■証券コード:2206 800円 おすすめポイント 10万 外国株 IPO おすすめポイント 〇 300万 外国株 3000円 手数料 1800円 50万 売買ごと 岡三オンライン証券を詳しく

そんなアース製薬が2020年12月期の第1四半期の決算発表がありましたので、ここで簡単にまとめておこうと思います。 〇

1661円 そんなシーアールイーが1月・7月に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いてい... 宮城県富谷市に本社を置くタイヤ・ホイールを中心に扱うカー用品店『フジ・コーポレーション』。 グリコの株主優待はお得なの?株価まとめ グリコの株について紹介してきました。 グリコは配当も株主優待も行っているので、その部分では優良株と言っていいと思います。 業績もしっかり黒字を出していて、赤字というわけではありません。 、「元左翼活動家」[33][34][35][36]、各種の陰謀説など多くの説があり、未だに議論は尽きていない。キツネ目の男と呼ばれる不審者の似顔絵も作成された。, 事件当時大阪府警本部長だった四方修は、昭和一桁世代のリーダーに実行犯グループが3,4人で女も含まれるグループと見ていた[20]。, 具体的には江崎誘拐の実行犯が江崎の長女の名前を呼んだこと、江崎誘拐における身代金要求の脅迫状で社長運転手の名前を名指ししたこと、世間一般にほとんど知られていないグリコの関連会社を知っていたこと、江崎を水防倉庫に監禁した際に江崎に着せていたコートが戦前から戦中にかけての江崎グリコ青年学校のものと似ていたこと、グリコがすぐ10億円を用意できることを知っていたことなどである。ほかにも人質を取ったり放火したりしたことや、脅迫状ではグリコ以外の会社の社長を「羽賀」「松崎」「浦上」「藤井」と苗字で書く中で江崎社長のみ「勝久」と名前で書いていることなど他の企業を脅迫したときにはない特徴があることから、グループの中にグリコに怨みを持つ者がいるのではないかと言われる[37]。, 他にも53年テープの存在もグリコへの怨恨が原点にあるという説の補強材料になっている。, 株価操作説の場合、1984年1月時点で745円だったグリコ株は、社長誘拐・工場放火事件があった翌日5月17日には、598円にまで下がっている。すなわち、商品に不信を抱かれることによる株価下落を前提にすれば、結果24.5%の利益を得られたとも考えられる。加えて事件の「終息宣言」を受けて値が戻ることも前提にすれば、底値と思われる時点で買いに転じて、さらに利益も得られる計算になる。, 『週刊現代』で株式情報の担当記者をしたことのある作家の宮崎学は、単純に市場で株式売買するのではなく、企業に自社株を買い取らせる仕手で100億円の利益が得られる可能性を指摘している[38]。宮崎学に任意聴取した刑事も、この説を宮崎に述べたという。, 警察でも、現金奪取はカムフラージュで株価操作による利益が目的だった可能性を考えて、事件に関係した企業の空売り・買い戻しで目立った動きをした人物や団体は徹底的にチェックしていた。中でも当時ビデオセラーという会社を運営していた仕手グループは、最重要監視対象として目をつけられていたという[39]。, この事件に関しては、被差別部落関係者が関与しているという説もある。その根拠は、9月18日の森永の男の子の声による脅迫テープを分析した結果、周辺環境の音の中に皮革製品に使用される独特のミシンの音が入っていたということ、犯人グループが使用したもののほとんどがマイノリティの多い町の近くのスーパーで購入されていたこと、というものであった[40]。しかし、被差別部落関係に対する捜査について作家の宮崎学は、部落解放同盟が抗議をしたため捜査が打ち切られたとしている[41]。被差別部落出身者の関与については、一橋文哉によるノンフィクション『闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相』でXとしてほのめかされ、この事件をモチーフにした高村薫の小説『レディ・ジョーカー』でも扱われている。, 犯人グループの一人と目されたキツネ目の男に酷似していること、過去にマスメディアを操作して警察と敵対したこと、会社を倒産させて借金を抱えていたこと、地理的条件やアウトローとの人脈から疑われたが、アリバイがあったことと物証がなかったことから、捜査が打ち切られた。宮崎学は『噂の真相』1985年10月号で事件に関して語り、その後も1996年(平成8年)に出した自伝『突破者 戦後史の陰を駆け抜けた五十年』で触れたり、『グリコ・森永事件最重要参考人M』を著したりするなどした。宮崎の友人の大谷昭宏は『グリコ・森永事件最重要参考人M』や同時期のテレビ番組で、宮崎のことを犯人として疑い、宮崎からの反論を受けた。後に大谷は2005年に出演したテレビ番組の中で、「実はまだ少し疑っている」という旨を笑い話として述べた。大谷は2007年(平成19年)6月に発行された『こちら大阪社会部+α社長誘拐スクープ編』のあとがきでも、同じ趣旨のことを述べた。, しかし、丸大食品事件とハウス食品事件でキツネ目の男を実際に2度にわたって目撃した唯一の捜査員は、手記で「一時期話題になったM氏など論外です」と宮崎学説を一蹴している[42]。, 事件終結後に産経新聞1997年(平成9年)7月4日付朝刊や『週刊文春』で報じられた、捜査線上で浮上した北朝鮮の工作員関係者のグループである。53年テープの声に似た兵庫県の貿易会社社長が北朝鮮の非合法活動の黒幕的存在で、その周辺にキツネ目の男やビデオの男によく似た人物がおり、江崎グリコ社長を恨む北朝鮮工作員との証言がある考古学者もグループに属していた。犯人グループがグリコに要求していた100kgの金塊を持っていたことから、捜査が行われた。ただし、これは北朝鮮の国家的謀略というものではなく、北朝鮮の金鉱山への開発投資に失敗して金策に困った北朝鮮工作員のグループの犯行ではないかというものだった。しかしグループの中心とされた社長は1987年(昭和62年)にすでに死去しており、1998年(平成10年)に行われた首謀者と目された人物の声紋鑑定やグループ内でキツネ目の男やビデオの男と疑われた人物の面割捜査で、別人であるという結論があり、捜査が打ち切られたという[43][44][45]。, 1990年(平成2年)ごろから捜査本部がターゲットに絞ったのが、暴力団の元組長の実業家を中心とするグループである。元組長が1979年(昭和54年)にグリコから5億円を脅し取ろうとして拒否された過去があること、元組長の銀行口座に被害にあった企業の関係者から3億円の入金があったこと、犯行に使われたのと同種の和文タイプライターやタクシー払い下げ車輌を親族が所有していること、グリコに恨みを持つ人物が周辺にいたこと、53年テープに登場する人物と接点があることなどが疑惑の根拠となった。捜査本部は1992年(平成4年)3月に元組長を始めとするグループに任意同行を求めて事情聴取を行ったが、容疑を認める者は誰もおらず、物証もなかった。主要なメンバーにはアリバイもあった。捜査本部が最後に総力を挙げて取り組み、グリコ・森永事件の捜査史上最大とも言われるこのグループへの捜査だったが、これをもって事実上グリコ・森永事件の捜査は終了した[46][47][48]。, この事件で江崎グリコに次いで脅迫されたのは丸大食品であったが、当初この事実は合同捜査本部により伏せられ、3社目に森永製菓が脅迫された事件を毎日新聞がスクープし連続脅迫が発覚、社会に衝撃を与えた(当局は当初、便乗犯であり誤報だとの態度をとったが、その後犯人側の声明文で確認された)。事件が「グリコ・丸大事件」ではなく「グリコ・森永事件」と呼ばれるのはこのためとみられる。, 犯人グループは読売新聞社に宛てた挑戦状でおよそ30年前の1955年に森永製菓の関連会社である森永乳業が引き起こした森永ヒ素ミルク中毒事件を例に挙げ「森永 まえ ひそで どくのこわさ しっとるやないか」と森永製菓を挑発していた。同じ挑戦状では明治製菓が当時売上げ1位で、グリコの次は明治が狙われると誰もがそう思う、だから明治(を標的にするの)はやめた、という旨も書かれている。, 山瀬まみがTBSの『ブロードキャスター』で証言したところによると、山瀬の父親は森永製菓の社員だったため、当時の山瀬の家庭は事件の影響を受けた。安倍昭恵は父親が森永製菓の社長だったことから、本人にも警察の保護がついた。, 作詞家の川内康範は、『週刊読売』誌上で犯人に対し私財1億2000万円を提供するから、この事件から手をひくように呼びかけたが、犯人グループは拒絶した[49]。, 俳優の京本政樹は、事件で使用された和文タイプライター[50] と同じ型のものを使っていたので、一時、捜査線上に浮かんでいたことをテレビ番組で告白している。, 河内音頭家元の河内家菊水丸は、事件をモチーフにした曲をいくつか発表している。1984年に江崎グリコへの脅迫収束宣言に曲をつけた作品「グリコ事件終結宣言音頭」をカセットテープで発売し、1994年時点で約1万5000本を売り上げた[51][52]。「グリコ事件終結宣言音頭」を制作中に脅迫収束宣言のメモ書きを道に落とし、警察から事情聴取を受けたとラジオ番組で告白した[52]。, アマチュア無線用の144MHz帯ハンディー機を受信改造して警察無線を傍受したり、不二家脅迫事件での無線でやり取りをするなど無線通信に対する知識も高いとされている。ただし、専門職の域には達しない。アマチュア無線機の一部の機種[53]は基板上の簡単な工作で広帯域受信が可能だったからである。これらの機種はアマチュア無線ショップで簡単に購入することができ、アマチュア無線の入門である電話級用であった(電話級アマチュア無線技士(現 第四級アマチュア無線技士)は、一時期「6歳児でも取れる国家資格」といわれ、物議をかもした)。また改造方法などを掲載するラジオライフ誌[54]があった。このため、この面から犯人を絞り込むことは事実上不可能だった。, なお、ハウス食品脅迫事件では、人質事件以外では極めて稀な報道協定が締結された。しかし、この協定には疑問の意見が噴出し、まず日本新聞協会に属さない新左翼系の『人民新聞』が報道し、続けて日本雑誌協会に属さない『噂の真相』の記事が決定打となって、『噂の真相』の発売日に事件未解決にもかかわらず、報道協定は解除された[55]。この報道協定の件は、犯人グループも「報道の自由の自殺やないか」と批判している。, 犯人からの手紙にも登場する音響研究所所長の鈴木松美は、テレビ番組『平成日本のよふけ』(フジテレビ)や『ビーバップ!ハイヒール』(朝日放送)において、電話音声解析の結果、録音されたテープから流れる脅迫文の発信源である公衆電話、その脅迫文を朗読したと思しき子供・その声を録音した団地・部屋(鈴木は電話が繋がるまでの時間・声の主の方言やイントネーションなどから解析)まで特定出来たが、なぜかその後の捜査の進展はなかったようで、この件に関してなにか事情があったのかも含めて真相は分からないと述べた(声の主と思しき子供については「声変わり」もあり断定が出来なかった、とも述べている)。, 1985年に起きた大阪連続バラバラ殺人事件では、犯人が「怪人22面相」とした犯行声明を警察に送り届けた。最初はグリコ森永事件のかい人21面相を真似たいたずらと推測されたが、届いた手紙には当初公開していなかった殺害内容の詳細な記述があったことから犯人によるものと判明。犯人は1995年(平成7年)に逮捕された。, 1999年(平成11年)12月に大阪府摂津市で発生した身代金誘拐事件の摂津小2女児誘拐事件は、大阪・誘拐・関西弁・身代金受取場所指示などで、グリコ・森永事件と共通点が指摘されたが、2000年4月に犯人が逮捕され、関連はないことが判明している。, この事件により、グリコと森永は大打撃を受けた。製品は一時撤去され、広告も半年にわたり自粛。森永は当時放送されていたテレビアニメ『キン肉マン』のスポンサーを降板した[56]。その後両社は特別CMを放送して広告再開を果たしたのち、ともにロゴタイプを変更することとなる。, またこの事件以降、江崎グリコ製品の包装は、開封された場合元に戻せないように設計されている(一時期は商品に「Glico 安全包装」のロゴが入ったフィルム包装をかけていたこともあった)。, 同時期にパラコート連続毒殺事件が発生したこともあり、食品業界全体が包装を不可逆なものにしていく流れとなった。, 本事件同様、市販の飲食物に毒物を混入した事件としては1977年の青酸コーラ無差別殺人事件がある。この事件では東京で2名が死亡、大阪で1名が病院搬送となった[57]。その後、混入対象をコーラから、本件同様のチョコレートに変更した事件が発生したが、いずれも殺人については未遂に終わった。そのうちの1件(2月14日の事件)では、社会的なメッセージを残すという本件にもつながる行為が見られた。, また1982年、アメリカで、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のタイレノールにシアン化カリウムが混入され、7名が死亡する事件(en:1982 Chicago Tylenol murders)が発生している。, 事件が発生した1984年には、かい人21面相に便乗して模倣犯が食品企業を脅した企業恐喝事件が31件発生したが、全て摘発された(1984年の事件で唯一摘発されなかったのが、本家本元のグリコ・森永事件である)。その後、事件を模倣した犯罪は444件に上り、うち206件が検挙された。この中には小中学生がファミコンほしさにネスレ日本を恐喝する、という事件もあった。, 1985年には、ニコチン入りの製品をばらまくと脅されたロッテが警察に届けずに、3000万円を支払う裏取引に応じた。翌1986年(昭和61年)に再び5000万円の支払いを要求されたために、今度は警察に通報して当時55歳の22号と名乗っていた男は7月3日に逮捕された。この事件でいったんは脅迫犯に屈して裏取引に応じたロッテは批判にさらされ、客の安全が第一だったと弁明した[58]。, これらの便乗犯を、筑波大学教授の小田晋は「コバンザメ犯罪」と名付けた。本物の犯人グループも脅迫状で偽者との取り引きに応じないように企業に呼びかけた[59]。なお、犯人グループは江崎勝久の声を録音したテープを同封することで自らが本物である証としていた[60]。, 台湾では千面人として報道され、グリコ・森永事件のかい人21面相は有名だったという。1984年12月27日に台中市に住む34歳の男がグリコ・森永事件を真似て、インスタントラーメンに毒を入れ食品会社に日本円にして1億5千万円を要求したとして、41時間後に逮捕されるという事件があった[61]。さらに2005年5月、台湾・台中市のコンビニエンスストアの店頭で、シアン化物の混入された瓶入り栄養ドリンク「蛮牛」が置かれ、それを購入・飲用した4人が相次いでシアン化物中毒症状を引き起こし、うち男性1名が5月18日深夜に死亡、2名が重体となった。この栄養ドリンクにはパソコンのプリンターで「有毒、勿喝」(毒入り。飲むな)と印刷されたシールが添付され、グリコ・森永事件を真似た悪質ないたずらとして現地マスコミが大々的に報道した。台湾の衛生当局は保力達ブランドの商品を安全が確認されるまで発売しないように通達した。5月27日に犯人の男が逮捕され、恐喝を目的としグリコ・森永事件を真似たものであると供述した(zh:毒蠻牛事件)。, この「グリコ森永事件」の発生から30年に当たる2014年、「怪人28号」なる人物名を名乗る男(年齢・氏名不詳)から、江崎宛に「あれから30年、お金も尽いてきた」などと書かれた脅迫状が送りつけられ、5000万円を要求する事件があった。男は恐喝未遂で2014年11月30日に逮捕された[62] が、グリコ森永事件との直接の関連については低いとされている[63]。, 一橋文哉『闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相』新潮社・新潮文庫、2000年、p.61, 朝日新聞大阪社会部『緊急報告 グリコ・森永事件』朝日新聞社、1985年、p.28 - 29, NHKスペシャル『未解決事件 グリコ・森永事件「目撃者たちの告白」』NHK、2011年7月30日放送, 一橋文哉『闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相』新潮社・新潮文庫、2000年、pp.390-392, 藤森徹『あの会社はこうして潰れた』日本経済新聞出版社、2017年4月10日初版、54-59頁、, 森下香枝『グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人』朝日新聞社、2007年、p.181, 一橋文哉『闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相』新潮文庫、2000年、p.409, 「本誌最後のスクープ!