロッテそれぞれ2試合を予定していますが、ホークス1勝1敗、ロッテ1勝1敗くらいで進むのではないでしょうか?この場合、マジックナンバーは2減らして2になります。, 27日からの直接対決3連戦ではホークスが勝利すればマジックを2減らすことができます。まして本拠地の福岡PayPayドームでのゲームとなりますので胴上げを期待している多くのホークスファンの前での試合はホークスに有利に働くのではないでしょうか?, そこでXデーの優勝決定日ですが、ずばり10月27日(火)になると勝手に予想します。, ホークスは23日から29日まで福岡PayPayドームの試合が続き計6試合を行います。今季は対ロッテ6勝11敗1分けと苦戦していますが、勢いのあるホークスが本拠地でマジックを順調に減らすことは大いに予想されますので、遅くとも29日の本拠地6連戦の最終日までには優勝を決めると思います。, 日本シリーズは11月21日(土)から予定されており、パリーグはセリーグと異なりクライマックスシリーズも行われます。今シーズンはクライマックスシリーズは1位と2位の対決しかなく、11月14日(土)から3勝したチームが勝ち抜く最大4試合、リーグ優勝したチームはアドバンテージ1勝が与えられます。, ここ数年はクライマックスシリーズ、日本シリーズと短期決戦にも無類の強さを誇るホークスがリーグ制覇、クライマックスシリーズも制覇して日本シリーズに進出する可能性は非常に高いと言えるでしょう。, 関連記事:プロ野球クライマックスシリーズの出場条件は?マジックとクリンチナンバーはどう違うの?, 2020年ペナントレースは3年ぶりのパリーグ制覇に向けて、10月21日に福岡ソフトバンクホークスがマジックナンバー8を点灯させました。ホークスが驚異の12連勝で快進撃を続けマジックを4まで一気に減らす一方で、マジック対象チームのロッテは5連敗と元気がありません。, 残り12試合を残してのマジック4ですのでホークスの優位は揺るぎませんが、ロッテも直接対決6試合を残していますのでホークスの連勝が止まり、さらに直接対決で6勝できればまだまだわからなくなります。, ホークスはマジックを消滅させることなく27日からの直接対決までにマジックを1~2減らすことができれば、さすがにホークスの優勝がぐっと近づくでしょう。ではホークスが優勝する場合、最短での優勝決定日がいつになるのか?現実的にはいつ優勝が決まるのか予想してみました。, 最短決定日はホークス、2位のロッテの試合結果次第で日々変わっていきますので随時更新していきます。マジックが点灯したばかりですので、まだ勝負の行方はわかりませんが、ホークスの3年ぶりのパリーグ制覇はかなり現実味を帯びてきたのではないでしょうか?, ホークスOBの井口監督が立ちはだかるのか?はたまた日本シリーズに進出して4年連続日本一まで上り詰めるのか?まだまだ熱い戦いが続きそうです!. 【2020.10.30】ジャイアンツ、リーグ優勝決定。. 【西武】 2020年シーズン、セリーグ・パリーグのプロ野球ペナントレースの解説者による順位予想を、優勝予想とaクラス予想の多いチーム順に、並べ替え(ソート)して、一覧表にしてみました。 いよいよ2020年もプロ野球開幕が近づいてきました。 今年のパリーグは、西武ライオンズとソフトバンクホークスの優勝争いになると予想しています。 この記事では、2020年パシフィックリーグの各球団の戦力分析と順位予想をしました! ぜひ参考にして、プロ野球を楽しんでください。 2019ペナントレースもついに最終盤。 引用: (window.gZgokZoeWidgetQueue = (window.gZgokZoeWidgetQueue || [])).push({frameId: "_937749bf43", parent: "#zucks-widget-parent_937749bf43" }); この度は、数あるホームページの中から私のページをご覧にいただきありがとうございます。, 毎日の中でも、疑問に思ったことや役に立つと思ったことなどを発信してきたいと思っています。, ただしケガの多い選手であることは確かなので、1年間フルでこのパフォーマンスを出せるかがロッテ浮上のカギになりそうです。. ブルペンも抑えの益田が残留し、中継ぎ陣にもチェン、東條、唐川、松永らが控えます。さらに日本球界で実績のあるジャクソン(元広島)、ハーマン(前楽天)を獲得し、鈴木の人的補償となった酒居の穴も埋まりそうで、ロッテの投手力は上位を狙えるだけの布陣になっていると思います。, 打線は鈴木が抜けましたが、福田の加入は攻守に大きなプラスになるはずです。中村が復調すれば打線のつながりや迫力はさらに増していくでしょう。2年目のマーティンも井上、レアードとともに打線の柱になってくれることに期待です。 あと半月もすれば全国各地で夏の甲子園に向けての高校球児たちの熱い戦いがスタートします。筆者含めて、... みなさんこんにちはたかパパです。 主力がケガで出遅れる中スタートダッシュに 【ソフトバンク】 駒田徳広、斉藤和巳、井端弘和、斎藤雅樹、野村弘樹、藤井康雄、伊原春樹、藪恵壹 5位 日本ハム 新人王2020の候補パリーグ私の予想. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 市立和歌山小園投手の身長、体重、出身中学は?2021センバツ注目投手はドラフト候補!, 2020東京五輪野球メンバーとスタメン予想!日本戦の日程や大会方式、2021年延期でどうなる?, 高校野球国体の出場条件と2019年茨城国体出場校は?甲子園ロスの方必見、まだ夏は終わらない!, 中日育成ドラフト指名、名古屋大学松田投手とは?歴代の国立大学出身選手は何人いるの?, プロ野球12球団の収益や経営状態、黒字、赤字の球団は?決算公告から見るパリーグの好調さとは?, 2020沢村賞発表はいつ?複数回受賞菅野か初の大野か、歴代の複数回受賞者は何人いる?. 発表されました。... みなさんこんにちは、たかパパです! 【楽天】 三木新監督のもとでどんな戦いを見せるのかに注目したいところです。, 投手陣は美馬が抜けましたが、その代わりという感じでロッテから涌井が加入しました。涌井には則本、岸に加えて先発三本柱形成の期待がかかります。 しかし、則本、岸は故障明けで、涌井も近年の成績を考えると、期待と同じぐらいの不安があるのも事実。メジャー帰りの牧田や先発に転向する松井も同様です。楽天が上位進出を目指すには、辛島、石橋、弓削、藤平ら先発候補の奮起が不可欠だと思います。 2020年セリーグの順位予想!優勝の本命は巨人、対抗は阪神!Aクラスは?, 最終盤に西武がソフトバンクを突き放し、2年連続でリーグ優勝を決めました。 1位 西武(3月は2位予想) 5位 日本ハム 筆者が見ている限り、球界の盟主と言われた巨人... みなさんこんにちは、たかパパです! 3位 ロッテ いよいよ再来週から交流戦が始まります。 駒田徳広 筆者が贔屓の日ハムは今年に入って新たに 福田や中川はもちろんですが、宗、西浦、宜保、太田といった若い力がどれだけ結果を残せるかによって、チームの浮沈が左右されると思います。, 2019年シーズンで最下位になったのは、西武、ソフトバンクに大負けしたことが大きいと思います。この2強とどれだけ戦えるかが、2020年シーズンを占うことになりそうです。そして、互角に近い戦いができれば、オリックスがシーズンの台風の目になるかもしれませんし、個人的にはかなり期待しています。, あくまで個人的な主観だらけの予想なので、自信はまったくありません(苦笑)。 27人の野球解説者が選んだ2020年のパ・リーグ優勝候補は圧倒的に ソフトバンクの1位予想 が多かったようです。 こちらでは、データと最新の戦力分析からプロ野球・パリーグの順位予想2020をしてみました。新型コロナウイルスの影響により延期となっていたプロ野球がいよいよ開幕します。故障から間に合った選手、来日不可となった選手などチームにはさまざまな影響が! 春のセンバツが終わったかと思ったら、すぐに全国の地区大会がスタート。 先発陣は2019年シーズンに二桁勝利を挙げた千賀、高橋に加え、バンデンハーク、大竹、武田、東浜、高橋、和田、松本などコマは豊富で、熾烈なローテーション争いが繰り広げられそうです。 いつなのか気になる 2020新人王 の発表。12月17日が待ち遠しいところですが、ではパリーグの新人王2020、どの選手の頭上に輝くのか、候補者を筆者の独断で予想して … 最下位が確定と報じられておりますな。 【セ・リーグ編】2020やり直し順位予想 広島と巨人の優位は変わらず!, 当初の予想順位から変動があったのは3氏のみで、初志貫徹がほとんどだった。予想をお願いしたのは練習試合が始まる前後で、判断材料が少なかったのも理由の一つだろう。そんな中で優勝予想をソフトバンクから西武に変更したのが駒田徳広氏だ。「秋山翔吾(現レッズ)が抜けた穴」をどの解説者も焦点としていたが、駒田氏は中村剛也の打棒に期待。昨年も浅村栄斗(現楽天)の穴を感じさせない打線の破壊力でパ・リーグを2連覇中。優勝候補に挙がってもおかしくない存在なのだ。 延期となっていた2020年プロ野球がいよいよ開幕しますが、新型コロナウイルスの影響により、スケジュール等、異例づくしのシーズンになりそうです。, そして毎年、多くの野球解説者や新聞・雑誌記者さんたちが順位予想を行いますが、2020年シーズンはどうでしょうか?, パリーグの順位予想では、2019年シーズンの日本一でリーグ2位の福岡ソフトバンクホークスのリーグ制覇を予想する声が多いようです。, 今回は、データと最新の戦力分析からプロ野球・パリーグの順位予想2020をしていきたいと思います。, 2019年シーズンのパリーグはリーグ優勝は西武ライオンズ、クライマックスシリーズは福岡ソフトバンクホークスが制覇しました。, そして、2020年シーズンのプロ野球・パリーグの順位予想2020では、野球解説者の70%以上、さらにAIも福岡ソフトバンクホークスを優勝候補の本命としています。, 確かに2019年シーズンのデータを見ても本塁打数と防御率1位をはじめ、投打にバランスよくトップクラスの戦力を誇っているので、本来であれば間違いなく優勝の大本命でした。, しかし、上述したように2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響により、例年とは事情が異なります。, 福岡ソフトバンクホークスは主力のキューバ選手(グラシアル、デスパイネ)が出国できずに開幕に間に合いません。, 他にも千賀滉大投手の故障や内川聖一選手の開幕2軍スタートなど不安材料が多過ぎます。, いくら層の厚い福岡ソフトバンクホークスといえども主力選手をこれだけ欠いた中では苦戦は免れないとみて3位を予想します。, 対する2019年パリーグの覇者・西武ライオンズはどうかというと、打撃面は相変わらず破壊力抜群ですが、秋山翔吾選手のメジャー移籍やディフェンス面での不安は拭い切れません。, 打つほうもそうそう毎年毎年、打ちまくるシーズンが続くとも考えられませんので、2位を予想します。, そして、2020年シーズンのプロ野球・パリーグの順位予想2020で本命に推したいのが楽天イーグルスです。, 2019年シーズンの各部門のデータを見てわかるようにどちらかというとディフェンス面がよく打つほうでやや課題がありましたが、シーズンオフには投打ともにバランスよく戦力を補強できています。, プロ野球の順位予想2020パリーグ 1位 楽天イーグルス     打撃A+投手力A+守備力A=総合力A 2位 西武ライオンズ     打撃A+投手力C+守備力C=総合力A 3位 ソフトバンクホークス  打撃B+投手力A+守備力A=総合力A 4位 オリックスバファローズ 打撃B+投手力B+守備力B=総合力B 5位 千葉ロッテマリーンズ  打撃B+投手力B+守備力A=総合力B 6位 日本ハムファイターズ  打撃C+投手力A+守備力C=総合力B, 1位 西武ライオンズ 80勝62敗1分け.563 チーム打率1位・本塁打数2位・防御率6位・守備率6位 2位 ソフトバンク  76勝62敗5分け.551 チーム打率3位・本塁打数1位・防御率1位・守備率2位 3位 楽天イーグルス 71勝68敗4分け.511 チーム打率4位・本塁打数4位・防御率2位・守備率3位 4位 千葉ロッテ     69勝70敗4分け.496 チーム打率5位・本塁打数3位・防御率4位・守備率1位 5位 日本ハム    65勝73敗5分け.471 チーム打率2位・本塁打数6位・防御率3位・守備率5位 6位 オリックス   61勝75敗7分け.449 チーム打率6位・本塁打数5位・防御率5位・守備率4位, プロ野球・パリーグの順位2020を予想しましたが、当初の3月と開幕直前では6球団ともチーム事情が大なり小なり異なっています。, そこで、順位予想の根拠ともなった各チームの最新の戦力分析をしていきたいと思います。, 打撃面ではともに昨シーズン33本のホームランを打った浅村選手とブラッシュ選手の長距離砲に、茂木選手、銀次選手、島内選手らが前後を固めて安定感があります。, ここに鈴木大地選手、ロメロ選手選手の新戦力が加わりパリーグの中でもかなりの強打線ができあがっています。, 投手力ももともとよかったところにロッテから涌井投手と酒居投手、メジャーから牧田投手を獲得、腰の故障で出遅れていた岸投手が開幕に間に合いそうなのも大きいです。, 抑えから先発に転向する松井投手の穴は森原投手で埋めて新たな勝ちパターンを構築すれば、久しぶりのリーグ優勝の可能性も相当高まると予想します。, 秋山選手の穴を埋めるべく獲得したスパンジェンバーグ選手が、練習試合では3戦連続4ホームランを打ち、かなり期待値が上がっています。, 守備でも外野はレフトとライト、内野はサードとセカンドもこなせるというのも大きなポイントです。, 投手力では、練習試合で今井投手と與座投手の復調が期待できそうなところまできていますが、中継ぎ陣も不安定でまだまだやってみなければわからない部分も多く不安は尽きません。, パリーグのチームの中で最も誤算が大きいのが、ソフトバンクホークスではないでしょうか。, 打撃面では柳田選手の復帰とヤクルトからバレンティン選手の獲得が大きいものの、グラシアル選手とデスパイネ選手のキューバ出国不可は大きな痛手となりそうです。, プラス材料としては不振の上林選手の復調、栗原選手のブレイクが期待できそうなことなどがあげられますが、主力選手の穴をどこまでカバーできるかがポイントです。, 投手力では層は厚いもののエース千賀投手の故障は大きく、先発ローテーションの駒数は十分ですが確実性が欲しいところです。, キューバ勢と千賀投手の早期の復帰が待たれますが、そこまで持ちこたえられれば十分、優勝のチャンスを持っているチームなのは間違いありません。, 打撃面では新戦力の現役メジャーリーガーのジョーンズ選手、ロドリゲス選手の活躍がカギでしょう。, 3番を打つ吉田選手が安定しているだけに両外国人選手が期待通りの活躍を見せてくれれば、かなりの強打線になります。, 投手力では山岡投手と山本投手のダブルエースに加え、故障から復帰のアルバース投手に目途が立ったのも大きく、この3本柱プラスαで先発ローテーションを回していければかなり安定感が出てくるでしょう。, 4位には予想しましたが、投打が噛み合えば台風の目のなる可能性を秘めたチームではないでしょうか。, 打撃面では鈴木大地選手が東北楽天ゴールデンイーグルスにFA移籍したものの同じくFAで福岡ソフトバンクホークスから福田秀平外野手を獲得して、その穴を埋めます。, スタメン・オーダーはほとんど同じですが、2019年シーズンよりいい数字を残してもおかしくない打線になっているので戦力は底上げになっているはずです。, 投手力ではドラフト1位で佐々木朗希投手を獲得しているものの即戦力となるかどうかは未知数ですし、楽天イーグルスからFAで獲得した美馬投手も左わき腹痛で内定していた開幕投手を石川投手に譲るなど不安材料のほうが多いです。, ロッテに移籍したレアード選手の代役を期待して獲得したビヤヌエバ選手は虫垂炎の手術で出遅れることが決定していますが、中田選手、大田選手、王柏融選手、清宮選手などさらに伸びてもおかしくありません。, 投手力では、宮西投手~秋吉投手と中継ぎ・クローザーがしっかりしているだけに先発ローテーションがいかに安定するかがカギといえそうです。, 新戦力のバーヘイゲン投手、故障から復帰のマルティネス投手と上沢投手が先発ローテーションを守っていけるかどうかでしょう。, 先発ローテーションの安定と長打力がどこまで克服できるかが、日本ハムファイターズの2020年シーズンを左右するといっても過言ではありません。, 今回は、データと最新の戦力分析からプロ野球・パリーグの順位予想2020をしてきました。, 2020年シーズンのパリーグ優勝の本命は楽天イーグルス、対抗は西武ライオンズとソフトバンクホークスと予想しますが、投打が噛み合えばオリックスバファローズが大穴になりそうです。, 毎年、野球解説者を見ていても順位予想は当たらないものですが、2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響により、さらに異例のシーズンとなりそうです。, 6連戦が多くなるなど、連戦が続くだけに勢いに乗ったチームがそのまま走り切ることもあるかもしれません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, こちらでは、データと最新の戦力分析からプロ野球・セリーグの順位予想2020をしてみました。混戦が予想される2020年のセリーグですが抜け出すのははたしてどのチームでしょうか?データと最新情報から戦力分析すると順位が見えてくる?, こちらでは、楽天イーグルスの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。いつになくシーズンオフの補強がうまくいったように見える楽天イーグルスですが開幕スタメン、先発ローテーションともにかなりの充実ぶりがうかがえます。, こちらでは、西武ライオンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。強力打線に支えられ、パ・リーグ2連覇中の西武ライオンズですが主力選手の流出でスタメンと先発ローテーションにひと工夫が必要です。はたしてスタメンはどうなる?, こちらでは、ソフトバンクホークスの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。3年連続で日本一に輝いたもののリーグ優勝は2年連続で逃しているソフトバンクホークスですが、2020年シーズンはどんなスタメン・オーダーとなるか?, こちらでは、オリックス・バファローズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。長打力と得点力のアップが課題のオリックス・バファローズですが山岡・山本投手のダブルエースを中心に投手陣は充実しています。戦力分析からスタメンを予想!, こちらでは、千葉ロッテマリーンズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。”令和の怪物”こと佐々木郎希投手の活躍も注目ですが、伸び盛りのチームだけに勢いに乗ればおもしろい存在になるでしょう。戦力分析とシーズン展望も!, こちらでは、日本ハムファイターズの開幕スタメン&先発ローテーション2020を予想してみました。2019年シーズンは5位に終わり長打力(得点力)アップが必須条件の日本ハムファイターズですが、清宮選手や吉田投手など若手の覚醒が期待されます。. レギュラー争いが激しくならないと(控え選手の底上げがないと)、2020年シーズンは厳しい戦いを強いられることになるかもしれません。山野辺や佐藤、メヒア、新加入のスパンジェンバーグの活躍に期待したいところです。, リーグ防御率最下位だった投手陣の整備も不可欠ですが、現時点では大きな顔ぶれの変化は見られないようです。フル回転したブルペン陣(小川、平良、佐野、平井、増田)の“勤続疲労”も心配で、新加入のギャレットにその負担を軽減してもらう必要があります。 日本シリーズがあっという間に終わってしまい、プレミア12も日本優勝でめでたく終了。ストーブリーグ真っ... 【岩手・福島・山形・宮城】2019夏の甲子園出場校予想!試合結果まとめ【随時更新】, 2019日本ハムファイターズのイケメンランキング!トップ10は誰だ?【URL移転】, ニックマルティネス(日本ハム)イケメン新助っ人のメジャー成績や投球スタイルは?日本で活躍できる?, 【静岡・愛知・三重・岐阜】2019夏の甲子園出場校予想!試合結果まとめ【随時更新】, 京田陽太(中日)の嫁や子供,車を調査!イケメンかっこいい画像も | 野球好き.com, 来田涼斗の兄はイケメン!?彼女は?読み方,父親,家族についても調査!! | 野球好き.com, 森下翔太(東海大相模)2018ドラフト候補のスカウト評価や通算本塁打は?家族や彼女についても!, 春の選抜高校野球【2018】でプロ注目の選手を10人紹介する! | ラッシュライフ. セリーグのチーム... みなさんこんにちは、たかパパです。 2018シーズンの横浜DeNAベイスターズは  それでもソフトバンクへの評価の高さは変わらない。故障者の多さを危惧する声もありながら、最終的には「選手層の厚さ」が上回ってしまうわけだ。活動休止期間が12球団で最も長く、調整遅れがささやかれる楽天の評価は意外にも変わらず。4人が優勝を予想している。逆に最下位予想は日本ハムが8人、オリックスが4人と2球団に集中。良い意味で期待を裏切ることができるか。, ■6月22日号 1位予想 4位 楽天 さらに、藤岡や平沢、三木のショートの定位置争い、安田や藤原など若手の台頭を通じて戦力アップにつなげたいところです。ルーキーの佐藤、高部には即戦力の期待がかかっており、野手陣の層は厚さを増しています。, 2020年シーズンは就任3年目を迎える井口監督にとっても勝負のシーズン。苦手の西武戦を克服できれば、主力に若手・中堅が多いチームだけに勢いに乗ってシーズンを走る可能性もあると思います。, 2019年シーズンの戦いぶりを見る限り、上位争いできるだけの戦力は整っていると思います。それだけに今回は4位と予想しましたが、かなり自信はありません(苦笑)。 2年目の王柏融、清宮、新加入のビヤヌエバも主力として働いてもらわなければなりません。西川、近藤、大田、渡邉ら好打者が揃っているだけに、一発のある打者の奮起に期待です。, 投手陣のキーマンは上沢でしょう。故障前のような投球ができれば、有原頼りだった先発陣も安定してくると思います。ベテラン金子もまだまだやれるはずです。新加入のバーヘイゲンにも期待したいところですが、日本の野球にアジャストできるかはまだ未知数でしょう。ルーキーの河野や立野もローテーション争いに加わってほしいところですし、吉田輝も1軍定着の期待がかかります。, 日本ハムは2019年シーズン、ショートスターター制を積極的に導入しました。決して成功したとは言えませんでしたが、2020年シーズンも継続するなら、加藤や堀の存在感が増すと思います。, 2020年シーズンは就任9年目を迎える栗山監督にとって集大成のシーズンになると思います。どんな用兵、戦術を繰り広げるのかにも注目でしょう。, 伸びしろのある若手が実戦経験を積み、どのように成長していくか。現時点では他チームとの戦力差はあるとは思いますが、数年先は優勝争いをしていても不思議ではないと思います。, 先発の柱はリーグを代表する二枚看板、山岡と山本はもちろん、田嶋やK-鈴木、アルバース、榊原、竹安、張奕、さらにはルーキーの村西あたりでローテーションを固めてほしいところです。特に故障から復帰した田嶋には、山岡、山本と若い三本柱になってもらわないといけません。ドラフト1位の宮城も早期の1軍デビューがあるのではと思っています。, 吉田頼みだった打線には、メジャー通算1939安打、282本塁打の大物ジョーンズが加入し、迫力と厚みが増しています。 ホークス優勝予想ばっかでつまんないので優勝は西武、スパンジェンバーグが予想以上に打ちそうなので打線の強さは変わらなそう 楽天は野手の層がほんとに厚くなった、控えにもいい選手が沢山いる ホークスはグラシアルデスパイネが開幕来れないのが痛い 甲斐野や嘉弥真、モイネロ、森といったブルペンも充実しており、“投壊”とは縁のなさそうな投手陣の球界トップクラスの陣容でしょう。, 攻撃面もヤクルトからバレンティンが加入したことで、さらに破壊力が増しました。柳田、グラシアル、デスパイネ、バレンティンが並ぶ打線は強打の西武打線に少しも引けをとってはいません。 2020 優勝ライン計算マトリクス. どうもこんにちは、たかパパです。 先発陣のニールはもちろん、高橋光、今井、松本といった若手の成長、多和田の復活、ベテランの榎田、内海、新加入のノリン、ルーキーの宮川、浜屋にも期待をかけるしかありません。西武に復帰した松坂もどれだけ戦力になれるかは…。, 確かに“打高投低”のチームカラーは大きな魅力ですが、長いシーズンを総合的に見た場合は不安要素が大きいのも事実です。“打”のマイナス面を“投”でどれだけカバーできるかがリーグV3へのカギになると思います。, 美馬、福田を両獲りしてFA戦線を一人勝ちしたロッテ。若手の成長も期待でき、十分にAクラス、さらには優勝争いもできそうなチーム状態になってきたと思います。, 安定感のある美馬が加入することで、ロッテの先発投手陣はかなり厚みを増しました。石川や若手の種市、二木、岩下、小島らイキのいい若手に加え、佐々木、有吉らがローテーションを争うことになりそうで、涌井が抜けた穴も埋まりそうです。