【5月12日 AFP】アフガニスタン東部のガズニ(Ghazni)州で11日、地雷が爆発し、子ども7人が死亡、2人が負傷した。 アフガニスタンのグリーン・ティー; 2013年. アフガニスタンで20年の活動歴がある中村哲医師のペシャワル会が井戸掘りを活動の一つの柱に据えていることも理解できる。 旧ソ連が侵攻してくるまでは、経済の中心は農業と牧畜業で主要産品は小麦ととうもろこし、果実、羊毛、羊皮革などで遊牧民が約200万人いた。 人口10万人あたりの交通事故死者... 2015å¹´7月30日 OECD発表の統計を追加。, 本サイト内の画像、記事などの無断転載を禁じます。本サイトへのリンクは原則自由です。, 本サイト内では正確なデータ・記述の記載に努めておりますが、誤りを含まないことを保証するものではありません。, 本サイトの情報により生じた如何なる損害についても、当方は責任を負いかねます。. まずはアフガニスタンの国のデータを見ていきます。 熱心にイスラム教を信じるムスリム国であり、政治や文化の基本はイスラム教で成り立っています。 また、男尊女卑の考え方が強く残っている国でもあります。 後発開発途上国に分類され、主な産業は農業、牧畜、鉱業です。 しかし1973年に王政が崩壊してからは断続的に内戦、紛争が起きているために社会的に不安定です。また戦闘行為によって住居や交通インフラが破壊さ … 野性株ポリオウイルスが常在する最後の二カ国であるアフガニスタンとパキスタンにおいて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により中断されていたポリオ予防接種キャンペーンが再開されました。中... 続きを読む», 過去1カ月で、ユニセフ(国連児童基金)は50トン以上の緊急物資を、欧州連合(EU)の人道的航空輸送体制(Humanitarian Air Bridge)による航空機8機でアフガニスタン、ブルキナファソ... 続きを読む», 本日ジュネーブで行われた国連の定例記者ブリーフィングで、ユニセフ(国連児童基金)広報官マリキシ・メルカドが報告した、アフガニスタンの子どもたちの栄養状況について抜粋してお伝えします。... 続きを読む», 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐために、もっとも安価で、シンプルで、大切なことは、石けんを使って頻繁に手を洗うことです。けれども、世界の人口の40%は自宅に石けんと水がない... 続きを読む», ユニセフ(国連児童基金)は本日、南アジア地域の子どもたちが命を守る予防接種を受けなければ、新型コロナウイルス(COVID-19)に加え、さらに別の緊急事態に陥るリスクがあると警鐘を鳴らしました。... 続きを読む», アフガニスタンの40年にわたる紛争は、子どもたちに壊滅的な影響を与えており、その当事者たちは、紛争がもたらす結果から子どもたちを保護する義務を果たしていないと、ユニセフ(国連児童基金)は本日訴えました... 続きを読む», 本日アフガニスタンの首都カブールの学校近くで爆弾攻撃が起き、多くの子どもが負傷したことを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは以下の声明を発表しました。... 続きを読む», 映画『ソニータ』の上映会を5月25日(土)、港区のユニセフハウスにて開催しました。... 続きを読む», アフガニスタンにおける学校への攻撃件数は2018年は192件と、2017年の68件の3倍に。2015年以降、学校への攻撃件数が増加したのは初めて。... 続きを読む», 武力紛争の影響下にある国で暮らす何百万人の子どもの未来が危険に晒されています。紛争当事者による子どもの権利侵害は深刻で、世界の指導者たちは加害者に責任を負わせることができないでいると、ユニセフは本日述... 続きを読む», ブリュッセル/コペンハーゲン/ニューヨーク/カブール/キンシャサ/ハルツーム/ワガドゥグ発, アフガニスタン・パキスタン ポリオの予防接種が再開 新型コロナ禍で子ども5,000万人が接種できず, 新型コロナウイルス 人道的航空輸送体制を通じて物資輸送 アフガン、ブルキナ、コンゴ民とスーダンへ, 新型コロナウイルスから身を守る手洗い 石けんと水を、すべての子どもと家族に ユニセフによる支援, 予防接種を受けていない子ども 4人にひとりが南アジアに インド、パキスタン、アフガニスタンに集中, ユニセフ・シアター・シリーズ「子どもたちの世界」 映画『ソニータ』 上映会・トークイベントを開催しました. アフガニスタンの40年にわたる紛争は、子どもたちに壊滅的な影響を与えており、その当事者たちは、紛争がもたらす結果から子どもたちを保護する義務を果たしていないと、ユニセフ(国連児童基金)は本日 … アフガニスタンから生まれた国際的な美人女性として知られ、現在はスーパーモデルとしても活躍中です。 一方で、アフガニスタンの女性と子供のサポートする非営利団体を設立するなど、外見だけでなく内面も素敵すぎるアフガニスタン美女なんです! ユニセフ(国連児童基金)が本日発表した報告書「学校に通えない子どもたちに関する世界イニシアティブ:アフガニスタン国調査(原題:Global Initiative on Out-of-School Children: Afghanistan Country Study)」によると、アフガニスタンの7歳から17歳の子どもの約半数にあたる370万人が学校に通って … 【5月12日 AFP】アフガニスタン東部のガズニ(Ghazni)州で11日、地雷が爆発し、子ども7人が死亡、2人が負傷した。当局者が明らかにした。, 同州のアレフ・ヌーリ(Aref Noori)報道官はAFPに対し、地雷は同国の旧支配勢力タリバン(Taliban)が治安部隊を攻撃するため主要道路に仕掛けていたもので、遊んでいた子どもたちが踏んだところ爆発したと述べた。タリバン側は今のところ声明を出していない。, アマヌラ・カムラニ(Amanullah Kamrani)ガズニ州議会議員は、死亡した子どもたちの年齢は7~9歳で、少なくとも4人が同じ一つの家庭に属していたと述べた。, 長年続く内戦のためアフガニスタンはあらゆるところに地雷や不発弾、ロケット弾、自家製爆弾が残されており、子どもたちが好奇心からそれらを拾い上げてしまうことも多い。, 先月は同国東部ラグマン(Laghman)州で子どもたちが不発弾で遊んでいたところ爆発し、子ども7人が死亡、10人が負傷していた。, 国連(UN)によると、アフガニスタンでは2018年、子ども900人以上を含む民間人3804人が死亡、約7000人が負傷しており、民間人死者は同国の紛争の中で過去最高を記録した。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. 盛大に祝うアシューラー; ザイナブさんの1日; 大地震後の生活; アフガニスタンの婚約から結婚式まで; アフガニスタンの祝日「イード」 「学校」――アフガニスタンにおける子供たちの日常 赤や黒、水色にピンク——。6月のある日、日本の小学生が6年間生活をともにし、役割を終えた6000個のランドセルが横浜市の倉庫に山積みになっていた。まだまだ十分使える頑丈なランドセルはアフガニスタンに送られ、学校に通う子どもたちに手渡される予定だ。キャンペーンが始まって今年で14年。これまでに海を越えたランドセルは18万個を超えた。, 集まったランドセルを検品するボランティア=2017年6月10日(撮影:石川 武志), 50人を超えるボランティアがベルトや金具の具合を一つ一つチェックし、ランドセルとともにプレゼントされる未使用の文房具を一緒に梱包(こんぽう)した。イスラム圏のアフガニスタンには、宗教上の理由で豚皮を使ったランドセルは送ることができない。そこでランドセル製造メーカーの職人さんらが、これもボランティアとしてその識別に一役かっている。, 写真集『ランドセルは海を越えて(ポプラ社)』を手にする内堀タケシさん。(撮影:石川 武志), 写真家の内堀タケシさん(62)は10年以上毎年アフガニスタンに行き、地元のNGOアフガン医療連合センターのスタッフとともにランドセルを現地で一つ一つ子どもたちに手渡し、その様子を写真集にまとめた。アフガニスタンでは勉強したくても誰もが学校へ行けたり、カバンや文房具をそろえられたりするわけではない。そこへ未使用のノートや鉛筆、消しゴムや色鉛筆などの文房具、日本の子どもたちからの手紙や写真の入ったランドセルが贈られる。必ずその学年の児童全員に行きわたるように、現地NGOが行政と連携して数を調整しているという。, アフガニスタンでは内戦が終結して20年以上たっても、いまだに紛争が続く。反政府武装勢力のタリバン、過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロが頻発している。内堀さんの滞在中にも、米軍のものとみられる無人機が数多く空を飛び、装甲車が生活道路を走っていたという。, 上空を無人攻撃機が飛ぶ中、日本から届いたランドセルにノートや文具を入れる現地スタッフ=2011年10月(内堀 タケシ氏提供), ランドセルは、パキスタンから陸路を通ってトラックでアフガニスタンに運ばれる。「危険な地域を通り、無事に届く保証はない危険な作業だけれど、ランドセルを受け取る子どもたちを見るとぼくは本当にうれしくなる」と内堀さんは言う。そして、出会った子どもたちのほとんどが、カバンもノートも持たず手ぶらで学校に通っていることに内堀さんは気づいた。校舎が破壊され、青空教室で授業を行う地域では、ランドセルは勉強机の代わりにもなるのだ。, 内堀さんにとって忘れられないシーンがある。ある学校でのこと。キャラクターの絵がプリントされた日本の鉛筆をもらった子が、その六角形の1面1面を食い入るように見つめていたのだ。, 中古のサッカーボールを受け取った子どもたちは「ボールがこんなに弾むとは思わなかった!」と歓声を上げる。聞いてみると、大半の子はこれまでボールの実物を見たことがないと言う。「ボールというものに触れずに一生を終わるかもしれないほど、現地には物資がないのです」と内堀さんは言う。, 日本から贈られた使用済みサッカーボールで遊ぶ子どもたち=2007年11月(内堀 タケシ氏提供), ナンガハール州の校門前。ランドセルを受け取り喜ぶ子どもたち=2011年10月(内堀 タケシ氏提供), このプロジェクトを発案したのは、当時クラレで繊維・マーケティング担当だった山本恵一さん(69)だ。教育ツールのランドセルを通じて何か社会貢献はできないかと考えた。そして思いついたのが、まだ使用できるランドセルを海外に送る企画だった。自分たちだけで直接配るのは難しい。そこで、母子保健・医療活動を支援するNGOジョイセフに協力を仰いだ。山本さんの思いと現地にネットワークを持つジョイセフの出会いが実を結んだのがこの企画だ。, 全国から送られてくるランドセルのほとんどに、持ち主の子どもの手紙や写真が入っている。ジョイセフの甲斐和歌子さんは「日本語で書かれた手紙も、そのままランドセルに入れて現地に届けます」と話す。受け取った子がたとえ読めないとしても、送り主が誠意を込めて書いたメッセージだということは伝わるからだ。, 写真家の内堀さんは、日本各地の小学校で『ランドセルは海を越えて』の出張写真展を開催している。子どもたちには毎回、気に入った写真とその理由を話してもらうことにしている。ある学校でのこと。アフガニスタンの難民の子どもが餓死する話をしたら「今日は給食を残さない」と涙ぐんだ子どもがいたという。, 自分のランドセルを受け取る子どもに思いをはせ、アフガニスタンという遠い国と関わることで、世界を身近に考えるようになる子どももいる。ジョイセフによると、成長してから倉庫の検品ボランティアに参加したり、大学生としてジョイセフでインターン研修に参加したり…。日本の子どもたちも、キャンペーンを通じて成長していく。, ジョイセフの甲斐さんは、ランドセルの効果の一つとして「村々で、通学する子供たちが『目に見える形』ではっきりと分かるようになった」ことを挙げる。今までは子どもたちの姿を見ても、一見しただけでは「羊を追うのか、遊びに行くのか、学校に行くのか分からなかった」, ランドセルが就学の象徴になると、「隣の子がランドセルで学校に行くのならうちの子も行かせよう」と就学率が上がっていく。教育に人々の関心が及ぶと、村全体で校舎を整備しようという話しも出てくるという。, アフガニスタンには今も、女子が教育を受けることを認めない勢力が多く残っている。旧政権のタリバンは、徹底的に女子教育を禁じた。アフガニスタン女性の識字率(2015年)は24%(※1)と、世界でも最低レベルだ。, 最近、日本のジョイセフ事務所に思ってもみなかった報告が届いた。以前キャンペーンでランドセルを受け取った女の子の1人が、大学の医学部に進学したという。彼女の育った地域は、特に女性が勉強を続けることの難しい地域。甲斐さんは「たとえ1人でも、2人でもいい。このような子が増えてくれれば、それだけでうれしい」と言葉に力を込めた。, バナー写真 ランドセルを背負い学校に通うアフガニスタンの少女=2012年(内堀 タケシ氏提供), (※1) ^ CIA、World factbook (2015) LITERACY, ランドセル 赤や黒、水色にピンク——。6月のある日、日本の小学生が6年間生活をともにし、役割を終えた6000個のランドセルが横浜市の倉庫に山積みになっていた。まだまだ十分使える頑丈なランドセルはアフガニスタンに送られ、学校に通う子どもたちに手渡される予定だ。キャンペーンが始まって今年で14年。これまでに海を越えたランドセルは18万個を超えた。 集まったランドセルを検品するボランティア=2017年6月10日(撮影:石 … 国際協力 アフガニスタンのグリーン・ティー; 2013年. ョン事æƒ, パキスタン国民が最も熱狂するスポーツって?, あるチャンナ料理屋さんの一日, ジャパン・プラットフォーム本体サイト. 性出生数, 人口10万人あたりの交通事故死者数, ビールの飲酒解禁年齢ランキング. アフガニスタンの出生と死亡についてのランキング順位一覧です。出生、出産のリスク、死亡、子どもの死、死因、がん以外の疾病による死亡、がんによる死亡、殺人・自殺・事故による死亡などのサブカテゴリからランキングの結果を探すことができます。 ジョイセフ, 「6年間を共に過ごし使わなくなった小学生のランドセル。まだ役に立つのならアフガニスタンの子どもに使ってほしい。」――化学大手のクラレと東京のNGOジョイセフが、2004年からこんなキャンペーンを続けている。これまで18万個を超えるランドセルが海を渡った。. アフガニスタンでは、長年に及んだ内戦によって、学校施設ばかりでなく、教育施設そのものが破壊されてしまいました。そのため、屋根がない教室で、強い日差しに照り付けられながら、地べたに座って授業を受ける子どもたちが多いのです。 アフガニスタンでは、家族間の争いごとの解決のため若い娘を嫁に出したり、生活のために娘を手放したりする「バード」や「バダル」と呼ばれる行為が日常的に行われている。2009年より違法となっているにも関わらず、少女たちは今も家族の犠牲になり続ける。 アフガニスタン アフガニスタンから生まれた国際的な美人女性として知られ、現在はスーパーモデルとしても活躍中です。 一方で、アフガニスタンの女性と子供のサポートする非営利団体を設立するなど、外見だけでなく内面も素敵すぎるアフガニスタン美女なんです! 盛大に祝うアシューラー; ザイナブさんの1日; 大地震後の生活; アフガニスタンの婚約から結婚式まで; アフガニスタンの祝日「イード」 「学校」――アフガニスタンにおける子供たちの日常