しかし、シュリンクする日本市場に向けて、いくつもの専用モデルを作り続けるのは無理がある。数字の期待できる軽自動車やMクラスミニバンであればまだしも、ただでさえ市場が小さくなっているセダンカテゴリーにおいて日本専用モデルを用意することは体力的にもできなくなった。, そうして生まれたのがV6エンジンを搭載したV35型スカイライン。グローバルなセダンモデルを日本で販売するにあたって、バリューのある「スカイライン」という名前を使ったが、本来はスカイラインとして開発されたクルマでないことは知られている。なにしろ海外では「インフィニティG35」として売られていた。つまり、V型エンジンにシフトした以降の「スカイライン」は、インフィニティのラインアップとして開発したモデルを日本向けに販売するときにつける名前という位置づけになっていた。, その意味では、現行スカイライン(V37型)のデビュー時に、インフィニティのエンブレムをボディの前後やステアリングにつけてアピールしていたことは自然な流れだった。海外では「インフィニティQ50」と名付けられたプレミアムサルーンの価値を日本でもそのまま展開しようというわけだ。さらにいうならば「インフィニティ」ブランドを日本でも活用するという意図も感じられた。トヨタがレクサスを展開しているようにまったくの別店舗とするのは非現実的としても、日産の上級ブランドとして「インフィニティ」を活用するということはプラスの効果をもたらす可能性を期待させた。, しかし、今回のマイナーチェンジにおいてスカイラインからインフィニティのエンブレムは外されることになった。スカイラインが日本に帰ってきたと評価する声が目立つことからも、少なくともスカイラインという確立したブランドにおいてインフィニティとのコラボレーションは有効ではなかったということだろう。逆にいえば、今回の変化はインフィニティ・ブランドの日本展開は当分先になることを示唆していると捉えることもできる。, プリンス、日産、インフィニティと変わったように見えたが「スカイラインはスカイライン」なのである。その価値を最大限に活かそうというのが、日産のマーケティングが導き出した、ひとまずの結論といえそうだ。, 日産がユーザーの好みやライフスタイルに合わせた新しい旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始, そんなのあった? クルマ好きでも「忘れがち」な「レア度満点」の国産オープンカーたち, 3000円で激レアスーパーカーのオーナーに! ランボルギーニの1/64スケールミニカーが登場, なぜ「NISSAN」エンブレムに戻した? 日産スカイラインが「インフィニティ」を捨てた理由, ライバルメーカー同士がガチで挑発しあった! 今ではありえない強気な名車キャッチコピー5選, クラウンやカローラとも違う! 誕生から60年以上経っても日産スカイラインが名車と呼ばれ続ける理由. 従来モデルよりワイド&ローな印象です。, パワートレインにはメルセデス・ベンツから供給されるエンジンを使用しています。 価格差約60万円で買うならガソリンか? 日産インフィニティ(infiniti)逆輸入車を買うなら東京のケーエムガレージで。qx80・qx70・q50・q60・q50・m37・m56・qx50など、豊富なラインナップをぜひご覧ください。 402psのユニットの燃費は9.3km/L、CO2排出量は206g/kmというのが公表値です。, 新型スカイラインクーペに、日産の自動運転システム「プロパイロット」を搭載するという情報を入手しました。 一方で新グレードSENSORYはスポーツデザインのフロントグリルや革張りのスポーツシート、Bose Performance Series Audioの16スピーカーステレオなどが専用で装備されている。, 全グレードに3.0ℓツインターボV6エンジンを搭載し、最高出力はPURE、LUXE、およびSENSORYグレードが300ps、パフォーマンス指向のRED SPORT400は400psを発生する。 この特別なインフィニティ Q60は限定50台の販売となり、11月2日正午(米東部夏時間)に受注が開始されました。, スカイラインクーペの発売日は、米国では2016年9月から発売されていますが、日本での発売予定はいまだありません。 徹底比較, 新型ダックス125が2021年夏に発売!? まがいもの?? 価格は日本円にして約530万円です。 日本ではセダンのみ販売されている日産「スカイライン」であるが、海外ではインフィニティブランドでクーペの「q60」も販売されている。日本では滅多にお目にかかれないこのクルマついて、小川フミオ … 日本ではセダンのみ販売されている日産「スカイライン」であるが、海外ではインフィニティブランドでクーペの「q60」も販売されている。日本では滅多にお目にかかれないこのクルマついて、小川フミオが解説する。 日本にはスカイラインという美しい道がある。- 日産 スカイラインの公式サイト。スカイラインのカタログ情報、オーナーの評価をご覧いただけます。カタログ請求、試乗車・展示車の検索、見積りシミュレーション、他車比較などができます。 【日本未発売のスカイラインクーペ試乗!!】インパルがインフィニティq60を国内販売開始!!! 2013年11月に発表された現行スカイラインのフロントグリルには、日産のマークではなく、インフィニティのバッチがつけられています。インフィニティといえば、北米から展開が始まった海外市場での日産の高級ブランド。新型スカイラインでは、価格帯も一気に100〜200万円アップしました。なぜスカイラインは、インフィニティバッチのままで登場したのでしょうか?, インフィニティ(INFINITI)は、トヨタ自動車のレクサス、ホンダのアキュラと同様、日産自動車が海外で展開している高級ブランドです。1989年にアメリカから始まって、香港・台湾・インドネシア・中東の一部・ロシア・中国など、世界中で展開されています。日本市場では、ブランド展開はされず、バブル絶頂期の1989年に「インフィニティQ45」が日産のフラッグシップカーとして発売されています。, 当初は従来通り日産バッチをつけたスカイラインとして販売される予定でしたが、2013年夏に急遽インフィニティのバッジをつけて登場することになったそうです。しかし、レクサスのように独立した高級車ブランドを構築するには多額の投資が必要となるので、スカイラインへの導入はあくまで個別車種としての展開です。, 新型スカイラインは、当初、排気量3.5Lのハイブリッド車のみという設定で、価格は前モデルの300万円台から一気に450万円〜550万円台と、国産車最高クラスになりました。知名度抜群のスカイラインに、高級ブランドのバッチを装着して販売することで、初期投資を少なくインフィニティの存在を認知させることができるというメリットがあるのでしょう。この戦略がうまく行けば、日本国内でのインフィニティブランドの日産車がもっと増えるかもしれませんね。, 新しいスカイラインは、それまでのスカイラインとは一線を画すワンランク上の車格、素晴らしいエンジン性能、極上の乗り心地備えています。ハイブリッドにより燃費はJC08モードで18.4km/Lを達成。大きめなボディを感じさせない軽やかな走りも素晴らしく、グラマラスな外観も含めインフィニティのブランドに恥じない車です。ハイブリット車としての性能と高級車としての性能が上手くマッチしたモデルとなった新型スカイラインの登場によって、今後のインフィニティブランドの展開に期待大です。, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, ランドローバー 5代目ディスカバリー(L462型)を引き立たせる専用カーアイテム&カーアクセサリー5選!, 優雅な気持ちにさせてくれる..メルセデス・ベンツ 新型Eクラスクーペ/Eクラスカブリオレを徹底解説!, 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!. ほか 先週の人気記事ランキング ベスト15[2020.11.1-11.7], そっくり? そのため、今回作成された予想CGのようなコンバーチブルモデルが登場する確率は低いと考えられますが、登場を待ち望んでいるファンも多いようです。 打倒N-BOXなるか!? ブラックSシリーズの第一弾として2017年3月7日のジュネーブモーターショーにてインフィニティQ60のブラックSのコンセプトが発表されました。 工場の中でも選ばれた職人だけが担当し、「匠とカイゼン」そして「マイスター」の制度で、妥協を許さない究極の生産ラインと言えるのではないでしょうか。, 日産は自社の高級ブランド「インフィニティ」に高性能モデル群「ブラックS」シリーズを展開することを発表しました。 エンジンは、直列4気筒 2.0リッターターボとV型6気筒 3.0リッターツインターボをラインアップ。トランスミッションはそれぞれ7速ATを組み合わされています。, インフィニティ新型Q60にコンバーチブルモデルが登場するという噂があり、予想CGが作成され、期待が高まっています。 デザインはフロントバンパー、リアバンパー、ボンネット、前後フェンダーなどがよりアグレッシブなものになっています。 トヨタ ヤリス(KSP210/MXPA10/MXPA15/MXPH10/MXPH15型)の9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDモデルはこれだ!! スカイランのクーペがいよいよ日本で発売決定。海外ではインフィニティq60として販売されており、日本での販売が待たれていた。インパルでの販売だという。 次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号, ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…. ・3.0L V型6気筒ターボエンジン(最高出力305ps、最大トルク40.8kgm/f) スカイライン(セダン)に待望のV6、3Lツインターボエンジン搭載モデルが投入されたが、国内のスカイラインファンが待ち望んでいる”もう一台”がスカイラインクーペだ。, 先代型、V36までは国内販売されていたスカイラインクーペ(2016年1月まで)だが、現在のV37型では海外向けのスカイラインクーペ「インフィニティQ60」はあるのに国内に向けては導入されていない。, さっそく、インパルから北米仕様のスカイラインクーペ版、インフィニティQ60レッドスポーツを借りだし、試乗した!, クーペの存在感は圧倒的だ。 ボディサイズは全長4685×全幅1850×全高1385mm 。ホイールベースは2850mmでスカイラインセダンと同じだが、全長は125mm短く全幅は30mmワイドで全高は55mm低いから、まさにワイド&ロー。, ラウンドしたルーフから繫がるCピラー、抑揚感あふれるリアフェンダーの造形も魅力的だ。やっぱりスカイラインはクーペがカッコいいと惚れ惚れしてしまう。, 今回試乗したのは。405psエンジンを搭載する「レッドスポーツ」で価格は930万円~。やはり日本のスカイラインセダン400Rと同じ、405psの3L、V6ツインターボの加速フィールはドカン!  とパンチがあるというより、モリモリと力がある印象だ。, インパルでは顧客の要望に応えるかたちで304psの「Q60ラグジュアリー」も取り扱う。, 注文に応じて米国の販売店から新車を直接日本に輸入するので、ボディカラーやオプションなど、細かいリクエストに応えている。, 日本到着後にヘッドライトやウィンカーなど日本の法規対応を実施して、車検を取得して登録、納車までをインパルが責任を持って行う。, 注文から納車、メンテナンスや車検など、納車後のアフターサービスに至るまで、インパルが万全の体制で実施するから安心感も高い。ちなみに注文してから納車されるまで、約1カ月半~2ヵ月という。, インパルではQ60以外にもQ50、Q60、Q70、北米仕様のマキシマ、アルティマ、そしてQX30やQX50、QX60、QX80、北米仕様のムラーノやパスファインダーといったSUVの販売にも力を入れていくという。, 現在、Q60ラグジュアリーをショールームに展示しており、試乗も可能ということなので、気軽に訪れてみては。, 1位はクルマでWi-Fi使い放題の便利アイテム!!! ブラックSシリーズにはルノースポールF1チームと共同開発されたパワートレインが搭載されます。ベースとなるエンジンはQ60クーペに搭載される400psの3.0LV6ツインターボエンジンであり、これが500ps以上にチューンナップされたものが搭載される予定です。 また、匠はインフィニティの生産手法「カイゼン」に忠実であり、同時にスキルアップのため、集中トレーニングを定期的に受けています。 新型Q60クーペの日本発売と合わせて、新型Q60コンバーチブルについての続報も期待ところです。, スポーティかつ高級感・上質感を感じられるようなデザインにするため、スカイラインらしいボディラインと安定感あるフォルムを市販モデルに落とし込んでいます。, フロントマスクなどのデザインは、以前パリモーターショー14に出品されたコンセプトカー、『Q80インスピレーション』がモチーフとなっており、エモーショナル性がさらに追求されているのが特徴です。, V6を搭載するモデルにはアクティブ・グリルが付き、通常時でであればフラップは閉じたままですが、スピードを出すと開く仕様となっており、ミラーの設計にも空気を味方につける目的があります。 クリスマスらしい、高級感のあるゴールドに塗装され、インテリアも特別に装飾されます。 その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介, 1989年生まれ!当時双璧を成した高級乗用車セルシオとインフィニティQ45はどちらが良い?, スカイラインGT-Rの復活! 今回、日産の栃木工場の従業員4500人の中から、プレミアムカーであるインフィニティの生産ラインを担当する熟練の職人として216名の「匠」を選出しました。 タントが2020年12月に一部改良! フルハイブリッドも来る!!? テスラに新EV?? ボンネットも抵抗を低減させるための設計となっています。, ハンドリング性能と乗り心地を高次元でバランスさせる新設計の“ダイナミック・デジタル・サスペンション”をオプションで用意しています。, シャシーは駆動システムにFRベースのAWDシステムを採用しています。また前述しましたが、ダイレクト・アダプティブ・ステアリングが第二世代へと進化し、より自然なステアリングフィールとフィードバックを実現しています。 新型スカイラインクーペは、技術力の高さで優位に立っているインフィニティブランドの評判を、性能、上質さ、そしてデザイン面において、高めています。 トヨタ 初代アクア(NHP10/NHP10H型)の9つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめグレードはこれだ!! 価格は約650万円と、ベース車両よりも100万円以上上乗せした価格で販売されますが、それにふさわしい高級感、特別感を演出しています。 街で見かける、売れ線150ccスクーター【東京・奥多摩ツーリング/番外編 ホンダ・ADV150試... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(萩原文博)】30年後もまったく色あせない曲線美を持つ傑作ス... トゥインゴ購入検討者に乗ってもらってみた <ルノー・トゥインゴ長期レポートVol.11>. フロント・バンパー部には、空気をエンジンに送り込むためにダクトが設置されています。 これにより、Q60は3.7リッターエンジンを搭載していた従来モデルと比べ、ダウンサイジングエンジンにより燃費を向上させています。トランスミッションは全グレード同じ7速ATを採用します。, 新型スカイラインクーペ「インフィニティQ60」のボディサイズ(ドアミラー付き)は、4683×1850×1385mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは、2850mm。 トヨタ 4代目プリウス(ZVW50/ZVW51/ZVW55型)の8つのグレードを徹底比較!おすすめ価格のグレードはこれだ!! また、日本国内で発売されているスカイラインは2017年12月にマイナーチェンジとなりますが、スカイラインクーペに関しては米国でのマイナーチェンジはまだ予定されていないようです。 日産自動車の海外向け高級ブランド・インフィニティは2016年デトロイトモーターショーで、スカイラインクーペの次期型にあたるモデルである「新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)」を発表しました。 インフィニティの商品戦略部門のシニアマネージャーの過去の発言によれば、新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)にはG37に設定されていたようなコンバーチブルバージョンを設定する予定はないということでした。 公式発表ではないため不確定情報ではありますが、新型セレナに初搭載されたことで話題になったプロパイロットを搭載し、より快適なGTカーに生まれ変わることが期待されます。, 日産は、2016年8月10日に「新型 スカイラインクーペ(インフィニティ Q60)」の生産を日産栃木工場でスタートしました。 エントリーモデルに搭載される2.0Lエンジンは、現在販売されているスカイラインと同じエンジンです。, これらの他に1991ccの直列4気筒エンジンの存在も明らかになっており、そのエンジンの最高出力は208ps/5500rpm、最大トルクは35.7kg-m、燃料消費率は10.2km/ℓ、CO2排出量は154g/kmとなっています。, 300psのユニットの燃費は9.8km/L、CO2排出量は154g/km。 ちなみに日本仕様の3.0ℓツインターボV6エンジンは標準モデルが304ps、北米のRED SPORT400に相当する400Rが405psと若干スペックに違いがある。また大きく違うのは日本には3.5ℓのハイブリッドモデルが設定されていることだ。, 価格は396万円からとなっている。日本では自動運転支援技術で話題となったスカイライン。北米でも新たなグレードを武器に話題となるか楽しみだ。. 北米インフィニティはq50(日本名:スカイライン)2021年モデルを発表した。また今回新グレードも追加するという。価格は396万円からとなっている。 日産がグローバルに展開するブランド「インフィニティ」。これまで正式なかたちで日本市場への導入をコメントされたことはありません。スカイラインなどを例に、日本上陸の可能性を桃田健史が考えます。, ーファンがいるのに市場導入に未だ至らずーインフィニティ「スカイライン」?ー「スカイラインは終わった」不評から大好評へーインフィニティ、日本上陸の可能性は?, トヨタのレクサス、ホンダのアキュラと並び、日系メーカーのプレミアムブランドとして知られている。, 日本上陸については、正式導入は2005年からのレクサスのみ。アキュラについて、ホンダは2005年末に2008年秋導入を発表するも、2008年時点で2010年頃導入を撤回した。, 一方、インフィニティについて、日産はこれまで正式なかたちで日本市場への導入をコメントしたことはない。, ただ、筆者(桃田健史)はこれまでに、日産本社やアメリカ法人の幹部らと様々な状況で取材や意見交換する中で「検討中」、または「検討したが、当面は難しいとの判断」といった声を聞いてきた。, 日本では90年代から、左ハンドルのインフィニティをアメリカから逆輸入したり、日本で購入した日産車にアメリカから取り寄せたインフィニティのエンブレムをつけたりと、インフィニティ・ファンが相当いる印象があった。, だが、90年代末の日産ディーラー網の統廃合や、その後のレッド・ブルーステージなど、国内販売戦略が何度も変わる中で、インフィニティ販売網を新設することは日産にとって大きなリスクだったと考えられる。, アメリカで発売されるインフィニティ「Q50」を前に、日産の幹部に聞くと、その答えはイエスでもノーでもなかった。, 場所は、ロサンゼルス郊外にあるビーチサイドのホテル。時期は、いま(2020年)から7年前、2013年9月だ。, 日産が各国のジャーナリストを招いて、世界各地で展開する事業全体を、実車の走行体験を交えて行う大型のイベントだ。関係者によると、開催にかかった予算は数億円。, 試乗体験では、3.8L V6ツインターボ搭載で四駆の「ジュークR」や、EVリーフのレーシングカーなど、通常の報道陣向け試乗会にはない車両が登場した。, そうした中で、日本のジャーナリストたちの関心が高かったのが、インフィニティ「Q50」だ。, 食事の席で、日産本社幹部は「もしこれをスカイラインとして日本に導入したら、ディーラーやユーザーはどう思うか?」と聞かれたのだ。, 結果的に、同車は「スカイライン」として日本発売された。しかも、インフィニティブランドのキャラクターデザインはそのままという、秘策を打った。, 画像 見ると欲しくなる? 無いものねだり? インフィニティ現行モデル【全ラインナップ】 全162枚, 【予期せぬ成功?】日産スカイラインにみる 「インフィニティ」ブランド日本上陸の可能性, 【アルファード、再び1万台】10月の自動車販売ランキング 登録車1~6位 トヨタ独占, 【ボルボ製ワゴンの世界観に合う】ボルボV90 B5へ試乗 フェイスリフト マイルドHV, 【ルノーの新世代!】新型ルーテシア試乗 最新ADASのインテンス・テックパックを評価 乗り心地、おもわず好感?, 【今度の595限定車は?】アバルト595スコルピオーネ・オーロ 黒+金のシックなオシャレ系 日本は200台, 【ポルシェ911 3.0 RSR】1975年ル・マン総合6位 ニック・フォーレとの再開 後編, 【M235iやAMG A35を迎撃】新型 アウディS3サルーンへ試乗 親近感な高性能 後編, 【ポルシェ911 3.0 RSR】1975年ル・マン総合6位 ニック・フォーレとの再開 前編, 【異例づくめの会見】トヨタの業績、なぜ急激に回復したのか コロナに負けぬ理由は 対テスラ対策も, 【インド横断2700km】58年前のヒンドスタン・アンバサダー 予想外に楽しいドライブ 後編. ーインフィニティ「スカイライン 」? ー「スカイラインは終わった」不評から大好評へ ーインフィニティ、日本上陸の可能性は? ファンがいるのに市場導入に未だ至らず. !. 日産スカイラインを徹底解説!エクステリア、インテリア、荷室(ラゲッジスペース)、プロパイロット2.0...これを見ればスカイラインの全てがわかる!, "史上最強のスカイライン"と言われた2000ターボRSが"GT"の名をつけられなかった理由, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー. デザインより「魂の継承」 かつての名車を意識したスポーツカー 5選, ガソリン車規制さらに強化! さらには「マイスター」として「匠」の中から6名が選ばれ、インフィニティの顧客の希望と期待を最も理解し、あらゆる生産工程を監督するそうです。 「匠」は、高度な技術を身につけているだけでなく、インフィニティの生産者としてプレミアムカーの生産に関する特別な訓練を受けているとのこと。 ホンダ 5代目オデッセイ(RC1/RC2型)の2つのグレードを徹底比較!おすすめのアブソルートグレードはどっちだ!? インフィニティ(INFINITI)は、トヨタ自動車のレクサス、ホンダのアキュラと同様、日産自動車が海外で展開している高級ブランドです。1989年にアメリカから始まって、香港・台湾・インドネシア・中東の一部・ロシア・中国など、世界中で展開されています。 日本市場では、ブランド展開はされず、バブル絶頂期の1989年に「インフィニティQ45」が日産のフラッグシップカーとして発売されています。 以下の3種類のエンジンがラインナップされ、ハイパフォーマンスモデルは最高出力400馬力を超えるエンジンを搭載します。 安全装備も最新のものが採用されている。死角警告、車線逸脱警告、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントクルーズコントロールなどすべてのグレードで安全装備が強化された。, またトップグレードとなるRED SPORT 400(日本名:400R)は、新しいブラックマットカーボンファイバーインテリアトリムとブラックエクステリアトリムハイライトを備えている。 どうなる車社会 最新テクノロジーニュース5選, 新型ハリアー大ヒット記念!! インフィニティQ60だけでなく他のモデルでもブラックSシリーズが展開されると予想されます。, アメリカの高級デパート「ニーマン・マーカス」は、インフィニティ新型Q60のクリスマス仕様車を限定販売すると発表しました。 続々登場するホンダの125ccモデルがヒットを重ねる理由. 日産 4代目マーチ(K13/K13改型)の9つのグレードを徹底比較!おすすめはNISMOグレード!? 日本最古の自動車雑誌『モーターファン』のスピリットを受け継ぐ自動車総合情報サイト。クルマ、バイク、モータースポーツ、テクノロジー、デザイン、カスタム、マーケット情報などさまざまな角度から自動車を掘... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, インフィニティQ50(日本名:スカイライン)の2021年モデルを発表!新グレード追加 日本仕様日産スカイライン400Rと比べてみる, 新型プジョー208、ヒットの予感あり! 選ぶならアリュールかGT Lineか。価格差は33万円. 日産スカイラインがビッグマイナーチェンジを発表。ハンズオフ運転が可能な「プロパイロット2.0」の初採用などトピックスは多くあるが、インフィニティのエンブレムがなくなったことが話題となっている。これにはどのような思惑があるのだろうか。 今回発売される特別仕様車のベースはインフィニティ Q60の「レッド スポーツ400」で、最高出力400馬力を超える高性能モデルです。 同デパートは過去にもシボレー カマロやBMW M6 コンバーチブルなどの特別仕様車を販売しており、いずれも好評を得ています。 ・3.0L V型6気筒ターボエンジン(最高出力405ps、最大トルク48.4kgm/f) 【日本未発売のスカイラインクーペ試乗!!】インパルがインフィニティQ60を国内販売開始! 日産新型スカイラインクーペにハードトップのコンバーチブルが設定か?予想cgをもとに日本導入の可能性を予想します。日産の高級ブランド・インフィニティから2016年に発表されたスカイライン クーペの新型「スカイライン クーペ(インフィニティq60スポーツクーペ)」。 ?インフィニティQ50オー・ルージュが販売されなかった理由とは?. ・2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力210ps、最大トルク35.7kgm/f) 日産スカイラインがビッグマイナーチェンジを発表。ハンズオフ運転が可能な「プロパイロット2.0」の初採用などトピックスは多くあるが、インフィニティのエンブレムがなくなったことが話題となっている。これにはどのような思惑があるのだろうか。 MOBYでは引き続き新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)についての最新情報をお伝えします。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 伊藤健太郎さんが所有する車は?クラシックカーが好きという噂を調査!ひき逃げ事故についても, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【車のエアコン】暖房とA/Cボタン、クーラーの正しい使い方|風が臭い・ぬるいときは?修理方法は?, ジュニアシートはいつからいつまで必要?使える年齢や選び方・使い方を解説!おすすめ商品も, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 日産新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)最新情報!性能や燃費、価格、発売日は?, 日産新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)のコンバーチブルモデルの予定は?, 国産スポーツカー全車種一覧|おすすめ人気ランキング順にご紹介!中古車情報も【2018年版】. HVか?? Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 北米インフィニティはQ50(日本名:スカイライン)2021年モデルを発表した。また今回新グレードも追加するという。価格は396万円からとなっている。, インフィニティはスポーツセダンQ50の2021年型を発表した。これまでのグレードPURE、LUXE、RED SPORT 400に加えて、今回新たにSENSORYが追加され、4つのグレード体制となった。, また同時にスレートグレーとグランドブルーのふたつの新しいエクステリアカラーが追加された。