使いやすく、処理速度に優れた日本 円から(isoコード: ars)への通貨変換システムです。日本 円アルゼンチン ペソ(arsからjpy、jpyからarsへ通貨換算)しましょ う。 アルゼンチン ペソはアルゼンチンの通貨です。 アルゼンチン ペソのiso通貨コードは「ars」です。 アルゼンチンには「アルゼンチン・ペソ」という自国通貨がありますよね? 中野 アルゼンチンの場合は、外貨建ての国債がデフォルトしたのです。 ARS - アルゼンチンペソ. アルゼンチンの. アルゼンチンには「アルゼンチン・ペソ」という自国通貨がありますよね? 中野 アルゼンチンの場合は、外貨建ての国債がデフォルトしたのです。 これは、通貨ペアのページです、日本円(jpy) は、アルゼンチン・ペソ(ars)に変換。以下は、通貨ペアの現在の為替レートは、1分ごとに、それらの為替レート過去グラフを更新したが表示されます。あなたには、2つの通貨を逆にしますか? 弊社の通貨ランキングによると、最も人気の アルゼンチン ペソ 為替レートは USD から ARS のレートです。 Pesos の通貨コードは ARS、通貨記号は $です。 アルゼンチンペソ の … アルゼンチン・ペソ (peso) は、アルゼンチンの通貨単位。国際通貨コード (ISO 4217) はARS。補助単位のセンターボ(1/100ペソ)も存在するが、インフレの進行で使用する機会がほとんどない為、実質的にはペソ単位へ一本化されている。, 1992年1月のペソ導入時から2001年12月までは、インフレの抑制を期して「1米ドル=1ペソ」のドルペッグ制を採用。自国通貨の発行量を保有外貨の範囲内に抑えながら、ハードカレンシーとの交換性を保証した結果、年率換算で5千%を超えていた悪性インフレは収束した。, 大規模な規制緩和と為替リスクの解消を好感した海外からの資本流入が当初は順調に拡大していたが、ペッグ制への移行で表向きは米ドル圏に含まれるようになったのにも関わらず、アルゼンチン経済がデフレ状態に転ずる1990年代半ばまで米国を上回るペースで物価の上昇が続いた為、その内容は徐々に投機的なものへと変質した。高利回り・高配当を謳って内外の投資家から注目を集めていたペソ建ての金融商品(主にアルゼンチン国債)が急騰するなど、金融市場の加熱も顕著となった。, しかし、1990年代後期に新興各国を一巡した通貨危機の影響でペッグ制からの離脱を断行した隣国ブラジルに比べ、割高となったアルゼンチン製品の輸出競争力が低下、景気は後退局面に入る。, 2001年12月の債務不履行、所謂デフォルトに伴う金融バブルの崩壊が決定打となる形で、ペッグ制の時代は終焉を迎え、2002年1月6日、1ドル=1.4ペソの「公定レート」と「実勢レート」から成る「二重相場制」が暫定的に導入され、1か月後の2月11日からは変動相場制に完全移行した。米ドルとのペッグ制解消後、通貨の正式名称もこれまでの「Peso Convertible de Curso Legal」(兌換ペソ)から「Peso」に変更され、各紙幣に記載されていた兌換性に関する文言が削除された。, 対外的には大幅な切り下げと信用の失墜に見舞われたペソであったが、国内物価の上昇は2002年の40%(年率、以下同)をピークに1年程度で沈静化した為、ペッグ制の導入以降極端に割高となっていたアルゼンチンの物価は経済の実情をほぼ反映した水準まで調整され、同国の輸出競争力も急速に回復した。以後(概ね2007年まで)インフレ率は毎年10%未満の比較的緩やかなペースで推移する。, 世界的にインフレ圧力が強まった2008年頃より、民間の調査機関が「Sensacion de Bolsillo」(「懐感」インフレ率)を元に割り出している指標が25 - 30%と2002年のペッグ制離脱直後の水準に迫る勢いで急加速したのに対し、国家統計局 (INDEC)側の発表では10%前後の低い値が報告され続けるなど、両者間の隔たりが目立つようになる。加えて、ここ数年は当時の左派政権による執拗な妨害行為に屈したいくつかの民間調査機関が自主的に解散、もしくはアルゼンチンからの撤退を余儀なくされており、実勢に基づいた信ぴょう性の高い経済指標の入手は、公的な圧力の及ばぬ、物価問題に敏感な主婦層を中心に組織化が進んだ有志らによる草の根レベルのリサーチ活動を除くと、困難を極めていた。, IMFなど国際機関もこの状況を問題視しており、物価変動にスライドする形での調整が義務付けられている公債の利回りを抑える目的で経済指標の意図的な改ざん(価格が公的に統制されている等級の低い商品を調査対象により多く含める事で、INDECはインフレ率を実際より低く算出)を行っていたアルゼンチン政府(当時)に対し警告を度々発動していたが、調査方法が抜本的に見直される事はなかった。, 2013年2月、アルゼンチン政府は消費者物価の時限凍結(同年4月1日より60日間)を骨子とした緊急経済対策をまとめたが、前政権の有力な支持組織(労働組合)の一つであった「労働総同盟」(CGT) は、通常は労組側と対立関係にある販売者団体・産業界などと共に、政府による価格統制の強化には反対の立場を表明した。, 資本の国外流出に伴う外貨準備の逼迫を理由に、ペソからハードカレンシーへの交換を厳しく制限する管理フロート制が復活(2011年 - 2014年1月26日)したものの、ペソ貨を人為的に買い支える事で対外的な下落を表面上は抑えていたこの政策も徐々に行き詰まり、「メルカード・ネグロ」(非公式な個人間取引)では、自国通貨が公定レート(2014年1月末の時点で1米ドル=8ペソ)を遥かに下回る水準(同、1米ドル=10〜12ペソ)で自由に売買されるなど、経済の二重化が進行した。, カピタニッチ首相とキシリョフ経済相(共に当時)は2014年1月27日より自国民による外貨購入を部分的に緩和する事を発表した(同時に当時7ペソ弱であった対米ドルの公定レートを約20%切り下げ8ペソとした)。しかし、納税者としての公庫への「貢献度」に応じて銀行・私設両替所で購入可能な外貨の額が上下するという極めて特異な内容であり、同国で「ドラル・アスル(青いドル)」と通称されている非公認のレートが解消される事はなかった。, 2014年7月末日、アルゼンチン経済は2001年12月以来2度目のデフォルトに陥り、対外的な信用は更に傷ついた。同年8月以降、ペソの下落傾向は顕著になっており、公定レートが対同年1月末比5%安の1米ドル=8.4ペソであるのに対し、個人間の実勢に基づいた取引では1米ドル=14ペソの大台を突破していた。, 外貨の購入に際し、公定レートが実際に適用される事例は極めて少なく(外為業務を扱っている金融機関に申請しても通常は許可が下りない為)、国民の大半は自国通貨が公定レートの半値 - 6割程度で売買されている闇市場で外貨を調達せざるを得ない状態が続いていた。, 2015年11月の大統領選挙(決選投票)を制し、翌12月に発足した中道右派のマウリシオ・マクリ連立政権は、外為関連の取引制限の解除を発表した。1米ドル=9ペソ台に設定されていた公定レートが無くなり、前政権では非合法扱いとなっていた闇市場での値を基準とする変動レート(2016年1月現在、1米ドル=14ペソ前後)に一本化される。, 現地の言葉・事情に不慣れな外国からの来訪者の場合、余ったペソ貨を出国時に米ドルなどに再交換するのは困難となっている事に加え、米ドルとユーロにほぼ限定はされているものの、外貨がそのまま通用或いは外貨決済のみを受け付ける施設が都市部・観光地には多い為、現地通貨への両替は必要に応じて小刻みに行った方が賢明である。, クレジットカードによっては、物品・サービスの購入だけでなく、ATM(現金自動預払機)でのキャッシングを利用する事も可能ではあるが、前政権期には、引き出しが原則ペソ貨のみ(公定レート換算)となっていた為、現金・トラベラーズチェックを持ち込んでペソに交換した場合に比べ、条件的には著しく不利であった。, 近隣諸国(主にアルゼンチンとの国境地帯)にはアルゼンチン・ペソの売買を扱っている私設両替所が存在するものの、その際(例:ペソのハードカレンシーへの再交換)に適用されるのは実勢レートとなる。また、米ドルやユーロなどに比べ「売り」と「買い」の差額が大きいのも特徴である。, 2018年以降に加速したインフレにより地方などでは現金取引の方が好まれることが多く、クレジットカードやデビットカードを利用できる店舗が少なくなってきている。, 1813年に従来の「レアル・エスパニョル・コロニアル」(スペイン植民地レアル)に替わる初めての独自通貨「レアル・アルヘンティーノ」(R$A) の発行が開始されたものの、1888年11月5日の通貨改革で「ペソ・モネダ・ナショナル」(m$n) が導入されるまでアルゼンチン国内では複数の貨幣単位が併用されていた:, 上記2種類のペソに加え、外国通貨も自由に流通するなど、アルゼンチンの貨幣政策は混乱を極めていたが、1888年の通貨改革(m$nへの一元化及び十進法の完全採用)によってようやく平定化された。新旧両貨の交換は「1m$n(新ペソ)=1$F=25$m/c」の比率で実施。, 若干の改定(金本位制からの一時的な離脱や交換比率の変更など)を繰り返しながらも、価値の安定した通貨である点には変わりがなかったm$nだったが、1929年の世界恐慌で状況が一変(この年を最後に金本位制から完全に離脱)。第二次世界大戦の勃発に伴う特需景気(食料輸出の激増)で莫大な外貨収入を得たのにも関わらず、戦後は政情不安や経済政策の失敗が相次いだため、m$nの価値は更に下落した。以後、インフレの進行による桁数の増加に対処する目的で、過去4回通貨単位の呼称が変更されている(括弧内はデノミ率及び実施直後の対U$Sレート)。, なお、アルゼンチン同様スペイン統治時代の名残で自国の通貨単位を「ペソ」としている国が今でも複数存在する中南米諸国や旧宗主国のスペインでは、他のペソとの混同を避ける目的で「ペソ・アルヘンティーノ」(アルゼンチン・ペソ)の呼称が常用されている(「アウストラル時代」の約5年半を除く)。, 1992年のペソ貨導入時は1・5・10・25・50各センターボの5種であったが、1994年に1ペソ硬貨が追加され計6種となる ( - 2001)。, 不定期に硬貨の改鋳が繰り返された結果、額面・デザインは同一でも材質は発行年毎に異なる場合がある(5・10・25各センターボがこれに該当)。, 1センターボ硬貨(1997年に改鋳)は2001年を以って廃止されている。ペッグ制導入後の物価高で5センターボ未満の所謂「端数」は四捨五入される事が珍しくなかった事に加え、首都圏に比べ総体的に物価が割高な地方都市や郡部では流通自体が皆無となっていた為、その影響はごく限られたものであった。, 法的には5・10・25・50の各センターボと1ペソ・2ペソ (2011 - ) の流通が認められているものの、インフレの進行と電子取引の普及で5ペソ未満の硬貨が用いられる事はなく、仮に1ペソ未満の「端数」が発生したとしても、切り捨てもしくはペソ単位への切り上げで対応するのが一般的である。, 「記念硬貨」の発行は随時行われており、卑金属材質の「Circulated Quality」(同一額面の「通常貨幣」と等価で流通)の他に、「Brillant Incirculated」と呼ばれるコレクター向けに貴金属で特別鋳造された硬貨(1993年に発行された5ペソ金貨など)も存在する。, 1992年のデノミ時に1、2、5、10、20、50、100ペソが発行された(「第1シリーズ」)。サイズは旧アウストラル紙幣と同様、金種に関係なく155mm×65mmで統一。“Peso”(ペソ)の後に、米ドルとのペッグ制に裏打ちされた紙幣である事を意味する文言“Convertible de Curso Legal”が記載されていた為、「ペソ・コンベルティブレ」(兌換ペソ)と呼ばれる事もあった。, 1994年に1ペソ紙幣が、2011年に2ペソ紙幣がそれぞれ硬貨に置き換えられている。, 「兌換ペソ」時代の1997年から1999年にかけて、デザインの一部が手直し(肖像画の人物及び基調色は据え置き)された「第2シリーズ」の紙幣への切り替えが随時実施され、「第1シリーズ」の紙幣は2000年までに流通から除外・回収を終えている。, 米ドルとのペッグ制解消以降(2002年1月 - )、「兌換性」に関する文言が各紙幣から削除されているが、「第2シリーズ」以降に発行された紙幣であれば、文言の有無に関係なく法的にはこれまで通り使用できる事にはなっている。, 2012年9月、肖像画の人物が刷新(急進党出身の故フリオ・アルヘンティーノ・ロカ元大統領→正義党の故エバ・ペロン元大統領夫人)された新しい100ペソ紙幣が流通を開始。新100ペソ紙幣に続き「フォークランド諸島」(アルゼンチン名「マルビナス諸島」)領有権を巡って英国(現在も同諸島を実効支配)と戦火を交えた所謂「フォークランド紛争」(1982)の勃発32周年を記念した新しい図柄の50ペソ紙幣(2014年4月 - )も追加発行されているが、刷新が予定されていた低額紙幣(5・10・20各ペソ)の内、10・20の両ペソ札に関しては、新しい図案は決定していたものの、実際の流通には至らず、5ペソ札のみ「第3シリーズ」への置き換えがなされた。, 2015年には「5月広場の祖母と母たち」(所謂「国家再編成プロセス」時に行方不明となった若者・乳児の消息及び事件の真相究明を求めて結成されたアルゼンチンの人権団体)の活動を記念した100ペソ札が加わるが、こちらは期間と枚数が限定された記念貨幣である。, 主要通貨との交換性が保証されていた時期に比べて、紙質と印刷技法が著しく落ちている事に加え、金種体系の見直し(低額紙幣の硬貨への置き換え及び高額紙幣の追加発行)もほとんど進んでいない為、全体的に紙幣の状態は悪い。, 6割強の流通量を占める100ペソ紙幣が実勢レート換算で10米ドル以下に目減りし、現金決済時に支障をきたしている中、高額紙幣(200ペソと500ペソ)の追加発行を求める議案が当時の野党系会派(現与党第一党の急進党など)から提出されていたが、高インフレの存在そのものを否定していた当時の左派政権がその求めに応じる事はなかった。, 政権交代から約1ヶ月経過した2016年1月15日、アルゼンチン中央銀行は貨幣のデザイン及び金種体系の全面的な見直しに着手する事を発表した:, ①インフレによる貨幣の減価を認め、有名無実化した補助単位センターボ(1/100ペソ)は法的に廃貨(→ペソ単位に一元化)。, ②2016年中に200・500の両ペソ紙幣を新規に発行。政治色の強いデザインが特徴であった「第3シリーズ」とは一線を画し「第4シリーズ」の紙幣では、表面にアルゼンチン各地の動物(グアナコ・コンドル他)、裏面にそれらの動物が生息する地域の風景をそれぞれ配置。, ③2017年より「第4シリーズ」の趣旨に沿った新しいデザインの20・50・100各ペソ紙幣及び1000ペソ紙幣を発行。前の3金種に関しては古い紙幣との間に一定の併用期間を設置。, ④2017年より1・2・5・10の各ペソ硬貨を新たに発行(裏表の図案と材質は未定)。こちらも旧貨との併用後、置き換え。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アルゼンチン・ペソ&oldid=79324164, ジュラルミン('92 - '93及び'09 - )→白銅('93 - '94及び'96), フアン・マヌエル・デ・ロサス (1793 - 1877):ブエノス・アイレス出身の「, ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエント(1811 - 1888):サン・フアン州出身の教育者・作家(第7代アルゼンチン大統領), アルゼンチンが現在も領有を主張しているフォークランド諸島と紛争時に同国の海兵隊が約3週間占拠した, 「アントニオ・リベロ」(1833年の抗英蜂起を指揮した「ガウチョ」)と「ダーウィン墓地」(1982年に戦没したアルゼンチン兵が埋葬されている東フォークランド島の共同墓地)、「戦艦ベルグラーノ号」, フリオ・アルヘンティーノ・ロカ (1843 - 1914):トゥクマン州出身の軍人政治家(第9代・第14代アルゼンチン大統領), 「ペソ・モネダ・コリエンテ」($m/c):「ペソ・パペル」(紙ペソ)とも呼ばれていた非本位貨幣 (1826 - 1888)。発行が開始された1826年当時は$Fと等価であったが、その後の切り下げで大幅に減価。1867年から1876年までの期間に限り「1$F=25$m/c」の比率で金への交換が認められていた。, 1970年1月1日  「ペソ・モネダ・ナシオナル」→「ペソ・レイ ($)」(100分の1 U$S1=$3.5), 1983年6月1日  「ペソ・レイ」→「ペソ・アルヘンティーノ ($a)」(10,000分の1 U$S1=$a11.5), 1992年1月1日  「アウストラル」→「ペソ ($)」(10,000分の1 U$Sと等価). 通貨単位はアルゼンチン・ペソArgentina Peso。略号は$。補助通貨はセンターボCentavo。記号は¢。 1ペソ=100センターボ。変動相場制で、2020年1月27日現在、US$1=$60=109円。 紙幣は$1000、$500、$100、$50、$20、$10、$5。硬貨は$10、$5、$2、$1、50¢、25¢。 【クレジットカード】アルゼンチンのクレジットカード普及率は南米の国々の中でも特に高い。ホテル、レストラン、デパート、現地ツアーの支払いは、ほとんどクレジットカードが通用する。 クレジットカードを利用し、AT… アルゼンチン・ペソ (peso) は、アルゼンチンの通貨単位。国際通貨コード (ISO 4217) はARS。補助単位のセンターボ(1/100ペソ)も存在するが、インフレの進行で使用する機会がほとんどない為、実質的にはペソ単位へ一本化されている。 外プリペイドカード, 運営会社と個人情報取扱について. 換算先の通貨 換算の結果 詳細 1 ars: jpy: 1.3079 jpy: 1 アルゼンチン ペソ = 1.3079 日本 円 (2020/11/06 時点) 100 ars: jpy: 130.79 jpy: 100 アルゼンチン ペソ = 130.79 日本 円 (2020/11/06 時点) … 通貨単位はアルゼンチン・ペソArgentina Peso。略号は$。補助通貨はセンターボCentavo。記号は¢。 旅行商品 格安航空券検索 アルゼンチンのツアー情報 現地ツアー 現地おすすめホテル 海外旅行保険 レンタルWi-Fi料金比較 通貨と為替レート. 1971年生まれ。元・京都大学工学研究科大学院准教授。専門は政治経済思想。96年に東京大学教養学部(国際関係論)を卒業、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。05年に博士号を取得。2003年、論文‘Theorising Economic Nationalism’ (Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞)、『TPP亡国論』(集英社新書)、『国力論』(以文社)、『富国と強兵』(東洋経済新報社)、『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』(KKベストセラーズ)など。, 「財政健全化しなければ財政破綻する」という常識に真っ向から反論するMMT(現代貨幣理論)が話題だ。「日本政府はもっと財政赤字を拡大すべき」という過激とも見える主張だけに賛否両論が渦巻いている。常識とMMTのどちらが正しいのか? 「経済学オンチ」の書籍編集者が、日本におけるMMTの第一人者である中野剛志氏に、素朴な疑問をぶつけまくってみた。, ――もしも、現実の経済政策に影響を与えている主流派経済学が大きな間違いを犯しているとしたら、一大事です。しかし、「主流派経済学の理論が基盤から崩れ去る」と聞くと、やはり「まさか」という気がします。そこで、改めてMMTについてご説明いただけませんか? そして、私の素朴な疑問にお応えいただきたいのです。, 中野 わかりました。誤解を恐れずに、MMTを最も手短に説明するとこうなります。日英米のように自国通貨を発行できる政府(中央政府+中央銀行)の自国通貨建ての国債はデフォルトしないので、変動相場制のもとでは、政府はいくらでも好きなだけ財政支出をすることができる。財源の心配をする必要はない、と。, 経済学の世界では、よく「フリーランチはない」と言われますが、国家財政に関しては「フリーランチはある」んです。自国通貨発行権をもつ政府は、レストランに入っていくらでもランチを注文することができる。カネの心配は無用。ただし、レストランの供給能力を超えて注文することはできませんけどね。, ――いきなり、強烈な違和感が……。「政府はデフォルトしないから、いくらでも好きなだけ財政支出できる」と聞くと、やはり抵抗を感じます。政府やマスコミはずっと「これ以上財政赤字を増やしたら、財政破綻する」と言い続けていますし、多くの国民もそう思っているはずです。, 中野 まぁ、そうですね。それが社会通念でしょう。でも、「日本政府はデフォルトしないから、いくらでも財政支出できる」というのは、MMTを批判する人々も同意している、あるいは同意できる、単なる「事実」を述べているにすぎないんです。, ――単なる事実? しかし、「GDPに占める政府債務残高」は240%に近づいており、主要先進国と比較しても最悪の財政状況です(図1)。これも厳然たる事実ですよね?, 中野 ああ、これはよく見るグラフですね。たしかに、「GDPに占める債務残高」は深刻な財政危機に陥っているギリシャやイタリアよりずっと悪くて、日本はダントツの最下位です。, だけど、それっておかしな話だと思いませんか? むしろ、このグラフを見たら、こう考えるべきなんです。なぜ、ダントツで最下位の日本ではなく、ギリシャやイタリアが財政危機に陥ってるのか、と。日本とギリシャが同じならば、日本の財政は2006年くらいの時点でとっくに破綻してなければおかしいじゃないですか?, 中野 簡単な話で、ギリシャとイタリアはユーロ加盟国で、自国通貨が発行できないからです。かつて、ギリシャは「ドラクマ」、イタリアは「リラ」という自国通貨をもっていましたが、両国は自国通貨を放棄して共通通貨ユーロを採用しました。そして、ユーロを発行する能力をもつのは欧州中央銀行だけであって、各国政府はユーロを発行することはできません。, だから、ユーロ建ての債務を返済するためには、財政黒字によってユーロを確保するほかなく、それができなければ財政危機に陥ります。自国通貨発行権をもつ日本とは、まったく状況が異なるのです。, ――では、2001年に財政破綻したアルゼンチンは? アルゼンチンには「アルゼンチン・ペソ」という自国通貨がありますよね?, 中野 アルゼンチンの場合は、外貨建ての国債がデフォルトしたのです。外貨建て国債の場合には、その外貨の保有額が足りなければデフォルトします。, しかし、日本は、ほぼすべての国債が自国通貨建てですから、自国通貨を発行して返済にあてればいい。なんらかの理由で、「返済しない!」と政治的な意思決定をしない限り、デフォルトすることはあり得ない。実際、歴史上、返済の意志のある国の自国通貨建ての国債がデフォルトした事例は皆無です。, 中野 ええ。これは財務省も認めていることで、2002年に外国の格付け会社が日本国債の格付けを下げたときに、財務省は「日・米など先進国の自国建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。」という反論の意見書を出しました。いまも、財務省のホームページに載っています。つまり、MMT批判者も、「自国通貨を発行できる政府の自国通貨建ての国債はデフォルトしない」という「事実」は受け入れているはずなんです。, 世の中でなんとなく信じられている“経済常識”が180度変わる!「なぜ、生活が苦しいのか?」「なぜ、将来が不安なのか?」「なぜ、日本経済は元気がないのか?」。すべての「答え」がはっきりわかる。「コロナ恐慌」を防ぐために、今こそ読まれるべき、MMTの最良の教科書。(ベストセラーズ刊), 発達障害の僕が発見した「全身ユニクロでも感じがいい人」と「服で損している人」の決定的な差, 9割の人が知らない「辛くても努力できる人」と「途中でやめてしまう人」を分ける決定的な差. ‚é‚à‚Ì‚Å‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñB, “–ŽÐ‚É‚¨‚¢‚Ĕ̔„‚¢‚½‚µ‚Ü‚µ‚½ŠO‘ÂŒ”‚̉¿Šiî•ñ‚̏󋵓™‚ɂ‚«‚Ü‚µ‚ẮA“–ŽÐ‚É‚¨–â‚¢‡‚킹‚­‚¾‚³‚¢B. 換算先の通貨 換算の結果 詳細 1 ars: jpy: 1.3079 jpy: 1 アルゼンチン ペソ = 1.3079 日本 円 (2020/11/06 時点) 100 ars: jpy: 130.79 jpy: 100 アルゼンチン ペソ = 130.79 日本 円 (2020/11/06 時点) 10,000 ars: jpy: 13,078.93 jpy アルゼンチン通貨ペソ、実勢レートが急落 公定の半分に 2020/10/9 1:39 (2020/10/9 2:58更新) 情報元 日本経済新聞 電子版 アルゼンチン中央銀行のデータより弊社作成 投資にあたっての留意点 本サイトは各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。