アメリカン/クルーザーバイクの醍醐味は、その独特の見た目と力強さ、大きさ。さらに、シート高が低めな車体が多く誰でも足が地面につくため乗りやすく、バイクの楽しみを味わえます。, 今ではすっかり見なくなってしまった250ccのアメリカンスタイル。しかし、中古車市場では未だに大人気。数多くの250㏄アメリカンバイクが販売されています。, 250ccのバイクは車検が無く、バイク本体もそこまで重くないので、初めての1台として最適でしょう。, 今回は、中古で販売されているものを中心に、250ccのアメリカンバイクを紹介していきます。, 他メーカーがハーレーダビッドソンのようなアメリカンバイクの見た目を採用していた中、ドラッグレーサースタイルという見た目であることで有名です。, アメリカンバイクはスピードが出ないバイクが多いですが、このバイクはひと味違います。なんと、スーパースポーツタイプであるGPX250Rと同じエンジンを搭載。250ccでアメリカンバイクの見た目ながら、圧倒的な加速・速度性能を発揮します。おそらく250ccアメリカンの中では、現行のバイクを含めても最速を誇るでしょう。, エンジンの冷却方式も、オールドスタイルな空冷ではなく現代的な水冷方式を採用。ラジエーターが垢抜けた雰囲気を醸し出しています。, そんな250ccアメリカンとして唯一無二の存在感を放っていたエリミネーター250SEでしたが、惜しまれながらも生産終了。生産終了から10年以上経っていますが、圧倒的な速度性能とドラッグレーサースタイルが特徴的なこともあり、近年は中古価格が上がっています。, ドラッグレーサースタイルのバイクを探している方、ワイルドな見た目と走行性能を求めている方におすすめ。, まこ☺︎レブル250(@girlsrider98)がシェアした投稿 – 2020年 7月月29日午後5時52分PDT, ホンダは長い間、シャドウというアメリカンタイプが有名でしたが、2017年から販売しているアメリカンの名はなんと「レブル」。20年以上前のアメリカンタイプにも採用していた名前であるため、昔からバイクに乗っている方にとってはノスタルジーを感じるかもしれません。, エンジンは扱いやすい単気筒エンジンを採用。ホンダらしい素直な乗り味となっています。, tomo☆さん(@kuroneko.tomo)がシェアした投稿 – 2019年 4月月17日午後10時52分PDT, ドラッグスターシリーズは、ヤマハのアメリカンタイプ。そのドラッグスターシリーズで最もコンパクトなのが、このドラッグスター250です。, 頑丈さで有名だったビラーゴ250というバイクのエンジンを流用しているため、その耐久性は折り紙付き。アメリカンらしい空冷Vツインタイプであり、バイクのサイズも大きいため、ワイルドな見た目になっています。, そんなドラッグスター250ですが、2017年に惜しまれながらも生産終了となってしまいました。, しかし長い間250ccのアメリカンバイクとして絶大な人気を誇っていたため、カスタムパーツは豊富。自分のお気に入りの見た目にカスタマイズできます。, 定番のアメリカンタイプを探している方、Vツインのアメリカンに乗りたい方におすすめ。, Kowichiさん(@kowichi_)がシェアした投稿 – 2018年10月月20日午前1時19分PDT, 1位で紹介したエリミネーター250は直列2気筒エンジンを搭載していましたが、こちらはアメリカンらしいVツインエンジンを搭載しています。しかし、アメリカンらしからぬ加速は健在。エリミネーター250に引けをとらないスピードを秘めています。, アメリカンといえばVツイン!だけどスピードを求めている方、オールドな見た目とスーパースポーツ並みのスピードを求める方におすすめ。, Ainsley さん(@heilyss89)がシェアした投稿 – 2019年 4月月6日午前1時27分PDT, 見た目の派手さや特徴的な音から、昔から様々な映画やドラマ・アニメ等で取り上げられることが多いアメリカンバイク。, 日本では1990年代から2000年代初頭にかけて一大ブームが生まれ、ビラーゴやスティード、マグナ等の様々なアメリカンバイクが生まれました。ブーム終息後でもシャドウやドラッグスターといったアメリカンバイクが脈々と受け継がれていましたが、そのシャドウとドラッグスターも近年は生産終了。アメリカンバイク好き、特に中型免許の方々には物足りない新車ラインナップとなってしまっています。, しかし、中古市場では過去の名車も豊富。きちんとメンテナンスされているバイクを選べば全く問題なく乗れますし、現行の新車にはない一味も二味も違ったバイクに乗ることができます。特に250ccを代表とした中型免許クラスは最も売れる排気量でもあるので、各社が様々な特色を持ったバイクを販売していました。, 他人とは違ったバイクを求めている方には、アメリカンバイクの中古市場は狙い目かもしれません。, BIME MAGAZINE編集者。過去、ヨーロッパメーカーや国内メーカーのバイクを開発。経験に裏付けられた確かな知識を分かりやすく伝える事を心がけている。身体の左側だけ腰痛や肩こりがあるのが悩み。, https://bikemagazine.jp/wp-content/uploads/2019/08/logo_dark.png, 【ワークマン】バイク乗りにおすすめの2020秋冬新作大公開!【大人気のあのイージスも】, 【レビュー】OGK kabuto システムヘルメット RYUKI レビュー【2020新作】. アメリカンバイク人気おすすめ一覧 250ccアメリカンバイク. HONDA レブル250. あわせて読みたい. MONOKATU "モノ"を大切にする活動【物活(モノカツ)】をテーマに、長く愛用できる物を紹介しています。, そんな250ccで、オススメのアメリカンバイクをわかりやすく、メーカー事にまとめました, 1994年に伝統のVTシリーズのエンジンを搭載し発売された「V-TWIN MAGUNA」, 水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒エンジン搭載し 馬力は27ps/10.000rpm, VTシリーズエンジンは壊れない事で有名。 なので、上質な中古も存在しまだまだ楽しめるバイクです ホイールベースが長く400ccと勘違いされる事もあるほど大柄なボディに, 乗りやすく乗車時のポジションからの視界が 広く回さずにゆったりと走る事の楽しさを教えてくれるバイクだ, また、タンク容量11L入り平均的な燃費が20以上走る事からロングツーリングにもオススメです, そして、足付きがよく二人乗りがしやすい! しかし、男性二人ではスペックの問題もあり厳しいかもしれません・・・。, 残念なことはアフターパーツがほとんどないので、カスタムしたい人は 独自の知恵を活かすか、ワンオフパーツになってしまいます, 乗ってる人も少ないので中古相場も安く買うことが出来る っと言う事は個性を出せるバイクですよね. 1985年から1999年と長く親しまれた「レブル250」 空冷4ストロークSOHC2気筒エンジン 馬力は21ps/9500rpm. 今回はアメリカンバイクの種類とスタイルによる特徴、そして排気量別のおすすめバイクを紹介します!, そもそもは、広大なアメリカの大地を如何に負担なく移動するか、という用途から生まれたバイクなので、ドッシリとした安定感とソファに座っているかの様な独自のポジションを持っています。, その為、ロングツーリングやタンデム走行は大得意ですが、ネイキッドの様なスポーティーな走行はちょっと苦手です。, また、アメリカンバイクと言えばエンジンも特徴的で、ネイキッドのスタンダードが4気筒エンジンなのに対して、アメリカンでは実用域のトルクが豊かな「Vツインエンジン」を搭載しています。, これらがベーシックなアメリカンバイクの概要ですが、そのスタイルは時代と共に変化して行きました。, 名前の通り古き良きクラシカルなデザインが特徴的なクラシックタイプ。 アメリカンと聞いてまず思い浮かべるのはこのタイプではないでしょうか?, タイヤを包み込む様なディープフェンダー、幅広のワイドハンドル、ソファの様なシート(またはスプリングシート)そしてリジットフレームを再現した古風なフォルムが特徴です。, それを再現したクラシックタイプでは、通常剥き出しとなっているリアサスペンションを、敢えてシート下などに設置して外から見えない様にしています。, 代表的な車種にヤマハのドラッグスターや、ハーレーダビットソンのソフテイルファミリーなどがあります。, 長く伸びたフォークに背の高いハンドルが特徴のチョッパータイプは、余計なパーツを「chop(ぶった切る)」して行くスタイルです。, 名作映画「イージーライダー」でも有名なこのスタイルは、そもそもカスタムカルチャーをルーツとし、上記のクラシックタイプを「高速化」する為に誕生しました。, ディープフェンダーをぶった切り、分厚いシートを薄くして、燃料タンクも小さくする。更にフロントフォークを長くする事で、コーナリングを犠牲に直進安定性を確保。, こうして重厚なアメリカンバイクを軽量化する事で相対的に速さを得る、というカスタムでしたが、現在ではその独自のスタイルが象徴化され「フリスコ」や「ディガー」と言った派生カスタムも存在しています。, 代表的な車種にホンダ ジャズ、ハーレーダビットソンのXL1200V セブンティーツーなどがあります。, 一直線のコースを如何に速く走るかを競う「ドラッグレース」の競技車両を意識したスタイルがドラッガーです。, ドラッグバーと呼ばれる真一文字のハンドルに、急加速に耐える為のコンパクトな乗車姿勢を作り出すミッドコントロールのステップなど、ネイキッドとアメリカンの混血の様な一味違ったスタイルです。, また、エンジンもV型二気筒に限らず、車種によってはV型4気筒や並列4気筒を搭載しています。, 従来のアメリカンからかけ離れたこの様なスタイルは、アメリカンと言っていいのか微妙なポジションにあり、事実ライダーによってこの認識は様々です。, 代表的な車種にヤマハ V-MAX、ハーレーダビットソン V-RODファミリーなどがあります。, 「近未来」と言ってもその定義は曖昧で、クラシックを基準とした未来=現代的な外観を備えているクルーザーと言った印象。, 特徴としては異形のヘッドライトに流曲線を描くストレッチパイプマフラー、スポーティーなキャストホイール、そして各所にメッキ加工を施し全体的にラグジュアリーに仕上げたスタイルが特徴的です。, ボバースタイルは1940年代当時、アメリカで流行していた「ダートトラックレース」の競技車両を真似、無駄な物を省いて行くカスタムがルーツとなっています。, 特徴は低く構えたバーハンドルに短く加工されたフェンダー、そしてリジットまたはリジット風フレームです。, 「無駄な物を省く」というチョッパーと同じ方向性のため両者の区別は難しいのですが、ボバーの場合はフロントフォークの延長やフレーム自体の加工は行われず、あくまでマシンの基本構成はオリジナルを維持する傾向にあります。, 代表的な車種にインディアンのスカウト・ボバーや、ハーレーダビットソンのソフテイルスリムなどがあります。, ロー&ロングなフォルムとスポーティーなエンジン性能で、長きに渡り支持されて来たクオーターアメリカン。, 搭載するエンジンはロングセラー250ccネイキッド「VTR」の熟成された水冷90度Vツインで、実質的に100km/h以上の速度域を切り捨て、常用回転域のトルク特性を重視したセッティングに。 これにより街乗りでは排気量を感じさせない力強さを見せ、ハンドリングもアメリカンとは思えないクイックさを誇る。, 因みに原付MT車である「マグナ50」の方がネームバリューがある為、マグナ250とも呼ばれている。, 「反逆」の名を冠し、レーサーレプリカ全盛期に登場した初の国産本格アメリカン「レブル」を受け継ぐ最新クルーザー。, 全体的にスリムな印象を受けるマシンだが、跳ね上がったタンクとロングなボディ、そしてワイド&ファットなタイヤが堂々たる迫力を醸し出す。更に乗車した際のライダーとのバランスが絶妙で、見る者に250ccとは思えない大きな印象を与える。, 地を這う様なロー&ロングのスタイルに各所にメッキ加工を施した堂々たる仕様。その本格的なスタイルから非常に重厚なイメージをライダーに与えるが、低い重心と足付きの良さで意外にも軽やかな取り回しが出来る。, エンジンは常用域でのトルク豊かな空冷60度Vツインを搭載。カスタムパーツが豊富なので、車検の必要がない強みを活かして様々なスタイルに派生が可能。, 本格的な国産アメリカンバイクを追い求め、1988年に登場したビラーゴは上記ドラッグスターのご先祖にあたるマシン。, スリムな車体と軽快なエンジン性能、そして当時では珍しかった「アメリカン」の概要を網羅したスタイルは、男女問わず人気を博し2000年にはドラッグスターにモデルチェンジしたのです。, 燃費が良いのも有名で、カタログ燃費はなんと驚異の56km/L。中古相場も安く(10万円あれば買える事も)コスパ最強のアメリカンとなっています。, 水冷52度Vツインを大型アメリカンであるシャドウ750と共通のボディに搭載し、400ccながら堂々たる車格を実現。, 外装はディープフェンダーやカバードフォークなどを採用し、象徴的でクラシカルなムードを演出。更にステップボードにはシーソー式チェンジペダルを採用して、ツーリングでの快適性を高めている。, シャドウの派生車種として登場したシャドウスラッシャーは、クラシカルな外装を脱ぎ捨てチョッパースタイルへと変貌。, エンジン、フレームなどの基本構成は変わらないが、フロントタイヤは迫力のある19インチに変更され、フェンダーはリア・フロント共にスッキリとスラッシュされている。, これらの変更に伴い車両重量は231kgから214kgへと驚異的な軽量化に成功し、よりストリートでのライディングに適したマシンに仕上がっている。, 地を這う様なロー&ロングのスタイルに各所に光るメッキパーツ、リアサスペンションはシート下に内蔵してリジットフレームを再現する徹底ぶり。, エンジンは空冷70度のVツインを搭載し、軽快な吹け上がりと意外にも鋭い加速を見せつける。更にアメリカンの概念を覆すロードスポーツ並みのハンドリングは街乗りもストレスなく楽しめる。, 主な変更点はワイド&ファットな16インチのフロントタイヤ、重厚感を演出するフォークカバー、前後のフェンダーはディープタイプに変更されシートも肉厚になっている。, 機能面ではフットボードとシーソー式チェンジペダルが追加されてクルージング性能が向上。基本構成は共通だがその印象はガラリと変わった。, 最大の特徴はクラスを超えた大きな車格。兄貴分であるイントルーダー800とフレームが共通のため、400ccアメリカンでは最大ボディを誇っている。, その為、前後フェンダーは軽量化を狙い金属ではなくFPRを採用。エンジンは水冷45度のVツイン、駆動方式はメンテが楽なシャフトドライブとなっている。, 一風変わったスタイルで国産アメリカンの中でもコアな人気を誇るカワサキ製アメリカン。, 最大の特徴はやはりそのデザインで、タイヤの半分を覆ってしまう様なエスカルゴフェンダーに巨大なバディシート。極太のスラッシュカットマフラーなど、インパクト抜群のアメリカンとなっている。, マイナーであるが故にカスタムパーツの少なさが難点ではあるが、ノーマルでも中々他人と被る事も無いので所有感は充分。, 1800ccの水平対向6気筒エンジンをレトロフューチャーなフォルムで包んだスーパーカスタムクルーザー。, タイヤの約半分を包み込む超ディープフェンダーに異形のデュアルバルブヘッドライト、メカニカルなフロントフェンダーなど、他に類を見ない強烈な個性とエレガントな雰囲気を纏っている。, これまでヤマハのアメリカンと言えばドラッグスターが人気・実力共にトップだったが、ボルトは2014年に販売台数トップを飾ったスポーツクルーザー。, 人気の秘訣はやはりボバースタイルを再現した軽快なデザインとスポーツ性能。心臓部には941ccの空冷60度Vツインを搭載し、心地よいパルス感とスムーズな吹け上がりでツーリングからちょっとスポーティーな走りまで様々なシーンで楽しめる。, 超重量・超加速・超パワー持って登場したV-MAXは、ただ一点直進加速のみに特化した「ストリートドラッガー」と言う新たなジャンルを切り拓いたマシン。, 搭載するエンジンは1198ccの水冷V型4気筒 加えてこれに高回転域で発動する「Vブーストシステム」を採用し、身体が時間に追い付いていない様な強烈な加速感でライダーを虜にした。, 個性的なスタイリングが目を引くブルバードだが、その構成も強烈。エンジンは当時地上最大となる112mmのボアを持つ1783cc水冷Vツイン、足回りはクルーザー初のラジアルマウントキャリパー、リアタイヤはスズキ車史上最大の240サイズリアを装備。驚きのキャラの濃さとなっている。, ロー&ロングの流麗なボディに649ccの水冷並列2気筒を搭載し、クルーザー然としたスタイリングながら深いバンクも余裕でこなす驚きのスポーツ性能を持っている。更に位置を変更できるレバーやフットペグを調節する事で様々な体格のライダーにフィット。懐の深さも高ポイントだ。, 1977年に登場したローライダーは、ビッグツイン×スポーツと言う、当時まだ馴染みのなかった組み合わせを定着させ、クルーザーの新たなスタンダードを築き上げた名車種。, エンジンは1745ccの最新エンジンを搭載し、爆発的人気を博した歴史あるデザインを最新装備で楽しめる。, なお、2019年にはダイナファミリーがソフテイルに統合された事でソフテイルフレームを採用。賛否両論ありそうな変貌を遂げた。, かつてハーレーと人気を二分したアメリカ初のモーターサイクルメーカー「インディアン」の新スタンダードとなるモデル。, 「スカウト」というネーミングはおよそ100年前にインディアンが開発したマシンの名だが、新生インディアンでは現代的なスポーツクルーザーにその名が与えられた。, エンジンは高回転型の水冷Vツインを鋳造アルミフレームにソリッドマウント。 カウンターバランサーや6速ミッションを採用する事で、見た目にそぐわぬスポーティーな走りを楽しめる。, かつて人気を博したトライアンフ スピードマスターがボンネビルの名を冠してカムバック。, クラシカルな50年代ブリティッシュデザインだがビーチバーやフォワードステップなど、その構成はクルーザーそのもの。エンジンは1200ccの並列2気筒を搭載する事でコンパクトなボディを実現した。, ベースマシンは登場以来、人気を博しているボンネビルボバー。基本構成は同じだが、ボバーはスッキリとしたデザインとソロシートが特徴的。, バイクを乗り換える際に頭を悩ませるのが「今の愛車をどこに売るべきか…」という問題。 バイクブロスでは最大8社から無料で査定額を比較することができ、一番高い会社と安い会社で査定額に20万円もの差が付く事も! 申込も1分で簡単に愛車の最高額が分かります。 バイクブロス愛車無料一括査定, https://www.bikemanv2.com/wp-content/uploads/2020/06/img_9750_original-min.jpg. クールでトラッドなアメリカンバイクを乗りこなすのに、やはり気になるのは体全体の着こなし。アメリカンバイクにマッチしたかっこいいヘルメットでアクセントをつけたいところ。ヘルメットをお探しの人達へ、アメリカンバイクにぴったりのsg規格などのヘルメットを紹介! 小さいと言うことは軽くて取り回しもしやすいアメリカンなのです しかし、中古車市場では未だに大人気。 数多くの250㏄アメリカンバイクが販売されています。 250ccのバイクは車検が無く、バイク本体もそこまで重くないので、初めての1台として最適でしょう。 126~250ccのアメリカンのバイク一覧。新車・中古バイク情報のことなら【バイク、まるごと。グーバイク(GooBike)】!日本最大のバイク掲載台数を誇るバイク情報サイト!全国の新車・中古バイクが様々な条件で検索可能です。グーバイクならあなたにピッタリな1台が見つかります。 小柄なスタイルもあり身長が150㎝な方でも運転出来るバイク. 100年以上の歴史を持つアメリカのバイクメーカー インディアン や ハーレー・ダビッドソン をオリジナルとする低くて長い車体、ゆったりとした乗車姿勢と高いハンドルが特徴的なバイク。 スポーツバイクと二分する人気のジャンルとなっている。 どれだけカスタムしようと車検がない事やお財布にも優しいのですごく助かる250cc今回は、国産250ccバイクでカフェレーサー向いてるバイクをまとめましたカフェレーサー250ccおすすめベース車体HONDA GB250 CLUBMAN(クラブマン) 出典:「HONDA」クラブマンは見た目... アメリカンというジャンルが、しっかりと熟成しきっていない 和メリカンとも呼べるビラーゴ250はロー&ロングのク…, "モノ"を大切にする活動【物活(モノカツ)】をテーマに、長く愛用できる物を紹介しています。, アドレス110を買って後悔した件 評価・レビュー【2BJ-CE47A/2019年式】【コスパ最強】, 【REDWING】10年選手ベックマン経年変化(エイジング)レビュー【ブラックチェリー】【9011】. 1998年に発売され海外では2012年まで生産されていたロングセラーモデルのマローダー250。 国内ではあまり人気がでず、2000年に入ると生産が終了してしまったレアなアメリカンバイクです。 スズキのアメリカンシリーズのエントリーモデル的立ち位置で、乾燥重量137kg・全長2,160mm×全幅815mm×全 … アメリカンバイク250ccのおすすめ7選! HONDA Vツインマグナ. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 空冷4サイクルOHC2バルブV型2気筒エンジンを搭載し 最大出力は23ps/8000rpm, V型エンジンながらキャブは1個で加速ポンプが付いています なので、鋭い加速ができる特徴をもっているんです。, 特にコールドスタート時にはグリップを2~3回ひねってもらってから チョークを引いてエンジンをかければ、かかりやすいので, 走行時には、シートが分厚く振動を軽減してくれて、 体の負担が少ないので、まったりと走ればロングランも可能ですよ, もしドラッグスターの中古車を買う際に気を付けてもらいたいのが マフラーの歪みや、各所のサビです。, 特にマフラーの付け根がさびてボルトが取れづらくなったりと不便を被る場合があるので、注意してくださいね, そして、残念なことに2017年、今年に生産終了が確定してます 新車も在庫限りとなるので、長く楽しみたい人は早めに買いましょう, 車体バランスも良く小回りが出来て運転がしやすい 軽量な車体から中低速トルクでグイグイと走っていく, 海外仕様は2012年までラインナップされていたので パーツも問題なく手に入るはずなので, 流用ではなく、イントルーダー専用に設計されたエンジン 加速感も良く、それでいて燃費もいい, メッキパーツが多くあるので、磨きには念を入れてやらないと、くすんできたり錆が湧いたりするので注意が必用です, カスタムパーツは少ないです。なのでこのスタイルが気に入った方には是非ともお勧めしたい, 1987年にアメリカンタイプながらドラッグマシンとして発売された「エリミネーター250」, エンジンはGPZ250Rから流用された 水冷4サイクルDOHC4バルブ2気筒エンジン, 1997年ドラックレーサーのイメージを引き継いでV型エンジンに変わった「エリミネーター250V」, 水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒エンジン 38ps(A2型) 35ps/12500 rpm(A2A型), 唯一アフターパーツが、かなり少ない事が辛いかもしれない 独自で加工をして取り付けるか、ワンオフパーツを作るしかありません, そして、250ccクラスの車検の無さも含めて乗りやすいはずですので、是非ともオススメします, 梅雨時ならバイクに乗る前にグローブを変えればいいけど出先の急な雨だとレザー製品は困ってしまいがち そんな時でも万能に使いこなせる素材のレザーグローブが[…], どれだけカスタムしようと車検がない事や お財布にも優しいのですごく助かる250cc 今回は、国産250ccバイクでカフェレーサー向いてるバイクをまとめ[…], 国産250ccカテゴリで販売車種が、一番に多く選びきるのが難しいホンダの250ccバイク そんなホンダの250ccを最新バイクと一緒に過去のバイクまで[…].