ですが今回は、とても穏やかに軽やかに作る事ができました! テレビマガジンのページです。講談社の広告、ad station。講談社の雑誌ブランドの誌面・デジタル・お知らせ・メディア情報などをご案内いたします。 (C)2016 The LEGO Group. No.1のヒーロー月刊誌!テレビマガジン。テレビや映画でかつやくするスーパーヒーローが大かつやく!テレマガならではの大迫力写真&スクープひみつ情報がつまった、男の子のバイブル。毎号の付録も、ヒーローとあそぼう!ムックも大人気! テレビマガジン 昭和47年4月号保存状態は悪いです。破れ角打ちが有ります。内容も使用感が有りますのでご了承下さい。付録のブロマイドもそのまま有ります(画像5)送料無料にてレターパックプラスでお届け致します。(2020年 9月 28日 22時 24分 追加)説明文に昭和47 (C)2016 The LEGO Group. 2/1(土)発売のテレビマガジン 2020年 03月号予告です. ★今月のふろくは「テレマガ ワンダーライドファイル」 テレビマガジン 2020年4月号 付録 → 2020年3月号 スーパーヒーロー ジャンピング宝くじゲーム&ゲームマシン. Copyright © 2020 kodomoliving Inc. All rights reserved. 我が家の長男も、セイバーに興味津々! テレビマガジン(講談社)の雑誌を販売中!定期購読なら、割引や送料無料になる日本最大級の雑誌専門サイト「Fujisan.co.jp」がお得!!今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります。最新号からバックナンバーまで豊富に取り揃えています! > 漫画、コミック さて、新しく始まった仮面ライダーセイバーですが、雑誌【テレビマガジン】では、早速セイバーに変身できるセットが10月号の付録についていますので、紹介させていただこうと思います。, 今回のセイバー変身セットの付録ですが、とても楽しく組み立てることができました。 【次号予告】テレビマガジン 2020年 03月号 《特別付録》 スーパーヒーロー ジャンピング宝くじゲーム&ゲームマシン. 講談社から2020年2月1日に発売される「テレビマガジン」2020年3月号は、スーパーヒーロー ジャンピング宝くじゲーム&ゲームマシンが特別付録です。 そして今回のセイバーの変身アイテムは、ワンダーライドブックという『本』になっています。 あと、変身ベルトに剣を入れる事ができるのですが、私はそういう納まりがいいアイテムが好きなので(笑)テンションが上がりました! テレビマガジン 2020年 12月号 特別定価864円(税別) 14大付録 1.テレマガ ワンダーライドファイル テレビマガジンの付録付き雑誌一覧です。テレビマガジンは、主に男子児童を対象としているヒーロー雑誌(エンタメ誌)です。特別付録は、スーパーヒーローとコラボレーションした玩具(おもちゃ)の他、オリジナルアイテムや限定アイテムなどもあります。特に、仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズが多いです。また、毎号必ず付録が付いている雑誌です。☆ 付録リストの並び順は、雑誌の発売日が基準になっています。発売中の雑誌だけではなく、発売前の雑誌もあるので注意して下さい。○ 付録の一覧リストのみご覧になりたい方は”一覧リストへ”をタップして下さい。, 最新順(発売日順)に表示しています。表紙画像や商品画像は、ショッピングサイトにリンクしています。発売前の雑誌もあるので注意して下さい。, 講談社から2020年11月27日に発売される「テレビマガジン」2021年1月号は、仮面ライダー セイバー”ライダーキック”ダーツが特別付録になっており、スーパーヒーローかるたも付いています。, 講談社から2020年10月30日に発売される「テレビマガジン」2020年12月号は、仮面ライダー セイバーのワンダーライドファイル&えんぴつカバーが特別付録になっており、とびだすジオラマシールあそび・スーパーヒーローカード・ガンバイライジングカード・全仮面ライダー図鑑・全ウルトラマン年表・テレマガ創刊号の表紙復刻クリアファイルなども付いています。, 講談社から2020年10月1日に発売される「テレビマガジン」2020年11月号は、仮面ライダー セイバー”スーパーライドシュート”が特別付録になっており、スーパーヒーローシールも付いています。, 講談社から2020年9月1日に発売される「テレビマガジン」2020年10月号は、仮面ライダー セイバー”ブレイブドラゴン”変身セットが特別付録になっており、テレマガ限定のガンバライジングカードも付いています。, 講談社から2020年7月1日に発売された「テレビマガジン」2020年8・9月合併号は、スーパーヒーローのエアホッケー(電動ディスク1個&マレット2個セット)が特別付録になっており、仮面ライダー ゼロワンへの道 超トレーニングポスター&オールライズポスター(パワーアップシール付き)も付いています。, 講談社から2020年5月29日に発売された「テレビマガジン」2020年7月号は、魔進戦隊キラメイジャーのキラメイシルバー”つらぬきシャイニング”変身セットが特別付録になっており、スーパーヒーロー・タイヤスリングショットゲームも付いています。, 講談社から2020年4月30日に発売された「テレビマガジン」2020年6月号は、トランスフォーマー”サンダースパーク”バンブルビーが特別付録になっており、キラメイジャーのダイヤモンドリバーシも付いています。, 講談社から2020年4月1日に発売された「テレビマガジン」2020年5月号は、魔進戦隊キラメイジャー”ストライク”カーシューターが特別付録です。, 講談社から2020年2月29日に発売された「テレビマガジン」2020年4月号は、魔進戦隊キラメイジャー”キラメイレッド”ゴージャス変身セットが特別付録になっており、綴じ込み付録としてキラメンタル!ボードも付いています。, 講談社から2020年2月1日に発売された「テレビマガジン」2020年3月号は、スーパーヒーロー ジャンピング宝くじゲーム&ゲームマシンが特別付録です。, 講談社から2019年12月26日に発売された「テレビマガジン」2020年2月号は、仮面ライダーゼロワン”飛電ゼロワンドライバーウォッチ”が特別付録です。, 講談社から2019年11月29日に発売された「テレビマガジン」2020年1月号は、仮面ライダー”ブットバソウルマシン”が特別付録になっており、仮面ライダーゼロワン”テレマガ限定”ブットバソウルメダル(シャイニングアサルトホッパー)も付いています。, 雑誌の概要について知りたい方は「 テレビマガジン 雑誌 」をご覧下さい。リンクテキストをタップすると雑誌ページに移動します。, ★ 2020年7月号 魔進戦隊キラメイジャー キラメイシルバー 変身セット・その他, ★ 2020年4月号 魔進戦隊キラメイジャー キラメイレッド ゴージャス変身セット. でもあんなにゼロワンが好きだったのに、ちょっと切り替え早くない?ゼロワンの主題歌この前まで楽しそうに歌ってたやん...?笑 ★誌面では、仮面ライダーセイバーの‟ワンダーコンボ”クリムゾンドラゴンが大登場! 2020年11月6日(金) 電撃G’sマガジン12月号の付録はこちら! 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』宮下 愛&天王寺璃奈3点セットと『アサルトリリィ BOUQUET』のB2ポスター、VTuber可憐&咲耶&花穂綴じ込みピンナップポスターをご紹介! もともと工作が好きなので、付録を組み立てたりするのも好きなのですが、やはり中には作っていて苦痛になってきたり、おもしろくない楽しくない付録も今まで何回かありました...。 もし良かったら前回の記事見て下さい!, さて、無事に完成した仮面ライダーセイバー変身セット、先ほども言いましたが、ベルトに剣をしまえるところが私としてはポイント大ですね! 【次号予告】テレビマガジン 2020年 03月号 《特別付録》 スーパーヒーロー ジャンピング宝くじゲーム&ゲームマシン. そのほか、とびだすジオラマシールあそび、かっこいい聖剣パワーえんぴつカバー、創刊号表紙柄のファイルと楽しいふろくもりだくさん! 10/30(金)発売. > 本、雑誌 みなさんこんにちは!さとうまゆみです。 そして5歳の長男が手伝ってくれたのもあり、思ってたよりだいぶ早く作り終える事ができました。楽しかった~!, 以前書かせていただいた記事の『キラメイジャー』変身セットの工作時は、ハプニングがありましたが、今回は穏やかに作り終えることができ、感無量です。笑 2/1(土)発売のテレビマガジン 2020年 03月号予告です. No.1のヒーロー月刊誌!テレビマガジン。テレビや映画でかつやくするスーパーヒーローが大かつやく!テレマガならではの大迫力写真&スクープひみつ情報がつまった、男の子のバイブル。毎号の付録も、ヒーローとあそぼう!ムックも大人気! 8月いっぱいで仮面ライダーゼロワンの放送が終わり、9月から仮面ライダーセイバーが始まりました! !テレマガcafe」をスタートさせ、特撮作品に出演している俳優・女優陣の対談企画を実施していたが、2010年10月号以降は廃止された。なお、この企画は現在「おともだち」の誌内企画「おともだちプラザ」に引き継がれている。, テレビマガジンの公式ホームページは2011年2月まであったが、2011年3月からは「講談社こども倶楽部」という児童誌総合サイトを開設。テレビマガジンもそのサイトに統合された。また、本誌の記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『キッズボンボン』で配信している。, 2020年、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響により、創刊以来初となる合併号(8・9月号)が刊行された。, 量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。, 『てれびくん』ではトランスフォーマー以外のタカラトミースポンサーのアニメを取り扱っている関係上、現在はTF関連の記事はテレマガに譲っている。, 【カブト・ザ・キラー】と【バキシマム】は、小学館の児童誌で展開していた『大怪獣バトル』オリジナル怪獣コンテストの受賞作品のため、講談社の雑誌では掲載不可能。また『, ただし、年度によっては特撮のみの場合もある。1992~95年、2002~05年、2009年、2011年が相当する。, アニメ作品は『マジンガーZ』、『グレートマジンガー』、『機動戦士ガンダム』の3作品のみが取り上げられた。, 主にKADOKAWA、小学館の雑誌で掲載されているガンダム作品とTVシリーズの公式スピンオフ作品。, マルチプラットフォームによる複数のゲーム機で発売されているゲームソフトも、SIE製ゲーム機版のみ掲載。, 2010年から2013年前半の一時期に雑誌限定玩具付録を出していたが、現在は一切出していない。, 主に「仮面ライダー」「ウルトラマン」「スーパー戦隊」「トランスフォーマー」。年度にもよるが「SDガンダム」または「ガンダム」の一部作品など。, 『超全集』は、競合誌てれびくん特別編集による公式資料本であるため、上記のウルトラシリーズ同様、東映公式として扱われていない。なお、本誌でのDVD製品情報は通常版のみ記載。, 主役ライダーの最新フォームのカードを出している競合誌とは異なり、テレマガは主役ライダーの基本フォームのみ。また、付録カードのレアリティも競合誌はスーパーレアカード(キラカード)に対して、テレマガはコモンカードのままである。, 両商品とも通常商品のみ掲載。トミカは講談社児童誌連合企画でデザインコンテストを行っている。なお、『, 講談社シリーズMOOK 仮面ライダー昭和VOL.10 仮面ライダーBLACK 10ページより, ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE, 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド, 帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー, Noma-Reischauer Prizes in Japanese Studies, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=テレビマガジン&oldid=80210476, 「グレートマジンガー」「ゲッターロボ」「仮面ライダーストロンガー」を全般的にフィーチャーした。, 「コミックボンボン」増刊として刊行された第1号、「別冊ボンボン」として刊行された冬号の続編にあたる。, アニメ作品は、2018年現在は自社作品(『週刊少年マガジン』『モーニング』など)のみ掲載。まれに他社作品(『, 『機動戦士ガンダム』シリーズは80~90年代は講談社がほぼ独占掲載していたため、兄弟誌『, 2007~09年度に展開された『ウルトラマンメビウス外伝』シリーズ、2010~13年度展開の『ウルトラマンゼロ』は、競合誌のてれびくんと共に雑誌掲載しているが、【カブト・ザ・キラー】【バキシマム】【ゼロキラーザウルス】などオリジナル怪獣を扱うてれびくんに比べて、テレビマガジンは上記のオリジナル怪獣は扱えないため、内容的にも見劣りしている。また、本誌独自の展開もあるが、これらも円谷プロ公式として扱われていない, 創刊記念号となる毎年12月号には、ポスターやカード、別冊などの付録や記事などで、かつて掲載されていたアニメ・特撮作品のキャラクターの総特集, また、12月号でなくとも、1990年ごろから、まれに歴代ヒーローの総特集が行なわれることもある。創刊35周年を迎えた2006~07年度には、ほぼ毎月歴代ヒーロー特集が掲載されていた。, ただし、2010年および2013年 - 2015年度の12月号は、「創刊○周年記念企画」が展開されず、前者はその代替として, 2006年にシリーズ開始され、現在も展開中の『トミカハイパーシリーズ』は、競合誌のてれびくんと共に連載されていたが、諸般の事情により、2010年9月号で連載を打ち切っている。また、2017年4月から同年12月まで放送されたアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド-機動救急警察-』は、小学館児童誌独占掲載のため、本誌および講談社幼年誌(『おともだちゴールド』など)では一切掲載していない。この他、2019年展開の新シリーズ、2020年4月放送のアニメ『, 『テレビマガジン』で掲載されているデータカードダス関連の記事は、2017年現在は『仮面ライダーバトルガンバライジング』のみ。アニメ原作やゲームオリジナル企画などの作品は、まったく掲載されていないか、簡単な解説のみである。また、他社から発売されている, 本誌巻末には、競合誌てれびくんと同じく、この月に発売される予定の玩具、食玩、ゲームの情報コーナーを設けている。てれびくんとは違い、本誌ではモノクロページでの掲載となっている。また、競合誌てれびくんではYouTubeの玩具情報チャンネル『レオンチャンネル』との連動企画を設けているが、本誌ではそれらの連動企画は一切ない。, 『スーパー戦隊』『仮面ライダー』『ウルトラシリーズ』関連玩具は、個別コーナーのところで大きく掲載されているので、このコーナーで掲載されることはあまりない。, 玩具付録では、競合誌『てれびくん』が特撮ヒーローのDXなりきり玩具などにも対応可能な雑誌限定玩具付録を積極的に出すのに対し、本誌は消極的で、ほとんどチープトイを出すことが多い, 2009年ごろから2015年までは、歴代東映ヒーロー関連のDVDが付録に付けていた。ただし、権利の関係上、その作品のBGMは別の曲に差し替えられている, 1973年に仮面ライダーを大々的に扱った増刊を刊行して以降、特定の作品のみを扱った傾向だったが、75年からまんが作品を大量に掲載した増刊号を年に3回刊行する体制がとられ、78年まで続き以降はヒーロー作品の特集を主体とした増刊が89年まで不定期に刊行された。, 90年代には平成ウルトラマンシリーズ3部作(「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンダイナ」「ウルトラマンガイア」)のみを扱った増刊が毎年1冊刊行。, 2008-2009年にはコミックボンボンとの連携で当時第5シリーズのアニメが製作されていた「ゲゲゲの鬼太郎」の総集編2冊と、「テレまんがヒーローズ」を刊行。なお「鬼太郎」は第6シリーズが放送中の2018年にも総集編が刊行されているが、こっちは講談社MOOKでの扱いとなっている。, 2010年からは当時の仮面ライダー・スーパー戦隊作品を取り上げた「○○とあそぼう!」シリーズが刊行されたが、2013年の「仮面ライダーウィザードとあそぼう!」を最後にシリーズの刊行は講談社MOOKへと移行。以後増刊号は刊行されていない。, 増刊とは別にテレビマガジン別冊として1977年に刊行された「ミクロマンブック」がある。, 競合誌てれびくんと同じく、掲載されている作品のキャラクターや登場メカをかたどったクイズ、迷路遊びの落書きページがある。『, 連載漫画は、創刊当初からヒーロー作品のコミカライズを多く掲載されていた。しかし年代を下るごとに連載本数は減少し、『へろへろくん』の終了以降は連載漫画はしばらくの間行われなかったが、2016年7月号から9月号まで『かいじゅうキング ゴジラ』の漫画を掲載していた。現在も『トランスフォーマー』など掲載されている作品の読み切り漫画や教育向け読み切り漫画を不定期に掲載している。, おもちゃ検索クン(児童向け知育玩具、カプセルトイ、食玩、ゲームソフト(無料ソーシャルゲーム、, テレビマガジンヒーローデータファイル(特撮ヒーロー、メカ、敵怪人、怪獣の解剖図。現在休載中。), それいけ!ズッコケ戦隊→チェンジ戦隊ズッコケ5→フラッシュ戦隊ズッコケ5→ひかり戦隊ピッカリ5(オリジナル漫画), 劇場版ウルトラマンギンガ決戦!ウルトラ10勇士!! すべての機能を利用するにはJavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 現在位置: 『テレビマガジン』は、講談社より発行されている男子児童向けのテレビ雑誌。通常毎月1日発売(刊号は翌月)。通称はテレマガ。, 日本初の児童向けテレビ情報誌[1]。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い。, 男子児童をメインターゲットにしているが、逆に『プリキュアシリーズ』『セーラームーンシリーズ』など女児向け作品の一部がごくまれに掲載されることもある。創刊から2000年代までは未就学児童から小学生低学年向けだったが、現在は読者の対象年齢を下げて、3歳から5歳までの未就学児向けになっている。, また、ここ30年はアニメ作品は一部を除いて表紙のメインを飾っていない。タイアップは、玩具面では20世紀までは「ミクロマン」「ダイアクロン」「トランスフォーマー」のタカラ(現:タカラトミー)中心だったが、近年は「VOOV」「ワイルドエッグ」「ムシ忍」などバンダイ系ホビーが中心になり、2020年現在のタイアップホビーは「SDガンダム」と「トランスフォーマー」のみである[注釈 1]。音楽面では、創刊から2010年代までは音羽グループのキングレコードと日本コロムビア中心だったが、2020年現在はキングレコードのみタイアップを行っている。, 関連書籍では、1986年発行の『仮面ライダー大全集』に単を発した特別編集シリーズがその資料性の高さから好調な売れ行きをマークした。, 創刊からの増刊も含めた通巻ナンバーが表紙に記載されておらず、そのため「創刊○○○号記念号」と銘打った記念号がまだ一度も刊行されていない(競合誌でも『てれびくん』では創刊300号が、『テレビランド』では創刊100号の記念号があった)。, 『仮面ライダー』を全面的に取り上げることを目的とし[2]、講談社の第三編集局長だった取締役の牧野武朗と局次長の石森俊夫が、『週刊少年マガジン』編集部員の田中利雄にもちかけて創刊した[3]。命名は牧野による[3]。準備を始めたのが1971年6月だったので、11月2日発売の創刊号(1971年12月号)までは実質的に3か月ほどしかなかったという[3]。当初は巻頭に「少年マガジンコミックス」と掲げてあるとおり[注釈 2]、編集長の宮原照夫以下、『週刊少年マガジン』の編集部員4名がスタッフを担当していたが、宮原は前編集長から引き継ぎされたばかりであったこともあり、実務には田中利雄と加賀博義が当たっていた[3]。田中は1960年代には同誌のグラビア班としてウルトラシリーズに携わっており、特写スチールの扱いに長けていた[3]。, 当初は幼児絵本のようなカラー口絵に2色刷り画報という装丁で[2]、創刊号は実売13万部と低迷した[3]。そこで1972年3月号から誌面刷新を図り、イラスト主体から新着スチールを多用したグラフ主体に移行した[4][3][2]。このリニューアルは功を奏し、1972年4月号では実売率90パーセント代後半にまで達した[3]。以降も毎月3万部ずつを積み増し、1973年6月号では発行部数最高68万部というピークを迎えた[3]。, 『仮面ライダーシリーズ』や『マジンガーシリーズ』といった人気番組の企画会議に編集者が積極的に参加し、番組の進行に沿って雑誌上で特集を組むことにより、子供たちから絶大な支持を受けることになる。特に特定のヒーロー作品に関する100の秘密事項を取り上げた「ひみつ100」特集などは好評を呼んだ[1]。, テレビマガジンの創刊後、1972年に秋田書店の漫画雑誌『冒険王』が『仮面ライダー』を中心とした内容に転換し、1973年には黒崎出版から同種の『テレビランド』が創刊されるなど、追随する競合誌とともに新たなジャンルを築いていった[2]。, しかし1970年代後期に入ると、『仮面ライダーシリーズ』、『マジンガーシリーズ』の終了や、『てれびくん』の創刊によって当時の主力特撮・アニメ作品の大半の掲載権を『てれびくん』を発行する小学館に独占され[注釈 3]、ラインナップの面で不利を強いられた本誌は打開策として、オリジナルまんが企画や『ミクロマン』・ラジコンなどのホビー情報や、仮面ライダーやゴジラのリバイバル特集などの試行錯誤でしのぎ続けた。, 1979-80年以降は、復活した『ウルトラマンシリーズ』『仮面ライダーシリーズ』や新たに『スーパー戦隊シリーズ』『メタルヒーローシリーズ』『トランスフォーマー』がメインを飾り、特撮作品の記事が誌の大半以上を占めるようになった。おもちゃ記事は、兄弟誌の『コミックボンボン』に受け継がれている(後に『ボンボン』が休刊となり、同誌の漫画部分の雰囲気を持った増刊「テレまんがヒーローズ」が発行されたが、わずか5号のみの刊行となった。現在、おもちゃ記事は本誌で掲載している)。, 誌名ロゴが現在の一世代前のものになった1984年1月号から、サイズをそれまでのB5からA4変に変更した。, 1990年代に入るとそれまで掲載していなかった過去の特撮作品を取り上げるようになるなど、緩和的な部分が強調された。, 近年では、深夜アニメに代表される高年層読者向けの情報も取り上げるようになり、2006年9月号から親読者向け企画「ようこそ! テレマガスーパーヒーローカードほか、全仮面ライダー図鑑、全ウルトラマン年表もファイリング!ヒーローのひみつを、あつめて、とじて、あそべ! 最近の雑誌付録ってすごいですよね。幼児雑誌でも付録がすごいんですよ!最近始まったばかりの「仮面ライダーセイバー」に変身できる付録がついた『テレビマガジン』10月号を紹介します 建築物や家具大好き! 力を抜いて少しでも日常に癒しを! 時々アロマで心も元気に. (c)2016テレビ朝日・東映AG・東映 (c)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)円谷プロ (c)ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京 (c)TOMY LEGO and the LEGO logo are tradmarks of the LEGO Group. 2/1(土)発売. お子様がセイバーに変身すると、敵役に母が指名されるかもしれませんが、時にはストレス発散で敵役に全力でなりきるのも悪くないかもしれません! もちろんウルトラマンゼット、キラメイジャーの活躍もみのがせない!!, ★1月号のふろくは、『仮面ライダーセイバー ライダーキックダーツ』と『スーパーヒーローかるた』!, ※インターネット通話やスタンプが人気のLINEで、テレビマガジン編集部もLINE@をはじめました。本誌はもちろん、付録が人気の講談社MOOK『ヒーローとあそぼう!』シリーズ、さらにヒーローのできたて絵本情報などを速報していきます!, この機会に、ぜひテレマガのアカウントをご登録ください。 テレビマガジン編集部のLINE@アカウント @tvmg  友だち登録は、こちらからどうぞ!   ※うまくいかない場合は、LINEの「公式アカウント」で「テレマガ」を検索! または「友だち追加」から、「ID検索」で「@tvmg」を検索してご登録をお願いします。. すべてをもやす超パワーがさくれつだ!! 親子一緒に変身セットでなりきって、溜まったストレスを発散させてしまいましょう! 子供の切り替えの早さに、時々驚かされることもありますが、少し羨ましい気もします! テレビマガジンの公式ホームページは2011年2月まであったが、2011年3月からは「講談社こども倶楽部」という児童誌総合サイトを開設。 テレビマガジンもそのサイトに統合された。 ★誌面では、仮面ライダーセイバーの‟ワンダーコンボ”クリムゾンドラゴンが大登場! これをベルトに差し込み変身する。本はちゃんと開けられますし、カッコイイですよ!, 新しく始まったセイバーに早速変身できる【テレビマガジン】の10月号付録、いかがでしょうか? 2015年1月号 - 2015年4月号, 劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン 2016年1月号 - 2016年4月号, 決定版 全スーパー戦隊ヒーローパーフェクト超百科 2016年9月号 - 2016年2月号, 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊 2017年1月号 - 2017年2月号, トランスフォーマームービーシリーズ(玩具) 2017年1月号 - 2017年3月号, 帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦 2017年6月号、7月号, ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED 2020年2月号 - 2020年6月号, ゲーム&おもちゃ 最新あそび博物館(玩具・ゲーム情報コーナー) 時期未定 - 2014年10月号.