『くちびるに歌を』は2015年に公開された青春映画。アンジェラ・アキの名曲『手紙〜拝啓 十五の君へ〜』をもとにした本作は、美しい五島列島を舞台にし、合唱を通じて成長していく少年少女、そして元ピアニストの臨時教師の心温まるストーリー。 再び姿を消した父から. 再会した父に心を開きかけたナズナ。 しかし、その翌日. ナズナは思い込んでいるのです。 家庭を捨てて逃げた父親を嫌悪しつつ. 映画『くちびるに歌を』は、全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが五島列島の中学校を訪ねるテレビドキュメンタリーをもとに中田永一が書き下ろした傑作青春小説「くちびるに歌を」の映画化。 涙するナズナを救ったのは、 映画「くちびるに歌を 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。くちびるに歌を のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。 小説『くちびるに歌を(中田永一 著)』の感想レビュー。 乙一もとい、中田先生の青春小説。 長崎県・五島列島のとある島の中学校合唱部がnhk全国学校音楽コンクールを目指す話。 作中に出てくる『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』は と、映画『くちびるに歌を』のモチーフ「手紙」の内容をに焦点を合わせ色々と書いてきました。 そんな歌に乗せて、映画では「合唱」を通じて交流していく登場人物たちの変化が描かれています。きっと、誰しもが思うことがあるんじゃないでしょうか。 祖母の財布からお金を抜いて. 会場内で騒ぐ事を父親が懸念して中に入れずロビーに 居させられたアキオが、「歌、まだ(なの)?」 「歌、まだ(歌う順番じゃないの)?」 と訊ね、生徒たちが、 「え? 聴かなかったの?」と驚き、 劇中、合唱部の勧誘プレゼンとして中庭で歌われた歌 自分は二度捨てられたんだと.