米大統領選に向けた民主党の候補指名争いでは、バーニー・サンダースが有力候補と目されるようになっている。多くの中年・年配の米国人にとって、サンダースを熱烈に支持する若者の多さは驚きだ。しかし、20代や30代前半の人たちと話せば、そうした人々が バーナード・“バーニー”・サンダース(Bernard "Bernie" Sanders、1941年9月8日 - )は、アメリカ合衆国の無所属の政治家。バーモント州選出のアメリカ合衆国上院議員(2期)。2016年アメリカ合衆国大統領選挙では、長年統一会派を組んでいる民主党に入党し予備選挙に立候補した。同選挙でヒラリー・クリントンに敗れた直後離党し、再び無所属となった が、民主党はサンダースを民主党上院議員執行部の「有権者対策(アウトリーチ、票田の拡大)委員長」に任命し、民主党執行役員の任を担うこととな… 「バーニー・サンダース再び参上!〜今度こそ「民主社会主義」の実現なるか? 2020大統領選」のページです。政治、国際などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。 つまり、民主党の候補者指名を争ってきた人たちがサンダースに社会主義者の“汚名”を着せようとしても、そのレッテルを貼られることの“毒性”を有権者に訴えても、それはサンダースの支持基盤にとって、賛辞を受けることに等しいと言える。