ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - オブリガートの用語解説 - 音楽用語。本来は不可欠の楽器あるいは声部を意味する。アド・リビトゥムに対する語。今日では一般に助奏 accompagnamento obbligatoの意で,独奏あるいは独唱声部に対して協奏的に扱われる旋律的伴奏声部をさす。 ¦æ‰‹å››åˆ†éŸ³ç¬¦ï¼šã‚¦ãƒƒãƒ‰ãƒ–ロック   右手2拍三連符:「楠葉」. オブリガード. 男声合唱の場合 全体:全パート同時(含むピアノ伴奏) t1:トップテナー t2:セカンドテナー b1:バリトン b2:バス p :ピアノ 混声 ... 演奏例 (ひら男2019ジョイント) t0:t1のオブリガード . j.s.バッハ二重唱曲集 オブリガート付についての詳細。1941年以来、音楽を愛する皆様と共に雑誌、楽譜、書籍の出版社として歩んで参りました、株式会社音楽之友社のwebページです。 オブリガードなんて言われても、 日本人の私たちには意味なんてさっぱりわかりません。 ちなみに、ポルトガル語でありがとうという意味なのですが、 音楽の世界では全然意味が違います。 友人と話ていたり、音楽についての文を読んでいたりすると「オブリガード」という言葉がよく登場しますが、私は漠然と「間奏にあるメロディーを使ったアドリブ」と思っていましたが(友人も同じ)本当の所はどうなんでしょうか?この際は (ポルトガル)obrigado(オブリガード)とは。意味や解説、類語。[感]ありがとう。[補説]女性語では「オブリガーダ(obrigada)」。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 Obrigado - ポルトガル語で「ありがとう」にあたる男性語の表現 。 Obbligato - イタリア語で「義務づけられた」を意味する表現。 英語では「Obligato」とも書き、日本語では「オブリガート」と音写されることが多いが、(誤って)「オブリガード」と音写されることもある 。 先日、ブラジル人と話をしていたのですが、「日本語でオブリガードは、アリガートでしょ?」って言われました。どうやらポルトガル語の「オブリガード」は、日本語の「ありがとう」が伝わったという事らしいです。結構日本語が外国に伝わ j.s.バッハ二重唱曲集 オブリガート付についての詳細。1941年以来、音楽を愛する皆様と共に雑誌、楽譜、書籍の出版社として歩んで参りました、株式会社音楽之友社のwebページです。 独唱、合唱、オーケストラなどを使用するが、舞台装置や演技を用いない点でオペラと異なる。... クアジ quasi(伊) クアジ=ほとんど…の様に。... フィナーレ finale(伊・英) フィナーレとは次のような意味を持つ。 (1)最終楽章。終曲。(2)オペラの幕の最後の曲。 北河内で、高嶋昌二先生を常任指揮者とする男声合唱団です。リタイヤ組が中心なので毎週火曜日の午後、枚方市内(主に2会場)でハモっています。経験・未経験を問わず常時団員を募集しています。見学 … 「ありがとう」とポルトガル語の「オブリガート」 読みが似ていると思いますが、お互いに言葉が出来た由来、関連はあるのでしょうか? ネットなどからの情報では ・ポルトガル語の「オブリガート」とい … オブリガート(イタリア語: obbligato オッブリガート)は、音楽用語の一つ。 元来はイタリア語で「義務づけられた」「強制された」などの意味の形容詞であり、バロック音楽時代以前においては、「自由に」(ad libitum)の対極に当たり、演奏の上で不可欠な音楽の声部を指した。 歌詞は、しばしば異なった楽節(例えば、ソロと合唱のように)に入力されることがあります。このため、Finaleには3つの異なった歌詞のグループ(コーラス、バース、セクション)がありますが、これらは機能的には同じものです。 カラオケ音源作ってみたけど、イマイチテンションが上がらない・・・。そんなお悩みを解決できるかもしれないこの記事では、対旋律についてあれこれ解説しています。