ソ連軍装備一式(軍服からヘルメット、帽子等)が販売してあるウェブサイトはありませんか? ソ連軍と言っても革命当時から冷戦終結のソビエト崩壊まで70年近く存在し、制服や野戦服も時代により変遷 … ソ連軍の通称アフガンカになります。アフガニスタン紛争戦装備には欠かせない1品ですね。1980年代初頭に開発されて登場した防暑被服ですが、それまでのソ連軍服とは毛色の違うこのアフガンカは、何を隠そう!同じくアメリカ軍のBDU(Battle Dress Uniform)をほぼコピーしたものだとのことです。使い勝手はかなり良く、現場の将兵から高い支持を受けたことから、このデザインをそのままで、ブタン迷彩服等が生み出されていくことになりました。当然のことながら市場価値も高く、最近では品薄状態になっているのが悲しいところです。これはブラウン色系のアフガンカですが、初期はサンド色系カーキが中心でした。アフガンカキャップです。作業用帽子とのことですが、戦闘の際、この帽子の上からヘルメットを被り、戦闘をしている写真を複数見たことがあります。帽全面中央に付いているのは野戦用将校帽章です。1988年製です。このころになるとアフガニスタン以外でも使用されていたとのことです。右そでは包帯入れと規定で決まっているそうです。1988年に発行をされたソ連軍の軍装本を見ると、将校に限り70年代までに着用されていたM69野戦服に代わって、このアフガンカのみが将校野戦服として紹介されています。兵下士官は継続してM69野戦服も掲載されているのですが・・・。アフガニスタン以外では、将校がアフガンカで、兵下士官がM69野戦服という被服構成になっていたのでしょうかねwこのアフガンカキャップも59㎝もの日本人の平均頭囲向けの物はあまり出回りません。. ソ連地上軍(ソれんちじょうぐん、ロシア語: Советская Армия )は、1946年から1992年にかけてソビエト連邦軍の主力である陸軍につけられた名称。 以前は「赤軍」として知られていた。 ソ連陸軍(ソれんりくぐん)とも呼ばれる。 ソ連軍の通称アフガンカになります。アフガニスタン紛争戦装備には欠かせない1品ですね。 1980年代初頭に開発されて登場した防暑被服ですが、それまでのソ連軍服とは毛色の違う このアフガンカは、何 … ソ連のアフガニスタン侵攻時の装備を教えて下さい。以下の通りです。・ssh68 ヘルメット ・6B2 ボディアーマー ・56式 チェストリグ ・夏季アフガンカ ・兵用ジャックブーツ ・ソ連軍ベルト ・コットン4室ポーチ、熱地用水筒・RD-54 空挺