Copyright ©2018Impress Corporation.

All rights reserved. 事業概要 ※キャッシュレス・ポイント還元事業は、2020年6月30日をもちまして終了しました。 消費税引上げ後の消費者喚起とキャッシュレス推進の観点から、10月1日からオリンピック・パラリンピック直前の2020年6月末までの9か月間実施される中小・小規模事業者向けの支援制度です。 昨年(2019年)10月に実施された消費税の増税と同時に、買い物時の「キャッシュレス・ポイント還元」がスタートしました。対象となる店舗の店先やレジに、赤いマークが表示されている光景も見慣れたものになりましたが、この「特典」も、いよいよ2020年6月30日までとなりました。 関西経済連合会は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化している企業への追加支援を求める緊急要望を政府、与党に提出した。 2019年10月の消費税増税時に導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度の期限を延長するよう要求。 消費税が8%から10%へ引き上げられると共に「キャッシュレス・消費者還元事業」始まり、電子マネーやクレジットカードで決済で決済すると最大5%のポイント還元が受けられる制度です。残念ながらこの制度の延長はなく6月で終了となるようです。, 2020年7月から2021年3月末までの期間でこれに変わる新たな制度が始まるようです。, それは、「マイナポイント事業」と言い「マイナンバーカード」と「キャッシュレス決済」を組み合わせた制度で、最大25%のポイント還元(上限5000円)が受けられると言った制度のようです。総務省がキャッシュレス決済事業と行ういます。, そう、これはマイナンバーカードとキャッシュレスの両方を普及させたいと言った思惑のある新し制度です。, マイナンバーの普及率は2020年1月20日現在15%(1910万枚)です。(朝日新聞DEGITAL調べ https://www.asahi.com/articles/ASN353GM1N2WUUPI002.html), 一方キャッシュレスの普及率は2020年の経済通産省のレポートによると20%にとどまっているようで、どちらもまだまだ広く世間に普及しているとは言えない状況であることは間違いないようです。, https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/image_pdf_movie/about_cashless.pdf, キャッシュレスに関しては、昔からあるクレジットカードに加えて最近では電子マネーやデビットカード、QRコード決済など様々なキャッシュレス決済方法が登場してきています。いったい消費者にとって何が良いのか良く分からない状況となってきています。, 筆者が考えるキャッシュレスはクレジットカード2枚(国際ブランドは別のもの)と交通系の電子マネー(SUICAやPASMOなど)一つあれば十分だと思います。, クレジットカード1枚だと利用したいお店がそのブランド加盟店じゃない場合があります。別な国際ブランドをもう1枚持っていれば使えるお店の範囲も広がるので安心です。電子マネーは交通系のにしておけば、電車・バスなどの乗り物から普段のお買い物まで幅広く利用することが出来ます。, クレジットカードや電子マネーを利用するハードルは、人にもよりますが、よほど借金しているとか、ブラックリストに載ってしまったとかじゃない限り、それほど利用するのにハードルは高くありません。, 申請してから手元にカードが来るまで1か月から2か月ほどかかります。申請方法は市役所へ出向くか、スマートフォンから申請するか、一部の証明写真機からでも申請することが出来ます。, また、マイナンバーカードの管理も大変でマイナンバーカードに設定するパスワードは他人に知られないよう厳重な管理が必要です。, そして、給付金などオンラインで受け取るためにはパソコンとマイナンバーカードを読み取るためのカードリーダーが必要になって来ます。もしくはNFC機能付のスマートフォンが必要になります。, クレジットカードに比べると取得するまでの期間が長いことや市役所へ出向かなくてはならない、パソコンやカードリーダーが必要。などなど取得までのハードルが高いですね。ましてや高齢者やパソコンに疎い人はマイナンバーカードの取得する人はいないんじゃないでしょうか。, そんな時間と手間の掛かるマイナンバーカードは先にも書きましたが15%の普及率にとどまっています。更に2021年3月からは健康保険証の代わりとしても利用することが出来るようになります。, どちらも普及率においては低空飛行を続けているマイナンバーカードとキャッシュれすですが、今回の還元率は物品購入金額に対して25%、上限額が5000円までとなってます。結構魅力的な還元率を打ち出してきて是が非でも普及率を上げたいということが覗えます。, マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得して自分の利用したいキャッシュレス決済業者を一つ選択します。そこで決済された金額に対してマイナポイントが付与されます。そして付与されたポイントを使って今度はお買い物をすることが出来ます。, しかし一つ注意が必要であくまでも予算有りきのマイナポイント事業のため、予定していた予算に到達したら終了ということですので、興味がある方は早めに着手した方が良いでしょう。, 取得するまでには1か月から2か月かかるので今すぐにでも申請したほうがいいでしょう。マイナポイントを受け取るには先ずマイナポイントの予約が必要になります。すでに予約は始まっていて2020年7月からマイナポイントを付与するキャッシュレス決済サービス業者を登録することが出来ます。このマイナポイントの予約にマイナンバーカードが必要になってきますのでマイナンバーカードが無い場合は直ぐにでも申請したほうが良いかと思います。, もしキャッシュレス決済方法を持っていない場合は、お好きなクレジットカードや電子マネーなどに申し込みしなけれなりません。電子マネーは申し込んでから比較的早く利用することが出来ますが、クレジットカードは種類によってですが最短でも1週間かかりますのでこちらも出来るだけ早めに申し込んだほうが良いかもしれません。, 但し、クレジットカードの場合、審査があるので申し込んからと言って必ず取得できるとは限りませんので注意が必要です。, 既にマイナンバーカードをお持ちの方はマイナポイントの予約をします。また、申し込んでいたマイナポイントが届いたらマイナポイントの予約をすることができます。, 予約方法は、パソコンやスマートフォンから予約専用アプリをインストールして自宅から予約することが出来ます。また各地に設置してある支援端末でも予約手続きができます。, この手続きはあくまでも予約のみです。この「マイキーID」を取得することにより2020年7月以降にキャッシュレス事業を選択することが可能となります。, 無事マイナポイントの予約が完了したら2020年7月からキャッシュレス事業を選択することが出来るようになるので利用したい業者を選択しましょう。, 今回のポイント還元は、マイナンバーカードの取得と言ったとても高いハードルがあります。なのでどこまで利用する人がいるかは若干不透明ですが、物品購入に対して25%のポイント還元(上限5000円)は結構魅力的ではありますね。, また予算内で打ち切りなのでポイント還元を受けたい人は早めに動いた方がいいでしょう。以前AUPAYが「誰でも毎週10億円!もらえるキャンペーン」を実施した時は1日2日でその週の上限金額に達してしまったほどの人気でした。, 今回はそこまでの人気になるかどうかはわかりませんが、すでにマイナンバーカードを持っている人で興味のある方は直ぐにでもマイナポイントを予約することが可能なので予約してみては如何でしょうか。, 総務省はマイナンバーカードの普及率を上げたいと言った思惑があるものの、手続きが煩雑なのとマイナンバーカードの管理が大変なのと、そもそもマイナンバーカード自体持ちたくないと言った人もいて今回のマイナンバーカード還元事業でどれくらい普及するかはわかりませんが、現状持っている人しか恩恵がないようであれば、2020年6月で終了する「キャッシュレス・消費者還元事業」を引き続き延長でも消費者としては良かったんじゃないかと思うし、そもそコロナの影響や米中新冷戦で経済の冷え込みで経済が悪化してきた場合は、このようなポイント還元ではなくて消費税を5%に引き下げるといっそのこと廃止するとかした方があまねく国民にたいして平等に還元できる制度ではないのではないだろうか。, 特にマイナンバーカードを作ることに抵抗が無い方は、これを機会にマイナンバーカードを作って25%のポイント還元を享受してみてはいかがだろうか。, 出る月を待つべし。散る花を追う勿れ。人生楽ありゃ苦もあるさ、そのうち何とかなるだろう。笑って笑って幸せに行きましょう。, local and seasonal foods are good for the health, 「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。, 新型コロナで生活スタイルが変わって行く。Stay Home!これからは地域や家族の時代がやってくる!?, 新型コロナで生活スタイルが変わって行く。Stay Home!これからは地域や家族の時代がやってくる。-2. Impress Corporation. 延長や還元率の引き上げが簡単にできる」として、キャッシュレス・消費者還元事業の延長を提案。本来の予定ではキャッシュレス決済のポイント還元は6月までだが、「(7月以降は今よりも)酷いことになるのは火を見るより明らか。 キャッシュレス・消費者還元事業は、クレジットカードや電子マネーでの決済でポイントが還元される制度です。還元期間は2019年10月から2020年6月末日の決済までの期間限定です。ここでは、消費者へのメリットやポイント還元方法について解説します。 経産省は、キャッシュレス・ポイント還元事業における、キャッシュレス決済端末導入への補助を受けるための決済端末設置期限を、条件により延長することを発表した。 2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業です。 Copyright © 2019 のんびり気まま放浪記 All Rights Reserved.



All rights reserved. 関西経済連合会は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化している企業への追加支援を求める緊急要望を政府、与党に提出した。 2019年10月の消費税増税時に導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度の期限を延長するよう要求。 経産省は、キャッシュレス・ポイント還元事業における、キャッシュレス決済端末導入への補助を受けるための決済端末設置期限を、条件により延長することを発表した。, キャッシュレス・ポイント還元事業では、決済端末導入の補助を受けるには、5月31日までに店舗に決済端末を設置することが必要とされる。, この期限を、新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言を受けて一部緩和。新型コロナウィルス感染症による影響で計画通りに決済端末の導入を実施できなかったと証明できる場合に限り、導入期限を6月30日まで延長する。, なお、中小規模店舗でのキャッシュレス支払いで最大5%の還元を行なう同事業の期限も6月30日まで。, 同事業の事務局が原則在宅勤務となっていることに伴い、定期的に公開していた「登録加盟店数(都道府県別・市区町村別)」、「事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した登録加盟店一覧(都道府県別)」、「登録加盟店の地域分布」の更新を一時休止している。. 消費税が8%から10%へ引き上げられると共に「キャッシュレス・消費者還元事業」始まり、電子マネーやクレジットカードで決済で決済すると最大5%のポイント還元が受けられる制度です。残念ながらこの制度の延長はなく6月で終了となるようです。 結論から述べると、キャッシュレス・消費者還元事業の開催期間が延長される可能性は低いです。 そもそもキャッシュレス・消費者還元事業は、オリンピックまでの中継ぎとして実施された背景があります。新型コロナウイルスの影響で、東京オリンピックが2020年開催から2021開催目標へと変更になり、「2020年6月30日以降も継続するのではないか」と考えている人も多いはずです。 しかし、新型コロナウイルス関連の景気対策としては、休業補償や世帯ごとの給付金などが検討されています。また、政 … viberに「大好き」と入力して送るとハートがいっぱい飛び出してきた!でもちょっと残念, 個室で落ち着ける 「和食 旬菜酒庵 鈴家」でお蕎麦をたぐる。お蕎麦で探して行ったけれど 、どちらかというと和食屋さんでした。, 廻らないお寿司屋デビューにはリーズナブルで良いんじゃないでしょうか。神田にある「鮨と酒 魚伸」, https://www.asahi.com/articles/ASN353GM1N2WUUPI002.html, 高速道路の最高速度が120kmへ引き上げ。将来日本にドイツのアウトバーンの様な高速道路は出来るのか!?. 世界を覆うキャッシュレスの波を国ごとに分析して見ると、面白いことが分かる。 フィンテックなどの新しい技術を使って利用者にキャッシュレスをアピールしていく国と、ポイントやクーポンなどのおまけをぶら下げてキャッシュレス化を迫る国のニつのパターンがあることだ。 新しい技術で普及を目指すのは北欧など先進諸国に多いが、この方法で普及を図ろうとすると地道な努力が必要になる。だから、時間がかかる。一 …