ミルク感の効いたコクのある味わいの口どけなめらかなミルクチョコレートです。 ブランドサイトを見る オンラインショップで購入する

手づくりチョコレートの基本作業のコツをご紹介。

刻み方や溶かし方などから、初心者でも安心の基本テクニックを身につけて ガーナ ガーナミルク. 手づくりを成功させましょう。, 手づくりチョコをつくる第一歩の工程です。ほとんどのレシピで、溶けやすいように刻んでから作業します。 均一に刻むのがポイントです。, チョコレートはゆっくりと溶かすことが大事。直火にかけるのは絶対にやめましょう。風味が落ち、焦げ付く場合もあります。 コルネのつくり方について, 手づくりチョコレートの基本作業のコツをご紹介。刻み方や溶かし方などから、初心者でも安心の基本テクニックを身につけて手づくりを成功させましょう。, 手づくりチョコをつくる第一歩の工程です。ほとんどのレシピで、溶けやすいように刻んでから作業します。均一に刻むのがポイントです。, チョコレートは ゆっくりと溶かすことが大事。直火にかけるのは絶対にやめましょう。風味が落ち、焦げ付く場合もあります。水分も大敵、湯せんのお湯が入らないよう、チョコのボウルと湯せんの鍋のサイズに気をつけましょう。, 冬場などチョコ自体が冷えていると溶けにくいので、ボウルにふきんをかぶせ、1~2分置いてから混ぜるときれいに溶けます。 急いでいるからといって、沸騰したお湯を使ったり、ぐるぐる混ぜたりしてもきれいには溶けません。 ロッテ ガーナチョコ 森永 ミルクチョコ 明治 ミルクチョコのなかで 植物油脂が入ってたのはロッテだけ。 ソースはご近所のスーパーに転がってますから。 だからロッテのお菓子は不味いのか! ロッテのチョコは油たっぷりの偽チョコレートな訳ね・・・ All rights reserved. どーも hamidase です。本日は仁義なき板チョコ(ミルクチョコレート)対決。明治の“ハイミルク”チョコレートVSロッテ“ガーナ”のミルクチョコレートさぁ…どうなる… 水分も大敵、湯せんのお湯が入らないよう、チョコのボウルと湯せんの鍋のサイズに気をつけましょう。, 一度溶かしたチョコレートを再び固める際に必要な作業のこと。型に流したり、コーティングしたり、飾りとして使ったりなど、マスターすると手づくりチョコの幅がグンと広がります。テンパリングをしないと、固まらなかったり、つやがなく、口どけの悪いチョコになってしまいます。大変な作業に見えますが、 温度さえしっかりと守れば難しいものではありません。テンパリングが成功し、つやよくきれいに仕上がると苦労も吹き飛びます。 テンパリングをマスターしてつやつやなチョコを目指しましょう!, チョコレートに温めた生クリームを加えて混ぜ合わせたもの。バターや洋酒を加えて、生チョコにしたり、トリュフの中身にしたります。チョコに加える生クリームの量を多めにしてケーキにぬることもあります。 ★ガーナ60g使用の場合は小さじ2から試してみてください。 ★生クリームは少し常温に戻した状態のものを使うと、より乳化しやすくなります。 ボウルの底を水と湯せんに 交互に当てながら 、泡立て器でなじませるように混ぜる。 Copyright (C) 2019 LOTTE Co.,Ltd. ガーナチョコレート(Ghana Chocolate)は、ロッテが販売しているチョコレートブランドの一つ。 ロッテ 創業から16年後の1964年 2月、それまでは主にチューインガムを製造していたロッテが初めてミルクチョコレートを発売した。 低めの温度で、時間をかけて溶かした方が、なめらかに溶けます。あせらず、じっくりと待つことが大切。, 一度溶かしたチョコレートを再び固める際に必要な作業のこと。型に流したり、コーティングしたり、飾りとして使ったりなど、マスターすると手づくりチョコの幅がグンと広がります。テンパリングをしないと、固まらなかったり、つやがなく、口どけの悪いチョコになってしまいます。大変な作業に見えますが、温度さえしっかりと守れば難しいものではありません。テンパリングをマスターしてつやつやなチョコを目指しましょう!, チョコレートに温めた生クリームを加えて混ぜ合わせたもの。バターや洋酒を加えて、生チョコにしたり、トリュフの中身にしたります。チョコに加える生クリームの量を多めにしてケーキにぬることもあります。様々な使い道があり、レシピではよく登場します。, ケーキのデコレーションにはもちろん、ガナッシュを絞ったり、シュー生地を絞って焼く時などに使います。絞り袋の使い方ひとつでお菓子の出来上がりが左右されます。正しい使い方を覚えると、作業は楽で仕上がりはキレイになります。, クッキーやトリュフ、ケーキなどの細かいデコレーションや接着をする時に活躍するコルネ。お菓子づくりではよく登場します。溶かしたチョコやアイシングなどとろっとしたものでも絞ることができます。オーブンペーパーがあればできるので、覚えておくととっても便利です。, チョコレートはとてもデリケートなものです。作業をする道具に水分や油分などがついていると、きれいに溶けなかったり、固まらなかったりと失敗の原因になります。作業の前に使う道具はふきんで丁寧にふいておきましょう。, テンパリングの温度は3段階に変化します。まず、チョコレートを溶かす温度(湯せんして溶かした温度)、 溶かしたチョコを下げる温度、 最後に上げる温度。 それぞれを温度計で測り、丁寧に作業を進めましょう。ここではガーナミルクの場合の温度で説明します。, 32℃以上になってしまったら、(3)の作業からもう一度やり直しましょう。ボウルの中のチョコの温度が均一になるように、底から返すように混ぜましょう。作業する室温は20℃位が理想的です。. どちらのミルクチョコが好きですか?企業云々は無しでね。・・・ママの交流掲示板「ママスタコミュニティ」は、あなたの質問に全国のママが回答してくれる助け合い掲示板です。 刻んだチョコレート、チョコを入れるボウル、湯せん用の鍋、ゴムベら、温度計、冷水用のボウル, テンパリングに成功したチョコレートは10分位で固まり、つやがあります。成功したか、失敗したかを確かめるには、少量をスプーンなどの背につけ、固めてみるとよいです。そこで失敗しているようであれば、(3)に戻ってやり直しましょう。, 刻んだチョコレート、チョコを入れるボウル、生クリーム、生クリームを温める鍋、泡立て器, ガナッシュを固めてトリュフにしたり生チョコにしますが、元々のチョコのようにかたくは固まりません。, 分離の原因は、温めた生クリームの温度や脂肪分の量、溶かす時のチョコの温度などいろいろと関係してきます。, 上の4つを気をつけたのに分離した!!という方必見。分離したガナッシュを直す方法です。, 牛乳を加えてホットチョコレートにしたり、ブラウニーにしてみたり、固めて刻み、クッキーに入れて焼いてみてください。, 両手で絞る時は口の部分を持っている手で中身を押し、もう片方は添えるようにします(この手にも力を入れてしまうと、中身が上から出てきてしまいます)。片手の時も同様に後ろから中身を押し出すようにします。, 植物油脂に色をつけて模様を描いた、チョコに模様をつけることができるデコレーションシートです。使い方をマスターすれば、チョコレートショップで売っているような高級感のある手づくりチョコに仕上がります。, テンパリングをしたチョコや、溶かしたチョコにバターを加えて混ぜたもの(または市販のコーティングチョコ)に、貼り付けて固めると、チョコの表面に模様をつけることができます。 ガナッシュなど水分が多く、やわらかいチョコに直接つけても模様はきれいにつかないので注意です!, 包丁の柄をしっかりにぎり、片方の手を包丁の背に当てて、真上から、体重をかけて刻む。, ガナッシュを固めてトリュフにしたり生チョコにしますが、元々のチョコのようにかたくは固まりません。冷蔵庫や季節によって固まる時間が異なってきますので、, 分離の原因は、温めた生クリームの温度や脂肪分の量、溶かす時のチョコの温度などいろいろと関係してきます。よくある分離の原因を知って解決しましょう。, 上の4つを気をつけたのに分離してしまった時に、分離したガナッシュを直す方法です。あきらめる前にぜひこちらを試してみてください。, 上手に絞るコツは、口金をぴったりとつけず、少し離して絞り出し、中身の出るスピードに合わせて置くようにして絞ることです。絞りはじめはぎゅっと力を入れ、終わりはすっと力を抜くとよいです。中身が少なくなってきたら、握る位置を下にして絞りましょう。, コルネの先は、最初は少なめに切って絞ってみて、その後太さを調整するようにするとよいです。 様々な使い道があり、レシピではよく登場します。, ケーキのデコレーションにはもちろん、ガナッシュを絞ったり、シュー生地を絞って焼く時などに使います。絞り袋の使い方ひとつでお菓子の出来上がりが左右されます。正しい使い方を覚えれば作業も楽でキレイにでき、お菓子づくりが楽しくなること間違いなし!, クッキーやトリュフ、ケーキなどの細かいデコレーションや接着をする時に活躍するコルネ。お菓子づくりではよく登場します。溶かしたチョコやアイシングなどとろっとしたものでも絞ることができます。オーブンペーパーがあればできるので、覚えておくととっても便利です。 絞る時のコツは、コルネの先端をデコレーションしたいものにぴったりとつけず、少し離して絞ると きれいにできます。, 鍋に水を入れ、50℃位にし、チョコレートを入れたボウルを重ねてゆっくりと溶かします。(=湯せん), チョコレートが完全に溶けたら温度を測り、40~45℃にします。これ以上あがってしまうようならすぐに湯せんからはずす(湯せんの温度が高すぎると、ここでの温度が上がり過ぎてしまうので注意)。, 別のボウルに水を入れ(10~15℃)、チョコレートのボウルの底を当てて、ゆっくりと混ぜながら冷やします。26~27℃(ガーナブラックの場合は27~28℃)になったらOK。, 再び一瞬湯せんに当てて、チョコレートの温度を30℃(ガーナブラックの場合は31℃)にします。この温度を保ちながら作業しましょう。, 転写シートのプリント面をチョコ側にして、ぴったりと貼り付けて冷やし固める。完全に固まったら転写シートをはがす。.