リリィさんこんにちは! 今日はよろしくお願いします。リリィさんの旅行については、のち程、伺いますね。その前に将来、リリィさんがサウジでご旅行する際に注意して頂きたいポイントをお話したいと思います。, カマルさんこんにちは!よろしくお願いします。サウジアラビアは、未知の国なので楽しみです!, リリィさんは、女一人旅でパックツアーを利用して旅を楽しんでいたそうですが、一人旅は、お友達と行くよりも楽しいですか?, 40代になられてから、結構、頻繁にご旅行されていますが、なぜ旅に出るのが好きなのですか?, Rさんは、ピースボートで2回世界一周旅行されていますが、それは、旅が好きだからという理由の他になにか別の理由がありますか?, 2011年の東北大震災がきっかけで、自分の身にもいつ災いが降りかかるかもしれないので行けるチャンスがあれば即実行しようと思いました。, そうなんですか。あのときは、本当に日本中が動揺しましたよね。あれから7年程経ちますが、放射線の被害については、まだまだ風評被害があるようですね。地震や台風の多い日本では、災害は、いつ起こるかわかりませんものね!, 旅行好きなRさんは、海外移住或いは、ロングスティなど考えたことがありますか?どんな国に移住してみたいですか?, はい、それは心配です。高齢ですから。主人の場合は、高齢の母が入院中ですから、海外へ出かけるのは、無理ですね!, はい、以前に私は、海外の日本人学校へ赴任してみたらと主人に話し掛けたことがありました。友達のご主人が海外赴任していたからです。でも殆どが治安の悪い地域だったので断念しました。もう一つの理由は、日常のストレスから開放されたい、日本を離れて異国に住んでみたいと切に思ったりしたことがあります。, 海外移住すると所得税、固定資産税、住民税、自動車税は、どうなるの?|年金や健康保険は?, 頭髪を隠していない(場所によっては、外国人などムスリムでない人は、頭に何も被らない人がいる), お祈りの時間少し前からお店は、30分位閉まる。レストラン内でお祈りの時間前から食事している人は、そのまま食事が続けられる。出口は、他の客が入って来ないように閉められる。スーパーマーケットでは、お祈り時間前から買い物している人は、店内に留まって買い物していても大丈夫ですが、出口はその間は、レストランと同じように閉められる。, しかし、電話局など民間の会社では、待ち時間の間でも閉め出されるところもあるので注意が必要だ。先導する人の言葉がわからなければ、人の動きをみて判断しよう!, 公共の場所では、家族以外の男女を分けている(メディナのアルハラムモスクでは、お祈りの場所は男女別々だが、. コラーン24番目ヌール章のアーヤ31からその理由が理解できます。, 信者の女たちに言ってやるがいい。かの女らの 視線を低くし、貞淑を守れ。外に表われるものの外は、かの女らの 美(や飾り)を目立たせならない。それから  ヴェイルをその胸の上に垂れなさい。自分の夫または父の外は、かの女の美(や飾り)を表わしてはならない。なお夫の父、自分の息子、夫の息子、また自分の兄弟、兄弟の息子、姉妹の息子または自分の女たち、自分の右手に持つ奴隷、また性欲を持たない供回りの男、または女の体に意識をもたない幼児(の外は)。またかの女らの隠れた飾りを知らせるため、その足(で地)を打ってはならない。あなたがた信者よ、皆一緒に悔悟してアッラーに返れ。必ずあなたがたは成功するであろう。, 頭髪は、女性のシンボルでありヒジャーブ(頭をおおうもの)により男の人の目をそらすためです。, また女性は、顔や手や足首以外の肌を見せることが、タブーとされています。これは、男性も同様に脚を見せることは、タブーです。そういえば伝統的な男性の衣装(トーブ)も足首までの長い衣装ですね。暑い国なのに男の人も肌をみせては、いけないんですね。, サウジアラビアの観光ビザが解禁された(2019年9月27日)ことにより、外国人旅行者は、 アバーヤの着用が免除されました。 また外国人観光客は、アバーヤを着る必要はありません。, 体も肩から足首まで体の線を見せないように”アバーヤ”と言われるロングコートのようなものを着ます。, 今までは、その” アバーヤ”は、主に黒色だけでしたが、最近は、色は、指定されず好きな色を選べるようになりました。また頭をかくす” タルハ”も自由に色を選べます。, では、サウジアラビアで女性が外出するときは、どんな服装が許されて、どんな服装がダメなのでしょうか?, イスラム教では、体の線や頭髪と首を隠さなければいけません。 それは、サウジの宗教について少しだけ知識があればそのような 世界的に珍しい規則も理解して頂けると思うからです。, サウジアラビアにはイスラム教徒が巡礼や小巡礼(オムラ) で国内はもとより世界各国から訪れる聖地が二つあります。, 第一の聖地は、カーバ神殿があるメッカのアルハラムモスクで、第二の聖地は、メディナの最後の預言者ムハンマドさんが眠っているアルハラムモスクです。, そのために、現時点では、メッカとメディナにはイスラム教徒以外は、入れないことになっています。, 皆さんもご存じのように、サウジは、世界でも珍しいイスラム教オンリーの国で、他の宗教であるキリスト教、仏教、ユダヤ教、その他の宗教の人はサウジ国民には、存在しません。, では、配偶者としてイスラム教以外の人と結婚したいときは、どうなるのかと疑問を持たれたかもしれません。, その為、非常に厳しい規制があります。酒や豚肉なども禁じられています。イスラム教の教義に基いて厳格に規制されているのです。, サウジ女性が、外出するときには頭を”タルハ=ヒジャーブ”(サウジではタルハという)で隠し、顔も目だけは、出していますが、残りの顔の部分は、ベールで隠しています。, 聖地がある メッカやサウジの首都である リヤドは、顔を隠している人の方が多いです。ただ 外国人の場合は、顔は隠していません。 公式・関連サイトURL:https://www.ksa.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000225.html, サウジアラビアの渡航危険レベルは、ほぼ全域がレベル1(十分注意)です。しかし、隣接しているイラクやイエメンの国境付近はレベル3(渡航中止勧告)と上がっているため、サウジアラビアに訪れてもその付近は近寄らないでください。 Copyright© 以前に私は、次のような記事をかきました。, それは、2017年に訪日された観光局長のスルタン王子が発言された言葉から伺えます。, その中で王子は、巡礼ビザと商用ビザでサウジを訪れる観光客は、年間800万人位なのでそれを2020までに1600万人にしたいという発言でした。, サウジアラビアの石油もいつかは枯渇するという現実があり、また石油に変わるエネルギーが中心となれば石油に依存しなくてもよくなり石油の需要が減ります。このような見解からドバイと同じようように観光業に力を注ぐ国策が模索されています。, まだ明確な期日は、断定されていませんが、2019年には、解禁されるだろうとの憶測がなされています。, いままでは、女の一人旅は、サウジでは、許可されていませんでした。そして年齢も30歳以上でなければならなかったのです。しかも必ず 保護者として彼女の夫か近親者といっしょでなければなりませんでした。そう、これから観光ビザが発給されれば女の一人旅も実現可能ですよ。』, 上の記事は、観光ビザ解禁になる前の記事です。 公式・関連サイトURL:https://bit.ly/2oTtINB, サウジアラビアは厳しいイスラム教の戒律を守っている国で、女性はアバヤ(黒衣)を着用しています。外国人観光客は必ずしもアバヤを着用する必要はありませんが、男女ともに肌の露出を控えた適切な服装を心がけてください。 サウジアラビアの治安を心配する人など、ほとんどいないだろう。正確には、いなかったというべきだろうか。, なにせサウジアラビアでは観光ビザが発行されていなかったため、旅行客として入ることはグループツアーを除けば不可能だった。だから、サウジの治安など心配しなくて済む。, しかし、2019年からサウジ政府が観光ビザの発行を始めた。そんな流れでようやく実現したサウジ旅行。そこで感じたサウジの治安をご紹介。, 結論からいえば、サウジの治安は良い。ヨーロッパでよく聞くようなスリやひったくりもほとんどないし、町中を歩いていて危険を感じることもない。, 観光客がまだ少ないためか、絡んできたりする人も少ない。もう、空気のような存在である。, 治安以前の問題に、サウジでは外国人女性が一人で観光することが困難と言われていた。後見人制度により、常に女性は男性のお供が必要だったのである。, しかし、昨今の「急速な改革」というやつなのか、私が見る限りでは、普通に現地の女性も1人で道を歩いていた。, 女一人で歩いていても、とがめるものはいない。本当にサウジにいるのだろうか?と思うぐらい、ドバイにいる感覚とほぼ変わりがなかった。, 夜に街を歩いていても問題なかったが、やはり明るい道を通るなど最低限の防衛は肝に銘じておきたいところである。, 表向きは、一人で歩いていても危険を感じることはなかった。しかし、一方で「ここはちょっとまずいかな・・・」という場所もあった。, サウジはオイルマネーで潤っている金持ちの国!というイメージがあるが、国民全員が金持ちなわけではない。サウジでは、物乞いもよく見かけた。, 例えばジェッダにあるイエメン・マーケット。イエメン人が多く住む地区らしいのだが、マーケットを歩いていると、次から次へと女の物乞いがやってくる。, その様子を見ていたおっさんに、「もういいだろ。これ以上先には行くな」と忠告される始末である。何か、見てはいけないものを見てしまったような気がした。, 歓迎されていない。横浜の寿町や、大阪の飛田新地のような気軽に足を踏みいてれてはいけない、ピリッとした空気を感じた。, 違う国に行けば、違うルールがあるというこを肝に銘じておきたい。特にサウジアラビアは、厳格なイスラーム教の国である。ドバイのように甘くない。, 原則、サウジではお酒は一切NG。国内で飲むこともできなければ、持ち込みも禁止されている。, 服装にも注意したい。女性はスカーフや民族衣装のアバヤを着なくてもOKということだが、何を着てもOKということではない。, 2019年にはEDMのフェスで、「不適切な服装をしている」ことを理由に200人近くの男女が逮捕されている。体の線が出るようなタイトな服を着ていたらしい。, 他国であれば、水着やキャミソールを着てEDMフェスに参加する女性がいるものだが、同じことをサウジでやるのは、ご法度なのである。, 日本人からすれば「フツー」の格好でも、ちょっかいを出せる相手という風に捉える人もいる。, サウジ出張から戻った同僚の英国女子は、「サウジ男性は、誰も私と目を合わせてくれなくて、透明人間になったかと思ったわよう」などといっていた。, どうやら彼女は、アバヤを着ておらず、金髪の外国人女子を直視するのが、サウジ男子にとってははばかられたのだろう。, よって、タクシーに乗るときは、助手席は避ける。不用意に距離をつめない。なるべく見知らぬ男性と二人きりになるような空間を避ける。といったことは肝に命じておきたい。, 日本の感覚を持ち込むと、ついつい異文化の落とし穴にはまってしまう。そうならないためにも、イスラーム教やそもそも社会の前提が違う!ということは、知っておいて損はないだろう。, サウジの国土は広い。なんと日本の5.7倍もある。北は、イラクやヨルダンと国境を接し、南はイエメンと国境を接している。, とりわけイエメンに関しては、退避勧告が出ている。外務省もサウジとイエメンの国境付近に関しては、渡航を控えるべきとしている。, 2019年6月に、イエメンの反政府組織フーシが、アブハ空港をミサイル攻撃する事件が起こった。この攻撃で26人が負傷したという。, 私がサウジアラビアのアブハを訪れて、1年も立たないうちのことである。私がアブハに行った時、同じ空港を利用したので、この事件を聞いた時はちょっと青ざめた。, 確かにイエメンっぽい雰囲気はあるのだが、それだけイエメンに近く、攻撃の射程範囲にも入るということを改めて認識した。, さらに9月に入ってからは、サウジアラビアの石油施設が爆破されるという事件も起こった。フーシが犯行声明を出しているが、実際にだれがやったのかはまだ明らかになっていない。, 観光が解禁になったは喜ばしいが、一方でイエメン反政府組織からの脅威があるということも、覚えておきたい。, そもそもなぜサウジとイランは争っているのか?サウジとイエメンが対立しているのはなぜか?そんなよわかりづらい中東情勢をわかりやすく教えてくれるのが、この本。, サウジは、まともな国ではなく、”国もどき”などとディスったりするあたり、国際政治学者でありながらも、ユーモラスにあふれている。, サウジに関する旅行本は、これというものがない。治安に問題があるわけではなく、観光客を大々的に受け入れてこなかったためだ。紹介したところで、観光客はこれないしねえ・・・という時代だったのだ。, そんな中、現時点である程度まとまった情報が得られるのが「地球の歩き方」。国土が広いサウジの主な観光スポットを網羅している。, 普通の日本人がムスリム女性と暮らしてみたらどうなる?「次にくるマンガ大賞」や「このマンガがすごい!」などでも取り上げられた話題の漫画「サトコとナダ」。, 中東・イスラームを探求する人。学生時代にイスラエル、パレスチナに留学。その後、社内でたった1人の日本人として40ヶ国以上の国の同僚たちと働きながらドバイで4年半暮らす。一身上の都合で、どういうわけかイスラーム教徒になる。本格的に中東探検を行うため、ドバイでの会社員生活に終止符をうつ。会社員時代まで筋金入りのインドア派であったが、ランニングと登山を始め、日本人で初めてソマリアでのマラソン大会に出場。 著書「ソマリアを旅する アフリカの角の果てへ」, 文化 歴史 食べ物 アラブ首長国連邦 イエメン イスラエル イラク イラン オマーン クウェート サウジアラビア メッカ ソマリア ソマリランド パレスチナ バーレーン ヨルダン レバノン, おすすめ本 ドバイで働く ドバイの暮らし 内向型の受難 海外から見た日本 海外生活は辛いよ 英語の壁. 2019年9月27日にとうとう念願のサウジアラビア観光ビザ解禁が発表されました。 , また、在サウジアラビア日本国大使館のホームページには、入国審査、通関、服装や滞在中の注意事項なども記載されています。, 名称:在サウジアラビア日本国大使館 しかし、節度のある服装が要求されます。, サウジで服装以外に注意する点や公共の場所では、次の点に注意してマナーを守りましょう。, この国では、男女同席を避けるために、レストランでも全てシングルセクションとファミリーセクションに分けられています。 2019年にはEDMのフェスで、「不適切な服装をしている」ことを理由に200人近くの男女が逮捕. ※2019年11月現在の情報です。公式サイトで必ず最新の情報をご確認ください。, サウジアラビア政府は2019年9月27日、日本国民を含む一部外国人に対して観光ビザを発給することを発表しました。滞在日数90日間を上限として観光目的で渡航する日本国民に対して観光ビザが発給されます。ビザの詳細については、在サウジアラビア日本国大使館などのホームページ等で最新情報を確認してください。 幼稚園は、男女共学ですが、学校、大学も男女共学ではありません。, 左手は、不浄とみなされ握手するときや、モノを手渡すときやモノを受け取るとき、また食事の時に手を使って食べるときは(お寿司を頂くときやアラビア式で手でご飯を食べるときなど)右手を使います。, 酒やアルコール類、豚肉などは、イスラム教で 禁じられています。もちろんサウジでは、豚肉はありません。, 年に一度自分の所有する 財産の一部(2.5%)を喜捨(ザカートという)して貧しい人たちに施すことが義務付けられています。, このように、イスラム教の義務としてのお勤めは、毎日の生活に根付いています。 彼女の夢は、オーストラリアやハワイ、シンガポールへの移住だそうです。田舎ではなく都会に住みたいそうです。, ただ、旦那様とではなくお一人で成し遂げようとしているところがスゴイです。 サウジアラビア各地では2015年以降、イスラム過激派組織によるモスクや政府機関への自爆テロ・銃撃テロ事件が発生。また、サウジアラビア東部州の一部などでは抗議デモなども行われています。渡航の際には外務省の海外安全情報を確認の上、テロなどに巻き込まれないよう注意してください。 2018 All Rights Reserved. サウジアラビアの人々にとっては、イスラム教はとても大切なものなのです。, 日本人からするとかなり厳しい規則ですが、彼らにとってイスラムの教義は、代々続けられてきた伝統的な習慣であり、文化なのです。, イスラム教について理解し、いろいろな規律があることを知り敬意を払うことは、お互いの文化を理解して快適に過ごすために必要なことです。, それぞれの国の 文化や宗教についてお互いに 価値観を共有し理解していくことが、これからのグローバルな世界で生きていくために、必要なマインドです。偏狭な考え方で接するのは、つつしみましょう。, 今回は、海外移住を考えているRさんと対談した内容をお伝えします。 事実、観光ビザ解禁後は、18歳以上であれば女の人でも一人旅が許可されました。, しかし、厳格な規制がまかり通っているサウジアラビアに果たしてひとりで行くのは、大丈夫かしらと不安な方は、ブログ記事「サウジアラビア旅行裏ガイドブック」を読んで頂けたらと思います。, これを読んで頂ければ身につける服装に注意を払って下に説明しているマナーを守って行動すれば、そんなに心配する必要は全然ありません!, 世界では、いろんな国で自爆テロなどが起きていますからどこへ行っても危険は伴うということは頭の片隅に置いていたほうがいいですが、この国は治安は、いいほうですよ。, この記事では、サウジアラビアを旅行する時に、女の人が特に注意しなければならない点をお伝えしていきます。, その後に、海外旅行を、いつも一人でパックツアーに参加しているリリィさんとの対談の内容をご紹介します。, 彼女は、一人で旅行するのが大好きな旅行オタクで、今まで40カ国以上の国を訪問したそうです。, サウジアラビアの旅行での注意点についてお話する前にサウジ国家の宗教についてお話したいと思います。 2019年9月27日、観光目的で渡航する日本国民に対してビザを発給開始するというニュースが流れ、注目を浴びているサウジアラビア。アラビア半島の85%を占める広大な敷地を持ち、イスラム教徒にとって大切な巡礼の地メッカがあることでも知られています。中東の国々の中では比較的治安が良好で、歴史都市ジッダ、ハーイル地方の岩絵などの世界遺産や、各地に魅力的な観光スポットが多数あります。しかし、サウジアラビアはイスラム教の戒律を厳格に守っている国。ここではサウジアラビアの治安と、訪れる際の注意事項をまとめました。 旦那様は、国内旅行はじめ旅行そのものにご感心がないそうなので必然的にお一人で行くことになるだろうということです。, ご結婚前には、お仕事はされていたそうですが、結婚後間もなく仕事を辞めて専業主婦になったそうです。, 子育てが終わり、マイホームの建築、その後に義理の親の介護などを経過して40代になり始めて旅に出ることが叶ったそうです。, 以上の対談からリリィさんは、旅行にでかけるのは、日常生活のストレスから開放されて外の世界、自分と全く関わりのない異国へ旅立つことにより気分転換を図っていたようです。また 若い頃、海外旅行をしたことによりその開放感とまったく日本と違う新鮮な空気がなんとも言えず病みつきになったこともあるようです。しかし、子育て、マイホームの建築、介護などでその夢を叶わせたくてもなかなかできずにいたようです。そのモンモンとした気持ちが40歳を超えたあたりから吹き出してきて一気に海外旅行にでかけるようになったということでしょう。, 以前から海外旅行が好きで、日常とかけ離れた世界に旅立つことにより気分をリフレッシュしてきたリリィさんは、ピースボートで2回も世界一周しています。では、日本観光よりも世界旅行に興味があったのかと思われますが、そうではないんですね。ご家族みんなでマイカーに乗り日本一周旅行もされているんです。, リリィさんは、以前ご主人に海外赴任をオススメしていましたよね。そう、昔の夢を叶えたかったんですね。いつか外国に旅行ではなく実際に住んでみて外国暮らしを満喫したかったのです。, これは、なにもリリィさんに限らず、殆どの人がそのような夢や希望をお持ちだと思います。, 生きている間に、日本以外の国に住んでみるのもいいものですよ。改めて日本の良さを実感できるし、異国の文化にも触れてリフレッシュできます。そして多様な価値観も身につきます。, 「井の中の蛙大海を知らず」にならないように、どんどん海外に出て見聞を広めましょう。新しい世界が切り開かれますよ!, あっ、そうそうリリィさんは、彼女が訪れた国についての旅行記のブログをお持ちです。ご興味のある方は、一読ください!, 旅と幸せを引き寄せるサイト | Life is so Precious (人生もっと楽しく美しく), 今回の記事は、サウジアラビアを女性が旅行するときに注意するべきことについて書かれていますが、他のイスラム圏を旅行するときにも通じることです。イスラムの教義は、普遍ですから、イスラム圏では、どこの国にいっても 頭にヒジャーブ(スカーフのようなもの)を被っています。, アバーヤ(足元までの長いコートのようなもの)は、サウジアラビアだけではなく、他の湾岸諸国やエジプトやシリア、アフリカのイスラム圏でも着用されています。, しかし、外国人旅行者は、アバーヤを着る必要がありませんが、節度のある服装を心がけましょう。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 日本とは、全然違う気候、風土、文化的な価値観が違う異国で夫の家族と一緒に暮らしてきました。日本と比較するとかなり自由度が低いです。今までは、女性が運転することすら禁じられていました。しかし、2018年6月から女性の運転が解禁になりました。, また若い時に、夫の仕事でアメリカのサンフランシスコ郊外に1年間、ロングスティをした経験があります。, 海外で暮らした経験、体験をもとに「海外移住」で成功させるための秘訣を書いています。, 老後は、第2の人生を歩んでみたい、今よりもっと豊かに暮らしたいと思っている方は、是非読んで頂きたいです。. サウジアラビアは、メッカとメディナの2つの聖都をもつイスラム教の国です。世界から毎年沢山の巡礼者が訪れます。今まで観光ビザを出さない国だったのですが、ビザが解禁されました。女性も一人で旅行ができます。しかし厳格な規制が敷かれている国なので心配ですね。 © 2020 進め!中東探検隊 All rights reserved. 知られざる謎の国、サウジアラビアの治安についてご紹介。サウジの第2の首都、ジェッダやメッカなどサウジを女一人で旅して感じたリアルな治安をお伝えします。夜歩きは平気?女性一人でも大丈夫?などサウジの治安に関する疑問にお答え。 中東のお金持ち国家サウジアラビアが、財政破綻の危機に直面している。だが、緊縮財政など経験したこともない王族たちは、相も変わらずロンドンで、パリで、ロサンゼルスで、豪遊の限りを尽くしている。膨張し続ける王室、歯止めの効かない放蕩。 ©2020 ADVENTURE inc. All rights reserved. ラマダン(断食月)やイスラム教の宗教行事がある時に事件が起きやすいので、この時期に渡航される方は人が多く集まる場所へ近づかないなど注意が必要です。, 名称:外務省海外安全情報/サウジアラビア サウジアラビアの渡航危険レベルは、ほぼ全域がレベル1(十分注意)です。しかし、隣接しているイラクやイエメンの国境付近はレベル3(渡航中止勧告)と上がっているため、サウジアラビアに訪れてもその付近は近寄らないでください。 サウジアラビア各地では2015 海外移住で失敗しないノウハウBOOK また動静が詳しく伝えられていないため突然王族がサウジアラビアを出国すると決まれば民間人のフライトはすべてキャンセルか遅延になります。 しかし石油などの天然資源は永遠にはもたないため、このような生活を大勢の王族たちが続けることに脅威を感じる若い王族たちがいることも事実です。 入国の際には肌を見せないような服装をしていないと入国を拒否されることがあります。また、市内では男性も長袖・長ズポンの着用が必要。サウジアラビアでは人に足裏を見せることは非常に無礼にあたるそうです。公共の場では特に気を付けるようにしてください。.