これであなたも「スイート・ホーム・シカゴ」のセッションに参加できます(笑), このブラウザでは音の再生ができません。HTML5に対応したブラウザをご使用ください。, コード進行は、最後の4小節を使います。(E7-D7-A-E7) 簡単なイントロ、エンディングをつけました。 自分の表現したいことと、聞き手がどう感じるか. 曲のすきまにカッコいいオブリガードを はさもう! 練習のやり方は、 1)「あなたの曲」をくり返す。 2)メロディーのすきまに オブリガードを入れてみる 3)慣れてきたら、即興で オブリガードを入れてみる。 4)練習として、同じメロディを これをコール&レスポンス(呼掛けと応答)と言います。 DVD&CDでよくわかる! 左手の指使いはあまりこだわらなくて良いと思います。 タイミングと言うか、雰囲気を覚えて下さい。, もう一つ、エンディング用のフレーズを覚えましょう。 いよいよまとめです。 どこか切ない響きのオブリガート向きサウンドR&Bやポップスにもよく登場する、オブリガートサウンドです。柔らかなサイン波と音程移行時のグライド設定がポイントとなります。[sc_embed_player_template1 fileurl= これもターンアラウンドの時の要領で半音下がるパターンです。, なお、2小節目(D7)のパターンで弾いていますが、これも良く使われるコード進行ですので 対旋律の作り方から楽器までを解説してきました。 理論もいろいろあるけど結局は. あわせて練習して下さい。. これも良く使われます。 最後のコードがE7からトニックコードのAに変わります。 1、2小節目はコードを押さえたまま5弦、4弦、3弦と順にバラして弾きます。 簡単なベースランニングを使ってみました。 左手の指使いはあまりこだわらなくて良いと思います。 弾きやすいように工夫して下さい。 唄に対して、ギターがオブリで答える。 これをコール&レスポンス(呼掛けと応答)と言います。 オブリガード. これを追求することです。 そして今のままのサンプルは何かが足りない・・・ と感じているかと思います。 ブルースを形作る大切な要素ですので、指が動くようになったら是非歌いながら弾いて コードフォームを覚えてサンプル音源でリズムを確認して下さい。, 簡単なベースランニングを使ってみました。 最後、3つ目の、「オブリガード」について 解説したいと思います。 まずは、動画をご覧ください。 2つ続きです。 オブリガードの解説1 オブリガードの解説2 オブリガード、というのは、 ざっくり言いますと、装飾です。 飾り付けすることですね。 弾きやすいように工夫して下さい。, 唄に対して、ギターがオブリで答える。 cメロとは?曲の中の役割や特徴・作り方を解説します。 bメロの作り方。サビやaメロとの関係や役割から作曲しよう! 作曲でメロディ作りが楽になる3つの考え方とは? dtmのやる気が出ず、行動に移せない2つの理由と対処法 3、4小節目は前回練習したターンアラウンドと同じです。